March 16, 2007

裸の王様

 「栄養費」問題に揺れる西武ライオンズで、今度は裏金の隠蔽問題が明らかになった。

 昨日、西武球団から裏金を受け取った早稲田大学野球部の清水勝仁選手が会見。裏金問題が発覚した翌日の10日に、西武球団から事実を隠蔽するよう指示があったことを告白した。
 これを受け、西武の太田秀和球団社長も会見。口止めの指示は、鈴木葉留彦スカウト部長、前田俊郎スカウトらによるもので、太田球団社長自身はこの事実を知らされていなかったことを明らかにした。2c426fc1.jpg


 「栄養費」問題が明るみに出て今日で1週間。これまでの報道などを改めて振り返ってみると、西武球団側の報告がすべて事実なら、一連の事件が太田球団社長の預かり知らぬところで起きていたことになる。

 太田球団社長が前任の国土計画社財務部長から西武ライオンズ代表取締役球団社長兼オーナー代行に就任したのは、2006年1月27日。ライオンズが、西武グループで絶対的な存在だった堤義明氏が敷いた体制の刷新を図っているさなかだった。
 これに対し、東京ガスの木村雄太選手、早稲田大学の清水勝仁選手への合計1,300万円の裏金供与があったのは、12球団による倫理行動宣言を挟んだ2004年春ごろから2005年秋ごろにかけて。ライオンズでは、星野好男前球団代表時代のことだった。ある報道によると、太田球団社長は「栄養費」問題を発表する直前になって、この事実を知らされたそうだ。
 さらに昨日の会見が事実なら、鈴木葉留彦スカウト部長、前田俊郎スカウトによる事実隠蔽の支持も、太田球団社長には知らされていなかった。

 たしかに、一般常識から言って組織のトップが「知らなかった」で許される問題ではない。「知らなかった」で済むのなら、今日まで不祥事が明るみになった雪印や不二家なども、あれほどまでの経営ダメージを受けずに済んだことだろう。
 経営トップには、自分が管理統括している組織が何をしているのか、不正を働いていないか、きちんと把握する義務がある。それを「知らなかった」の一言で済ませようとするのなら、あまりにも無責任すぎる。

 だが、これはボクがライオンズファンであるからかもしれないが、太田球団社長には同情の余地がないわけではない。
 先に紹介したように、太田球団社長が現職に就任したのは昨年1月で、それまでにはすでに一連の裏金問題は行われていたし、太田球団社長には何の報告もなかった。
 また、太田球団社長はもともと国土計画の財務部長。しかも、球団社長に就任した時期は、堤義明氏が敷いていた体制の刷新を進めているさなかだった。そのような状況の中で、球界外部からやってきた人間が、魑魅魍魎が暗躍する球界の暗部を把握するには、1年間という時間はあまりにも短かったのではなかろうか。
 つまり、太田球団社長は就任以来、心から頼れる側近の乏しい、言うなれば「裸の王様」だったのだ。

 一ファンとしてボクが見る限り、太田球団社長は過去の球団社長に比べ、球団改革に前向きな方だ。
 ライオンズファン、長らくパリーグの球団を応援している方ならわかると思うが、この1年間でライオンズは太田体制の下、大きく変わった。ファン拡大を呼びかけるポスター、マッチカードプログラム「Lism」の発刊、チアリーディングチーム「Blue Winds」のパフォーマンス、球場周辺での屋台の出店やミューシャンなどの実演の許可、父の日や母の日などにちなんだ球場でのイベント、オフィシャルホームページの充実、グッドウィル社との球場および2軍チームのネーミングライツ、ファンサービス専門組織の設立および選手との連携、いわゆる松坂マネーによるファンクラブ特典の拡充、今は自粛状態にある球団初のCMなどと、太田体制下で行われた球団改革の紹介には枚挙に暇がない。営業推進課の高木大成氏の活躍も、太田球団社長の理解の賜物と言っていいだろう。
 さらに言えば、太田球団社長は球場の開門時、球場スタッフとともにゲートでファンに挨拶することも少なくなかった。
 ボクが色眼鏡で見ているだけなのかもしれないが、太田球団社長は松坂が抜けたライオンズを再生させることができる数少ない人物と言っても過言ではないだろう。

 そんな太田体制が今、2名のスカウトの不祥事で大きく揺らいでいる。部下の不正とは言え、現状では太田球団社長の辞任もやむをえないだろう。
 だが、ライオンズファンだけではなく、すべてのプロ野球ファンには、太田体制でライオンズが生まれ変わりつつあったことを、改めて思い出して欲しい。
 また、球団には太田球団社長が辞任しても、二度とこのような不祥事が起きぬよう倫理行動の徹底を求めるとともに、太田球団社長の意志を告ぐことも期待したい。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 清水勝仁がうちの息子なら  [ 一生懸命!! ]   March 16, 2007 14:41
 連日の報道を見ていて過失割合でいくと、西武球団、清水父、清水選手、専大北上指導
2. 西武裏金問題で隠ぺい工作  [ 今日も内角攻め! ]   March 16, 2007 20:04
西武の裏金問題で早稲田大学調査委員会(委員長・村岡功理事=スポーツ振興担当)は15日、西武球団から100万円を超える金銭を受け取ったのは同大野球部の清水勝仁内野手(21)=3年、岩手・專大北上高出と氏名を公表した。 会見に出席した同内野手は、西武から金銭を受け取っ...
3. 裏金問題  [ 有 情 論 -2- ]   March 17, 2007 03:44
西武ライオンズがアマチュア選手に賄賂を渡していたのが発覚して、けっこうな騒ぎにな

