「安全・安心・健康・快適・省エネ」 結の杜

身近な暮らしの情報を提供する
栃木県那須塩原市「結の杜」

花粉症

インフルエンザウイルスに関する怖い報道

H7N9型 初感染か
=鳥インフルエンザ、男性2人死亡=

【北京共同】  中国国家衛生計画出産委員会は31日、上海市の男性2人と安徽省の女性が鳥インフルエンザウイルス
(H7N9型)に感染し、男性2人が死亡したと発表した。女性は重体で、江蘇省南京の病院で治療を受けている。
同委員会によると、H7N9型の人への感染が確認されたのは初めて。
同委員会は感染源を調べるとともに、3人と密接に接触した人たちの経過観察を続けている。3人の間に接触があったかは不明。
死亡した2人のうち87歳の男性は、2月19日に発病して3月4日に死亡。別の男性は27歳で2月27日に発病、3月10日に死亡した。女性は15日に発病した。
中国疾病予防コントロールセンターが29日にウイルスを検出、30日に同委員会がH7N9型による感染と確認した。
同委員会は今回の感染について、世界保健機関(WHO)や関係する国や地域に通報したとしている。

ズーム  H7N9型  A型インフルエンザウイルスの一つ。AP通信によると、世界保健機関(WHO)の専門家は「毒性は弱く、公衆へのリスクは低いのではないか」としている。インフルエンザウイルスは、ウイルスの表面にあるたんぱく質のヘマグルチニン(H)とノイラミニダーゼ(N)の種類によって型が分類される。2009年に豚のウイルスから人に大流行した新型インフルエンザはH1N1型。アジアを中心に死者が相次ぎ、人から人への感染拡大が心配されている鳥インフルエンザはH5N1型。

2013.4.1 下野新聞掲載


まだ、日本国内での感染例はありませんが、隣国での発症は看過できません。普段からの防疫体制は大変重要になってきますね。

花粉症 発症が低年齢化

本格シーズンに突入した花粉症。もはや「国民病」といわれ、最近は発症低の年齢化も問題になっている。子どもの場合、自分で症状に気付かないことも多く、専門家は「放置せず、専門医を受診して」と訴えている。
馬場広太郎・独協医大名誉教授(耳鼻咽喉科)の調査によると、1998年から10年間で、5〜9歳の花粉症の有病率は
約2倍、10〜19歳は約1.5倍に増加。
大久保公裕・日本医大教授(耳鼻咽喉科)は「まず、風邪による鼻づまりと花粉症などによのアレルギー性鼻炎を見分ける必要がある」と指摘する。
見分けるポイントは”/紊凌Л熱L椶里ゆみ―の三つ。熱が出て鼻水が黄色く濁るのは風邪の症状。花粉症は鼻水が透明で、目のかゆみを伴うのが特徴だ。
花粉の季節は受験シーズンとも重なり、鼻づまりによる集中力の低下、睡眠不足など中高生になっても影響は大きい。
「子どもの鼻づまりぐらい・・・」と軽く考えず、大人がチェックし、対処してあげることが大切だ。 
下野新聞2013.3.3掲載から抜粋

 

こちらをご覧ください。

花粉症対策・エアープロット施工

大田原市黒羽地区はその大部分が八溝山系に覆われ、スギの名産地です。

今日、お邪魔したお宅は八溝山系の山裾にあり、毎年この時期はスギ花粉の洗礼にみまわれ、息子さんが重度のスギ花粉症で苦しんでいるという御両親のご依頼で、エアープロットを施工して参りました。ピーク前でしたから今シーズンからクシャミなどの症状は軽減できると思います。何とか間に合ったというのが私の率直な感想です。

インフルエンザ栃木県内本格流行

インフルエンザが県内全域で流行している。県保健福祉部は17日、7〜13日の1週間に県内75か所の定点医療機関から報告された平均患者数は前週(12月31日〜1月6日)より12.85人ゾウの22.40人に上り、同時期としては過去10年間で最多を記録したと発表した。例年1月末から2月上旬に迎える流行のピークが前倒しになり推移しているとみられる。厳しい冷え込みが続く中、県は「県全体では注意報レベル(10人以上)だが、本格的な流行期に入った」として予防対策の強化を呼び掛けている。  (下野新聞掲載 20130118)

