October 22, 2006

失投

 2006年日本シリーズ、北海道日本ハムファイターズ対中日ドラゴンズの第2戦は、5対2でファイターズが勝利。これでファイターズは対戦成績を1勝1敗に戻した。

 2対1、ファイターズの1点ビハインドで迎えた7回。ファイターズはエラーとヒットで2死2、3塁のチャンスを作ると、金子のセンター前ヒットで2得点し、逆転に成功。さらに8回には、2死3塁からセギノールに、バックスクリーン横に飛ぶこむ2ランホームランが飛び出し、追いすがるドラゴンズにとどめをさした。

 今日の両チームは、それぞれ2球の失投で明暗が分かれた。

 ファイターズの失投は、先発の八木の2球。1球目は、ファイターズが先制した後の1回、1死で迎えた井端への8球目だ。フルカウントになったことで自らストライクゾーンを狭めてしまったのか、八木はど真ん中にストレートを投じた。その結果、打球は快音を残しレフトスタンドに飛び込み、八木はわずか12球で味方の援護を帳消しにしてしまった。
 2球目は同点で迎えた4回、この回先頭の福留の第2打席だ。3球目、八木は外角へのカーブを今度はライトスタンドに運ばれた。これからクリンナップを迎えるにあたり、八木にはもう少し慎重な攻めが欲しかった。
 だが、八木は2球の失投を、それぞれソロホームランにとどめた。また連打を浴びたのは5回だけ。八木はこの回、先頭の井上、続く谷繁に連打を許し無死1、2塁のピンチを招いたが、後続を抑え見事この回を無失点で切り抜けた。


 一方、ドラゴンズ投手陣の失投による傷口は大きかった。1球目はドラゴンズの1点リードで迎えた7回だ。ドラゴンズ先発の山本は、味方のエラーと安打で2死2、3塁のピンチを招くと、金子にセンター前タイムリーを浴び2失点。ファイターズに逆転を許した。
 おそらく山本は金子を甘く見ていたに違いない。たしかにこの打席まで、このシリーズでは金子は5打数無安打。昨日も2度に渡りチャンスを潰している。だからこそ今日の金子の第1打席、山本は3球続けてストライクゾーンにストレートを投げ込む強気な攻めを見せたのだろう。
 だが、山本は忘れていたのだろうか。今日の第2打席、結果的にはライトへの犠牲フライに終わったが、金子が10球も粘っていたことを。つまり、金子は山本に対応できていたのだ。
 そして7回、2死2、3塁のピンチで迎えた金子の第3打席。山本は1ストライク2ボールからのど真ん中へのストレートをセンター前に弾き返され、ファイターズに逆転を許した。
 結果論だが、この場面、金子との勝負を回避しても良かったのではなかろうか。もちろん金子を敬遠し満塁になれば、ファイターズは続く八木の打席で代打を送ってきただろう。だが、レギュラーシーズンでのファイターズの代打成功率は1割未満。打ち取れる可能性は金子よりも高かったはずだった。(実際、ファイターズは金子が逆転打を放った後、八木の代打で高橋を送り、高橋は三振に倒れた)


 もう1つの失投は、8回だ。この回からマウンドにあがった岡本は、2死3塁のピンチを招き、続くセギノールに対しても1ストライク3ボールと自らカウントを悪くした。そして、ストライクを取りに来た5球目をセンターバックスクリーン横に運ばれた。
 レギュラーシーズンで26本の本塁打を放っているセギノールだが、打率は3割にも満たない。なぜなら、セギノールには他の外国人選手と同様に、ボールゾーンに手を出してしまう悪癖があるからだ。3ボールカウントになったこの打席でも、バッターボックスのセギノールは岡本がストライクゾーンに投げてくるだろうと確信していたはず。ならばそれを逆手にとって、ボールゾーンに投げれば、岡本にも空振りを奪うか、凡打に抑えられる可能性があった。にもかかわらず、岡本はど真ん中の高め、いわゆるホームランゾーンにストレートを投げた。これでは「どうぞ、打ってください」と言っているようなものだ。

