旬感クリエイト

最新のニュース情報や注目のコンテンツをゲット!

    女優の宮崎あおいが出演する清涼飲料水の新CMが4月21日からスタートした。

    海外の駅に降り立った宮崎が人混みをよけて「あわてないあわてない」と清涼飲料水をゴクリ。一休さんをモチーフにしている。

    このCMが始まると、ファンの間で悲鳴があがった。

    「宮崎は髪の毛をベリーショートにしているのですが、はっきり言ってこれが似合っていないんです。
    『森ガール』と呼ばれた彼女のキュートさは微塵も消え失せ、なんだか強そうに見えますね」(エンタメ誌ライター)

    さっそくネットやSNSにも非難の声が続々と上がり「まったく似合っていない」「かわいくない。誰がこれをやろうといい出したのか」といった意見が見受けられる。

    「そんな意見の中でも特に支持されているのが『デビュー直後の森昌子にしか見えない』という意見です。これには思わず膝を打ってしまいました。
    しかも、沢尻エリカが現在アルコール飲料のCMに出演していて、同じぐらいの長さのベリーショートにしています。
    沢尻はショートが似合っていてとてもきれいなんですが、宮崎は‥‥。比較されて公開処刑状態になっています」(前出・エンタメ誌ライター)

    ショートの宮崎をどう思うか、交際中だとされるV6の岡田准一に聞いてみたいものだ

    http://dailynewsonline.jp/article/1303922/
    2017.04.24 10:45 アサ芸プラス

    no title

    【【芸能】宮崎あおい、ショートカットが似合わなさすぎて沢尻エリカに公開処刑】の続きを読む

    5b02b00cc84a69f68ec0c85927da105e

     アマゾンジャパン(東京・目黒)は21日、野菜や果物、鮮魚といった生鮮食品の配送サービスを都内で始める。アマゾンのサイトやアプリで注文を受け付け、最短4時間で自宅や職場などに届ける。
    購入できる食料品は飲料などと合わせ1万7000点以上。キッチン用品や日用品なども含め合計10万点以上をそろえる。通常のネット通販以外に取扱商品を広げ、日常的に利用する会員を増やしたい考え。

     会員向けの新サービス「アマゾンフレッシュ」を始める。まずは東京23区のうち港区や千代田区など6区で始め、順次対象地域を拡大する。
    生鮮品については、冷蔵・冷凍の商品を保管する設備を倉庫に用意し、配送の際は保冷剤を一緒に入れて届ける。アマゾンが仕入れて販売する生鮮品や日用品のほか、精肉の「人形町今半」など専門店の商品も購入できる。

     注文時に午前8時から深夜0時の間の中から、2時間単位で配達希望時間を指定できる。アマゾンが荷物を発送するときと到着の直前にメールを送り、注文した人が商品を受け取りやすくする。不在の場合は配達員が荷物を持ち帰り、注文をキャンセルすることもある。

     利用するためには有料の「プライム会員」(年会費3900円)に登録のうえ、フレッシュの利用料月500円を支払う。配送料は1回500円だが、6000円以上購入すると無料になる。

     アマゾンフレッシュはこれまでに米国や英国でもサービスを提供している。日本では別の配送サービス「プライムナウ」と同じ配送網を使う。プライムナウの専用拠点は都内や大阪市、横浜市にあり、フレッシュもその周辺から利用地域が広がるとみられる。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ20HVT_Q7A420C1000000/


    【【アマゾンフレッシュ】アマゾン、野菜や鮮魚などの生鮮食品を注文から最短4時間で配達するサービス開始…まず都内6区で】の続きを読む

    「きっかけは、SNSでのやり取り。一昨年の11月に知り合って、だいたい月に1度のペースで会っていました。新宿ルミネでのライブの合間とか、徹夜麻雀の後が多かったですね。オムはまったく避妊をしてくれなくて、いつも私のお腹に出すんです」

     そう語るのは、都内在住のOL・A子さん(23・仮名)。女優・広瀬すず似の清楚系美女だ。

    人気漫才コンビ『トータルテンボス』大村朋宏(42)が、一般女性と不倫関係にあったことが明らかになった。手を出したのは、あろうことか自身のファンだ。

     順調だったオムとA子さんの関係が一変したのは、交際から約1年半後の今年4月3日、大村の誕生日だった。

    「私の不注意で、友達に携帯を見られてしまったんです。オムとのLINEでやり取りでも見たんでしょう。それが巡り巡って、オムの耳に入ってしまって……」

    「愛妻家」のイメージがある大村としては、なんとしてもA子さんのことを隠しておきたかったのだろう。「悪魔」「(バレたら)あの世で呪う」と、A子さんにLINEで罵詈雑言を浴びせかけた。

    「その時初めて、私はただの『いつでもヤレる女』であって、都合が悪くなればすぐ捨てられるんだと気づきました」

     大ファンを良いように弄んだ大村。4月21日発売のFRIDAY最新号では、大村が本誌の直撃に語った「反省」も掲載している。

    FRIDAY 4/21(金) 7:27
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170421-00010000-friday-ent

    写真
    no title

    【【芸能】<告発!> トータルテンボス・大村朋宏、「極秘不倫1年半」】の続きを読む

    このページのトップヘ