2018年05月

2018年05月31日

土砂災害特別警戒区域が通学路

 今日は、飯高町にお伺いし、土砂災害特別警戒区域を調査しました。
 飯高中学校及び宮前小学校では、土砂災害特別警戒区域と通らないと、通学できない状況にあります。また、この小学校及び中学校は避難箇所にも指定されており、地域の方々から改善していただきたいとの要望があり、改めて調査を行いました。
飯高中学校

RIMG3915

RIMG3918

土砂災害特別警戒区域とは
 急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、建築物に損壊が生じ住民等の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる区域で、特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制等が行われます。

 午後3時からは、本年度から、新たに圃場整備事業が始まる寺井地区での現地説明会にお伺いしました。
RIMG3923

RIMG3922



yuji_matsusaka at 23:09|Permalink

2018年05月30日

下蛸路町牛舎計画対策協議会に出席

 
20180530_132024

20180530_142057


 今日は、下蛸路町牛舎計画対策協議会に出席。
 協議会は、近隣自治会、地元市議会議員、漁業組合、松阪市などで構成されており、私は、櫛田川第一漁業協同組合の代表理事として出席させていただいております。
 現在は、業者側に公開質問状を送って2年近く回答を待っている状況です。
 今後も、建設阻止に向け地域の方々と力を合わせ頑張ってまいります。

 また、騒音問題についてのご相談をいただきましたので、現地調査を行った後、県の環境課に直接相談させていただきました。
 改善に向け努力してまいります。


yuji_matsusaka at 18:00|Permalink

2018年05月29日

松阪市公立高校進学対策協議会代表と県教育長との懇談会

 今日は、会派総会及び松阪市公立高校進学対策協議会代表と県教育長との懇談会に出席。
 懇談会では「松阪地区における県立高等学校の募集定数の策定」および「三重県の高校教育改革」に関する要望を行いました。
20180529_133346


要望内容は以下の5項目です。
1.松阪地区の県立高等学校について、募集定数を削減しないでいただきたい。
2.松阪地区の定時制・通信制高校を廃止しないでいただきたい。
3.募集定数の策定に当たっては、地域を十分に考慮していただきたい。
4.県立高等学校入学者選抜実施については、子どもたちや学校現場に大きな混乱をもたらすことのないようにしていただきたい。
5.子どもたちはもちろん保護者や地域の声を大切にした高校教育改革を推進していただきたい。


yuji_matsusaka at 21:57|Permalink

2018年05月28日

要望箇所で事故が発生しました。

 今日は、自由民主党県議団の政策委員長として初めての政策担当者会議に出席しました。
 主要農作物種子法が平成30年4月1日に廃止されたことに伴い、優良な種子の安定供給や価格の上昇が懸念されることから、関係団体などから6月議会に向けての請願が提出されました。
 
1527490088060

 また、美濃田町自治会様から交通事故が懸念されるという理由で、安全対策の要望が出されていた場所で先週末に交通事故が発生しました。
 このことから調査を行い、松阪建設事務所に報告させていただきました。


yuji_matsusaka at 17:24|Permalink

2018年05月27日

第63回自由民主党三重県連定期総会

 今日の午前中は、自民党の役員会に出席。
20180527_115712


 午後からは、第63回自由民主党三重県連定期総会、自由民主党三重県連政経セミナー、懇親パーティーに出席しました。

 定期総会では、来賓として鈴木英敬知事、中川康洋公明党代表、前場泰幸市長会会長(津市長)、谷口友見町村会会長(大紀町長)、飯田徳昭全国町村議長会顧問(朝日町議会議長)からのご祝辞等に引き続き、平成29年度決算、平成30年度活動方針・予算等を可決しました。

