2016年10月

2016年10月31日

予算決算常任委員会総括質疑

知事


 今日は予算決算常任委員会総括質疑に引き続き、森林・林業・
林産業活性化促進三重県議会議員連盟の総会及び記念講演に出席。
 午後5時15分からは、桜橋会館で開催されました国道368号等改修期成同盟会に出席。

 予算決算常任委員会での各会派の総括質疑の内容はここをクリックして下さい。



yuji_matsusaka at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月30日

防災訓練

 今日は、午前7時から川鵜駆除現場でご挨拶。
20161030_070201


 午前8時からは、東部管内の避難訓練に参加し、自宅から1時間かけて徒歩で松阪商業高校まで避難。その後、朝見小学校に避難されている西黒部地区の住民の方々の状況調査。
20161030_094230


 午後からは、ご招待いただいている劇団ドラマシティー第12回公演「影法師たちの散歩道〜レアコア松阪をさかして〜」を観劇。
20161030_131234


 最後はベルファームにお伺いしフリーマーケットの会場を視察させていただきました。
20161030_145329



yuji_matsusaka at 23:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年10月29日

第34回嬉野文化祭

20161029_131611

20161029_131016

20161029_124723

 今日は、嬉野ふるさと会館などで行われました第34回嬉野文化祭にお伺いさせていただきました。
 初日の今日は、幼稚園児から高齢者まで幅広い年齢層によるステージ発表や作品展示等が行われました。
 明日は嬉野生涯学習センターにおいて嬉野公民館講座や作品展示などが行われます。
 午後7時からは、日本薬剤師会功労賞の祝賀会にお伺いします。


yuji_matsusaka at 15:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年10月28日

地元関係者との立会い

 今日は、東町を通る県道大淀東黒部松阪線と東黒部町を流れる中の川の地元関係者との立会い。
 県道大淀東黒部松阪線においては、雑木(漆)等が茂っていることから立木伐採等の要望。
20161028_083240


 中の川においては、土砂堆積により流水断面が小さくなっている(写真中)ことから、大雨時には河川から水が溢れ出すため改善としての土砂撤去と堤防が老朽化し決壊の恐れがある(写真下)ことから堤防整備の要望をいただきました。

20161028_111018

20161028_110120


yuji_matsusaka at 18:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月27日

櫛田川の堆積土砂の撤去

20161027_132836


 今日は櫛田川の堆積土砂撤去の説明会に出席。
 櫛田川左岸(新屋敷町地先)に大量の堆積土砂が溜まっているため、河川の流れが変わり右岸側の堤防崩壊が心配されていたことから、数年間にわたって地元自治会などが土砂撤去の要望を続けておりました。2年ほど前に約3,000立方メートルの撤去、今回は16,000立方メートルの撤去していただくこととなりました。
 ご尽力いただきました関係各位には感謝申し上げます。



yuji_matsusaka at 14:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年10月26日

障がい者雇用

20161026_163417

20161026_163919


 今日は、予算決算常任委員会などに引き続き、午後4時から津市新家町のSWSスマイル蠅砲いて、障がい者雇用に関する視察を行わせていただきました。
  SWSスマイル蠅蓮⊇四電装蠶点什扈蠧發砲△蝓⊇抄醗数43名のうち、知的障がい者23名(うち重度障がい者8名)、精神障がい者8名、サポート社員12名で構成されています。
 職場では、住友電装グループの各拠点から集められたワイヤーハーネスなどの部品を解体し、金メッキ端子や銅線など金属材料を分別〜リサイクルする事業や、製品出荷用梱包箱を清掃し、リユースする事業でエコロジーにも貢献しています。
 社員の皆さんがより能力を高めていけるよう作業方法を工夫し、能力を発揮できるよう改善を行うなど、障がい者雇用に先進的に取り組んでいます。


yuji_matsusaka at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月25日

松阪商工会議所設立70周年記念式典

20161025_171507


 今日は、予算決算常任委員会終了後、松阪商工会議所設立70周年記念式典に臨席。 
 会場には、三重県知事、松阪市長を始め多くの来賓の臨席に加え、松阪商工会議所の常議員、議員、参与など約220名が出席し、70周年を祝いました。
 写真は、オープニングでの響座による太鼓演奏の様子です。

yuji_matsusaka at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月24日

要望箇所現地調査

今日は、自民党地方議員連絡協議会松阪多気ブロックの要望箇所の現地視察を実施。

RIMG2443




yuji_matsusaka at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月23日

イベント盛りだくさん

 今日は、午前7時45分からパナソニックグラウンドで行われた夕刊三重旗争奪小学生ソフトボール大会に臨席し、始球式もさせていただきました。
20161023_081449


