2010年11月

2010年11月30日

本会議

今日の本会議は、総務生活委員長報告に引き続き各議案質疑等が行われました。

総務生活委員会の審査の経過並びに結果報告

松阪市職員の給与に関する条例等の一部改正について

議案質疑
Q:今回の改正は、人事院勧告に準拠してということで、期末勤勉手当、55歳を超える職員の給与の引き下げなどの内容となっているが、引き下げの根拠は?
A:人事院は、国家公務員給与等実態調査及び職種別民間給与実態調査の結果に基づき、公務員と民間との給与やボーナスをラスパイレス方式などで比較した結果に基づき勧告された。
Q:人事院勧告は2007年以外、2002年からマイナス勧告であり、そのような厳しい勧告を市は準拠していることによって、民間との給与引き下げ合戦となっているが、この状況をどうとらえているのか?
A:本市には、職員の給与を独自に決定する第三者機関がないことから、給与改正は、これまで基本的に人事院勧告に準拠してきている。
Q:今回の給与引き下げと現給保障の関係は?
A:平成18年の給与改正による給料表の切り替えに伴い、経過措置により現給が保障されている給料月額については、昨年に引き続き、今回も人事院勧告において引き下げが行われるものである。
Q:本市は県内他市に比べ給料が低いと聞いているが実態はどうなのか?
A:「地域手当を除くラスパイレス指数の中での比較では、県内14市中10番目である。
Q:今回の改正は、市職員組合と協議の上でということであるが、その協議内容はどのようなものであったのか?
A:組合とは、去る11月12日総務部長交渉、17日に市長・副市長交渉の場で、最終的には人事院勧告に準じた給与改正を行うことの了承を得ている。
Q:若年層の仕事量と給料は見合っていないところもあると思うが、職員の士気を高めるため、年功序列ではない他の方法は考えているのか?
A:現在、人事評価制度構築に向け、今年度は制度設計等に取り組んでおり、来年度は試行も予定している。職員の業務への士気を高められる制度構築を進めていきたい。

反対討論
 今回の給与引き下げは、2010年の人事院勧告に基づき年間給与平均8万円の引き下げ、1.35%マイナスとなるものであり、特に1998年から約62万円ボーナスとして1963年水準までさかのぼるものとなっている。このように大幅な賃金削減は、公務労働者の生活を圧迫し、民間との給与引き下げをさらにもたらし、景気回復、地域経済に影響をもたらすものである。特に55歳を超える職員に対する一律の定率減額は、生活実態や生計費原則を無視した年齢差別というべき賃金削減である。また、4月からの給与削減分を12月の期末手当から削減することは、実質的な遡及であり、違法な取り扱いといわざるを得ない。さらに、人事院勧告は、労働基本権の代償措置としての役割を果たさず、公務労働者の争議権を含む労働基本権の全面回復が必要であることを指摘して、本議案に反対である。

賛成討論
 給与引き下げは職員にとって厳しい状況であるが、本改正が人事院勧告に準じていること、また、市職員組合承諾の上であるということで、本議案に賛成である。

委員会の採決結果
 挙手多数、原案どおり可決すべきものと決定。

 本会議においても、賛成多数で可決されました。
 他の議案質疑については、各常任委員会の委員長報告を参考に掲載致します。

 次回の本会議(12月3日)から、一般質問が始まります。


yuji_matsusaka at 19:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月29日

石破 茂氏 講演

「日本政治の方向性とは」

 来年度には総選挙がある。「民主党がダメならこっちへ来いという選択ではなく、自民党が良いから1票入れてもらうのが我々の務め。
負けに不思議の負けなし。負けを分析しないとき次も負ける
 「感謝の気持ちをなくした。」と有権者がそう思えばそうである。
 「自民党は有権者に対する感謝や恐れをなくしていた。負けるべくして負けた敗因を分析し、反省して改善しないと次も負ける。」

 日本はなぜ交渉力が弱いのか。大臣が何回も変わるからである。
 原稿を読んでいるだけの大臣が務まるわけがない。
 大臣になるのは目的ではなく手段である。目的がなければ大臣になった意味がない。大臣になるのは何かをやるための手段である。
日本は食糧自給率は低くても農業の生産力は世界第5位である。

