2020年07月06日

DIYの続き

 今日の午前中は、昨日に引き続き床の張替え作業。
 娘婿の友人の助っ人もあり、午前中にここまでできました。
20200705_164712


 午後からは、7月9日の委員監査に向け資料に基づきの調査を行っています。
20200706_154832


yuji_matsusaka at 21:00|Permalink

2020年07月05日

時間の合間を縫ってDIY

 今日は、長年水漏れが気になっていた流し台の改装。
 取り壊しは、娘婿たちに手伝っていただき午前中に完了
 午後からは腐った床部分の取り外し作業。
 明日以降は、時間の合間を縫ってボチボチやります。
20200623_145034

20200705_112248

20200705_123847


yuji_matsusaka at 22:30|Permalink

2020年07月04日

海上釣堀「正徳丸」釣り大会に参加

 今日は、初めて孫たちと3人で釣り大会に出かけました。
 朝4時30分起床。
 一路紀北町東長島の海上釣堀「正徳丸」釣り大会の会場へ
 ベテランのご指導をいただき、ワラサ2匹、真鯛5匹をゲットしました。
 孫たちは初めての釣り堀と大きな魚に大はしゃぎ、こちらは疲れました。
 自宅へ帰って動画を見ながら、刺身つくり・・・・・まあ何とか出来ましたが人には見せられません。
 残った魚は明日魚屋さんにお願いします。
20200704_082131

20200704_123448

 

yuji_matsusaka at 18:17|Permalink

2020年07月03日

三重県立昴学園高等学校で高校生活を満喫しませんか

 今日の午前中は昴学園高等学校、午後からは熊野警察署で監査を行わせていただきました。
 昨日の痛風の痛みも、富田整形外科の先生のお陰でやわらぎ無事監査を済ませることができました。ありがとうございました。

 三重県大台町の山間の自然豊かな場所に位置する、 昴学園高等学校は、全国唯一の全寮制総合学科高校で、寮教育は舎監による全体及びチューター的な指導・支援と寮生の自治活動との両面から行われています。
 多くの生徒が寮での多様な生徒との出会いや規律ある生活を通じて、厳しい社会を生き抜くために必要な、自律性・協調性・社会性等を身に着けて卒業しています。
 しかし、ここ数年入学志願者が減少し、定数に満たない状況となっています。
 全国のどかからでも入学できます。
 進学先に迷っている方、三重県立昴学園高等学校で高校生活を満喫しませんか。
 昴学園高校のHPはここをクリックしてください。

79267840_2813525092092416_4785062526994020116_o

106603930_2813525125425746_5761795787748775282_o


yuji_matsusaka at 23:22|Permalink

2020年07月02日

痛風が出てしまいました。

 昨夜は足が痛くて一睡もできず、朝から娘に乗せてもらって整形外科に行ってきました。
 これまでも尿酸値は高かったものの、痛風になったことがなかったことから大丈夫と思っていたら、案の定痛風ででした。
 
20200702_114551


 明日は、委員監査の為、ど根性で熊野市等にお伺いします。
 
20200702_212010


yuji_matsusaka at 21:39|Permalink

2020年07月01日

委員監査に伺いました

今日は、午前9時10分に津市栄町庁舎を出発し、午前10時10分から四日市市の保健環境研修所、13時から北星高等学校、14時40分から菰野町のこの菰野高等学校にお伺いし、委員監査を行いました。
20200701_214425

 
 保健環境研究所は、「県民の健康と安全で安心できる生活環境」を守るため、細菌やウイルスなどを原因とする感染症や食中毒、食品の汚染や医薬品の安全性、生活環境を取り巻く大気や水質の汚染、廃棄物の再資源化等に関わる研究や試験検査に取り組んでいます。

 北星高等学校は、三重県では唯一、定時制と通信制があり、定時制においては午前の部、午後の部、夜間の部の三部構成の、特色ある高等学校となっています。

 菰野高校は、キャリア教育、人権教育、道徳教育、主権者教育にトータルに取り組み、夢や希望をもって自立し、社会に貢献できる生徒を育てる。等を教育目標としています。

yuji_matsusaka at 21:47|Permalink

2020年06月30日

6月定例月会議が終了しました

 午前中は、本会議での議決に引き続き、議員連盟総会に出席。
 
Screenshot_20200630-162147_Internet


 午後からは、議員総会に引き続き、県連政調会、中部電力パワーグリッドとの懇談会、監査委員会に出席しました。

 本会議での議決では全議案が可決されました。
 詳細はここをクリックしてください。

 中部電力パワーグリッド松阪営業所との金大会では、災害からライフラインを守る事前伐採、放射性廃棄物の処理・処分について等の意見交換を行いました。
20200630_164531


夕刻からは、津駅東口ロータリーにおいて自民党三重県連の街頭演説に参加。
 北朝鮮による拉致問題、コロナウイルス感染症などを訴えさせていただきました。

☺️
1593504293729


yuji_matsusaka at 20:38|Permalink

2020年06月29日

「ひきこもり対策ネットワーク会議」を再開しました。

 午前10時から開催されました代表者会議において、7月に予定している「三重県産材利用促進に関する条例検討会」の県内調査に係る議員派遣についての経緯及び内容の説明をさせていただきました。
 主な内容は、
 7月21日に予定している、津市及び松阪市で実施する検討会委員全員の県内派遣の件及び7月中に検討会メンバー11名が3班に分かれて実施するグループ県内調査の件ですが、今日の代表者会議で承認いただきました。

