「安全・安心・健康・快適・省エネ」 結の杜

身近な暮らしの情報を提供する
栃木県那須塩原市「結の杜」

2008年03月

建て方 マロニエ幼稚園増築工事

今日の午後から建て方が始まるということで、早速取材してきました。高根沢親方を含め4人の大工さんで手際よく組み立てていました。

建て方全景
建て方全景








大梁2大梁







でっかい梁を慎重に組み込みます。


クレーン操縦クレーン操作も慎重








スチール柱1スチール柱3







スチールの柱 仕上がると可愛らしいペインティング


仮囲1仮囲2












仮囲いは幼稚園らしいものを選んであります。

スリーブ1







私どもの大事なスリーブ

明日の雨の予報に工事が急ピッチで進められていました。
私の出番は来週の予定です。


スリーブ工事 マロニエ幼稚園増築工事

基礎コンクリートの型枠工事の時点で床暖房の配管を外部に逃がすために必要な隙間を設けることがあります。その隙間を「スリーブ」といいます。

今回は構造上、基礎にスリーブを設ける必要がでたので、ご覧のとおり基礎上部に凹状になるよう部材をはめ込みました。

スリーブ2すりーぶ1

 

 

 


基礎が出来上がると、間もなく建て方が始まります。

しもやけが出来なくなった。

4年前にリフォームで床暖房を入れられた栃木県高根沢町にお住まいの大島様の奥様のお話です。
「今まで冬になると決まってしもやけが出来たんだけど、最近は出来なくなった。」というお話を伺いました。

しもやけは、血流障害が主な素因で冬に多く見られる症状です。これに対処するには運動や温泉・岩盤浴などが善しとされています。運動を除く二つについては遠赤外線効果があることは知られているところです。

室内温度が16〜18℃程度でも床暖房の入っている部屋が暖かいというのは、まぎれもなく遠赤外線効果そのものなんです。

幸いに大島様はリフォームで床暖房を入れたことによって思わぬ好結果を得たことになりますね。

ここで宣伝に入らせていただきます。
当社が採用している床暖房パネルは、この遠赤外線を多く発生させることが出来る優れものです。遠赤外線が多く出るということはランニングコストを低く抑えることが出来るということにも繋がります。

新築・リフォームの際は、身体に優しく、しかも家計にもやさしい当社の床暖房を是非お考えください。

マロニエ幼稚園増築工事が始まりました。

いよいよ工事が始まりました。
きのうの午後2時ごろ確認のため現場に行ってきました。幼稚園は丁度帰り支度の真っ最中で、園児が庭に出ているところで、とても賑やかでした。

工事は基礎の部分の型枠組み立て作業中でした。基礎工事と私の仕事のかかわりは、床暖房の温水配管取り出しのために必要なスリーブという枠を入れることです。
明日の夕方、再度行ってスリーブを入れてきます。僅かな仕事ですが、これも段取り八分です。

帰り支度の園児たち

カバンを背負って変えるところ

 

 

 

工事風景仮囲い









安全第一
仮囲いの中での作業は動物園状態です。
園児が帰った後は火が消えたようになります。

我が家のお雛様たち?

当家には女の子はいませんが、なぜかお雛様がたくさんいます。
ご紹介します。

1

焼き物

 

 

 

2

押し絵

 

 

 

3

泥人形

 

 

 

4

織物

 

 

 

5

扇子の飾り物

 

 

 

それに・・・・うぬゥ
失礼、これは河童でした。

6

 

 

 

 

以上です。