2015年11月26日

20151123

下北沢にて@下北沢Daisy bar


セットリスト


リハーサル

1.イヴ


本編

1.青春白書
2.WIRED
3.EMMA
4.トモのロックンロール
5.少年少女
6.R&R天国
7.ヤングセレナーデ



「下北沢にて」、今年も出演することができました。ラブ人間さんありがとうございます。

街全体でやっているイベントはいくつか出させていただいておりますが、演者もお客さんも入り乱れて街を闊歩する光景はいつみてもグッとくるものがある。特に法被とか出されると、ズルイ。




実はこの日の前にも別件でイベントに参加させていただいたのですが、イベント全体の空気をそこで感じられた分、余裕も持ってステージに立つことができたのは良い方向に作用してくれたように思います。


別件のトークショーは「アナログ盤の魅力を語る」、っていうテーマだったんだけど、これはとても難儀でした。

というのも、あのー僕本当にCD派で…何日か経ってそろそろ時効だから言っちゃうけど、実はレコードプレーヤーも持ってないんだよね。

そんな人間がアナログ盤の魅力を語るとか、恐ろしいでしょ。
無免許運転って感じだよね。

まぁ、その状況でも自分のいる意味があるからオファーが来たのだと思います。
幸い、前にコレクションしてたのがまだあったので受けました。

そういう流れで、トークショーのテーブルには無免許医師が一人ブラックジャック気取りで陣取っていたわけです。

内心びっくびく。

上記のような状況だったもので、キャラクター以外にこれと言って何か残せたとは思わないけど、それもライブのための助走だったと考えたらちゃんと残りましたよね。




ライブのセットリストは、今回は攻めたセットに。

EMMAやトモのロックンロールは、自分もギター弾くセクションが多いので、チャキチャキな気持ちになる。
僕の改造テレキャスター、なかなか硬派な音を鳴らしてくれました。この一本でやっていく。

長いことリハーサル要員になっていた「WIRED」、新アレンジで復活。
メンバー入魂のアレンジとなりましたが、いかがでしたでしょうか?


この日はすごく斬新で新鮮な「何か」がステージ上にはあった。
バンド始めました!って感じ。
今更だよね。

しばらくみんなであれこれとディスカッションしてきたものがパッと花咲いたような、そんな最高な30分間。
この30分間が欲しくて毎度毎度自問自答している、そんな自分がいるのでこの日はご馳走系。

何かトラブルがあってもメンバーみんなで対応できたし、自分もメンバーを信頼してグッと前を向いてお客さんとのコミュニケーションが取れた。

結果、すごく盛り上がった。




この感じのバンドになれるまで約2年かかったけど、手に出来たこの感覚は大きいと思います。
色んな点ですごく良いバンドになってきたと思います。



今の自分は、派手なアロハシャツ着てオールバックしている頃の自分ではないし、黄色いTシャツ着てビールケースに乗っている頃の自分でもない。

今のステージにいることが出来るのはいつだって今の自分。

最新の曲だろうが12年前の曲だろうが、それで盛り上がるならじゃんじゃん演ります。
そうやって変わらず最高の30分を目指していく、それだけです。


yujinsha at 20:20│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