 午後からは、新型コロナウイルス感染予防のため、一時中断しておりました、「ひきこもり対策ネットワーク会議」に出席しました。
img261


20200629_144129


 現在は、明後日の監査に向け資料をチェックしています。

yuji_matsusaka at 22:33|Permalink

2020年06月28日

朝見地区自治連合会の自治会長会議

 今日は、朝見地区自治連合会の自治会長会議に出席しました。

20200628_194622

 
主な議題は以下のとおりです。
 1.朝見地区消防団員費について
 2.令和2年度国勢調査の概要について
 3.資源物集団回収活動補助金の交付について
 4.洪水ハザードマップの全戸配布について
 5.その他

 朝見小学校長から、今年の運動会は11月7日に文化祭と合わせての実施。まちづくり協議会会長からは、朝見夏祭りの中止等の報告がありました。
   

yuji_matsusaka at 20:29|Permalink

2020年06月27日

丸天市場

 今日の午前中は、大台町の丸天市場にお伺いし、県内外の林業関係者から林業の現状についてお話を伺った後、競りを拝見させていただきました。
 丸天様には歓迎いただきありがとうございました☺️

20200627_104336

20200627_110035


yuji_matsusaka at 23:48|Permalink

2020年06月26日

予算決算常任委員会

 今日は、予算決算常任委員会に引き続き、三重県産材利用促進に関する条例検討会に出席しました。
 予算県産常任委員会では、下記の内容で行いました。
 ユーチューブはここをクリックしてください。
木津


1議案の審査 議案 第 105 号 ほか 7 件
(1)分科会委員長報告 及びこれに対する質疑
(2)執行部への補足質疑
※(1)(2)については、 銑Δ諒科会の順に合わせて行う。
\鑪企画雇用経済分科会
環境生活農林水産分科会
0緡妬欸鮖劼匹睚〇禀賊(科会
に漂匕土整備企業分科会
ザ軌薹抻(科会
α輒鈎楼莽携分科会

(3全体を通しての質疑
(4)委員間討議
(5)討論
(6)採決
(7)委員長報告で処理経過を求める事項

2所管事項の調査
● 三重県財政の現状について
詳細資料はここをクリックしてください。

 三重県産材利用促進に関する条例検討会では、7月21日に実施を計画しているウッドピア松阪等への県内調査等について協議を行いました。


yuji_matsusaka at 17:31|Permalink

2020年06月25日

松阪商工会議所令和2年度通常議員総会

 今日の午前中は、仏壇店において父の位牌づくりに引き続き父が行っていた作付け農家を廃業するため、農用地利用集積計画による利用権制定に関する手続き。
 午前10時30分からは、松阪商工会議所令和2年度通常議員総会に出席。
 総会では、令和元年度事業活動報告並びに決算報告が行われ、すべて賛成多数で承認されました。
 総会後は、前商工会議所会頭の谷川憲三氏から「商工会議所活動を振り返って」のテーマで講和をいただきました。
20200625_103031

20200625_111048


 午後からは、7月1日の監査に向けて資料のチェックを行っています。
20200625_151544






yuji_matsusaka at 15:33|Permalink

2020年06月24日

三渡川の除草等及び国道166号線の歩道設置の要望

 今日の午前中は、県管理河川三渡川及び国道166号線の要望箇所の現地立ち会いを行いました。
 三渡川等では河川堤防の除草及び樋門の不具合の調査、
20200624_102827


 国道166号線においては、一部箇所において歩道が設置されていないことから、歩道設置のご要望をいただきました。
20200624_112732


 午後からは、代表監査委員室で開催されました、監査委員会に出席。
 今後の日程等の協議、その後、三重県松阪庁舎においてこれまでの要望事項の進捗状況の調査及び午前中の要望に関する報告を行いました。

yuji_matsusaka at 21:42|Permalink

2020年06月23日

三重県議会 防災県土整備企業常任委員会

 今日は、防災県土整備企業常任委員会に出席しました。
防災お県土


常任委員会の調査及び審査の内容はここをクリックしてください。
主な内容は以下のとおりです。

第1 常任委員会( 企業庁 関係)
1 所管事項の調査
(1)三重県企業庁の各事業における令和2年度の取組概要について
ア 水道用水供給事業
イ 工業用水道事業
ウ 電気事業

第2 常任委員会(県土整備部関係)
1議案の審査
(1)議案第
113 号「工事請負契約の変更について
( 一般県道香良洲公園島貫線(香良洲橋)橋梁耐震対策(橋梁上部工)工事 )」

(2)議案第 114 号「工事請負契約の変更について
( 一般県道信楽上野線( 新服部橋)橋梁耐震対策(橋梁上部工)工事 )」

(3 )議案第 118 号「 県道の路線廃止について 」

2 所管事項の調査
(1)みえモデルの取組方向について
(2)「令和2年版成果レポート(案)」について(関係分)
(3)高潮浸水想定区域図の公表について
(4)審議会等の審議状況について



yuji_matsusaka at 20:51|Permalink

2020年06月22日

父と母の遺品整理に1か月くらいかかりそうです。

 今日は、県管理河川の土留めが壊れてきている等のご連絡をいただきましたので、24日に関係者と現地立ち会いを行うことにしました。
 
1592823215268

1592823336243


 また、23日に亡くなった父と昨年11月に亡くなった母の遺品の整理。オシャレな父だったので、洋服だけでもタンス3棹分。靴は1つの下駄箱に入りきれないほどあります。時間の合間を縫って整理します。
 さらに、農機具等は、倉庫一杯ありますが、今日からボチボチ引き取っていただいています。
 父が主体の水稲は、近所の方がやってくれることになりましたので、ホッとしていますが、畑仕事は健康管理のために自分でやっていきたいと思っています。

yuji_matsusaka at 20:17|Permalink

2020年06月21日

父の日のプレゼント

 今日は父の日、嫁いだ娘たち3人からそれぞれプレゼントが届きました。
 一宮に嫁いだ娘婿からは、お酒が・・・・・私は酒飲みに思われているようです。
20200621_133820

