Archives
2007年03月14日18:28うた―鐘鳴るを…
鐘鳴るを聴きつつまがるむらさきのビルから空へ淡き夕暮れ


2007年02月27日08:01おひさ
0c1bfc98.JPGとりあえず、椿を…


2006年12月29日22:32うた―知らぬ間に…
知らぬ間にからだを二つ折にして車輌の揺れを受けておりたり

胸苦しくなるということわがからだリスクに晒し酒を飲みつぐ

焦りなどもある二人にてゴルゴンゾーラチーズピザ食い親を語りぬ

シャガールの絵に物語紡ぎおり光の子という孤児院のこと


2006年12月29日19:22やっぱり4回でない!どういうこと!?
夕焼けの短歌と写真の記事は4回も投稿した!送信履歴も残ってます!一回分しか反映されてない。残りの3回の履歴分はどうしたんですか〜〜〜!!!!
反映が遅れてるんじゃなく三つの記事がなくなっているけど、どうしたんですか!!!!!!!!!?????????(・_・)エッ......?(・_・)エッ......?(・_・)エッ......?.?(・_・)エッ......?(・_・)エッ......?(・_・)エッ......?(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)


2006年12月09日08:15うた'
ecabe935.JPGこれは先日のバイトの朝食とお昼のオニギリ(おかずは持参)

この先の生きかたはまだわからねどとりあえず摘む冬のタンポポ

安売りのゆえであるらし鮮度なきリンゴも甘しそしてたうぶる

川底の澄みてうつりぬ黒き鯉かげが流れるやうにながれる

「無責任もここまで進歩」しているとコメント欄にケアマネが言う

まれに見る吉相らしいわが手相しあわせなのか今はわからぬ

ふくむ微笑闇といふもの滲ませて青年は聴く不明なるもの

刃をば底に隠せり殺めたき思いをつねにわれはもつゆゑ

はからずも声が大きくなりにけり父母を自分を傷つけていた
1f0febbb.JPG
信仰は逃げだったのかこれからは父の孤独を救いたいのだ

向日葵は地に咲くものを描けと言ふ絵の師匠なりひさしく会わぬ

英語講師だったマネキン白飯ひの炊きあがる間を喋りつづける


宮本は神の使いの姓らしい玉堂美術館岳父の絵なり

あの女は夕にビールを飲むだらうやや不器用に言ひ訳をして



2006年11月25日08:54季節はずれの…

044410d3.jpg

母を呼び三キロ西の花火見るベランダに立ち二人の花火


毎年8月のお盆にこの辺りでは結構大規模な花火大会がある。人手もすごく駅から港まですごい人通りだ。電車に乗って他市から花火見物にくる人も多い。妹たちは家族で出かけるだろうし、わたしも母をおいて見に行くのは可哀相なので、今年は家のベランダから二人で見た。来年は眺めのよい山の上のレストランなど予約して花火見物をしたいな。ということで親子で幸せになるために(出来れば伴侶も見つけて)お金稼がねば〜


2006年11月23日12:49うた―無責任も…
a927cfe5.JPG

「無責任もここまで進歩」しているとブログ仲間のケアマネが言う

まれに見る吉相らしいわが手相しあわせなのか今はわからぬ

最近色々ありすぎ…
正社員探すのもクタビレてしまって…取敢えずバイトですぐお金が入るし、この方が母の世話もしやすいなんて思ってしまってフリーターなんて先がないからこのままじゃマズイのに。
人を頑張って信じきることが…消耗してるから。寿命は父母と同じでいいや、なんて思ってしまう。
そのかわり一生懸命お世話しようと。鬱かな〜。


2006年11月22日16:52酒臭き…
a5009500.JPG酒臭き息をシマリス・モモに吐く「動物はいい」とブログ仲間は

ゆか詠む


2006年11月21日23:22うた―安売りの…
ef0ad65b.JPG安売りのゆゑであるらし鮮度なきリンゴも甘しそしてたうぶる

母に毎朝すり林檎を食べさせている。肝炎の治療に良いと病院薬の処方箋にも書いてあり、担当医にも勧められたからだ。

林檎とヨーグルトを一緒に食べると効果が倍増すると先日林檎の宣伝販売のバイトの案内に書いてあったので、早速実行。効果てきめん(〃▽〃)
長年しつこかった母の便秘が直ってしまった。スゴイね。毎日何年も便秘薬飲んで治らなかったのに。
ところで駅前に超激安スーパーがあり、たまにザル入り10コで500円なんていう林檎が売られている。飛び付いて買ったのはいいが、食べると少し鮮度が…落ちている。甘いことは甘いんだけど。ペットのシマリスは正直だから、与えてもイマイチ食が進まない。動物の方が鼻が効くからね。健康のために常食にしているから、ね。


2006年11月19日14:44なんてこと言いながら載せてしまいますo(^-^)o
014a1744.JPGこの先の生きかたはまだわからねどとりあえず摘む秋のタンポポ

選うけるかどうか分からないけど、うたは生きてる証しだもんね。結社の2月号に投稿した10首のうちの一首。

まだ仕事決まんないし、先が見えないけど景色や花や家族やペットを愛する心はたくさんあるので。その思い出の記録だから、うたは。

タンポポはモモにあげました