 その後、伊勢寺町のコスモス畑に伺って 
20161023_102440


嬉野宇気郷まつりでご挨拶、
20161023_105935


 次は、飯南町お伺いし、昨夜の棚田まつりに続いて行われたいいな松阪フェスタ。
写真は、昨夜の棚田まつりと飯南町下仁柿のイノシシ、千人鍋(猪鍋)
20161022_173013


20161023_121901


20161023_135343


 最後は、地元朝見小学校体育館で行われました、朝見ふれあいカラオケ大会に伺いました。

20161023_150030



yuji_matsusaka at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月22日

しらすうなぎ特別採捕許可のご案内

sirasu


本年度も櫛田川第一漁業協同組合では、特別採捕の申請を下記の通り受け付け致します。

受付期間:10月31日(月)〜11月11日(金)
受付場所:松阪市下七見町46-1 TEL0598-61-0111
東部建設蠧盒田川第一漁業協同組合事務所 
受付時間:平日の午前8時30分〜午後5時00分
手 数 料:一般5,000円、組合員3,000円
     (腕章の義務付けにより金額が変わりました)
申請書類:住所、氏名、生年月日が証明できるもの
(運転免許証、住基カード、パスポート等)
20歳未満の場合は、親権者の同意書が必要となります。

採捕期間:平成29年1月1日〜平成29年4月30日
採捕場所:松阪市東久保町大平橋〜
松阪市法田町櫛田川祓川総合頭首工まで
特別採捕許可証は12月中旬に送付予定です。



yuji_matsusaka at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月21日

子どもの貧困対策調査特別委員会 視察2日目

 20161021_134742
 視察2日目の午前中は、東京都港区赤坂の「公益財団法人あすのば」において、「調査・研究データに基づく子どもの子貧困対策について」の調査、午後からは、荒川区の荒川区役所において、「荒川区における子どもの貧困対策の取り組み」の調査を行いました。
 荒川区は、平成25年に「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が成立する以前から独自に研究所を立ち上げ、研究所から区への提言(あらかわシステム)を受け、「子どもの貧困・社会排除問題」に組織的に取り組み、スクールソーシャルワーカーの配置、子どもの学習不足に対応した学習支援事業、保育園における早期発見体制の充実など、新規事業も含めた事業の充実、関係部署の連携強化を推進しています。



yuji_matsusaka at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月20日

子どもの貧困対策調査特別委員会 視察1日目

20161020_134048

 今日と明日にかけて子どもの貧困調査特別委員会の視察のため東京都にお伺いしています。
 1日目は、NPO法人ブリッジフォースマイルにお伺いしました。
 明日は、公益財団法人あすのは及び荒川区議会等にお伺いします。


yuji_matsusaka at 23:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年10月19日

「みえ子ども森の学びサミット」

 今日は、本会議(採決、提案説明)終了後、予算決算常任委員会に引き続き、会派総会に出席。

本会議の概要
 第 1   議案第116号から議案第133号まで
       〔委員長報告、採決〕
 第 2   認定第1号から認定第4号まで
       〔委員長報告、討論、採決〕
 第 3   請願の件
       〔討論、採決〕
 第 4   意見書案第11号から意見書案第17号まで
       〔討論、採決〕
 第 5   常任委員会の調査事項に関する報告の件
 第 6   議案第134号
       〔提案説明、採決〕
 第 7   認定第5号から認定第17号まで
       〔提案説明、委員会付託〕
 第 8   議員派遣の件
後日、ここをクリックすれば、ご覧いただけます。


10月22日(土)10:00〜16:00に、松阪市立野町のみえこどもの城において、「みえ子ども森の学びサミット」が開催されます。
詳しくは、ここをクリックして下さい。
BlogPaint


yuji_matsusaka at 15:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年10月18日

日帰り旅行へのご参加をお待ちしています。

 今日は、花岡地区への交番誘致問題検討委員会に出席。
 花岡地区には、32の自治会があり、世帯数約10,000、人口22,000人と松阪市では一番大きな地域ですが、交番がないことから地域住民は治安の悪化を心配されています。