20180527_131924


 政経セミナーでは、自由民主党政調会長の岸田文雄衆議院議員をお迎えし、「当面の政策課題について」のご講演をいただきました。
20180527_150923


 懇親パーティーでは、政治塾局長として最後にガンバローコールをさせていただきました。
20180527_160715


 自宅に戻ったのは午後6時30分、その後、午後7時からの朝見地区自治連合会の会議に出席し一日の会議が終わりました。
 現在は、漁業組合の総会資料を作成しています。


yuji_matsusaka at 22:51|Permalink

2018年05月26日

忙しい1日でした

 今日は、猟師漁港で開催されました松阪漁港まつりからスタート。
 私の好きなアオヤギとイワシの干物を購入しましたが、食べる暇がありません。たぶん私の口には入らないでしょう。
RIMG3911


 続いて、松坂城跡を守る会の総会に出席。
 NPO法人松阪歴史文化舎理事長の門暉代司氏の講演「城絵図と古写真で見る松坂城の変遷」は、松坂城の歴史やつくりなど大変勉強になりました。
20180526_111509


 午後からは、サ高住「桜木さん・松阪」竣工式に臨席。
 田村代議士、竹上松阪市長、野呂医師会会長など、多くの方々のご臨席の下式典に引き続き、内覧会が行われました。
 
20180526_132400


 その後は、和田商店感謝祭にお伺いしました。ここでは、子どもたちの瓦取り付け体験がとても印象的でした。
20180526_143822


、午後7時からは、朝見まちづくり協議会の定期総会に来賓出席し、ご挨拶を述べさせていただきました。
DCIM4066


、 最後は、松阪市長竹上真人君を励ます会に1時間遅れて出席。
  約200名が参加されており、成功裏に幕を閉じました。
  食事する時間がなく、一人でラーメン店によって帰途につきました。
  今から、漁業組合の総会資料を作成します。


yuji_matsusaka at 22:12|Permalink

2018年05月25日

三重県立相可高等学校と、台湾国立高雄餐旅大学付属餐旅高級中等学校との交流会に参加

 今日は、午前9時から三重県立相可高等学校で行われました、国立高雄餐旅大学付属餐旅高級中等学校と相可高校の交流会に参加させていただきました。
RIMG3887
 
RIMG3892


 歓迎式では、村林先生に引き続き歓迎のご挨拶を述べさせていただきました。
RIMG3895


 式典後は、調理実習及び菓子作り等を見学させていただきました。
 昨日の、松阪商業高校での和気あいあいとした交流会とは異なり、緊張感の中での料理実習を通した交流会でした。
 両校の生徒の眼差しには料理に対する真剣みが伝わってきました。
RIMG3902

RIMG3906


 午後からは、ハートフルみくもにお伺いした後、午後1時30分から開催された、豊田まちづくり協議会の総会に臨席。
20180525_133746


その後、飯高町森にお伺いし、獣害対策に関する調査等を実施。
獣害対策に関しては、大幅な改善の必要性を感じましたので、今後処理方法などについてさらに調査を進めてまいります。
RIMG3909


帰り道の午後7時からは、飯南町粥見の松阪飯南森林組合の総会に臨席させていただきました。
 総会には122名の会員の御参会の下、事業報告、事業計画等が審議されました。
20180525_190817

 


yuji_matsusaka at 23:56|Permalink

2018年05月24日

台湾の新北市立三重高級商工職業学校と三重県立松阪商業高等学校の交流会

 今日は、松阪商業高校で行われました、台湾の新北市立三重高級商工職業学校と三重県立松阪商業高等学校の交流会にお伺いしました。
20180524_124458


 歓迎会では、台湾三重商工の生徒代表から、日本語で外国人が友人になれるチャンスですとの挨拶。松阪商業高校の生徒代表からは英語で歓迎の挨拶がありました。
20180524_125443


 その後、生徒の班別交流や日本文化の体験(合気道、生け花)等が行われ、台湾の生徒にとっても松阪商業の生徒にとっても、日本の文化を通して有意義な交流会となりました。
20180524_134119

