「安全・安心・健康・快適・省エネ」 結の杜

身近な暮らしの情報を提供する
栃木県那須塩原市「結の杜」

ドームハウスの受注間近!

現在、那須の別荘地に土地を所有している方のご希望で、ドームハウスをご検討いただいております。20坪近い大きさで、かなりなものです。
できれば、建築の全容をご紹介したいと思います。

ドームハウスはこちらから…

庭のリフォーム 『竹垣』

3.11の震災で我が家の大谷石塀も倒壊寸前の被害に遭いました。
そこで、和風を演出できる垣根を色々と思案してきましたが、終着点は竹垣に落ち着きました。
その全容(?)をご覧ください。

before
P1030520


















after
P1030540




















2日間の工事で見事!思い通りの竹垣が完成
工事はこちらにお願いしました。










コロナウイルス 感染拡大 (巡礼の地、WHO流行警戒)

サウジで死者17人に

サウジアラビアを中心に新種のコロナウイルスの感染が拡大し、死者が急増している。2003年に大流行した
新型肺炎(SARS)を引き起こすウイルスと同じ仲間だが、詳しい感染の仕組みは解明されていない。サウジは世界中からイスラム教徒が訪れる聖地メッカを抱える地。世界保健機関(WHO)は本格的な流行を警戒している。  以下省略


下野新聞 20130527掲載

SARSと言い、コロナウイルスと言い、いずれも肺炎を引き起こすということは感染方法は「空気感染」なのでしょうか?
世界には得体の知れないウイルスが存在しています。

鳥インフルエンザウイルスに関する怖い報道(未発症患者多数の可能性)

中国で鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)問題を所管している国家衛生計画出産委員会などが世界保健機関(WHO)と4月に実施した現地視察調査の報告で、軽症または発症していない感染者が多数出ている可能性に言及していることが19日、分かった。

インフルエンザに関する怖い報道 (追加)

鳥インフル強毒型か 中国、新たに死者3人


中国国内で人への感染が確認された鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)は、遺伝子解析などの結果、人に重い症状をもたらす強毒型の可能性が高いと専門家が分析していることが3日、分かった。人に感染しやすいタイプに変異している可能性もあるという。関係筋が明らかにした。
中国メディアによると、浙江省杭州市で2人が感染していたことが新たに判明し、内1人は死亡。感染確認は計9人、うち死者は3人となった。
世界保健機関(WHO)はH7N9型の人への感染は初と確認。今のところ「人から人への感染例は見つかっていない」としているが、感染拡大の恐れがあるため、中国の保健当局と協力し事態を注視していく方針だ。
日本の厚生労働省は3日、全国の空港などにある検疫所で中国と日本を行き来する人に注意喚起を始めた。医療機関が感染を疑われる人を見つけた場合、保健所を通じ国に連絡するよう自治体などに要請。ウイルスの遺伝子情報を分析した国立感染症研究所の田代真人インフルエンザウイルス研究センター長は「遺伝子に変異があり、人に感染しやすくなっている可能性がある」との見解を示した。
中国の保健当局は、強毒化の程度などを調べるため、入院患者から検出したウイルスの検査をさらに進めているもようだ。感染源は特定されていない。
厚労省は全国の検疫所の本所、支所、出張所の計110カ所にチラシやポスターを配布。帰国した人には、発熱やせきなどの症状がある場合は検疫所への相談や医療機関受診を呼び掛けた。  2013.4.4 下野新聞掲載

ウイルスの強毒型の可能性が高いと言われていますが、何とか広がらないよう祈りたいものです。

インフルエンザウイルスに関する怖い報道

H7N9型 初感染か
=鳥インフルエンザ、男性2人死亡=

【北京共同】  中国国家衛生計画出産委員会は31日、上海市の男性2人と安徽省の女性が鳥インフルエンザウイルス
(H7N9型)に感染し、男性2人が死亡したと発表した。女性は重体で、江蘇省南京の病院で治療を受けている。
同委員会によると、H7N9型の人への感染が確認されたのは初めて。
同委員会は感染源を調べるとともに、3人と密接に接触した人たちの経過観察を続けている。3人の間に接触があったかは不明。
死亡した2人のうち87歳の男性は、2月19日に発病して3月4日に死亡。別の男性は27歳で2月27日に発病、3月10日に死亡した。女性は15日に発病した。
中国疾病予防コントロールセンターが29日にウイルスを検出、30日に同委員会がH7N9型による感染と確認した。
同委員会は今回の感染について、世界保健機関(WHO)や関係する国や地域に通報したとしている。