 医療費は、70歳を超えると64歳より2倍も3倍もかかる。誰がどこで苦しんでいるのか分らなければならない。

 日本は、法人税が高い、人件費が高い、企業が海外へ進出するのは当たり前である。

 「気をつけよう、甘い言葉と暗い道。」・・・「気をつけよう、甘い言葉と民主党。」
 子ども手当に5兆5千億円:給食費の未納がなくなるはずなのに、なくならない。
 高校をタダにする前に、小中学校の教育をしっかり教えよ。分数が分からない大学生もいる。
 高速道路無料化:高速道路は時間を買う人が利用する。高速道路の借金を返すのは利用者であるはずなのに、使わない人まで払っている。高速道路のない県さえある。
 
 これまで、8月、9月に中国の魚船が尖閣諸島に現れることはなかった。中国、ロシアとの関係はおかしい。外交や安全保障問題で「責任を負おうとしない国の形が揺らいでいるから日米同盟も揺らぐ。」
検事が中国船長を返すはずがない。なぜなら、国民から選ばれていない検事にはその権利はない。

 北朝鮮は、新しい将軍が変わるごとに軍事力を示す。前回は、大韓航空爆破、今回は韓国・延坪島(ヨンピョンド)爆撃。

 無駄は省かなければならないが、景気が悪いのは金を使わないからである。
 日本のお金の6割は60歳以上が持っている。20歳~40歳代はほしいものがあっても金がない。


yuji_matsusaka at 16:27|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年11月28日

献血にご協力いただき、ありがとうございました。

DSC01880 午前中は、ショッピングセンターマームで開催された、松阪ライオンズクラブの献血例会に出席。
 ライオンズクラブは日本全国で、献血の推進にあたっておりますが、もしライオンズクラブが献血の推進を行わなければ、日本の医学の血液は全く足りなくなると言われています。 献血にご協力をいただきました皆さん、ありがとうございました。

DSC01883 午後からは、ベルファームで開催された松阪牛まつりの会場に移動。行ってみれば駐車場は満車。牛まつりの混雑を想定し、松阪市は臨時駐車場を各所(中央病院、橋西センター西側駐車場、伊勢寺小学校、中部台公園)に設置しています。交通警備員の説明では中部台の駐車場しか空いていないので中部台まで移動してくださいとの事。こんな時のために、ベルファーム付近に多目的グランドを作って、臨時駐車場に利用していただきたいと感じた。

DSC01887 中部台に行くほどの時間的余裕がないため、そのまま華王殿に移動し、「田村憲久君を応援する会」(自由民主党政務調査会長石破茂氏の講演)に出席。*講演の主な内容は明日掲載します。

DSC01902 夜は、即日開票された明和町議会議員選挙の開票を見守るため、友人の選挙事務所にお伺いしました。
 選挙結果は、写真をクリックし拡大してご覧ください。

yuji_matsusaka at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

11月定例会での一般質問

12月3日(金)
小林 正司
(1)事業仕分けについて問う
 ①事業仕分け全体を通じての成果と改善について
 ②仕分け結果に対する市の対応方針について
(2)新学習指導要領への取り組みについて
 ①新学習指導要領の特色、キーワードについて
 ②国語、数学、理科、社会科目で小学校の教科書が大幅な増加があり、授業時間数も増えますが、限られた時間の中で教えられるのか
 ③現有の職員体制で新学習指導要領の推進対応について
 ④中学校武道の必修化剣道授業について

中瀬古 初美
(1)情報公開制度のあり方について
(2)幼稚園のあり方検討委員会等について

今井 一久
(1)10年目の介護保険制度を問う
(2)TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の影響について

前川 幸敏
(1)市長の政治手腕について
 ①都市計画(線引き)について

堀端  脩
(1)災害時における行政の危機管理体制について

海住 恒幸
(1)合併5年をへた地域振興局の置かれた状況について
 ①市役所を「本庁」と呼ばせるな
 ②振興局の職員が輝き「元気」になるための方策
 ③振興局長の地位
 ④振興局の組織が活性化するために
 ⑤振興局と市役所の役割の違いと連携
 ⑥振興局の財源
(2)「これからの松阪市行政のあり方庁内検討委員会」の議論の方向性について

12月6日(月)
中村 良子
(1)交通安全施策について
(2)総合的な安全・安心のまちづくりについて

久松 倫生
(1)松坂城跡の史跡指定と今後の活用について
 ①“氏郷”と“豪商”のまちづくりについて
 ②「まつさか郷土教育」「松阪学」とのかかわり
 ③松阪の部落史との関連について
(2)業務委託契約の基本原則確立について
 ①予定価格設定の精度向上等