RIMG3883

RIMG3882

 
 午後3時からは、三重県松阪庁舎において平成30年度公共事業実施予定箇所の説明をいただきました。


yuji_matsusaka at 21:57|Permalink

2018年05月23日

戦略企画雇用経済常任委員会に出席しました

 今日は、戦略企画雇用経済常任委員会に出席しました。

委員会

ユーチューブはここをクリックしてください。

調査事項は以下の通りです。

第1 部外関係
1 人事委員会事務局
(1)組織体制
(2)人事委員会の概要
(3)事務事業概要
(4)平成30年度人事委員会事務局年間スケジュール
2 監査委員事務局
(1)組織体制
(2)事務事業概要
(3)平成30年度監査等執行計画の概要
3 出納局
(1)組織体制
(2)事務事業概要
(3)出納局の役割について

第2 戦略企画部関係
1 組織の概要
2 平成30年度予算の概要
3 事務事業概要
4 所管事項
(1)みえ県民力ビジョン・第二次行動計画の推進について
(2)三重県まち・ひと・しごと創生総合戦略について
(3)人づくり政策の推進について
(4)広域連携について
(5)広聴広報について
(6)統計調査について
(7)情報公開・個人情報保護について
(8)平和啓発の取組について
(9)地方版図柄入りご当地ナンバーの導入について

第3 雇用経済部関係
1 組織の概要
2 平成30年度当初予算の概要
3 主要事項
(1)「みえ産業振興戦略」について
(2)国際展開の推進について
(3)雇用施策の推進について
(4)三重県営業本部の展開について
(5)ものづくり産業等の推進について
(6)中小企業・小規模企業の振興について
(7)企業誘致の取組について
(8)観光振興について

協議事項
第1 委員会年間活動計画の作成について

yuji_matsusaka at 23:54|Permalink

2018年05月22日

明日は、戦略企画雇用経済常任委員会で所管事項の説明が行われます

 明日は、新しく配属となった戦略企画雇用経済常任委員会で所管事項の説明が行われます。
 今日は、事前調査として説明資料に目を通しています。
RIMG3868


 本年度発行の櫛田川第一漁業協同組合の広報紙を作成しました。
img488

img489


 



yuji_matsusaka at 21:25|Permalink

2018年05月21日

要望に関する調査を実施

 今日は、三重県松阪庁舎において都市計画法43条(開発許可を受けた土地以外の土地における建築等の制限)等に関する調査を実施。
 午後からは、津市、松阪市選出の県議会議員のほか、三重県、津市、松阪市の行政担当者、地域の住民も参加し、これまでにも幾度となく氾濫している津市須ヶ瀬町を流れる雲出川水系の一級河川赤川の調査。
RIMG3851

img487
浸水時の写真

 調査ではJAカントリーエレベータの屋上から浸水地域の確認を行った後、赤川と本流雲出川との合流地点の現地確認を行いました。
RIMG3857

RIMG3864

RIMG3861


 その後は、松阪市庄町自治会様からご相談をいただいた要望箇所の確認と改善方法などについての協議をさせていただきました。
RIMG3866

RIMG3867



yuji_matsusaka at 22:49|Permalink

2018年05月20日

第39回日本拳法三重県総合大会&ライオンズクラブ国際協会334-B地区第64回地区年次大会

 今日は、津市のサオリーナで開催されました第39回日本拳法三重県総合大会みえスポーツフェスティバルの開会式に臨席させていただきました。
 大会には、県内の幼児から一般男子の部まで14団体、290名が参加し団体の部及び個人の部で試合を行い、本大会の1位、2位の選手は9月の全国大会に出場します。
20180520_102704

20180520_100412

20180520_102044

 午後11時からは、三重県総合文化センターで開催されました、ライオンズクラブ国際協会334-B地区第64回地区年次大会に参加しました。
 大会には三重県、岐阜県から79クラブ1172名が参加しました。
 来賓として鈴木英敬三重県知事、前葉泰幸津市長等もご臨席され祝辞を述べられました。
20180520_131421

20180520_151541




yuji_matsusaka at 23:58|Permalink

2018年05月19日

強風の中の市民体育祭

 今日は、テントが飛ぶような強風の中の市民体育祭及び松阪市認可保育園連盟定期総会等にお伺いしました。
 母校の朝見小学校では午前8時30分からの開会式から出席。
 その後、幸遊会(公民館事業支援団体)のメンバーとして競技の準備等のお手伝い。
 
