March 31, 2007

守護神、復調へ

 西武ライオンズ対北海道日本ハムファイターズの第2回戦は、9対3でライオンズが勝利した。

 2対0、2点リードで迎えた7回、ライオンズはカブレラの今季第1号となるソロホームランを皮切りに、6長短打、1四球で一挙6点今季初のビッグイニングで、ファイターズを突き放した。
 一方、ライオンズ先発の西口文也に苦しめられていたファイターズも7回、高橋信二グリーンのタイムリーヒットで3点を返すも、ときすで遅し。西口からマウンドを譲り受けた岩崎哲也小野寺力の前に打線が沈黙した。

 悩めるクローザーに、ようやく一筋の光が差し込んできた。

 開幕から3試合に登板し、防御率10.13。昨日もルーキー岸孝之のプロ初勝利の権利を消した小野寺が、今日も6点リードの最終回に登板。2アウトから稲葉篤紀にヒットを許すも、続く高橋をピッチャーゴロに切り捨て、2試合ぶりに無失点に抑えた。

 過去3試合の小野寺の投球を振り返ると、ウィニングショットのフォークが甘く入り、打者を追い込む前に痛打されるケースが多々あった。このため、ファンからの信頼感は揺るぎかけていた。

 これに対し今日の小野寺は坪井智哉セギノール、稲葉に対しストレートを軸に立ち向かった。坪井の強振はサード中村剛也の好捕に救われ、稲葉にはセンター前へのヒットを許すも、落ちきらないフォークをフルスウィングされていた昨日までとは違う、新たな小野寺力を見せた

 問題のフォークも、昨年までの輝きを取り戻しつつある。1ストライク、1ボールからの、セギノールへの3球目。小野寺は、真ん中低めのフォークでバットの芯を外し、セカンドゴロに打ち取った。
 稲葉にヒットを許した後の高橋の打席では、ストライクゾーンへのストレートを待っている高橋に対し、外角低めのボールゾーンへのフォークを2球続け、2球とも空振りを奪った。これで小野寺は今季初めて打者を2ストライクに追い込むと、最後は外角低めに意識が集中した高橋に、外角高めにストレートを投じ、ピッチャーゴロに打ち取った。

 たしかに今日の成績だけで、小野寺を完全復調と言うには、まだ早い。今日の登板は6点差迎えた最終回。セーブのつかない、本来ならクローザーが出る状況ではない。
 また、稲葉にはそれまで坪井、セギノールを打ちとってきたストレートをセンター前に運ばれたし、今季初め2ストライクに追い込んだ高橋からは三振を奪うことができなかった。
 完全復活と呼ぶには、最低でもセーブがつく場面で仕事をこなしてからだろう。また、打者を三振に切り捨てることも求められる

 だが、前出したように、微々たるものではあるが、レオの守護神へ、復調の兆しは見え始めている

 一部では、小野寺を一度2軍で再調整させ、好調の長田秀一郎、三井浩二を暫定的にクローザーを任せる案も浮上している。
 だが、伊東監督をはじめ、ライオンズ首脳陣には、小野寺に最終回のマウンドを任せることに迷いはない

 近代野球では、クローザーの固定は不可欠。一昨年にパリーグを制した千葉ロッテマリーンズには小林雅英、昨年のファイターズにはMICHEALという守護神がいた。もちろん、クローザーの前を任される中継陣、セットアッパーの存在も大きいが、彼らも後ろにクローザーがいるからこそ、任されたイニングで結果を残せると言っても過言ではない。

 ましてライオンズの場合、今季から松坂大輔(ボストン・レッドソックス)が退団し、中継以降の投手の負担が重くなるのは火を見るより明らか。現時点で先発ローテーションを見回しても、先発完投を期待できるのは涌井秀章、ただ一人だ。

 このような苦しい台所事情で、1シーズンに渡り最終回のマウンドを任せられるのは小野寺しかいない小野寺には、昨年1年間、クローザーとして戦い抜いてきた、他の投手にはない経験という財産がある