濱口 高志
(1)小林副市長から見た松阪市の印象は
(2)市民が使う市の施設の維持管理について
(3)松阪シティマラソンについて

川口  保
(1)市庁舎内にシルバーカーの設置を
(2)災害発生直後の応急対策について
 ①松阪市地域防災計画について
 ②「中越大震災ネットワークおぢや」について
 ③ボランティアの受け入れについて
 ④救援物資の受け入れについて

川口 寿美
(1)地域で最後まで安心して暮らしていける松阪市を目指して
 ①在宅医療の推進について

植松 泰之
(1)教科書採択について

12月8日(水)
中島 清晴
(1)都市間交流について
 ①交流のテーマ、指針について
 ②交流、協力、連携のあり方
 ③姉妹都市提携…公式な見解は
(2)『松阪モデル』の農業振興について
 -「いのち」を守る基本となる農業の活性化-
 ①国、県から自立した松阪独自の振興策とは
 ②米戸別所得保障モデル事業 全国一律支給…単なるバラマキ政策では?
 ③TPP参加による影響について 持続可能な地域農業のあり方とは

大久保 陽一
(1)地上デジタル放送について
 ①放送の移行における対策について
(2)茶業について
 ①生産振興対策について
 ②普及・PR活動について
 ③市の体制整備について

松田 千代
(1)松阪市の防災マップについて
(2)松阪市社会福祉協議会について
(3)療育センターについて

田中 祐治
(1)「入札制度」について
(2)「松阪市議会議員及び松阪市長の選挙における公費負担に関する条例」について
(3)「住民協議会の方向性」について

山本  節
(1)水道メーター検針頻度等について
(2)AED設置基準等について
(3)資源ごみ分別品目等について

野呂 一男
(1)子宮頸がんについて
(2)高齢者・児童の虐待・いじめについて


yuji_matsusaka at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月27日

ライフスキル教育

 今日は、伊勢商工会議所で開催されました4Rライオンズクエスト実行委員会に出席しました。
 ライオンズクエスト実行委員会では、青少年の健全育成などの一環として、ライフスキル教育の推進にあたっております。
 ライフスキル教育は約25年前にアメリカで発案され、10年前に日本に入ってきましたが翻訳に4年を要したため約6年前から日本の学校でプログラムとして取り入れられるようになりました。
 授業に取り入れた学校では、不登校がなくなった、いじめが激減した、授業中に立ち歩く生徒がいなくなったなどの効果が発表されたことから、ライオンズクラブが現在全国的に各学校の授業に取り入れていただこうと取り組んでいます。
 プログラムは、学校の先生が2日間のワークショップを受講しないと使用できない事から、ライオンズクラブが教材と受講料の全額負担(1回約30名の受講で約80万円)をしています。

今後の、三重県内でのワークショップの予定
 日時:平成23年2月5日(土)~6日(日)2日間とも9時~17時
 場所:松阪商工会議所 3F
 内容:ワークショップの概要、望ましい学校づくり、ライフスキルの学習と指導方法、参加者による模擬授業など
 募集人員:30名~40名
 参加資格:小・中・高等学校の教員

 詳しい内容は、私、若しくは松阪ライオンズクラブ(0598-21-5636)までお訪ねください。
 


yuji_matsusaka at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月26日

一般質問は18人

 今日は、11月定例会での一般質問の締切日でした。
 一般質問は12月3日、6日、8日の3日間で18名の議員が登壇します。私は12月8日の午後2時ごろになりそうです。

 田中ゆうじ後援会では、12月12日(日)に市政報告を兼ねた日帰り旅行を企画しています。
 今日、スタッフ会議で集計を行った結果162名の参加者申込みをいただきました。
 申し込みいただいた方々、お世話をいただきましたスタッフの皆さん、ありがとうございました。

yuji_matsusaka at 23:32|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年11月25日