 
 また、多くの方々が12日に亡くなった父のお参りに来てくださいました。
 お忙しい中、ありがとうございました。

 そして、23日の防災県土整備企業の分科会及び常任委員会に向け資料の確認をしています。
20200621_140513

 

yuji_matsusaka at 22:28|Permalink

2020年06月20日

櫛田川の除草

 今日は新屋敷町地先の櫛田川左岸の河川敷の除草作業を実施。
 以前は、不法投棄もありましたが整備することによって不法投棄がほぼなくなりました。

施行前
RIMG0060


施行状況
RIMG0062


完了
RIMG0077


 また、増水により鮎漁も期待しましたが、今日はあまり捕れないようです。

RIMG0066


yuji_matsusaka at 19:11|Permalink

2020年06月19日

防災県土整備企業分科会及び常任委員会

 今日は予算決算常任委員会防災県土整備企業分科会に引き続き、防災対策部関係の常任委員会に出席しました。
 防災対策部関係の分科会の議案の審査では、以下の3項目の補正予算が全会一致で可決されました。
1.避難所における感染対策に係る資機材を購入するための市町への補助金の増加に伴う増額補正、地域減災対策推進事業費17,368,000円。
2.救急活動において使用するマスクや感染防護衣など感染防止対策装備品の購入に伴う増額補正、消防行政指導事業費58,815,000円。
3.消防学校における感染防止対策のため、施設換気機能を向上させる空調管理設備の更新に伴う増額補正、学校運営管理費33,645,000円。
 
 防災対策部関係の常任委員会では、以下のコ横目に関する所管事項の調査を行いました。

(1)みえモデルの取組方向について
(2)「令和2年版成果レポート(案)について
(3)「三重県防災・減災対策行動計画」実績レポートについて
(4)避難所における感染防止対策について
(5)審議会等の審議状況について

審査の状況は、ここをクリックしてください。

yuji_matsusaka at 23:44|Permalink

2020年06月18日

自粛していた、松阪ライオンズクラブの例会が再開しました

 午前中は、櫛田川第一漁協の通常総会(書面決議)。
 午後からは明日の常任委員会及び分科会の資料チェック。
 午後6時30分からは新型コロナウイルス感染防止のため、休会となっていた松阪ライオンズクラブの例会に出席しました。
 帰宅後、あまりにも足が痛いので見てみるとパンパンに腫れ上がっているじゃないですか😂
 これは、おそらく痛風かも😭。
 先日亡くなった父親の後を継いだようです😵
20200618_212809


yuji_matsusaka at 21:54|Permalink

2020年06月17日

県道の横断歩道設置と県管理河川の修繕等の要望

 今日は、各自治会からいただいた要望箇所の確認及び三重県松阪建設事務所において進捗状況の確認を行いました。
 鎌田町アンダーパス附近の横断歩道の設置に関する要望は、社協が移設になったことから通行量が増加しているとともに通学路であることから昨年から要望が出ています。
20200617_110253


 百々川の浚渫及び玉石の崩壊においては、増水時までの改善が望まれています。
20200617_111524

 
 また、父の逝去に伴い名義変更などしばらくの間、バタバタしそうです。

yuji_matsusaka at 22:51|Permalink

2020年06月16日

令和2年度6月補正予算(その2)

gikai

今日の本会議は、一般質問に引き続き令和2年度6月補正予算(その2)が上程されました。
主な歳出は以下のとおりです。

(1) 県民の命を守り抜く感染拡大の防止127億8, 041万円
ヾ鏡拡大の防止と医療提供体制の整備(医療保健部)
県民の皆さんの命を守るための医療提供体制の整備を引き続き進めるため、国の新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金を活用して、取組の強化を図る。

救急活動における感染防止対策(防災対策部) 5,881万5千円
県内消防本部救急隊の感染防止 策を強化するため、救急活動において使用するマスク等感染予防装備品について県が購入し配付する。

0緡貼昌者や介護.障がい福祉施設等職員への慰労金の支給(医療保健部、子ども.福社部) 85億8,710万円
患者と接する医療従事者や、介護,障がいる社施設等に勤務し利用者と接する職員に対して、国の新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金を活用して、慰労金を支給する。

ぐ緡貼昌者への応援給付金の支給(医療保健部) 7,084万円
感染症対策の最前線で懸命に尽力いただいている医療従事者に対して、感謝と応援の気持ちを伝えるため、県民の皆さんや企業などからの「新型コロナ克服 みえ支え“愛”募金」や県職員労使協働による「新型コロナウイルス感染症対策 県民応援募金」、教育関係者による「新型コロナウイルス感染症対策 応援募金」などを活用して、感染症患者の入院治療や「帰国者,接触者外来」等において直接患者への対応にあたった医療従事者に対して、県独自の応援給付金(QUOカード) の支給を行う。