 「失投はあったが、落ち着いて投げられた」と振り返る八木。だからこそ、6回を2失点に抑えられたのだろう。一方、山本をはじめドラゴンズ投手陣は、勝利を目の前にして堅くなったとしか思えない投球だった。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 2006 日本シリーズ第2戦   [ RED STYLE ]   October 22, 2006 23:36
中日2−5日ハム 日本シリーズが開幕しましたな。 昨日書こうかどうか迷ったんですが、めんどくさかったので・・・ ( ・∀・)アヒャ 日シリ、去年はどうしてたかなぁと思って見返したら書いてたので今年もやりますww
2. D−F(10/22)日本シリーズ第2戦  [ なんでもあり〜な日記(カープ中心?) ]   October 22, 2006 23:38
3 中日2−5日本ハム 突然、野球に興味のない母が中日大好きになりまして…Σ(・ε・;) すごい勢いで応援してました(爆) その所為なのか!(おい)日本ハム逆転勝利〜♪ わたしは途中で(以下略)福留のHRを見逃してましたo(*^▽^*)oあはっ♪
3. 名手・川相、悪夢のフル欠場でミス連発! 山本昌、失意の3失点KO! / 日本シリーズ第2戦  [ ANQ Ritzberry Fields ]   October 22, 2006 23:45
1 ◆D2−5F◆ダルビッシュが水島の呪いの直撃を受けていた事に救われ、辛くも初戦を拾った中日。しかし、川相不在の弊害を随所に露呈する不安な戦いぶりに、流石に、この日は百戦錬磨の川相を起用せざるをえないだろうと誰もが思ったが、落合監督はまたもや名手・川相をベ....
4. 日ハム・八木の好投にハム打線が応えた!!  [ 小さな光を辿って ]   October 22, 2006 23:46
 おもろいなぁ〜野球はオモロスなぁ〜   中日2−5日本ハム  今日も序盤に点が入る展開となったが、歳の差=19を思わせない両先発(山本昌(41歳)、八木(22歳))の素晴らしい投げあいで僅差のゲームとなった。  4回に中日打線の核となる福留のシリーズ初安打=初本...
5. 日本シリーズ第2戦  [ 超ベイスターズFan的生活(ミニ) ]   October 22, 2006 23:58
今日も良い試合でした。 昌さん、調子良さそうだったんですけどね。 あの場面、金子を敬遠かなぁと思ってたんですけど、 勝負にいったようです。 なんか昌さんは、まだ日シリで勝ち星がないそうで(´・ω・`) 日ハムを応援している自分ですが、昌さんだけはなんか応援した...
5 22日ナゴヤドームで日本シリーズ第2戦中日対北海道日本ハムの試合が行われ、2対5で北海道日本ハムが初戦の雪辱を果たし1勝1敗の五分に戻した。試合は中日先発山本昌投手、北海道ルーキー八木投手の投げ合いで始まり、初回に北海道が1番森本選手の出塁、2番田中賢選....
5 22日ナゴヤドームで日本シリーズ第2戦中日対北海道日本ハムの試合が行われ、2対5で北海道日本ハムが初戦の雪辱を果たし1勝1敗の五分に戻した。試合は中日先発山本昌投手、北海道ルーキー八木投手の投げ合いで始まり、初回に北海道が1番森本選手の出塁、2番田中賢選....
8. 日本シリーズ第2戦  [ Pulp Text ]   October 23, 2006 00:11
シリーズ第二戦は負け。
9. 日本ハム勝利!1勝1敗の五分に 日本シリーズ第2戦  [ ぐうたら人間が適当に書くブログ ]   October 23, 2006 00:50
 ルーキー八木と大ベテランの山本昌という歳の差19歳の先発。 初回先頭の森本の安打と犠打で2死2塁とすると4番セギノールの タイムリー内野安打で日本ハムが1点を先制。 しかしその裏、中日井端が左翼にホームランを放ち同点とすると、 4回にも福留がソロホームランを放...
10. 日本ハム勝利!1勝1敗の五分に 日本シリーズ第2戦  [ ぐうたら人間が適当に書くブログ ]   October 23, 2006 00:53
 ルーキー八木と大ベテランの山本昌という歳の差19歳の先発。 初回先頭の森本の安打と犠打で2死2塁とすると4番セギノールの タイムリー内野安打で日本ハムが1点を先制。 しかしその裏、中日井端が左翼にホームランを放ち同点とすると、 4回にも福留がソロホームランを放...
11. 日本ハム勝利!1勝1敗の五分に 日本シリーズ第2戦  [ ぐうたら人間が適当に書くブログ ]   October 23, 2006 00:54