11月定例会 主な補正予算

今日から平成22年11月定例会がはじまりました。

主な補正予算を掲載します。

退職手当
・勧奨及び普通退職者に係る退職手当4億5,082万円(一般職26人→45人 うち、勧奨退職17人)を追加し11億2,184万5千。

子ども手当支給事業費
・支給対象者数の見込み減により、2億8,265万9千円を減額し、28億8,349万1千円。

私立保育園運営事業費
・入園見込児童数の増により、8,974万2千円を追加し、13億7,538万2千円。

待機児童対策保育園改修事業費
・旧児玉保育園の改修工事2,419万1千円追加。

環境衛生一般経費
・貸出用蜂の巣等駆除用防護服購入による消耗品203万8千円追加。

道路維持修繕事業費
・要望箇所の増に伴う工事費3,000万円を追加し、3億1,879万円。

市営住宅維持修繕費
・市営住宅の老朽化に伴う修繕費用1,184万1千円を追加し、1億382万3千円。

児童生徒体育文化行事参加ところひ旅費等補助金
・中学校体育行事の全国大会出場補助金123万4千円を追加し、503万4千円。

要保護及び準要保護児童生徒援助事業費
・小学校就学援助支給対象者増により、367万円を追加し、7,147万2千円。
・中学校就学援助支給対象者増により、577万51千円を追加し、6,468万6千円。

全国大会等出場派遣支援事業費
・全国大会出場者の増により200万円を追加し、850万円

 明日は、一般質問の締切日となっております。
 今回は、選挙における公費負担額、住民協議会の方向性、総合評価方式等について質問を行う予定です。
 全議員の順番及び内容等については、決定次第掲載します。


yuji_matsusaka at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月24日

廿日市市

679e346b.jpg 今日は、松島、天橋立と並ぶ日本三景の宮島に来ています。
宮島は、世界遺産にも登録され、美しく豊かな自然と厳島神社など、数々の建造物や文化財を守り続ける努力が引き継がれています。
只今は、山口県の錦帯橋に向かって移動していますが、バスの中では明日からの本会議に向け、準備中です。


yuji_matsusaka at 11:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年11月23日

尾道市

eb6bfb8d.jpg今、町内会の親睦旅行で尾道市に立ち寄ています。
尾道は連続テレビ小説「てっぱん」(平成22年9月27日〜平成23年3月26日放送)の舞台となっていることから、多くの観光客で賑わっています。
松阪市にも、是非ともドラマを誘致したいものです。


yuji_matsusaka at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月22日

議会改革検討委員会

 今日の午前中は、明日からの明和町議選に向け、友人の選挙事務所にご挨拶。午後からは議会改革検討委員会に出席しました。

議会改革検討委員会の主な内容
・これまで、検討委員会で協議されてきた検討項目と検討結果の確認(これまでブログで報告した内容です。)
・議会改革検討委員会は2月末で残りの項目を協議し、3月議会を目途に特別委員会に昇格した後、議会基本条例の設置に向け取り組むことを申し合わせました。

yuji_matsusaka at 17:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年11月21日

松阪市総合運動公園

DSC01852 今日は、松阪市総合運動公園の現地見学会に参加しました。
 平成24年度に一部許容開始されますが、駐車場や遊具広場、多目的グランド等については、まだまだ変更の余地があるように感じました。
計画
全体計画 63.4ha
事業認可 52.5ha
※主な施設(現在の認可計画)
・芝生広場
・多目的グラウンド
・遊具広場
(ニュースポーツ遊具・健康増
進遊具・シルバー遊具)
・展望広場
・ジョギングコース
・デイキャンプ場
・駐車場、トイレ など

視察した感想
・中部台(46ha)より広い敷地に駐車場が2か所で240台では全く足りない。
・遊具広場が3.4haに対し、多目的グランドが2.0haであり、面積が逆。3.4haならソフトボールが3面取れるが、2.0haでは2面しか取れず大きな大会が誘致できない。サッカー等に関しても同じ。
・多目的グランドが1か所しかないため、1団体しか競技できない。利用度の低いと思われる遊具広場を縮小し、駐車場とグランドをもう1面追加する必要がある。

次回の現地見学会は、11月27日(土)午前10時と午後13時30分から開催されます。
(お問合わせ先)
松阪市役所建設部土木課公園係 電 話 0598-53-4167


yuji_matsusaka at 21:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年11月20日

建設水道委員会行政視察報告

DSC018311.視察の日程 平成22年11月18日(木)〜11月19日(金)
2.視察先
・茨城県古河市
・宮城県栗原市
3.視察項目
(1)まちなか再生事業について(茨城県古河市 平成22年11月18日)

1)事業内容
 古河駅西口を中心とした市街地の活性化を図るため、まちなか再生支援専門家を招聘し、歴史的な街並みを活かした独自の事業展開を実施することにより、交流人口の増加を図り、地域住民を巻き込んだまち中の再生を実現させ、商業の活性化を図る。