ジ立特別支援学校のスクールバス添乗員の配置(教育委員会事務局)1,376万6千円
登下校時の「3つの密」 を回避するため増使している県立特別支援学校のスクールバスについて、 児童生徒の安全な登校を支援するため、国の補助制度を活用して、 バスに添乗する学校労務員を増員する。
ζ段婿抉膤惺仕の臨時休業に伴う家庭への支援 (子ども 福祉部) 200万3千円
特別支援学校等の臨時休業に伴い、保護者と障がい児が長時間居宅で過ごす必要が生じた世帯に対して保護者の休息を確保するため、 国の補助制度を活用して、 放課後等デイサービス事業所の職員が居宅を訪問する事業に対して支援する。
また、感染により重症化する恐れの高い児童を送迎する際、 放課後等デイサービス事業所が福祉タクシーを利用する場合に要する経費に対して支援する。

Ц立図書館における感染防止対策(環境生活部) 266万2千円
図書を媒介した感染を防止するため、 図書消毒機を導入する。

┫埜郢嫖養成所における感染防止対策への支援(医療保健部) 3,902万円
看護師等養成所の感染防止対策を強化するため、看護学生が遠隔授業により講義が受けられる設備整備に対して支援を行う。
また、医療機関等での臨地実習の中止に伴い、 学内演習でも同等の知識と技能を修得するため、必要な資機材を県が購入し養成所に貸与する。

介護福祉士養成施設等における感染防止対策への支援 (医療保健部) 249万6千円
介護福祉士養成施設等の感染防止対策を強化するため、 国の補助制度変を活用して、県がマスクや消毒液を購入し配布する。

消防学校における感染防止対策 (防災対策部) 3.364万5千円
三重県消防学校の感染防止対策として、 施設内の換気機能を強化するため、 空調管理設備を更新する。

障害福祉サービス事業所等における感染防止対策や事業継続への支援(子ども,福祉部) 2億9, 281万3千円

感染拡大の影響に伴い、障害福社サービス事業所等の介護業務の負担軽減や感染防止対策、通所型のサービスから居宅訪問への切り替え等に要する経費について、国の補助制度を活用して支援する。


児童福祉施設等における感染防止対策(子ども,福祉部)1,939万1千円
児童相談所一時保護所や国児学園の感染防止対策を強化するため、マスクや消毒液等を購入する。
また、児童福祉施設等における感染防止対策を強化するため、術生用品等の購入や人所児童等が利用するオンライン学習のための端末の購入などに要する経費を支援する。

女性相談所における感染防止対策(子ども,福祉部) 800万円
女性相談所における感染防止対策を強化するため、国の補助制度を活用して、衛生用品等の購入や生活空間の改修工事、入所児童等が利用するオンライン学習のための端未の購入などに要する経費を計上する。

保育所,放課後児童クラブ.児童養護施設等における感染防止対策への支援(子ども,福祉部) 1,679万7千円
保育所,放課後児童クラブ,児童養護施設等における感染防止等の取組を支援するため、国の補助制度を活用して、感染症対策への不安や疑問について気軽に相談できる窓口の設置や感染症対策の専門家による派造指導等に必要な経費を支援する。

保育所,児童養護施設等で働く職員や里親への消毒用品等の配布(子ども。福社部) 6,550万5千円
感染防止対策や学校の臨時休業などにより負担が増加している保育所や児童養護施設等で働く職員、里親への感謝と応援の気持ちを伝えるため、県職員労使協働による「新型コロナウイルス感染症対策県民応援募金」などを活用して、「みえ支え"愛”セット」(衛生用品等) の配布を行う。

宛内交通事業者における感染拡大防止対策等への支援 (地域連携部)4,613万4千円
県内交通事業者が実施するマスクや消毒液などの衛生用品の購入に対して支援するとともに、バス.鉄道・船舶の車内船内における抗菌対策などの費用に対する国の補助制度について、 事業者負担分を県が独自で支援する。
また、公共交通機関の安全安心を呼びかけ、 利用回帰を促すため、 公共施設等へのポスター掲出などを実施する。

欝拔藩彑繊Π様蠅剖力いただいた事業者への協力金の支給(雇用経済部) 5億円
感染拡大を阻止するため、 県が行う緊急事態措置による休業要請 依頼に全面協力いただいた中小企業・小規模事業者 (個人事業主を含む)に対する協力金について、協力事業者の増に伴い予算額を増額する。

家鯑饅蠅砲ける感染防止対策への支援(防災対策部) 1,736万8千円
避難所における感染防止対策を強化するため、 市町を対象とした補助金に感染症対策のための特別枠を設け市町の取組を支援する。

該匈佳从活動における感染防止対策 (防災対策部) 339万7千円
県の災害対策活動について感染防止対策を講じながら円滑に実施するため、 防災関係機関との情報共有や意見交換を遠隔で行うテレビ会議システムの構築や、 災害対策本部内の換気に必要な機材購入を行う。

幹鏡症対策に係る計画の改定および新たな条例の制定 (医療保健部) 47万円
「三重県新型インフルエンザ等対策行動計画」 「三重県感染症予防計画」 について、今回の感染症への対応に係る課題をふまえ、 新型コロナウイルス特有の感染状況に合わせた見直しを行うため、 専門家等からの意見をふまえた計画の改定等を県独自で行う。
また、本県における今後の感染症の発生やまん延の防止の観点から、 全県をあげた万全の対策を計画的かつ総合的に講じるため、 全国に先駆けて県独自の 「三重県感染症対策条例(仮称)」 を制定する。

(2) 雇用の維持と新しい働き方
仝柩僂亮給ミスマッチの解消に向けた取組 (雇用経済部) 3,690万5千円
感染拡大の影響から生じた雇用の周給ミスマッチの解消に向けて、 関係機関と連携し、労働力に余利のある企業と労働力が不足する企業の情報をホームページ等に掲載するとともに、その情報をもとに企業開における労働カシェアマッチングの支援を行う。

