1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 21:48:55.442 ID:NRplgRlp0
誰か聞いてくれる人いれば続ける。



2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 21:49:19.401 ID:19PLKWA00
どうぞ

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 21:52:49.397 ID:Few0/HHYp
はよ

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 21:54:17.082 ID:yQchSL/v0
あくしろ

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 22:00:22.729 ID:NRplgRlp0
数年前、
霊とか超能力を全く信じていなかった
私が大学4年生の時に経験した話。

私は芸術関係の大学だったから
卒業する前には論文とかじゃなく、
選択してる各分野(絵画とかガラス細工とか)に沿って一人一人、卒業制作をすることになっていた。

当時の私は立体物を作る
コースにいたんだけど、
家から学校までが片道数時間かかる距離で、
中々遅くまで残れないから
とにかく限られた時間の中で制作を進めていた。


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 22:07:28.533 ID:19PLKWA00
不思議な体験ってなんか羨ましいな

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 22:08:59.866 ID:NRplgRlp0
当時の私は、
高校のときの仲良かった友達が皆進学せず、
就職をしてたからお金も私より持ってたし、
小さな頃から憧れて、親や先生に反対されても夢見てきた芸術大学には行けたものの、専門の分野だとやっぱりできる人ばかりが集っていて、私の作品は自分が想像していたより遥かにレベルの低いものだった。

でも、これまでの4年間を
無駄にしたくなくて、
多分、就職した友人や反対した親や先生へのプライドも相まって、とにかく必死になっていた。

結局、卒制の展示会前日、
ギリギリまで粘って作業をしたものの、
自分が100%満足できるものはできなかった。

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 22:15:59.536 ID:NRplgRlp0
学校は山奥にあるので
いつもならバスに乗って
30分かけて学校の最寄りの
駅まで行くのだけど、
その日はすでに終バスもなく、
仕方なく電話でタクシーを呼んだ。

待ってる間、
自分の中途半端さ、情けなさ、惨めさに
ため息が零れたのと、
この状態だと途中の電車で終電がなくなって
家に帰れないかもしれない焦りで
いっぱいいっぱいになっていた時に
1台のタクシーがきた。


そのタクシーの扉が開いたとき、
卒業前の3月末で
暖房の聞いた教室内でも寒いのに、
びっくりするくらい空気が温かかったのを
今でも覚えている。

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 22:20:14.628 ID:NRplgRlp0
でもそのときはまだ、
暖房ガンガンだなぁってくらいにしか
思っていなかった。

今はとにかく、
早く駅まで行かねば…と。

私はタクシーに乗ってすぐ、
『〇〇駅まであと
10分で着かなきゃならないんです!!!』
と運転手さんに言った。

運転手さんは一瞬、
え!?と声を出したけど無理もない。
いつもなら30分近くかかる道。
10分なんかで着くはずがない。

でも、運転手さんが一瞬振り返って
私の泣きそうな顔を見ると
優しく笑って、
うん。頑張ってみると笑ってくれた。

それからは、無言のまま車は出発した。

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 22:29:51.736 ID:NRplgRlp0
しばらく道をすすんだ時、
運転手さんが突然口を開いた。
『自分を情けないとか、
みっともないだなんて思うことないよ。
誰よりすごいものを作るより、
精一杯頑張ったことは分かってる。
ちゃんと神様は見てる。
そんな子に奇跡は必ず起きるよ。』

と。

何も話していないのに、
自分の気持ちを見透かされたようで、
ただ、なんだかすごく気が楽になった
不思議な気持ちになった。

まだ黙ったままの私の顔を見て、

『ほら見て。もう駅だよ。』

って続けて言った先を見ると、
たしかに、あと一本信号を渡れば駅に着くところだった。

私は信じられず、
嘘だと時計を見ると出発してから
時間はまだ、わずか
7分くらいしか経ってなかった。

私は目標にしてた時間より、少し前に駅につき、何度も何度もお礼を言ってタクシーを降りた。

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 22:32:45.817 ID:/nBlEtXX0
wktk

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 22:43:12.689 ID:NRplgRlp0
帰りの電車の中、
いつもなら良い運転手さんだったなー、
また会いたいなーなんて思うはずなのに、
ただその時だけは、
なぜだかもう二度と、
その運転手さんに会えないと分かった。
おまけに、たった一度だけ会っただけの
運転手さんだったはずなのに
涙が溢れて溢れて止まらなかった。

結局、卒業制作の展示会は無事終わり、
数日経ってから両親にそのときの話をした。
顔や髪型、雰囲気もしっかり覚えていた。

すると父親が
『それオヤジじゃないか…?』
と言い出した。
父親のお父さん。
私にとってのおじいちゃんは
私が母のお腹にいる時に亡くなった。
だから会ったこともなければ、
すごく楽しみにしてたから
産まれてたらきっとすっごく
可愛がられてたよーなんて言われただけで、
顔も知らなかった。

ただ、そのとき初めて
おじいちゃんが生前、
タクシーの運転手の仕事をしていた事を
聞かされた。

おばあちゃんは、そのとき
病気で長いこと入院してたけど、
お見舞いに行ったとき、
おじいちゃんに会ったかもしれない。と
その時のエピソードを話した日から
病状が安定し5日後に突然、
退院できることになった。

おばあちゃんが退院してから、
昔のおじいちゃんの写真を見せてもらったけど、
それは紛れもなく、
私があの日、出会ったタクシーの運転手さんだった。

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 22:46:22.553 ID:/nBlEtXX0
金を払うタイミングってどんな感じだった?

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 22:48:56.783 ID:NRplgRlp0
安いとか高いとかはなくて、
助けてもらったって気持ちが
大きかったからお釣りはいらないです!
って言っちゃった…

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 22:51:35.742 ID:/nBlEtXX0
>>21 なるほど 流れ止めてスマソ
続きが気になる 期待

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 22:56:07.270 ID:PWmu8q9O0
いいはなしだな

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 23:00:46.223 ID:NRplgRlp0
いえいえ。
遅いせいで皆いなくなってしまった(´;ω;`)

面白い続きはないんだけど、
今年、歳の節目を迎えて、
おじいちゃんが父親とおばあちゃんに
もし孫が生まれる前に自分が死んだら、
孫が〇〇歳になったら渡してほしいって
手紙を託されてたらしくて…

その歳になったから先月末、
急にその手紙を見せられたんだけど、
手紙の中に、
『お前が〇〇歳になるまでに
1度はきちんと顔を合わせに会いに行く予定。
おじいちゃんだと気づくかどうかは
お前次第だよ。』的なことが書いてあって、
無性に誰かに話したくなって、
ここに書き込んじゃった。

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 23:01:59.909 ID:/nBlEtXX0
スゲー

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 23:02:13.900 ID:NRplgRlp0
聞いてくれた方、
わかりにくい上に、
遅くて申し訳ないです。
初めての書き込みでした。
ただ、本当に無性に誰かに聞いてほしくて。

スッキリした!ありがとう!!!

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 23:04:03.044 ID:19PLKWA00
おつ

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/21(月) 23:07:40.362 ID:/nBlEtXX0
こちらこそ興味深い話をありがとう
なんかホッコリした