2)主な整備内容
・鍛冶町通り線の歩道拡幅整備や電線類の地中化整備。
・豊な自然、名所、文化財施設などを安全で快適に散策するための「まくらがの里散歩道」の整備。
・各主要施設に誘導する標識看板の設置。
・古河城遺跡の一部で、土塁・堀跡の残る遺溝を整備し、史跡めぐりコースに活用。
・指定文化財等の説明板を修復し、歴史ある古河市をPR。
・国の登録文化財建造物である板長本店の蔵を取得し、「お休み何処」として改修。
・まちなか再生市民広場を中心に、中心市街地の活性化および観光拠点の整備を図る。
・歴史・展望広場や駐車場の整備。
・整備された施設や観光資源を盛り込んだ新しいガイドマップの作成。

3)主な説明
 歴史文化のある町を賑わいのあるまちに。
・出城界隈ミュージアムタウン環境整備事業:2億円。
・まちなかに残る蔵(坂長本店)を活用したまちづくり。
・蔵を改修してお休み処等として活用。
・平成14年に競売にかかったことにより、市民団体が共同購入。その後古河市が購入し、まちづくり交付金を活用し整備。
・工事費:1億4510万円。
・工期:H22.8.24〜H23.11月まで。
・完成後の管理運営は指定管理者を活用予定。

4)主な質疑応答
Q:駐車場を整備することによって、どれだけ解消されるのか?
A:観光バスが入れるように整備計画中であるが、完成していないためハッキリした数字は現時点では分からない。

Q:市民団体が購入する前に本来市が購入すべき問題であるが、なぜ市は動かなかったのか?
A:競売にかかって1週間で市民団体が購入したため、市の対応が間に合わなかった。
Q:市民団体の購入価格と市の購入価格は?
A:市民団体が4000万円、市が4200万円であるが200万円のほとんどは登記代などに有した。

Q:市民参加のまちづくりは統一が難しいが、どうしているのか?
A:取りまとめるのは大変である。大学教授などを入れてワークショップなどを活用している。
Q:ワークショップで意見が統一されるのか?
A:実際は時間がかかる上、統一も難しい。

Q:古河城は現在どうなっているのか?
A:明治の河川改修でなくなった。現在は川の中。

(2)栗原市汚水処理3事業計画について(宮城県栗原市 平成22年11月19日)
 生活環境の改善や公共用水域の水質保全のため、下水道事業・農業集落排水事業・浄化槽事業の3つの汚水処理事業を推進。

1)3つの汚水処理事業
下水道事業
 主に市街地を対象とした汚水処理施設。 下水道管を通って終末処理場(鶯沢・花山・瀬峰高清水・石越)に集められ処理。
農業集落排水事業
 農村部の集落を対象とした汚水処理施設で、集落ごとに生活排水やし尿を集め、小規模な終末処理場(若柳大袋、一迫大川口・姫松・高橋、金成沢辺・有壁、志波姫南郷)で処理。
浄化槽事業
 下水道や農業集落排水の対象外の地域のための汚水処理施設。
・戸別合併処理浄化槽設置事業(市設置型)
 下水道等と同等のサービスが提供できるように、市が浄化槽を設置し、その後は市民から使用料を徴収し、市が維持管理を行う。

・合併処理浄化槽設置整備事業(個人設置型)
 下水道が当分の間整備されない認可区域外の住宅を対象に、個人が設置する浄化槽に補助金を交付する事業。清掃や汲取りなどの維持管理は設置者個人が責任を持って行う。

2)主な説明
予算
 一般会計の387億円のうち、3事業の総額は34億5400万円と予算の約10%を占めている。
普及率 
 下水道が40.2%、農業集落排水が5.8%、浄化槽事業(市設置)が5.8%、浄化槽事業(個人設置)が3.2%、浄化槽事業(民間設置)が5.1%で合計60.0%となっている。
下水道事業見直しによる比較
・既計画
 整備完了:2070年度
 償還完了:2100年度
 事業費:966億円
 全体計画面積:2784.5ha
・変更計画
 整備完了:2020年度
 償還完了:2050年度
 事業費:555億円
 全体計画面積:2407.6ha
・比較
 整備完了:50年短縮
 事業費:411億円削減
 全体計画面積:376.9ha縮小