20180519_090853

 
 午前11時からは、西黒部小学校の市民体育祭にお伺いし、高須チームのメンバーとして綱引き大会に参加。1勝1敗でしたが今も左胸の肋骨が痛いです。
20180519_114645

 運動場で甥の家族と一緒に昼食後、農業屋コミュニティ文化センターで開催された、松阪市認可保育園連盟の総会に参加した後、地元揥水小学校の市民体育祭にお伺いしました。
 パン食い競争に200名を超える参加には驚きです。
20180519_141115

20180519_153608




yuji_matsusaka at 22:46|Permalink

2018年05月18日

三重県議会の次期議長、副議長が決定しました。

32769423_1391658624267351_7120608112326737920_n

 三重県議会の次期議長、副議長が決定しました。
議長には新政みえの前田剛志議員(31票、白票17票)副議長には自由民主党県議団の前野和美議員(41票、白票6票、西場議員1票)が当選しました。


32723001_1647647012012962_7663761827041378304_n

 本年度は、常任委員会では戦略企画・雇用経済常任委員会副委員長を拝命しました。
また、引き続き広報広聴会議に所属することが決定しました。
会派では、政策委員長という重責を担う三役に就かせていただくことになりました。微力ではありますが、会派方々の期待以上の成果を残せるよう頑張ってまいります。


yuji_matsusaka at 22:55|Permalink

2018年05月17日

三重県議会議長に前田剛志議員、副議長に前野和美議員が立候補

 
20180517_160501
今日の田んぼアートです。
 三重県議会議長に前田剛志議員、副議長に前野和美議員が立候補し、所信表明が行われました。
選挙は、明日行われ新しい正副議長が誕生します。
 定数6増で大きく揺れ動いている三重県議会、前代未聞の白票数も予想されています。
 各常任委員会等への配属や正副委員長も明日決定します。

自民三重政治塾の東京研修の写真をいただきました。
32231606_982176718624981_4445193904710483968_n

32228677_982638838578769_699761798718423040_n

32231523_982176951958291_8223568916669005824_n

32191326_982177111958275_4904151717664260096_n





yuji_matsusaka at 23:07|Permalink

2018年05月16日

作付農家が減少していく中、中山間部の溜池の維持管理が不安視されています。

 今日は、御麻生薗町で溜池の維持管理に関する調査を行いました。
 作付農家が減少していく中で、今後の池の管理をどうしていくのかが、大きな問題となってきそうです。
20180516_090045

20180516_090042

20180516_090055


 調査後、会派総会などに出席。
 昨日の会議の内容が、議事録より詳しく書いてあります。
 まるで盗聴されているかのようです。
img484

 明日は、議長・副議長候補の所信表明が行われ、18日の選挙で正式決定します。

yuji_matsusaka at 23:42|Permalink

2018年05月15日

東部管内春季ゲートボール大会

 今日は、午前8時から行われました東部管内春季ゲートボール大会の開会式でご挨拶。
 炎天下の下、熱戦が繰り広げられましたが、参加者は日ごろから練習されているせいか、炎天下でもとても元気です。
32384090_2492343557571599_8414390997915533312_n
開催式でご挨拶をさせていただきました。
20180515_075922
優勝トロフィー返還
20180515_081143
3名の公民館長が始球式
32409341_2492343620904926_5389768212235681792_n
久しぶりのラジオ体操、今日も一日頑張ります。
 その後、会派総会等に出席。18日の役選に向けて協議しています。


yuji_matsusaka at 23:12|Permalink

2018年05月14日

平成30年度松阪地域トップ会議

 今日は、三重県松阪庁舎で開催されました、平成30年度松阪地域トップ会議に臨席。
 蠅海Δ訴襪蕕軍攅察‖緝充萃役 松田高政氏が、「マーケティングの視点による地域産品の開発及び販路拡大〜埋もれている地域産品に光を当てる方法〜」についての講演に引き続き、各首長(松阪市、多気町、明和町、大台町)から地場産品の振興取り組みの紹介の後、講師の松田氏と各市町長との意見交換が行われました。
 