⊃綮唆反雄爐粒諒(農林水産部) 450万円
感染拡大の影響により、外国人技能実習生等の確保が困難な状況にある県内水産業の人材を確保するため、 未経験者等を対象とした作業体験に必要な器具等の購入、 トイレや更衣室など職場環境の改善に必要な経費に対して支援する。

障がい者就労継続支援事業所への運営支援 (子ども 福祉部) 1,600万円
感染拡大の影響により、 生産活動に大きな影響を受けている障がい者就労継統支援事業所の運営を継続させるため、国の補助制度を活用して、 家賃や設備整備費用、 広報活動に要する費用等に対して支援する。

ぞ磴い者のテレワークの促進 (雇用経済部) 2,070万円
感染防止のため、 対面での接触の回避や障がい者雇用における大きな障害である通勤負荷の軽減などの観点から、 障がい者のテレワークを積極的に進めるため、 企業や障がい者に対してテレワーク導入に関する研修や実践訓練を行う。
また、重度の身体障がいやコミュニケーションに障がいがある方など、これまで就労が困難と考えられていた障がい者の就労につなげるため、分身ロボットなどの活用によるモデル事業を実施する。

(3)地域経済の再生と進化
.灰蹈粉躓,鮠茲蟇曚┐觚内ものづくり企業の競争力強化(雇用経済部)2,053万円
県内ものづくり企業が感染症の影響など社会経済情勢の変化等に的確に対応し、 企業の生産性と収益力を高めていけるよう、 県内ものづくり企業の現状と課題を把握する調査を実施するとともに、有識者会議での議論等もふまえ、 安全で安定した経営で他分野,新たな業種への開拓を図る企業を支援する。

△發里鼎り企業の販路拡大の促進やオンラインによる技術相談の実施(雇用経済部) 635万3千円
感染症の影響を受けている県内ものづくり企業の受注機会を確保するため、 オンラインによる商談会を実施する。
また、工業研究所において企業からの様々な技術相談に対応するため、オンライン環境を整備するとともに、 技術相談や人材育成など企業からのニーズが高いコンテンツをデジタル化し、 公開する。

C楼莖萓化型キャッシュレス決済の推進 (雇用経済部) 1,442万6千円
感染拡大の影響により、 個人消費の落ち込みが顕著なことから、 国の消費喚起策等と連動し、経済回復期における需要を取り込むとともに、 紙幣 硬貨の取扱い機会滅少による衛生的な購買環境を構築するため、 市町,商工団体等と連携して中小企業小規模企業へのキャッシュレス決済の導入を支援する。

ぞ工団体等におけるデジタル.トランスフォーメーション化の支援 (雇用経済部)6,042万4千円
中小企業・小規模企業が、時間や場所の制約なく、 いつでも経営支援を受けられる環境を整備するため、中小企業 小規模企業の経営支援を行う支援機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)化を支援する。
※デジタル・トランスフォーメーション (DX)
ICTの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること。

ゥンラインを活用した日本酒や伝統産業、地場産業の販路拡大支援(雇用経済部)629万4千円
オンラインを活用した日本酒の国内外への販路拡大や販売促進を図るため、注文受付から海外輸送までを一貫して行う事業者とのマッチングや、国内外におけるバイヤーとのオンライン商談会等の実施支援を行う。
また、伝統産業 地場産業の事業者における販売方法の多様化を促進するため、 オンライン物産展とリアルイベントを連動させたフェアの開催等を行う。

新しい生活様式の実現に向けた革新的ビジネスモデルによる社会実装の支援(雇用経済部) 1億102万2千円
感染症に伴って発生する新たな社会課題の解決や、 新しい生活様式の実現に向けて、革新的なビジネスモデルや技術により対応しようとする世界中の大企業 ベンチャー企業等からアイデアを募集し、 開発にかかる支援および実証実験の実施など社会実装の支援を行う。

Ъ然体験事業者が行う感染防止対策や子どもの自然体験機会創出等への支援(農林水産部) 4.250万7千円
県内自然体験事業者の感染防止対策を強化するため、消毒液やマスク等の衛生用品の購入を支援するとともに、 三重県の自然体験の安全性をPRする。
また、 三重の自然で子どもたちが遊び学ぶ機会を創出するため、 県内自然体験事業者による、新しい生活様式に即した子ども向けプログラムの造成や、 大人のテレワークを可能とする環境整備を支援する。

地方卸売市場における感染防止対策(農林水産部) 309万6千円
県地方卸売市場における感染防止対策を強化するため、マスクやフェイスシールドなどの衛生用品の購入や、 遠隔取引を可能にする場内の無線LAN機器の導入、専門家等による感染防止対策に関する講習会の開催などに取り組む。

水産産地市場の感染防止対策への支援 (農林水産部) 3,100万円
県内の水産産地市場の感染防止対策を強化するため、市場利用者への衛生管理に関する研修会の開催や施設改修などに必要な経費に対して支援する。

新しい生活様式に対応した県産農林水産物の販売力強化(農林水産部)1,947万2千円
県内農林水産事業者が新しい生活様式のもとで販売力を強化できるよう、 オンライン上での事業者間の交流の場の提供や商談が実施できる環境を構築する。
また、地産地消を推進するため、直売所における消費者ニーズの分析や直売所間のネットワーク構築に取り組み、県内直売所等の高付加価値化を進める。