3)主な質疑応答
Q:個人負担が伴う事から、個別浄化槽の市への移管は進まないのではないか?
A:市民の理解もあり、スムーズに進んでいる。

Q:単独槽はまだあるのか。取り組みは?合併処理浄化槽への移行はなかなか図れないのではないか?
A:現在は、単独槽に対する補助制度がないため、理解を得にくい。市職員が伺って調査している。来年度はアンケートなどを考えている。
Q:単独槽から合併浄化槽へ切り替えに対する補助は?
A: 5人槽285,000円、7人槽36,000円、10人槽477,000円、11人槽以上は市長が別に定める。工事費の約4割補助。

Q:住宅団地はどうなっているのか?
A:計画中の住宅団地は下水道の計画エリアに含んでいる。しかし、今後、計画外の離れたところに団地ができても、下水道ではなく合併処理浄化槽となる。

Q:受益者負担金は?
A:地権者と話をして宅地計画地は事前に桝を設置している。20万円。

Q:農集はどうなるのか?
A:下水道に近いところは下水道に接続している。

Q:市設置型浄化槽は入札か?
A:5社を指名し、見積もり合わせとしている。

所感
 松阪市の公共下水道の普及率は現在39.9%であり、今後50年以上はかかる見通しである。水質汚染などの環境問題や事業費の削減などを勘案すれば、下水道から浄化槽への移行も検討する必要がある。

yuji_matsusaka at 18:27|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年11月19日

建設水道委員会

aec5f5d2.jpg昨日に引き続き、建設水道委員会で、宮城県栗原市に来ています。
詳細は明日掲載致します。


yuji_matsusaka at 17:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年11月18日

行政視察

99fc4e55.jpg 今日は、建設水道委員会の行政視察で茨城県古河市に来ています。
詳細は帰宅後に、掲載致します。


yuji_matsusaka at 16:17|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2010年11月17日

議会運営委員会

DSC01825 今日は議会運営委員会において、11月25日〜12月14日(予定)まで開始されます、定例会の提出案件等について報告等がありましたので、主な議案を掲載します。

平成22年11月第5回松阪市議会定例会提出予定件名表

議案第103号 平成22年度松阪市一般会計補正予算(第4号)
議案第104号 平成22年度松阪市競輪事業特別会計補正予算(第3号)
議案第105号 平成22年度松阪市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
議案第106号 平成22年度松阪市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
議案第107号 平成22年度松阪市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)
議案第108号 平成22年度松阪市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)
議案第109号 平成22年度松阪市戸別合併処理浄化槽整備事業特別会計補正予算(第1号)
議案第110号 平成22年度松阪市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
議案第111号 平成22年度松阪市ケーブルシステム事業特別会計補正予算(第1号)
議案第112号 平成22年度松阪市水道事業会計補正予算(第3号)
議案第113号 平成22年度松阪市公共下水道事業会計補正予算(第3号)
議案第114号 平成22年度松阪市松阪市民病院事業会計補正予算(第2号)
議案第115号 松阪市放課後児童クラブ施設条例の一部改正について
議案第116号 松阪市福祉医療費の助成に関する条例の一部改正について
議案第117号 松阪市民病院使用料及び手数料条例の一部改正について
議案第118号 松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について(松阪市森林公園)
議案第119号 松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について(松阪市嬉野体育施設)
議案第120号 松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について(松阪市ハートフルみくも)
議案第121号 松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について(松阪市飯南高齢者・障害者福祉施設ふれあいセンター)
議案第122号 松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について(松阪市飯南高齢者生活福祉センター及び松阪市飯高高齢者生活福祉センター)
議案第123号 松阪市公の施設に係る指定管理者の指定について(松阪市宿泊施設「スメール」 )
報告第16号 専決処分の報告について(損害賠償の額の決定)
報告第17号 専決処分の報告について(損害賠償の額の決定)
報告第18号 専決処分の報告について(法律上の義務に属する和解)
報告第19号 専決処分の報告について(損害賠償の額の決定)
報告第20号 専決処分の報告について(工事請負契約に係る変更契約の締結)
松阪市職員の給与に関する条例の一部改正について
教育委員会委員の任命について
固定資産評価審査委員会委員の選任について
固定資産評価審査委員会委員の選任について
固定資産評価審査委員会委員の選任について
公平委員会委員の選任について
請願第14号 住民の安心・安全を支える行政サービスの充実を求める請願書