20180514_143507

20180514_143139


講演内容
1.お客さんのニーズとは
,匹海波稜笋垢襪里(場所によって売れるものが違う)。
誰に買ってもらうのか(地元、地域外等)。
いつ・何のために買うのか(食事用、お土産用)。

2.現場から学んだこと
〔姪櫃覆海箸鬚△┐討垢襦
∋廚だ擇辰特聾気虜嚢盖蕕慮粁舛鮖箸Α
思い続けて行動すれば最後はつながる。

3.これまでの常識を疑う、壊す。
,覆い箸海蹐膨鶲討垢襦別嫖世鯑佑)。一番初めに出す。ない時期に、ない店に提案。
▲泪ぅ淵垢魯廛薀垢謀彰垢任る。欲しい人はいる。工夫改善する。
やるなら、いきなりトップを狙う。


yuji_matsusaka at 21:05|Permalink

2018年05月13日

町内の作付農家の出合い(鎌刈)に参加

 今日は、町内の作付農家の出合い(鎌刈)に参加。
20180513_081507

20180513_082233

 私の住む新屋敷町では、大規模面積の条里制が今も残っています。
「条里【じょうり】制」とは
奈良時代の終わりころから平安時代にかけておこなわれた日本最初の区画整理です。

20180513_143805
4月29日に田植えを行った田んぼアートの現在の様子


yuji_matsusaka at 14:33|Permalink

2018年05月12日

自民三重政治塾東京研修と、「夢・志事塾」交流会

  今日は自民三重政治塾東京研修2日目。
 靖国神社参拝に引き続き、皇居(東御苑)見学。
20180512_082417

20180512_100418

20180512_104456


 津市に戻って、午後5時から開催されました、「夢・志事塾」交流会に出席しました。
20180512_172355

20180512_190719






yuji_matsusaka at 23:03|Permalink

2018年05月11日

地方議員研究会×早稲田大学研究会 共催セミナー 3日目及び自民三重政治塾東京研修

今日の午前中は、3日目となる地方議員研究会×早稲田大学研究会 共催セミナーに参加。
 講師は前横須賀市長の吉田雄人氏の「人口減少における発想の転換」
 
PC - 20180511_100608


午後からは、自民党本部で「自民三重政治塾」第5期 第10回を開催しました。
第1講義は、青山繁晴参議院議員をお迎えし、「日本の出番、祖国は甦る!」
32332170_1814004145365020_7851152835008790528_n


第2講義は、義家弘介衆議院議員から「時局講演」
32294736_1814004152031686_3017872913861705728_n


第3講義は、小林邦広参事から「自民党概要」に関する講義を受講しました。
32215491_1814004225365012_1520772220715008000_n


yuji_matsusaka at 18:28|Permalink

2018年05月10日

地方議員研究会×早稲田大学研究会 共催セミナー 2日目

20180510_151947
早稲田大学大隈記念タワーから撮影
20180510_120658

20180510_141005



機ッ亙創生、大学の上手な使い方
1.地域の魅力づくりをしていかないと人口が増えていかない。
1)千葉県いすみ市の基本的な目標(H28〜H32年度)
 〃从僂旅ソ朶
◆〇毀噂蠧世慮上
 人口対策と人材育成
ぁ|楼茲量ノ聾上

2.美食の街いすみ〜サンセバスチャン化計画〜
(平成28年8月30日地域再生法に基づき国が認定)
1)サンセバスチャンとは
 スペイン地方、大西洋に面し人口18万の食材に恵まれているが特に観光名所があるわけでもない地方都市。
 食で観光を呼び込もうと地域ぐるみで食に関するレシピ共有や料理研究等食のレベルを上げる取り組みを行った結果、居酒屋でも一流レストラン並みの質の料理を提供できるようになり、近年では「ヨーロッパの美食の都」と称されるまでに成長し、世界中から食を求めて観光客が押し寄せるようになった。