こちらもご覧下さい。

インフルエンザの流行本格化

栃木県内では・・・

≪学級閉鎖など25校 県内全域で急増≫
県教委は15日、県内公立校25校でインフルエンザによる学級閉鎖や学年休業の報告があったと発表した。今冬の報告数は昨年12月初旬から計7日間報告があり、1日1〜3校ペースで推移していたが、急増した。
県内医療機関からのインフルエンザ報告数は先月末、全域で「注意報」のレベルを超えた。流行が本格化した可能性もあり、県保健福祉部などはうがいや手洗いの徹底を呼び掛けている。
県教委によると、報告数は小学校20、中学校2、高校3。県内全域で学年休業や学級休業が広がっている。
(下野新聞掲載2013.01.16)

こちらもご覧下さい。

インフルエンザ流行始まる

栃木県内全域で患者が急増

栃木県保健福祉部は20日、インフルエンザの県内1医療機関あたりの患者数が前週の2倍に当たる2.03人に上り、今シーズン初めて流行の目安の「1人」を超えて流行期に入ったと発表した。

県内75か所の定点医療機関から報告のあった10〜16日の患者数は、前週比80人増の152人と急増した。県内全域で患者数が急増しており、特に真岡市、芳賀郡の県東部で増加が目立つ。

同部は1月末ごろが流行のピークになるとみて「手洗いやうがいを励行し、少しでも症状があれば早めの受診やマスク着用を心掛けてほしい」と呼び掛けている。

                             ≪2012・12・21掲載≫

こちらもご覧下さい。

インフルエンザウイルスを撃退中!

只今、インフルエンザが猛威を奮っています。既に学級閉鎖や学年休業が目立ってきました。寒さが増してくるこれからが学校や幼稚園、保育所など、お年寄りなどの介護施設では予防に努めなければなりません。

昨年エアープロットを施工した西那須野にある「こひつじ保育園」は、現在のところ一人のインフルエンザ発症児はいるものの、園内感染はありません。
エアープロットがインフルエンザ集団感染予防に威力を発揮しています。

kohituji

こちらもご覧下さい。

エアープロット専用ホームページを制作中!

アレルギーで困っている多くの方々を一刻でも早く救いたいと言う思いでエアープロット専用ページを開設します。
一般公開は12月中旬です。どうぞご期待ください。

「花粉」 栃木県は平均比2.3倍

気象情報会社ウエザーニューズ(東京)は30日、来春の花粉飛散量は全国平均で平年(2005〜12年平均)の1.4倍、飛散量が比較的少なかった今年春に比べると1.7倍になるとの予想を発表した。
ただ地域ごとのばらつきが大きく、東日本(関東甲信、北陸、東海)や北日本(北海道、東北)で平均より多く、西日本(近畿―九州)は平年並みかやや多い傾向。栃木県は平均比、今春比2.3倍。
その一方で大分、宮崎両県のように平年の半分という予想も。
同社によると、今年の夏は太平洋高気圧の勢力が強く、東・北日本を中心に厳しい暑さになり、花粉を出す雄花の生育に適した条件だった。
花粉の量は少ない年と多い年が交互に現れる傾向があることも考慮。千葉大との共同研究で衛星から解析した森林の活性度も加味した。予想の対象としたのはスギとヒノキ。(2012.10.31下野新聞掲載)

いよいよ本格的な花粉情報が出される時期がやってきました。花粉症の方にとっては関心が高い反面、また嫌な季節がやってきますね。


:::::::::::お問い合わせは:::::::::::

関東エアープロット/有限会社結の杜
      fax 0287-36-1201
   http://yukadanbou-de.com
   yuinomori@khe.biglobe.ne.jp


百日咳、おたふく/登園基準見直し

厚生労働省は9月25日、「保育所における感染症ガイドライン」見直し検討会の初会合を開き、百日咳、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の登園基準を見直すことで合意した。今年3月に改正された学校保健安全法施行規則との整合性を図り、修正を行うことになる。
百日咳は「特有の咳の消失、叉は、5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで」と修正。おたふくかぜは、「耳下腺」に加えて、「顎下線」「舌下腺」の膨張が見られた後5日を経過していることを、登園基準として示す。これまでの表記が不統一だった「インフルエンザ」は、「発症後5日、かつ、解熱後3日を経過するまで」とする方針。
今回の改定では、発症、解熱後の考え方や、「定期的に」と示されている遊具の消毒方法など、平成21年8月の同ガイドライン策定から3年間で問い合わせの多い事柄について、最新の知見を踏まえて変更を加えることも予定している。(中略)
感染症が流行する冬に間に合うよう、11月中の公表を目指す。(2012.10.15 日本教育新聞より)


:::::::::::お問い合わせは:::::::::::

関東エアープロット/有限会社結の杜
      fax 0287-36-1201
   http://yukadanbou-de.com
   yuinomori@khe.biglobe.ne.jp