 写真は、市内の高等学校で松阪ライオンズクラブ主催の薬物乱用「ダメ。ゼッタイ。」教室の光景です。講演内容については、改めて掲載します。


yuji_matsusaka at 18:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年11月16日

「疾風の記録」

img117 今日は明日、市内の高校で開催する薬物乱用「ダメ。ゼッタイ。」教室の準備と打ち合わせを行いました。内容については、明日掲載します。

 写真は、11月20日(土)9:30-16:30・21日(日)9:30-16:00に松阪市文化財センターで開催されます森川久写真展「疾風の記憶」と8耐ライダー大西敬紀選手の墨で語る「TUBUYAKI」のご案内です。
「疾風の記録」は鈴鹿サーキット等での躍動感あふれるレース写真等の展示、「TUBUYAKI」はレーサー大西選手が墨文字で人生を語っています。

大西敬紀選手のプロフィール
1970年:北海道生まれ
1987年以後、二輪レースに参戦・鈴鹿NK-1チャンピオン獲得・16回の鈴鹿8耐に参戦等
入場料は無料です、是非ともご来場ください。


yuji_matsusaka at 21:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年11月15日

建設水道委員会

img116 今日は、建設水道委員会が開催されました。

 松阪市の都市計画、JR松阪駅前広場整備工事、松阪駅西地区市街地開発事業、総合運動公園事業についての委員会協議会終了後、委員会メンバーによる都市計画勉強会を行いました。

 総合運動公園の現地見学会が11月21日(日)と27日(土)の10:00〜12:00と13:30〜15:30の4回開催されます。
 事前申し込みは必要がありませんので、現地にお越しください。
 尚、現場の状況により雨天の場合は中止となる場合があります。

運動公園の概要
 芝生広場、多目的グランド、遊具広場(ニュースポーツ遊具、健康増進遊具、シルバー遊具等)、展望広場、自然環境を生かしたジョギングコース、デイキャンプ場等、平成24年度の一部供用開始に向けて、現在施工中です。

 総合運動公園の計画平面図を掲載しましたので、クリックにより、拡大してご覧ください。


yuji_matsusaka at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月14日

文化とスポーツの秋

10日ぶりに、戻ってまいりました。
 空白の10日間の報告は改めて行わせていただきます。
 
 今日は、市内の小学校・公民館での文化祭と花岡リーグにお伺いしました。

DSC01813DSC01814 機殿地区では、作品展、バザー、地域の方々が育てた野菜などの販売、子どもたちの発表会等が、開催されておりました。
 野菜の販売では、毎年、写真のように野菜の横に置かれた紙に価格を記載し、時間内で高い価格を提示した方が落札しています。 
 新鮮な野菜や果物が非常に安く販売され人気が高いようです。

DSC01824 朝見地区でも、数年前までは体育館で米や野菜の販売が行われておりましたが、今では子どもたちの発表で会場が賑わっています。
 また、PTA関係者によるバザーや子どもたちの作品展、公民館での作品展にも人気が集まっていました。

 また、松阪市ではソフトボールが盛んにおこなわれておりますが、3月から始まった各リーグも11月ともなると、終盤を迎えそれぞれのリーグで優勝チームが決定しています。
 私は市内の4チームに登録させていただいておりますが、花岡リーグに時間の合間を縫って試合と閉会式に参加させていただきました。
 
 我が一歩会チームは、数年ぶりの優勝が懸かった2連戦。ところが、この大事な試合に、若い主力メンバーが抜けた平均年齢50代の年寄り9人ギリギリの大ピンチ。

 10月末で、単独1位の一歩会が15勝1敗、2位の松阪精工が14勝2敗と差は僅か。
 いざ試合が始まってみれば案の定、一歩会は他チームに負け、松阪精工は勝って、この時点で15勝2敗で同率。
 そして本年度の最終戦へと
 相手チームは3月に初戦で負けている強豪松阪精工との大一番。勝ったチームが本年度のリーグ優勝。
 しかし、試合前からチームは沈滞ムード・・・・・平均年齢30代の相手チームと平均年齢50代一歩会。
 1回の表裏が終わって何とか0対0。
 ところが、年はとっていても、昔の野球小僧の集団。2回に猛打爆発で一挙4点を先制。その後も試合を優位に運び、終わってみれば8対5で総合優勝。
 勝負はやってみなけりゃわからない。