県産水産物の販売促進(農林水産部) 300万円
県産水産物の消費拡大を図るため、 国や市町が実施する消費喚起キャンペーンの登録飲食店等における県産水産物の販売促進活動を支援する。

三重テラスの安全 安心の確保と県産品の消費拡大 (雇用経済部) 1,208万2千円
三重テラスにおいて感染症収束後の安全 安心への消費者ニーズに対応するため、DXを活用した非接触 非対面サービスを提供するとともに、 これまで構築したネットワークを活用して、県産品の消費拡大を図る。

関西圏における営業活動の強化 (雇用経済部) 1,200万円
関西圏において、 落ち込んだ県内への観光客や県産品等の需要回復につなげるため、感染症収束後の新しい生活様式を見据え、オンラインを活用した営業活動を展開する。

感染症収束期における県内周遊及び誘客の促進(雇用経済部) 7億7,446万6千円
感染症の影響により甚大な被害を受けている県内観光産業の早期回復を図るため、感染症の状況を見据えながら、県民による県内周遊や国の 「Go To TRAVELキャンペーン」に連動した県外からの誘客促進について官民一体で取り組む。
また、新しい生活様式に合わせた観光地づくりの支援を行う。

オンラインを活用したインバウンドセールスの試行 (雇用経済部) 978万7千円
感染拡大の影響により、 渡航制限やビジネススタイルの変化などが生じている中、これまで築いてきた海外旅行会社との関係の維持 強化や将来の誘客につなげるため、オンラインならではのメリットを生かした新たな手法による観光情報の提供や商談などのインバウンドセールスを試験的に実施する。

飴綾鼎諒襪蕕渓ノ枠信 (地域連携部) 424万円
移住を検討している人やリーケーションに関心のある人に三重を知ってもらい、 移住先の候補として三重を選んでもらうため、 移住者や地域で活躍している人の日常や地域との関わりなど、 三重の多様な暮らしぶりを紹介するリレー形式の動画を作成し、YouTube等のSNSで発信する。

影酩地域の自然体験等の魅力発信(地域連携部) 566万2千円
感染拡大を契機として、豊かな自然等の価値が見直されていることから、南部地域の自然体験等の魅力について情報発信を行う。
また、南部地域において事業者が連携して実施する自然体験イベントを支援する。

夏酩地域への体験型教育旅行の促進(地域連携部) 537万5千円
県外への教育旅行の実施が難しい中、多様で豊かな自然や歴史風土を有する南部地域の価値を県内の児童生徒に認識してもらうため、体験を取り入れた教育旅行の実施を支援する。

(4) 安全,安心な暮らしの再構築
”塲イ貿困猜への支援(子ども.福祉部) 1億381万8千円
 精神的,経済的な不安を抱える不妊に悩む方を支援するため、感染拡大の影響により収入が前年同期に比べ10%以上減少している方に対して、県独自の助成制度を創設する。
また、電話相談について開設時間を延長する。

緊急小口資金等の貸付原資等の追加(子ども.福祉部) 7億3,500万円
休業等を理由に一時的な資金が必要な方への緊急の貸付、収人の減少や失業等により生活の立て直しのための安定的な資金の貸付のため、貸付上限額の引き上げなど特例措置が設けられた個人向け緊急小口資金等について、貸付原資など必要な費用を追加補助する。
※令和元年度最終補正予算(その2) および令和2年度4月補止予算で計上した費用(7億8,400万円)の追加。

住居を失うおそれのある方への支援(子ども、福祉部) 935万円
感染拡大の影響に伴い、休業等に伴う収入す少により、離職や廃業には至っていないが同程度の状況に至り,住居を失うおそれがある方に対して支給する住居確保給付金について、国の要件緩和に伴う申請瓩紡弍するため予算を増額する。

つ秉蠧世里劼箸蠖得ぢ咾悗領彁特別給付金の支給(子ども、福祉部)2億8.464万1千円
低所得のひとり親世帯について、感染拡大の影響による子育て負担の増加や収入の減少に対する支援を行うため、国の臨時特別給付金の支給に必要な経費を計上する。

ヌね用食品の活用 (環境生活部) 944万円
食品ロスの削減に向けて未利用食品の有効活用が課題となっている中、 関係団体、NPO、企業等と連携し、生活困窮者等へタイムリーに未利用食品を提供するため、ICTを活用した仕組みを構築する。

自殺予防に関する相談体制の充実(医療保健部) 355万5千円
失業や休業等による自殺リスクの高まりに対し、 県、 市町、 民間団体等の相談体制を充実するために、 相談環境整備備に必要な経費について支援するとともに、 自殺相談に関するフリーダイヤルを設置する等の取組を実施する。

Т鏡症に関連した消費者被害の防止 (環境生活部) 179万6千円
感染症に関連した消費者被害の防止や、新しい生活様式に対応した「お買い物エチケット」の定着に向けて、国の補助制度を活用して、 啓発活動を集中的に実施する。

NPO活動への支援(環境生活部) 1,001万8千円
NPO活動の円滑な再開を力強く後押しするため、感染防止対策の強化やオンラインの活用など新しい生活様式への対応に必要な経費に対して支援する。

県立文化施設における新しい生活様式への対応(環境生活部) 2,578万5千円
県立文化施設(総合博物館MieMu、美術期、斎宮歴史博物館)の観覧料の決済について、新しい生活様式への対応と支払方法の多様化による利便性の向上を図るため、キャッシュレス決済を導入する。
また、感染拡大の影響を受けて自宅で過ごす時間が増加していることから、 読書活動の推進を図るため、児童書などの図書を購入する。