 今後、ライオンズの絶対的守護神になれるのか、それとも今日の投球が偶然だったのかは、今後の小野寺次第だが、今日の投球を見る限り、もう少し小野寺に賭けてみたい

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 沈黙打線が先発見殺し、中継ぎ乱調で白星遠く・・・  [ どさんこファイト! Rady Go!! ]   March 31, 2007 17:55
先発グリンは良かったと思うけど、和田君の無理矢理ヒットとカブレラの無理矢理HRにはお手上げ 西口君に完璧に捻じ伏せられていた打線は幸雄さんのヒットで屈辱的記録達成を免れるも、中継ぎ炎上による終盤の大量失点が致命的となって3点を返すも焼け石に水 早く冬の時代か....
2. 西武ライオンズ打線爆発!!西口粘投で2勝目!!  [ kydesu blog ]   March 31, 2007 17:59
今日西武ライオンズは、札幌ドームで北海道日本ハムファイターズと対戦。 先制したのは、ライオンズ。 5回表、先頭和田の二塁打で無死1塁とすると 続くリーファーのタイムリー2ベースで1点を先制、更に細川の犠牲フライで1点を追加し、 2点を先制する。 追加点もライオ...
3. ○3月31日(土) 日本ハム3 vs 9西武 〜札幌ドーム〜  [ LionsBlueBlood ]   March 31, 2007 18:17
[[試合結果]]http://www.seibulions.jp/schedule/score070331.html 今日の先発は西口とグリン。 いやー、広かったすね。 ストライクゾーン。 今年になってから、外角のゾーンが広がったっ??ame
4. 巨人、今年も一発依存症? 苦手・土肥にまたも沈黙! / 今日のプロ野球  [ ANQ Ritzberry Fields ]   March 31, 2007 21:01
3 ◆YB2−0G◆巨人の先発は横浜からFAで移籍したアゴくら。キャンプ中にはアゴくらの人的補償で横浜へ移ったカリメロとの因縁対決が約束されていた様だが、あくまでリップサービスだったらしく、横浜の先発は巨人キラー…と言うより、巨人にしか強くない土肥であった。....
5. 西口好投  [ My Feeling ]   March 31, 2007 21:52
〔西武ライオンズ〕 対ファイターズ2回戦 9??3で勝利!
6. 西口の好投と打線の爆発 (日本ハム−西武)  [ LOVE LIONS 〜獅子達の進撃〜 ]   April 01, 2007 06:36
西口が好投して開幕2連勝を決めた。序盤から好投を見せて、6回途中までパーフェクトピッチング。テレビ観戦しながら過去の不運が脳裏をよぎり、遂に悲願が達成なるかと期待し始めた6回、田中幸雄のフラフラと上がったフライがレフト前に落ち遂にヒットを許してしまった。 ...

この記事へのコメント

1. Posted by ライナ兄   March 31, 2007 17:49
ライオンズ快勝!
いや〜勝つとこうも気分が違いますか♪ 小野寺は去年の終わり頃から掴まってましたからね(色々意見はあるでしょうが個人的にはストレートとフォーク以外にも一つ新球を持つべきと考える派です)。しかしL打線は少し投手の質が落ちると良い意味で試合を壊してくれますね♪
2. Posted by 筆者です   March 31, 2007 18:00
ライナ兄さん>あと西口。味方が大量得点すると、それにお付き合いしますね。

人がいいのか、油断するのか、欲がないっていうのか・・・。

ま、無理に力まず、最小限の力で結果を残すことが、西口がここまで活躍できる秘訣の一つであるんでしょうけど(笑)
3. Posted by カズ   March 31, 2007 23:51
あとは僅差の場面で投げられるかっすね・・・。
4. Posted by fieldragon   April 01, 2007 06:52
小野寺なくして優勝は無いと思います。なんとか復調してもらいたいですね。この失敗を糧に精神的にも成長してもらいたいです。
5. Posted by グリーン家   April 01, 2007 10:50
私も小野寺の抑えは揺ぎ無いです。シーズンは長いので昨年の経験のある小野寺に頑張って貰うしかないです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字