日帰り旅行

 市議会議員時代から続けさせていただいている日帰り旅行を、12月11日(日)に企画させていただきました。
 後援会に関係なく、たくさんの方々の、ご参加をお待ちしております。


yuji_matsusaka at 23:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年10月17日

会派代表質問

 今日の本会議は、会派代表質問が行われました。
 その後、予算決算常任委員会、議会改革推進会議総会、中部国際空港拡充三重県議会議員連盟設立準備会などに出席しました。
 本会議での代表質問の主な内容位は、ここをクリックしてください。

 昨日の「YOU&ゆう」杯バレーボール大会の上位3チームを紹介します。
優 勝:射和幼小PTA
1476694323947


準優勝:AQUA
1476694626820


三 位:Om2
1476694626915


四 位:東部中PTA



yuji_matsusaka at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月16日

「YOU&ゆう」杯

 今日は、東部管内及び射和管内のバレーボール大会「YOU&ゆう」杯を開催させていただいたところ9チームにご参加いただきました。スタッフの皆さん、選手の皆さんありがとうございました。
1476595685200


 開会式終了後は、朝見地区の一斉清掃に参加。その後、津市の久居体育館で行われた世界寛水流空手道オープン選手権大会に臨席。
 写真左はアントニオ猪木氏です。
20161016_131125


次は松阪市の山室町の奥墓で行われた本居宣長墓前祭に臨席。
20161016_144912


次は松阪神社で開催されますよいほの森コンサートにお伺いします。
 


yuji_matsusaka at 15:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年10月15日

ふれあい運動会

 
20161015_101416


 今日は、松阪市中央公民館で開催されました松老連まつり、松阪市嬉野体育館で行われました嬉野ふれあい運動会等に臨席させていただきました。

20161015_130004

 ふれあい運動会は、町内の高齢者を対象とした運動会で、チームを6つ(氏郷班、秀吉班、信長班、宣長班、家康班、武四郎班)に分けて点数制による競技が行われました。



yuji_matsusaka at 17:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年10月14日

全国過疎問題シンポジウム2016inなら

 今日は、奈良県川上村 川上総合センターで開催されました、過疎地域自立活性化優良事例発表会に出席。発表会での4地域からの報告と昨日の講演と合わせて、主な内容を掲載させていただきます。

20161014_101904
1日目 10月13日(木)
基調講演 「一枚の葉っぱから生まれた幸せ 〜居場所と出番づくり〜」
講師 株式会社「いろどり」代表取締役横石知二

 徳島県上勝町は高齢者が元気な町である。
 徳島県で高齢化率トップを“誇る”そんな“葉っぱビジネス”を起こし、ドン底の町を救ったのが、元々農協職員にすぎなかった、「いろどり」代表取締役、横石知二だ。
 この町の高齢者たちは、なんと山に生えた「葉っぱ」を売って、年商2億6000万円を稼ぎだす。高齢者が山林や庭で葉っぱを採集し、「つまもの」として出荷される。料亭や割烹で料理に添えられる「つまもの」である。
80歳を超えるおばあちゃんたちが、パソコンを駆使し全国の市場情報を収集、自らマーケティングを行い、葉っぱを全国に高値で売りさばく。中には、年収1000万円を稼ぐ強者や、過疎の町とは思えない豪邸を建てるものまで現れた。
 地元のおばあさんを使った横石の奇抜なビジネスは大成功。おばあさんたちは収入を得て生きがいを見つけることになった。県内で有数の高齢者の多い町にもかかわらず医療費があまりかからない地域になった理由は、仕事に生きる元気な高齢者が多いからだと地元の人々は胸を張る。
この、おばあちゃんたちが生き生きと働く町に、いま、若者が殺到している。インターンシップという形で事業を学び、さらには町に定住して起業する人も続出しているという。