(5)分断と軋轢からの脱却
ヾ鏡症の正しい認識と理解に向けた対応(環境生活部) 1,094万円
感染症を起因とした人権侵害や詠誇中傷等を防止し、県民の皆さんの正しい認識と理解を深めるため、 テレビやラジオを活用した啓発活動を継続して実施する。
また、インターネット上の差別事象のモニタリングについて、 悪質な書き込み数の急増に対応するため、 人員を2名から3名に増員して対応を強化する。

外国人家庭との相互理解を深めるしくみづくり (子ども・福祉部) 18万円
児童相談を利用する外国人家庭への対応を強化するため、 通訳システムを購入する。

(6) 新たな人材育成への転換
仝立学校。特別支援学校における感染防止対策や児童生徒の学びの保障(教育委員会事務局) 2億1,000万円
県立高等学校,特別支援学校において、国の補助制度を活用して、各学校における感染防止対策や授業で活用する教材や機材の整備等に取り組む。

県立学校における外国人生徒への支援(教育委員会事務局) 348万4千円
教育関係者による「新型コロナウイルス感染症対策 応援募金」を活用して、県立学校に在籍する外国人生徒の学びをサポートする外国人生徒支援專門員を増員する。

小中学校に対する学習支援(教育委員会事務局) 8,864万5千円
教育関係者による「新型コロナウイルス感染症対策 応援募金」を活用して、市町が行う学習支援活動に対して支援する。
また、放課後等に補充的学習を行う外部人材を活用した学習指導員について、市町からの要望をふまえ増員する。

ぞ中学校における感染拡大防止等に向けた人員配置(教育委員会事務局)1億1, 088万円
小中学校における感染拡大防止を徹底するため、国の補助制度を活用して、スクール,サポート,スタッフを小中学校に配置し、教職員とともに、、多くの人が触れる場所の消毒や寮校時の健康観察とあわせ、児童生徒の学習活動が充実するよう、授業や家庭学習に係る教材準備の補助などを行う。

ジ立学校における修学旅行キャンセル料に対する支援(教育委員会事務局)1.733万9千円
感染拡大の影響により、県立高等学校,特別支援学校において修学旅行の延期等によりキャンセル料が発生した場合の経費を負担する。

Ω立農業高等学校における実習用機械の導入(教育委員会事務局) 1,942万1千円
感染拡大の影響を受け不足している農業生産を支える人材育成に対応するため、国の補助制度を活用して、県立農業高等学校校の実習用農業機械を整備する。

Ч眦学校の部活動における地方大会の開催経費支援(教育委員会事務局)1,000万円
開催が中止となった全国高等学校総合体育大会や全国高等学校野球選手権大会の代替大会の開催経費について、国の補助制度を活用して支援する。

スマート自治体の推進(総務部) 3,983万2千円
県のDXを推進するため、県庁内の各部局が取り組む事業に対して、民間専門人材を活用し、コンサルティングを行うとともに、デジタル技術を活用できる人材の育成につなげる。
また、国が実施する自治体行政スマートプロジェクトを活用して、県内市町のスマート自治体化を促進するため、県内4市町と連携し、業務プロセスの標準化やAI,RPA等のICTを活用した効率化のモデル形成と水平展開を図る。
(7)その他
|了期末手当の減額(戦略企画部) ▲349万6千円
県議会議員政務活動費の減額(議会事務局)▲2, 272万円
以上
 最後までご覧いただきありがとうございました。

yuji_matsusaka at 22:10|Permalink

2020年06月15日

一段落しました

 今日は亡くなった父の朝田地蔵参りをさせていただいてひとまず一段落しました。
 今後は、家の片付けや遺品整理、農業の引継ぎなど、まだまだやることがありますが、ボチボチやっていきたいと思います。
 
20200615_104208

20200615_104232


 午後からは、昨日ご要望いただいた現地調査及び立ち会い等を行いました。
20200615_140522 (1)

 

yuji_matsusaka at 21:54|Permalink

2020年06月14日

父、田中治作が他界しました

 
20200613_165212


 6月8日早朝に父が脳内出血により、緊急入院しましたが、残念ながら治療のかいなく12日深夜に他界しました。
 本来なら多くの方々にお知らせしたかったのですが、新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、親族だけで一昨日に通夜式、本日告別式を行わせていただきました。
 父生前中の、多くの方々のご厚情に亡き父になりかわり心より感謝申し上げます。

yuji_matsusaka at 18:40|Permalink

2020年06月12日

ダチョウ抗体マスク

 県道伊勢松阪線(佐久米町地内)の一部区間において、雨が降るたびに車線に水溜りが出きてしまいます。
 梅雨に入り、交通障害となっています。
20200611_151240


 知人が、ダチョウ抗体マスクを送ってくれました。
 ダチョウの卵から抽出した抗体を浸み込ませたフィルターがウイルスの飛沫や花粉を遮断してくれるようです。
 
20200612_211633


yuji_matsusaka at 21:37|Permalink

2020年06月11日

松阪林業支援センター

 今日の午前中は、三重県松阪建設事務所にお伺いし、名古須川及び真盛川の樹木伐採に関する進捗状況の調査。
 午後からは、松阪林業支援センターにお伺いし、バイオマス発電及び県産材利用促進に関する調査等を行いました。
 林業支援センターは、地域材の利用促進や販路拡大など木材の利用拡大に特化した施策などに取り組んでいます。
 現在、木材業界が低迷している中において、高級品の売れ行きは順調とのお話がありました。
 森林林業に関しては、、三重県産材利用促進条例(仮称)制定に向け、今後もいろんな情報収集に努めてまいります。