この記事へのコメント

1. Posted by かほり   March 16, 2007 14:27
5 まさに私の思っていたことです!
太田さんは矢面に立たされている感がありますよね。
この不祥事を乗り越えて、もっと透明でファンと近い球団を作ってくれることを期待しています。

2. Posted by NHK   March 16, 2007 15:17
5 やっぱり辞任ですかねぇ〜? 企業のトップだから知らなかった…じゃ済まないですもんね。ある意味、西武の会社の体質なのかなぁ〜?とにかく今は全ての膿みを出し切って、新しい西武ライオンズに生まれ変わって欲しいです。応援します。
3. Posted by 矢尾樹   March 16, 2007 16:14
5 私もそう思います。
ただ太田さんには辞めてほしくありません。この問題はトップがかわれば無くなるわけではありません。組織の自浄作用を促進できるトップとして太田さんは必要不可欠な人材だと思います。
4. Posted by 筆者です   March 16, 2007 20:29
みなさん>コメント、ありがとうございます。

ここ最近のニュースを見ると、「西武=悪」「希望枠=悪」「ウェーバー=正しいこと」「裏金をもらった学生=被害者」というように、マスコミを中心に日本中が思考停止しているように思えます。

もちろん、裏金は非難すべきです。
不正に関わった西武球団の人間にも反省は求められます。

だが、なぜこんなことになったのか、どうしたら防げるのか、どうやってアマチュア選手を救援できるのか、ライオンズやプロ野球の信頼をどう回復するのか・・・。

情報に流されず、自分の頭で考え、自分の言葉で説明することが求められていると思います。
5. Posted by ひろ   March 16, 2007 22:18
はじめまして。タイトルを見て「太田しゃちょーのこと?」と分かってしまったライオンズファンです。連日バッシング報道ばかりだったので、とても同感し癒されました。
ライオンズの対外的な信頼を回復するには、裁定に従うとか、嵐を過ぎるのを待つといった受動的な態度では難しいのではないかと思います。
何日か前のブログで提言なさっている「クラブ個別経営情報開示」をファンが署名を集めて要求し、西武が全球団に先駆けて実現するくらいの物語がないと、納得してもらえないんじゃないかなあという気がします。とにかくファンが何か発信して、球団がそれに真摯に耳を傾けてくれるという機会はないものでしょうか。
6. Posted by 筆者です   March 17, 2007 00:29
ひろさん>ボクは逆に、球団が自分で動き出すことを期待しています。こんなときだからこそ、球界や社会に自浄能力を証明しなくてはなりません。

もちろん、そのときにはボクもファンとして、全力で球団をサポートしますよ。
7. Posted by 芥川隆志   March 17, 2007 03:43
こちらもトラックバックさせてくださいね。

プロ野球界が、もうこんなことはやめましょうということになったのに、すでにやっていたことは途中でやめられなかったのですね。

大きな組織だと、すみの方のゴミまでキレイにしきれなかったりするので、昔のクズが残っていたのでしょう。

全員取り替えないとダメなのか?

8. Posted by こじりん   March 17, 2007 18:02
トラックバックどうもありがとうございます。

今回の裏金問題で、希望枠を撤廃すべきという声が当たり前に叫ばれていますが、まずそれをいう前にこれまでのスカウト活動のなかで、有力選手の囲い込みをするために不透明な金銭のやり取りが常態化していたとすれば、まだまだ氷山の一角に過ぎないと思います。

ただ、これまでのドラフト制度を見る限り、逆指名や希望枠などで指名前に入団が確約されてしまう制度自体もおかしいとは思いますし、早急にメスを入れるなら確かに希望枠撤廃は良いのかもしれませんが…。

行き着くところは、こちらが述べていたように、不透明なお金の流れを作らないよう常に情報開示し、もっとオープンにファンの目線で良い野球環境に変えてほしいと思いますね。
9. Posted by ○もと   March 19, 2007 11:36
はじめまして。
トラックバックありがとうございました。
またご丁寧な挨拶ありがとうです。

一地元民として今回の問題を注目しているのですが、最近の報道が「西武悪!!!アマ被害者!早稲田被害者!!」に偏向しているような気がしていましたが、やはり他にも同じように感じている人がいたのを知って安心しました。

地元民からすると、特に早稲田は被害者というだけではない気がします。
早稲田の所沢キャンパスを西武からの寄付で建ててるべったりの関係ですからね・・・
10. Posted by 筆者です   March 20, 2007 21:08
○もとさん>たしかに、報道はあまりにも短絡的に報じすぎています。

ただ西武が悪いではなく、なぜこんなことになったのか、どうすればこのような問題を防げるのか、などきちんと検証すべきですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字