 その代償として、私は靱帯損傷。来年3月の開幕に向け体を鍛え直します。

DSC01818

yuji_matsusaka at 21:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年11月03日

氏郷まつり

DSC00819DSC00822DSC00820 今日は、氏郷まつりの、一歩会のバザーとボランティアのごみ分別種集収のお手伝いをさせていただきました。
 一歩会の食品ブースは大好評により、ご用意させていただいた食品すべてを完売させていただきました。
 また、ごみ分別収集においては、分別に戸惑いはあるものの多くの方々にご協力をいただいたおかげで、例年と比較し、ごみの量が激減しました。
 本当にありがとうございました。

 私事ではありますが、明日(1月4日)から11月13日(土)まで所用により、ブログの掲載を休ませていただきますが、11月14日からは通常通り毎日更新を致しますのでよろしくお願いします。


yuji_matsusaka at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月02日

明日、11月3日は「第49回 氏郷まつり」

 明日は、松阪開府の祖、蒲生氏郷公を称える「氏郷まつり」が松阪市の中心商店街等で開催されます。 

氏郷まつりの主なイベント

武者行列(12:00〜14;10)
(松阪市役所→日野町交差点→マスダメガネ→ベルタウン→松阪駅→新町→日野町交差点→松阪市役所

松阪しょんがい音頭と踊り(12:30〜14;30)
和田金前→ベルタウン

松阪サンバチーム(15:25〜16:00)
橋本テーラー→三重信新町支店

松阪しょんがいソーラン(11:00〜12:00)
湊町ローレルコート前→ベルタウン・シティホテル前

滋賀県日野町鉄砲隊
14:00〜西村商店前(黒田町)14:35〜樹敬寺前(新町)

中央ステージ(日野町交差点9:05〜16:05)

第2ステージ(黒田町11:10〜16:05)

その他
子ども広場(黒田町)
消防署デモンストレーション(中町よいほモール)
食品ブース(パティオひの街・みなとまち通り等)
二見シーパラダイス(平生町ゆめの樹通り)

 私の所属する、一歩会は例年通り食品バサー(フライドポテト、横須賀海軍コロッケ、焼きそば、ウインナー、発泡酒等の販売)を行います。バザーの場所は、日野町の八幡屋さんの前です。是非お立ち寄りください。
 また、一歩会のバザー付近で、循環型社会を考える有志議員の会「緑の風にのって」がごみステーションの担当も行います。

 他にもたくさんの催しがあります、是非お出かけください。


yuji_matsusaka at 12:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年11月01日

「松阪商工会議所臨時議員総会」、「機殿・朝見地区公共交通運行協議会」

DSC00818 今日の午前中は、松阪商工会議所の平成22年度臨時議員総会に出席、午後からは「機殿・朝見地区公共交通運行協議会」に出席しました。
松阪商工会議所の臨時総会では10月31日で任期満了に伴う議員等の選任が行われ、会頭、副会頭、専務理事、監事、議員等が決定しました。
会 頭:中井 均 氏(中井土木蝓
副会頭:後藤 勝 氏(新日本工業蝓
副会頭:田中善彦 氏(松阪木材蝓
副会頭:長嶋宣光 氏(三重ダイハツ販売蝓
副会頭:谷川憲三 氏(蠡荵斡箙圈

 会頭の再任挨拶では、「厳しい環境の中、中心商店街の問題などが山積している。特にまちづくり公社は大変な問題である。その他にも、商工会議所に関する問題を認識しながら頑張っていきたい。難しい問題は多くあるが難しいとばかり言っていたのでは何の解決にもならない。皆さま方と共に解決に向け取り組んでいきたい。」と抱負をのべられました。
 私も松阪商工会議所の一議員、そして松阪市議会議員として、松阪市の活性化に向け取り組んでまいります。

 「機殿・朝見地区公共交通運行協議会」では、乗車数がやや減少している現状から乗車人員の増加に向けての取り組みが議論されました。
今後、乗車率の少ないバス停の廃止・統合、路線の変更等を含めそれぞれの連合自治会を通して、方向性を検討していくことになりました。
 ますます増加傾向にある地域のお年寄りのためにも、コミュニティバスの発展・存続のために努力してまいります。

 10月30日〜31日に行われました、松阪市の事業仕分けの結果が掲載されておりますのでご覧ください。
 ここをクリックしてください。

yuji_matsusaka at 16:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)