2)サンセバスチャン化計画とは
 いすみ市の優れた食材、美しい景観、東京からのアクセス利便性に加え東京五輪サーフィン会場内定を契機に、食文化の育成を通じていすみ市を「美食の街」として確立し、地域創生の柱とする。
 具体的には、一流料理人、研究者、いすみ市の生産者、料理人等を結び食材生産や料理技術の共育を図り、地域全体の食材レベル、料理レベルの向上を通じて、地域所得や雇用の向上を図る。

3)いすみブランド認定後の取引金額の推移
 ブランド認定後の価格変動は、器械根イセエビ16%上昇、器械根サザエ23%上昇、いすみ沖だこ118%上昇

4)有機栽培の確立(土着菌完熟肥料で)
・ここだけのもの、今だけのもの、あなただけのものをつくる。
・野菜や米の安全、健康を目指す。
・地域を「有機の里」にして「「ブランド化」する。
・全国に販売して、所得向上をめざす。
・JALファーストクラスで採用されている。
・日本初、学校給食米をすべて農薬、化学肥料不使用

供ヌ映颪紡个垢覺待
1.民泊に対する期待
・訪日外国人観光客増加への期待
・農山漁村滞在型余暇活動への期待
・旅行客の消費による大きな経済効果
・空き部屋・空き家の活用などによる地方創生
・シェアリング・エコノミーの推進

2. 民泊をめぐる質問のポイント
・単なる宿泊需要を受け止めるだけの観点からの民泊でなく、地域にとってどのような意義があるかを慎重に検討して推進。
・民泊は地方創生のきっかけとして有効であり、民間の取り組みに任せきりにせず、自治体としても積極的に活用。
・誰かが儲けるという考え方ではなく、地域が一体となって取り組める活動にしていくことが重要。
・迷惑施設になる場合を想定して、地域のルールを構築すべき。
・地域独自の現状をふまえたルール構築が不可欠。
・禁止する枠組みだけでなく、推奨する枠組みを用意することも、活性化との両立をはかるならば有効。
・恒常的に利用される民泊をめざすなら、農産漁家体験型民宿などの制度を利用すべき。(優良な施設であれば、民泊新法の枠組みでなくても対応可能。)

掘ゥ泪ぅ淵鵐弌璽ードの構想する地域経済応援ポイント
1.地域商店街等での好循環の強化
.レジットカード等のポイントが地域商店街で使える
・商店街のカード発行コストが不要
・地方のポイントも東京で使える 
東京の人も地方で使える
・マイナンバーカードがあれば観光客等当該地域の住民以外の方々でも地域商店街などで簡単に販売が可能

2.地方への新たな民間資金の導入
1)ポイントで社会貢献
・地方の祭りなどを契機にプレミアムポイント等を活用して訪問者像を図る
2)ふるさとにポイントで貢献
・地方に所在する大学等の同窓による母校支援のため、所在自治体にポイント

3.公共施設等の活性化
1)図書館等
・マイナンバーカード1枚で全国の図書館の貸し出しカードの機能を持てる
・公立病院の診察券等についても対応可能

2)美術・博物館等
・自治体ポイントと連携した全国美術館紹介などを活用して広く利用者に周知

4.地域ポイントに関する質問のポイント
・地域ポイントを活用して、地域の課題や地域の価値を顕在化させ、取り組むことは、市民参加型の枠組みを作るという点で有効。
・市民参加型の枠組みは、自治体による制度設計ではなく、住民参加型ですすめることが有効。
・地域ポイントの運用の原資は調達可能か、原資の負担が過度になりすぎない設計になっていないかの確認が必要である。さらにその原資に持続性があるのかどうかを検討し、予算化を行うべき。
・公共的なポイントとしてだけではなく、商店街や地域企業、事業者が原資等の提供で参加できる枠組みを設けことで、地域の活性化になる枠組みをイメージすることが重要である。
 地域ポイントが単なるインセンティブやバラマキの手法ではなく、その政策効果が検証できるようにICTを活用することが不可欠。
・地域のポイント原資が、地域に滞留する仕組みになっているかが、地域活性化の鍵を握っている。