  

yuji_matsusaka at 17:40|Permalink

2020年06月10日

今日から一般質問が始まりました。

 今日は、午前8時からウッドピア松阪で開催されました競り市にお伺いし、木材業界の現状に関する調査を行いました。

20200610_080919

20200610_083753

20200610_083615


 10時からは本会議(一般質問)、午後4時からは監査に出席しました。
 今日から始まった一般質問では、全員がコロナウイルス関連の質問となりました。
 ユーチューブはここをクリックしてください。
yamauti


山内 道明 議員(公明党)
1. ”命”と”経済”の両立をめざす「みえモデル」を貫く視点、SDGsの推進について
2. 多様な性的指向・性自認に関する条例制定について
3. コロナ禍におけるプラットフォームとしての学校への期待!
4. 住宅セーフティーネットの機能強化に向けて県営住宅の連帯保証人を不要に!

山本 里香 議員(日本共産党)
1. 「地域外来・検査センター(PCR外来)」について
(1)設置の現状と今後
(2)検査へ至るフローを明確に
2. 新型コロナウイルス感染症対応と地域医療構想について
3. 窮する医療機関への支援について

平畑 武 議員(新政みえ)
1. 新型コロナウイルス関連
(1)これまでの支援策について
(2)今後の課題について
2. 県立学校関連
(1)トイレ洋式化について
(2)特別支援学校への登校について
3. 交通安全施設整備関連
(1)横断歩道塗り替え整備状況について

石垣 智矢 議員(自由民主党県議団)
1. 新型コロナウイルス感染症によって大きな影響を受けた観光業の立て直しについて
2. CSF(豚熱)及びASF(アフリカ豚熱)対策について
3. 男性の育児参画について
4. 令和8年度全面供用開始予定となった東海環状自動車道について

舘  直人 議員(草莽)
1. コロナ社会、コロナ時代の襲来の中で!
 (1)学校教育に関する影響について
 (2)スポーツイベントの開催について
 (3)三重とこわか国体・三重とこわか大会について
  [沼膕颪粒催に向けて
  開催準備について
  6サ士呂慮上と選手強化について
 (4)指定管理者の利用料金収入減少への対応について
 (5)観光事業者の再開に向けた支援について




yuji_matsusaka at 23:27|Permalink

道の駅飯高

 昨日は、三重県松阪庁舎において名古須川の管理状況の調査に引き続き、教育関係者と三重県の英語教育についての懇談を行いました。
 その後は、松阪市ではベルファームに次ぐ観光地の道の駅飯高にお伺いし観光客の入り込み状況を調査しました。観光客は徐々に戻ってはいるもののもとに戻るにはまだまだ時間がかかりそうです😭
20200609_181545

 

yuji_matsusaka at 09:41|Permalink

2020年06月08日

新型コロナウイルス関連の補正予算等、全会一致で可決

 午前中は、本会議に引き続き、予算決算常任委員会 防災県土整備企業分科会 に出席。
本会議
gikai2

第1 議案第 103 号から議案第120号まで 並びに議提議案第2号
〔質疑、委員会付託 〕


予算決算常任委員会 防災県土整備企業分科会
bunnkakai

補正の概要
 防災費新型コロナウイルス感染症が収束していない状況での発災時に、市町の避難所における感染防止対策を支援することを目的に、県の備蓄として必要な資機材(マスク、消毒液、簡易トイレ)を購入することに伴う増額、17,652,000円。

 午後からは、予算決算常任委員会及び三重県産材利用促進に関する条例検討会(仮称)に出席しました。

予算決算常任委員会
1議案の審査
● 議案第 103 号「 令和2 年度三重県一般会計補正予算(第 4 号) 」 の審査
(1)分科会委員長報告及び質疑
(2)執行部に対する補足質疑
※(1)(2)については、 銑
の分科会の順に併せて行う。
\鑪企画雇用経済分科会
環境生活農林水産分科会
0緡妬欸鮖劼匹睚〇禀賊(科会
に漂匕土整備企業分科会
ザ軌薹抻(科会
α輒鈎楼莽携分科会
(3)全体を通しての質疑
(4)委員間討議
(5)討論
(6)採決
(7)委員長報告で処理経過を求める事項

三重県産材利用促進に関する条例検討会(仮称)
1.条例の進め方について
2.条例の方向性について
3.その他


yuji_matsusaka at 21:03|Permalink

2020年06月07日

名古須川の管理

 今日は、櫛田川第一漁協の通常総会(書面決議)に向け、書面決議書・採捕日誌・賦課金の徴収及び昨日ご連絡いただいた自治会にお伺いし、自治会役員の立ち会いの下、現地調査を行いました。
 この団地の自治会では、これまで県管理河川の草刈りなどを行っていましたが、高齢化により管理することが徐々に難しくなってきたため、県に管理をお願いしたいというものです。
 
20200607_105315

20200607_104715


 また、県管理河川に隣接する市道も地盤沈下によりクラックが入った状態になっています。
20200607_105855


yuji_matsusaka at 22:43|Permalink

2020年06月06日

ツバメの巣

 今年も我が家にツバメがやって来ました☺️
 一昨年度はカラスに襲撃され全滅😭
 何とか守ってあげたいと猿撃退用のモデルガンを購入。
 昨年度は何とかなったものの今年は再びカラス3羽が襲撃。
 これから巣立ちまでカラスとの戦いが始まります。
20200606_181454

20200606_181144


yuji_matsusaka at 22:30|Permalink