January 22, 2018

チーム愛、兄弟愛

 プロ野球界では先週、中日ドラゴンズ岩瀬仁紀北海道日本ハムファイターズへの移籍拒否していたことが話題になった。
 東京スポーツ紙によると、ファイターズは当初、海外FA権を行使しドラゴンズに移籍した大野奨太人的補償で岩瀬を指名した。
 だが、岩瀬が「人的補償になるなら引退する」と受け入れなかったため、結局は金銭による補償で落ち着いた。
続きを読む

January 20, 2018

ボールの行方に「ご注目」下さい

 加トロント・ブルージェイズはこのほど、今季から観客をファウルボールの直撃から守る防球ネットを外野まで広げると発表した。
 これにより、メジャーリーグ30球団のうち25球団が防球ネットを拡大することになる。
続きを読む

January 19, 2018

触らぬ神に祟りなし

 米マイアミ・マーリンズの新ナーナーに就任したデレク・ジーターが、本拠地マーリンズ・パークの巨大オブジェ「ホームラン・フィーチャー」の撤去を望んでいるという。
 「ホームラン・フィーチャー」は、センターに設置されている高さ10mほどの巨大なオブジェ。マーリンズの選手が本塁打を打った際には、電飾や花火でそれを祝う仕掛けが施されている。
続きを読む

yuill at 08:53|PermalinkComments(0)

January 18, 2018

第2の人生は、ドクターX

 スポーツ界では先週、ウサイン・ボルトサッカー挑戦が話題になった。
 陸上男子100、200メートルの世界記録保持者は、英デーリー・エクスプレス紙に「3月に独ドルトムントの入団テストを受ける。その結果で次の道が決まると思う」と語っている。
続きを読む

January 17, 2018

ゴジラ、殿堂入り

 公益財団法人野球殿堂博物館はこのほど、今年の殿堂入りを発表した。
 競技者表彰プレーヤー部門では、読売ジャイアンツや米ニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜広島東洋カープ阪神タイガースでプレーし歴代2位1,766連続試合出場の記録を持つ金本知憲が選ばれた。
続きを読む

yuill at 09:00|PermalinkComments(0)読売 | メジャー

January 16, 2018

ミスターの自主トレ

 球界が選手の自主トレの話題で、にわかに活気づいてきた。
 広島東洋カープ新井貴浩が今年も護摩行に臨めば、福岡ソフトバンクホークス柳田悠岐グアムの炎天下で汗を流した。
 わが埼玉西武ライオンズでは、秋山翔吾4年連続でのフルイニング出場と、チームの10年ぶりの優勝を誓った。
続きを読む

yuill at 09:07|PermalinkComments(0)読売 | 広島

January 15, 2018

野球は「騙し合い」

 12日付の更新「2段モーション」(http://blog.livedoor.jp/yuill/archives/51876462.html#more)で、わが国でも来季から投手の2段モーションが解禁されることについて触れたが、この新ルールについて前日のスポーツニッポン紙は「2段モーションセーフで投球フォームに関し問われるモラル」と題したコラムを掲載している。
 「ペナルティーがなくなるとなれば、どんな投げ方をしてもいいのか。投球フォームに関しては投手自身の『モラル』が問われる。NPBの井野修規則委員は『注釈がなくなっても“何でもあり”ではない』と訴えた。大切なのはマナーやフェアプレーの精神。母国開催の五輪が待っているとなれば、なおのこと重要だ」と、持論を展開している。
続きを読む

yuill at 09:51|PermalinkComments(0)

January 13, 2018

業務提携の成果は?

 北海道日本ハムファイターズはこのほど、米テキサス・レンジャーズと、業務提携契約の締結した。
 両球団は今後、スカウト情報の共有コーチ・フロントスタッフの人事交流営業活動での相互協力を進める。
続きを読む

January 12, 2018

2段モーション

 プロ・アマ合同の規則委員会がこのほど行われ、公認野球規則改訂された。
 申告制の故意四球(敬遠)が採用され、あわせて2段モーション反則投球とする文言が削除された。
 2段モーションを巡っては昨年、埼玉西武ライオンズ菊池雄星が反則投球を指摘されていた。
続きを読む

January 11, 2018

つかみはOK?

 米サンディエゴ・パドレスへの移籍が決まった牧田和久がこのほど、埼玉西武ライオンズの球団事務所で会見を開いた。
 「自分の投球スタイルは変えません。アンダースローはなかなかいないので、長所として生かせたらいい」と新天地での活躍を誓いつつ、チームメイトらとの交流については「自分から積極的にコミュニケーションを取っていかないと、向こうから来ることはないので。アメリカに行くまでにネタを用意して、選手と言葉は通じないかもしれないが、何かしらでコミュニケーションを取っていけたら」と話した。
続きを読む