5.地域ポイントに関する質問のポイント
・ICTの活用は結構だが情報リテラシによる格差が生じないか、子供から高齢者、障害者まで参加可能な枠組みになっているか。
・地域で複数のポイントシステムが存在することで、市民の参加の機会を奪っていないか。
・複数のシステム導入で、余計なコストがかかっていないか。縦割リの弊害で、地域のさまざまなポイントシステムが乱立するケ-スがあるが、共通化で確実にコストダウンがはかれる。
・ポイントに限らず、システムの共通化を通じて、関係各所が連携する枠組みを作ることが重要。
・システムの構築に、大手企業のシステム使うことは、当初は安価でも、コスト高になりかねない。地域の事業者を積極的に活用する仕組みをつくることが必要。
 
 明日の昼まで参加予定です。

yuji_matsusaka at 18:30|Permalink

2018年05月09日

今日から、地方議員研究会に参加しています。

PC - 20180509_163122

PC - 20180509_140905

 今日から、早稲田大学大隈記念タワーで開催されています、地方議員研究会(テーマ:空き家対策)に参加しています。

1.空き家問題の原因
・高齢化・少子化、都市部の特定地域への資産価値集中、大都市圏に出っ放しの人々
・法制度の問題(税制など含む)
・経済環境の大きな変化
・縦割り行政
・耐震などの防災の問題
・新築信仰社会・金融システム
・不動産の流通
・所有者不明問題、相続問題

2.不動産市場の現状
1)新規の住宅着工戸数の推移
新設着工のピークは1990年に記録した170万戸であったが、景気の後退と共に徐々に減少し、2009年には78.8万戸となったが、徐々に回復し2016年は96万戸台まで回復したが、少子高齢化によって2020年には82万戸、2030年には70万戸まで減少するとの予測が公表されている。
2)家余りの状況
 日本の住宅ストック数は、現在約6063万戸、既に 世帯総数5245万件を800万戸(約16%)上回っている。

3.空き家対策に関する条例
 10万人以上都市では52%、10万人未満でも45%程度で、町村の16%とは大きな差がある。人口減少と直面している可能性の高い町村は条例制定の動きが鈍いのは大きな問題である。

4.空き家バンクの対応
 56%の自治体が「自治体独自の整備・運用」を行っており、検討している自治体を含めると70%に達する。なかには民間団体(県の不動産関連団体)と連携した運用を行っている自治体もある。
 
5.空き家バンクの問題点
 「情報収集が困難」、「空き家の質が確保できない」、「情報の質が確保できない」などの意見が多く、「整備・運用人員が確保できない」、「十分な成果が期待できない」は2割弱となっている。

6.自治体で参考となる施策
 地方都市では、「地方創生との関係でIターン、Uターン、定住希望者のために、物件を確保する必要性と空き家の解消を結びつけて、自治体全体の課題としているところも多い。
 さらには、高齢者集団移住の誘致、首都圏大学のサテライト誘致などと関連付けた施策も行っている自治体もある。

7.総合分析
 空き家対策は極めて広域な地方行政分野に対応した問題であり、単純に一元化を図れる問題ではない。各自治体が抱える問題によって空き家対策の意味が違ってくる。
 地方創生との関係で新居従者の住宅確保に向く傾向がある
 また、多くの地域で専門家である不動産業の経営が困難になりつつ実態を踏まえて現存の宅建事業者、流通事業者の協力を得ながら専門知識を保有した第三セクター的な事業体の立ち上げも今後増加していくのではないかと考えられる。
 空き家対策条例は、都市部では制定している自治体が過半数となっているが町村部では相当遅れているのが現状である。人口減少の度合いが深刻な町村部において必要なものであるだけに、今後の対策が必要である。


yuji_matsusaka at 18:46|Permalink

2018年05月08日

松阪市特別支援教育振興会定期総会

 今日も、昨日に引き続き事務所の片付け、時間の合間をぬっての作業のためあと1週間くらいかかりそうです。 その後、嬉野保健センターで開催されました、松阪市特別支援教育振興会の定期総会に臨席させていただきました。
 松阪特別支援教育振興会では、特別支援教育の調査研究、特別支援教育関係者の研修等に取り組んでいます。
20180508_154321