ズーム  H7N9型  A型インフルエンザウイルスの一つ。AP通信によると、世界保健機関(WHO)の専門家は「毒性は弱く、公衆へのリスクは低いのではないか」としている。インフルエンザウイルスは、ウイルスの表面にあるたんぱく質のヘマグルチニン(H)とノイラミニダーゼ(N)の種類によって型が分類される。2009年に豚のウイルスから人に大流行した新型インフルエンザはH1N1型。アジアを中心に死者が相次ぎ、人から人への感染拡大が心配されている鳥インフルエンザはH5N1型。

2013.4.1 下野新聞掲載


まだ、日本国内での感染例はありませんが、隣国での発症は看過できません。普段からの防疫体制は大変重要になってきますね。

花粉症 発症が低年齢化

本格シーズンに突入した花粉症。もはや「国民病」といわれ、最近は発症低の年齢化も問題になっている。子どもの場合、自分で症状に気付かないことも多く、専門家は「放置せず、専門医を受診して」と訴えている。
馬場広太郎・独協医大名誉教授(耳鼻咽喉科)の調査によると、1998年から10年間で、5〜9歳の花粉症の有病率は
約2倍、10〜19歳は約1.5倍に増加。
大久保公裕・日本医大教授(耳鼻咽喉科)は「まず、風邪による鼻づまりと花粉症などによのアレルギー性鼻炎を見分ける必要がある」と指摘する。
見分けるポイントは”/紊凌Л熱L椶里ゆみ―の三つ。熱が出て鼻水が黄色く濁るのは風邪の症状。花粉症は鼻水が透明で、目のかゆみを伴うのが特徴だ。
花粉の季節は受験シーズンとも重なり、鼻づまりによる集中力の低下、睡眠不足など中高生になっても影響は大きい。
「子どもの鼻づまりぐらい・・・」と軽く考えず、大人がチェックし、対処してあげることが大切だ。 
下野新聞2013.3.3掲載から抜粋

 

こちらをご覧ください。

花粉症対策・エアープロット施工

大田原市黒羽地区はその大部分が八溝山系に覆われ、スギの名産地です。

今日、お邪魔したお宅は八溝山系の山裾にあり、毎年この時期はスギ花粉の洗礼にみまわれ、息子さんが重度のスギ花粉症で苦しんでいるという御両親のご依頼で、エアープロットを施工して参りました。ピーク前でしたから今シーズンからクシャミなどの症状は軽減できると思います。何とか間に合ったというのが私の率直な感想です。

インフルエンザ栃木県内本格流行

インフルエンザが県内全域で流行している。県保健福祉部は17日、7〜13日の1週間に県内75か所の定点医療機関から報告された平均患者数は前週(12月31日〜1月6日)より12.85人ゾウの22.40人に上り、同時期としては過去10年間で最多を記録したと発表した。例年1月末から2月上旬に迎える流行のピークが前倒しになり推移しているとみられる。厳しい冷え込みが続く中、県は「県全体では注意報レベル(10人以上)だが、本格的な流行期に入った」として予防対策の強化を呼び掛けている。  (下野新聞掲載 20130118)

こちらもご覧下さい。

インフルエンザの流行本格化

栃木県内では・・・

≪学級閉鎖など25校 県内全域で急増≫
県教委は15日、県内公立校25校でインフルエンザによる学級閉鎖や学年休業の報告があったと発表した。今冬の報告数は昨年12月初旬から計7日間報告があり、1日1〜3校ペースで推移していたが、急増した。
県内医療機関からのインフルエンザ報告数は先月末、全域で「注意報」のレベルを超えた。流行が本格化した可能性もあり、県保健福祉部などはうがいや手洗いの徹底を呼び掛けている。
県教委によると、報告数は小学校20、中学校2、高校3。県内全域で学年休業や学級休業が広がっている。
(下野新聞掲載2013.01.16)

こちらもご覧下さい。
プロフィール

有限会社結の杜



床暖房施工例




二期倶楽部様

ドームハウス
米の大黒家


  • ライブドアブログ