2日目 10月14日(金)
1.青森県八戸市 
  〜南郷アートプロジェクト 南郷Re-coollection:見つけにいこう、まだ知らない南郷を〜
南郷地区は、青森県南東部の岩手県北部と隣接する県境に位置しており、平成17年3月31日に八戸市に編入合併した農山村地域である。
 昭和45年に過疎地域に指定されて以来、各種の過疎対策を実施し、地域の活性化を図ってきたが、人口減少及び少子高齢化により、地域の担い手の育成が課題となっていた。
このような中、八戸市では南郷地区の日常の暮らしの中に「アート」を絡めたプロジェクトを開始した。
 この南郷アートプロジェクトでは、民俗芸能や自然など豊富な地域資源に恵まれた南郷地区を舞台に、地域主体で実施してきたジャズフェスティバルにちなんだ公演をはじめ、閉校する小学校における映画制作やダンス公演など、地域住民の参画を得ながら、地域資源を題材に様々な事業を実施している。
 これらの事業の中で、地域住民が市外からしょうぞう招聘したアーティストと交流を図りながら作品を制作することにより、世代間交流の促進、文化芸術の振興・継承、地域に対する誇りやアイデンティティの醸成を図っている。

2.奈良県川上村 公益社団法人紀の川源流物語
  〜「水源地の村」発! つなぐ、つたえる、つづける 森から海へ、奈良・和歌山の県境を越えた流域連携のしくみ〜
 川上村は、500年の歴史を持つ吉野林業の中心地として栄えてきたが、林業の不振と2つのダムの建設により、人口流出が進み、昭和40年には7,500人を超えていた人口は平成27年国勢調査では約1,300人となった。
 このような動向を見据え、平成6年に「水源地の村づくり」をスタートし、平成8年には『川上宣言』を発信し、源流域の自然を守り暮らしながら、人が健やかに暮らすため欠かせない水を流域に届けつづける決意をした。
 公益財団法人吉野川紀の川源流物語は、川上村が「水源地の村づくり」を実行・推進するために設立され、広域的な視点で源流域の課題解決や流域全体の水環境保全に取組んでおり、専門性を持った人事異動に影響されない持続した活動を確保している。
 村民参加の「流域学習会」等を実施することで、水源地の役割を再認識し、環境意識の向上と源流に住む誇りの醸成を図るとともに、水源地の森ツアーや参加体験型の調査研究により、流域・都市部の人々との環境保全の価値共有、理解者・行動者の増加につなげている。

3.鹿児島県姶良市 特定非営利法人 Lab
  〜小さく光るまちみがき〜
 特定非営利活動法人Lab蒲生郷は、市町村合併により、地域がうらへん衰退してしまうという危機感から、旧蒲生町の30〜40歳代の若いメンバーを中心に設立された。
 地域活性化のために最も大切なことは「人づくり」との考えのもと,蒲生を愛し、蒲生に生きることに誇りを持たせるとともに、住民の地域活動への参画を促進するため、行政や他団体等の協働により組織的かつ継続的に活動していく中で様々な団体や個人、さらには移住者等が加わり,地域課題の解決や地域活性化の担い手となる人材育成につなげている。
 主な取組としては、日本一の巨樹「蒲生の大楠」を様々な体験プログラムと組み合わせ、着地型観光を企画するほか移住者等による「地域の学校」の開設、こどもたちを中心に民話を絵本化する事業などを実施している。
 こうした取組を通じ蒲生地域に存在する自然・歴史・文化・食などの地域資源を見つめ直しながら、地域内外の交流を図ることで、地域住民には自信と誇りを、観光客等には共感、愛着、満足度をもたらしている。

4.長野県 長野市 特定非営利活動法人 ふるさと
  〜ふるさとの冠婚葬祭をわが手でプロデュース〜
 信州新町地区は平成22年1月1日に長野市が編入合併した中山間地域である。この地区では、著しい人口減少や高齢化の進行等を背景に、古くから地元のお寺や自宅で執り行われていた葬儀が、葬儀を取り仕切る年長者がいなくなった事や生活様式の変化などから地域外の事業者へ委託せざるを得ない状況となっていた。
 また、地元商店街では、年々空き店舗が増加するとともに、葬儀に伴う料理、引き物などが地元商店から調達されることも少なくなり、地域の活力が減速する状況にあった。
 こうした中、地元商店街の店主たちが団結し、「地域の事は地域が支える」を合言葉に、「特定非営利活動法人ふるさと」を立ち上げ、冠婚葬祭事業や高齢者への配食サービスなど地域コミュニティの再生と商店街の復活に向けた様々な取組を開始した。
 年間200件を超える冠婚葬祭事業は、葬儀や法事、催し物等に提供する料理、引き物、生花などを地元商店から100%仕入れるとともに、送迎用のタクシーやマイクロバスについても地元業者に委託しており、地域内の経済循環に大きく寄与している。


yuji_matsusaka at 21:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年10月13日