 ルーキー八木と大ベテランの山本昌という歳の差19歳の先発。 初回先頭の森本の安打と犠打で2死2塁とすると4番セギノールの タイムリー内野安打で日本ハムが1点を先制。 しかしその裏、中日井端が左翼にホームランを放ち同点とすると、 4回にも福留がソロホームランを放...
12. 日本シリーズ第2戦。昌さん、無念の7回途中KO。  [ 固ゆで卵で行こう! ]   October 23, 2006 00:58
日本シリーズ第2戦はドラゴンズは山本昌、日本ハム・ファイターズは八木が先発。 先手を取ったのは今日は日ハム。 1回の表、セギノールのショート強襲ヒットで1点先制。 昨夜は美技を連発してくれた井端としては自分でも「エラー」と語っていたように、せめて前に落...
13. 日本シリーズ第2戦(D2−5F)  [ 寝ても覚めても野球好きッ! ]   October 23, 2006 02:26
ご当地以外は、イマイチ盛り上がってるのか不明な 秋の交流戦日本シリーズも第2戦。 途中までは、今日もドラゴンズかなーと思ってましたが・・・ (個人的な感情で、昌に1勝させてあげたかったこともあり(笑)) ミスの出た方がやっぱり負けですねー。 ドラゴンズは....
14. 1勝1敗に(10月22日)  [ Eight Sports ]   October 23, 2006 02:28
日本シリーズ第2戦の先発のマウンドにたったのは、山本昌投手。まだ日本シリーズで勝てたことがないんですよね、不思議。 ▽1回表 (2-2カウントから)セギノールに対して投げたインコース高めのストライク
15. 1勝1敗に(10月22日)  [ Eight Sports ]   October 23, 2006 02:30
日本シリーズ第2戦の先発のマウンドにたったのは、山本昌投手。まだ日本シリーズで勝てたことがないんですよね、不思議。 ▽1回表 (2-2カウントから)セギノールに対して投げたインコース高めのストライク
16. 日ハム4番セギ様意地の一発☆日本シリーズ第二回戦(F5ー2D)  [ アンダーシャツ ]   October 23, 2006 02:39
先発は中日はベテラン山本昌。 日ハムはルーキー八木。 一回表。日ハムヒットで先制! しかしすぐ裏、中日は井端のソロで同点に。 その後福留のソロで勝ち越し 日ハム不利かと思われた。が。 新庄が出塁し金子が値千金のタイムリーヒットで同点&新庄の好....
17. 名手・川相、悪夢のフル欠場でミス連発! 山本昌、失意の3失点KO! / 日本シリーズ第2戦  [ ANQ Ritzberry Fields ]   October 23, 2006 05:21
1 ◆D2−5F◆ダルビッシュが水島の呪いの直撃を受けていた事に救われ、辛くも初戦を拾った中日。しかし、川相不在の弊害を随所に露呈する不安な戦いぶりに、流石に、この日は百戦錬磨の川相を起用せざるをえないだろうと誰もが思ったが、落合監督はまたもや名手・川相をベ....
18. 10月22日・日本シリーズ第2戦〜中日 2-5 日本ハム〜  [ 2×2+1 ]   October 23, 2006 05:26
 同 郷 対 決 ! PART
19. 2006日本シリーズ第2戦  [ 底辺で「おーぼーげー」を叫ぶ ]   October 23, 2006 07:42
1勝1敗のタイで24日(火)から札幌ドームです。 日本ハムが打線の奮起で雪辱した。まず1点を追う7回、2死二、三塁から金子が中前に逆転の2点適時打。さらに8回はセギノールの2ランで加点した。八木が我慢の投球で6回2失点と力投し、終盤の継投も決まった。中日...
20. 1勝1敗。火曜日から再スタート!  [ 竜の叫びのようなつぶやき ]   October 23, 2006 10:10
日本シリーズ第2戦。今日はドラゴンズ負けました。。。

この記事へのコメント

1. Posted by kossy   October 23, 2006 00:39
代打成功率って代打での打率のことですか?
1割未満って。。。
2. Posted by kossy   October 23, 2006 00:44
代打成功率って代打での打率のことですか?
1割未満って。。。
3. Posted by 筆者です   October 23, 2006 00:54
すいません。これ、野球中継からのネタなんで、こっちでは調べてません。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字