「安全・安心・健康・快適・省エネ」 結の杜

身近な暮らしの情報を提供する
栃木県那須塩原市「結の杜」

2013年04月

インフルエンザに関する怖い報道 (追加)

鳥インフル強毒型か 中国、新たに死者3人


中国国内で人への感染が確認された鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)は、遺伝子解析などの結果、人に重い症状をもたらす強毒型の可能性が高いと専門家が分析していることが3日、分かった。人に感染しやすいタイプに変異している可能性もあるという。関係筋が明らかにした。
中国メディアによると、浙江省杭州市で2人が感染していたことが新たに判明し、内1人は死亡。感染確認は計9人、うち死者は3人となった。
世界保健機関(WHO)はH7N9型の人への感染は初と確認。今のところ「人から人への感染例は見つかっていない」としているが、感染拡大の恐れがあるため、中国の保健当局と協力し事態を注視していく方針だ。
日本の厚生労働省は3日、全国の空港などにある検疫所で中国と日本を行き来する人に注意喚起を始めた。医療機関が感染を疑われる人を見つけた場合、保健所を通じ国に連絡するよう自治体などに要請。ウイルスの遺伝子情報を分析した国立感染症研究所の田代真人インフルエンザウイルス研究センター長は「遺伝子に変異があり、人に感染しやすくなっている可能性がある」との見解を示した。
中国の保健当局は、強毒化の程度などを調べるため、入院患者から検出したウイルスの検査をさらに進めているもようだ。感染源は特定されていない。
厚労省は全国の検疫所の本所、支所、出張所の計110カ所にチラシやポスターを配布。帰国した人には、発熱やせきなどの症状がある場合は検疫所への相談や医療機関受診を呼び掛けた。  2013.4.4 下野新聞掲載

ウイルスの強毒型の可能性が高いと言われていますが、何とか広がらないよう祈りたいものです。

インフルエンザウイルスに関する怖い報道

H7N9型 初感染か
=鳥インフルエンザ、男性2人死亡=

【北京共同】  中国国家衛生計画出産委員会は31日、上海市の男性2人と安徽省の女性が鳥インフルエンザウイルス
(H7N9型)に感染し、男性2人が死亡したと発表した。女性は重体で、江蘇省南京の病院で治療を受けている。
同委員会によると、H7N9型の人への感染が確認されたのは初めて。
同委員会は感染源を調べるとともに、3人と密接に接触した人たちの経過観察を続けている。3人の間に接触があったかは不明。
死亡した2人のうち87歳の男性は、2月19日に発病して3月4日に死亡。別の男性は27歳で2月27日に発病、3月10日に死亡した。女性は15日に発病した。
中国疾病予防コントロールセンターが29日にウイルスを検出、30日に同委員会がH7N9型による感染と確認した。
同委員会は今回の感染について、世界保健機関(WHO)や関係する国や地域に通報したとしている。

ズーム  H7N9型  A型インフルエンザウイルスの一つ。AP通信によると、世界保健機関(WHO)の専門家は「毒性は弱く、公衆へのリスクは低いのではないか」としている。インフルエンザウイルスは、ウイルスの表面にあるたんぱく質のヘマグルチニン(H)とノイラミニダーゼ(N)の種類によって型が分類される。2009年に豚のウイルスから人に大流行した新型インフルエンザはH1N1型。アジアを中心に死者が相次ぎ、人から人への感染拡大が心配されている鳥インフルエンザはH5N1型。

2013.4.1 下野新聞掲載


まだ、日本国内での感染例はありませんが、隣国での発症は看過できません。普段からの防疫体制は大変重要になってきますね。