全国過疎問題シンポジウム2016inなら

 今日は、東黒部町のふるさと会館で開催されました、長寿を讃える集いにお伺いした後、奈良県橿原市で開催されました全国過疎問題シンポジウム2016inならに出席。
 今は、明日の分科会出席のため奈良県川上村にきています。

 過疎地における課題である人口減少や少子高齢化は、現在では日本全体が直面している問題となっています。このことから、過疎地域の様々な取り組みについて、全国の優れた取り組みの調査のため、今回のシンポジウムに参加しました。
 1日目の今日は、株式会社いろどり代表取締役の横石知二氏の基調講演「一枚の葉っぱから生まれた幸せ〜居場所と出番づくり〜」を拝聴しました。
 詳細は改めて掲載します。

20161013_140735


下の写真は、東黒部町での長寿を讃える集いです。
20161013_105122


yuji_matsusaka at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月12日

第20回田中滋個展

img084


 今日は、南虹ヶ丘町で開催されました、下蛸路町牛舎計画対策協議会に引き続き、肥留町で開催されています田中滋個展にお伺いしたのち、櫛田川第一漁業協同組合の三役会に出席。

 第20回田中滋個展は、明野高校卒業生の有志の方々のお力添えで開催されています。
 明野高校は、田中滋先生が22歳の時に初めて教師として赴任された学校です。
 私も、当時在学していたというご縁で、先輩からご案内をいただき、お伺いさせていただきました。
 
「弾ける実たち」にどうぞご来場ください。(入場無料)

 日時:10月12日(水)〜10月16日(日) 午前10時〜午後5時まで
 場所:アートと珈琲のお店「coma」( 松阪市肥留町30-1 )
 電話:0598-56-1270


yuji_matsusaka at 19:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年10月11日

一般質問報告の原案作成

夕刊三重


 今日は、文化財の保存についての調査及び、9月定例会での一般質問報告の原案を作成しました。
 まずは、来週の夕刊三重に掲載予定です。



yuji_matsusaka at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月10日

小学生ソフトボール新人戦

1476099575375

 今日は、総合運動公園で開催されました、東海地区小学生男子新人ソフトボール松阪市予選の開会式で挨拶。選手の皆さんのキラキラと輝く眼差しからは戦う前の闘志が伝わってきました。改めて松阪市のソフトボールのレベルの高さを感じました。

yuji_matsusaka at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月09日

松阪ライオンズクラブ結成55周年記念例会

2


14632842_1822178398014530_85296463198457510_n


 昨夜は、松阪ライオンズクラブ結成55周年記念例会及び3クラブ(松阪中央LC,松阪花しょうぶLC、松阪LC)合同例会に出席しました。
 主催クラブの会長としてご挨拶をさせていただき、その後松阪市社会福祉協議会及び宣長記念館に目録の贈呈等を行わせていただきました。

 松阪ライオンズクラブは、1961年10月8日、伊勢ライオンズクラブのスポンサーにより、日本で329番目のクラブ(現在3,125クラブ)として誕生しました。
 また、ライオンズクラブ国際協会は、1917年にメルビン・ジョーンズにより、シカゴで誕生し、来年6月7日には100周年を迎えます。しかし、時代背景が大きく変わっても、ライオンズメンバーは、「We Serve」のライオンズの指針のもと、誇りと責任を持ち、政治や行政の手の届かないところに、光を当てていかなければならないと考えます。
 今後も、会員一同、来る100周年に向かってさらに新たな歴史を重ねてまいります。



yuji_matsusaka at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月08日

手をつなぐ親の会

 今日は。ハートフル三雲で開催されました、手をつなぐ親の会の運動会、市内幼児園での運動会などのイベントにお伺いさせていただき、午後2時からは松阪ライオンズクラブ結成55周年記念例会の準備の為フレックスホテルに来ています。
 今日は長い一日になりそうです。

20161008_101257



yuji_matsusaka at 15:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年10月07日

環境生活農林水産常任委員会

 今日は、予算決算常任委員会分科会に引き続き環境生活農林水産常任委員会に出席。
 分科会では、「三重県における補助金等の区本的な在り方等に関する条例」に基づく報告に関する質疑、常任委員会では、「三重県の事務処理の特例に関する条例の一部を改正する条例案」等を審査しました。
 審査の内容はここをクリックしてご覧ください。