20180508_154329
写真は中田教育長のご挨拶です。

 明日から2日半、地方議員研究会に出席のため東京出張です。
 その後、自民三重政治塾の東京研修で土曜日まで滞在します。

yuji_matsusaka at 23:16|Permalink

2018年05月07日

県議会議員を拝命して4年目がスタートしました。

 県議会議員を拝命させていただいて早3年、いよいよ最終年度の4年目に入りました。
 まずは、事務所を整理整頓して再スタートです。
20180507_173246

20180507_160054

20180507_160016



yuji_matsusaka at 23:55|Permalink

2018年05月06日

第14回「田中ゆうじ後援会」の春期ゴルフコンペ

 
20180506_100641

 今日は「田中ゆうじ後援会」の第14回ゴルフコンペを201名の方にご参加いただき開催させていただきました。
 男性の部優勝者は、谷川様(out46,in46,トータル92,HC28.8,NET63.2)
DCIM4037

 女性の部優勝者は、森川様(out42,in40,トータル82,HC9.6NET72.4)
DCIM4033

 また、辻様がホールインワン、林様がエイジシュートを達成されました。

 ご参加いただきました方々、スタッフの方々ありがとうございました。


yuji_matsusaka at 22:31|Permalink

2018年05月05日

櫛田川に架かる大平橋

 今日は、松阪市東久保町の大平橋上流及び下流に茂っている雑木等の現地調査を行いました。
 大平橋は全国でも珍しい、河川の半分しか橋が架かっておらず、残り半分は河川敷を通行しています。
 増水時には河川敷の雑木が流水断面を堰き止め水位が上昇することから、堤防決壊など大変危険な状況なります。このことからこれまでにも国土交通省に雑木伐採をお願いしてきましたか、土地の所有者が不明等という理由等から改善されておりません。
今後は、地元自治会において所有者不明土地の調査などを行い、地権者の同意を得て要望活動を進めていく予定です。
20180505_095805
河川中央から左岸側を望む

20180505_095952
左岸側から河川中央を望む

20180505_095656
大平橋から左岸下流側を望む

20180505_095810
大平橋から左岸上流側を望む

RIMG2425
右岸から左岸を望む(この写真は以前に写したものです)

20180505_094551
田んぼアート6日目にして少し形が浮かび上がってきました。




yuji_matsusaka at 20:18|Permalink

2018年05月04日

天然稚鮎、約900kgを櫛田川上流の飯高町、飯南町等に放流

 今日は、稚鮎の汲み上げ放流に参加。
 汲み上げ放流は、三重県内水面漁業協同組合連合会が、三重県から特別採捕の許可を受け、3月2日から5月10日までの25日間にわたって行っています。
 今年は今日までに約900kg(約9万尾)を櫛田川上流の飯高町、飯南町等に放流しました。
20180504_130755

20180504_131250

20180504_131855


yuji_matsusaka at 19:37|Permalink

2018年05月03日

櫛田川に大量の稚鮎が再遡上を始めました。

 今日は、伊勢商工会議所で開催されました憲法フォーラムin伊勢に出席をさせていただきました。
20180503_155331

20180503_155015


  昨日の雨によって櫛田川の水量が少し上がったことにより大量の稚鮎が遡上を始めました。
 採捕したアユ約200kgは、香肌漁協、櫛田川河川漁協、内水面漁連に汲み上げ放流を行いました。
20180503_103914

20180503_103849


yuji_matsusaka at 17:31|Permalink

2018年05月02日

第13回「のりノリ杯」球技大会は7月1日に開催します。

 午前中は、松阪建設事務所において地域からの要望箇所等の進捗状況の確認。
 午後からは、恒例の東部中及び射和小校区のPTA及び地域団体等の球技大会「のりノリ杯」の開催の準備のため、飯南振興局にお伺いしました。
 第13回「のりノリ杯」は7月1日(日)、飯南体育センターで開催させていただきます。

 
20180502_144725
飯南町粥見の櫛田川の河川敷の雑木などの処理をしていただき、見違えるようにきれいになりました。

yuji_matsusaka at 19:35|Permalink