 常任委員会終了後は、松阪市川井町で内覧会の行われているサービス付き高齢者向け住宅 アシストを見学させていただきました。内覧会は松阪市川井町555−1で、10月9日まで行われています。

20161007_145903


yuji_matsusaka at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月06日

文化財の保存

 
RIMG2431


 今日は、松阪市の文化財の保存についてご相談をいただきましたので現地確認をしました。。
 写真は商人の館に繋がっている塀ですが、地権者が異なることから一部を取り壊すという話です。
 建設業者としても、昔から残っている景観を壊すのは忍びない。何とか残せないものかと思案中です。
 近いうちに文化財課と都市計画課にお伺いします。



yuji_matsusaka at 23:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年10月05日

環境生活分科会に引き続き、常任委員会

kannkyou


 今日は、環境生活分科会に引き続き、常任委員会に出席。
 会議の様子は、ここをクリックしてください。

 常任委員会終了以後は、松阪文化財センターで開催されています、第57回松阪市美術展覧会にお伺いしました。展覧会は、10月9日まで開催されています。また、10月8日(土)午後5時30分〜6時45分まで松阪市文化財センターはにわ館ロビーにおいて「灯りコンサート」が行われますので、是非お立ち寄りください。

 

yuji_matsusaka at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月04日

全員協議会

全員協議会

 今日は全員協議会及び子どもの貧困対策調査特別委員会に出席しました。
 全員協議会の内容は、ここをクリックしてください。


yuji_matsusaka at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月03日

松阪ライオンズクラブ55周年

img011

 松阪ライオンズクラブ55周年の記念誌が出来上がってきました。
 本年度は松阪ライオンズクラブの会長を拝命しておりますが、会員の皆さんに助けていただき何とか運営しております。

 記念誌の会長挨拶文は以下の通りにさせていただきました。

 松阪ライオンズクラブは1961年10月8日、伊勢ライオンズクラブのスポンサーにより、日本で329番目に結成され、以来「We Serve(我々は奉仕する)」のモットーのもと、多くの先人、会員各位の弛まぬ努力と志により、輝かしい歴史と重厚なる伝統を築き、本年55周年という記念すべき年度を迎えることができました。
 この半世紀以上にわたり、松阪ライオンズクラブの活動に誠心誠意力を注いでこられた先輩諸兄に敬意を表しますと共に、関係各位の温かいご支援とご協力に感謝申し上げます。

 さて、少子高齢化社会に入り価値観の多様化が進み、変化の厳しい時代になってまいりました。
しかし、どの時代においても現役メンバーは、伝統を重んじ、顕在化する社会ニーズに的確に対応していかなければなりません。
 そのためには、「We Serve」というライオンズの指針のもと、自分たちの社会的責任を自覚し、政治や行政の及ばないところにこそ、奉仕の精神をもって行動していく必要があります。
 本年度は、55周年という節目を迎えるにあたってクラブスローガンを“伝統と革新の融合”と掲げ、諸先輩方が築いてこられた栄えある歴史と伝統を守りながら、時代の変化に対応した奉仕活動を推進するとともに、松阪ライオンズクラブのメンバーであることに誇りと責任を持ち会員一同、一致団結し、来る100周年に向かって新たな第一歩を踏み出す決意であります。
 今後とも皆様方のより一層のご支援とご協力を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 55周年記念例会は、10月8日(土)にフレックスホテルで行わせていただく予定です。


yuji_matsusaka at 21:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年10月02日

明野駐屯地開設61周年 航空学校創立64周年航空祭

20161002_104557


20161002_123643


 今日は、陸上自衛隊明野駐屯地の「開設61周年 航空学校創立64周年航空祭」にお伺いしました。
 イベントでは、祝賀飛行、空挺降下、航空自衛隊による飛行展示、行動展示、航空学校所属の操縦教官によるチーム「明野レインボー」の飛行展示など、様々な飛行イベントが行われました。
 同祭は、陸上自衛隊が装備する主要ヘリコプターのほとんどを目の前で見ることができることから、毎年多くのヘリコプターファンやミリタリーファンが県内外から詰め掛けているそうです。



yuji_matsusaka at 22:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)