かわいい研究家ゆかり♡かわいいをプロデュース♡

かわいい研究家ゆかりが日々の研究成果から発見した美容・健康に関する情報を発信するブログ。 主婦の傍らいつまでも女性らしくかわいくありたいと思っている女性を応援したいと思っています♡

早朝ウォーキングをするOLの人の姿も最近多くなってきました。みなさんの中にも美容や健康のために早朝ウォーキングを実行している人がいるかもしれません。
せっかく実践するなら正しい方法を知っておくほうが得ですよね。『病気にならない人の「考え方」』(ダイヤモンド社)という本の中に、早朝ウォーキングのやりかたが載っていたのですが、全然意識していない部分も多かったです。
今回は、早朝ウォーキングの正しいやりかたをご紹介します。


1. 西から東に向かって歩く
最初にルートですが、みなさんならどんな道を選びますか?
西から東、東から西。これは、太陽の軌道に沿った歩き方です
自然のリズムと一体になれると、効果も上がるそうなんです。早朝ウォーキングの大きな目的のひとつは、太陽の光を浴びることです。太陽の光はビタミンDと合成して骨を強くする効果があるそうです。
とはいっても、生活環境によっては西にも東にも歩けないという人もいると思います。ちょっと遠出ができう日だけでも、太陽の向きを考えたコースが選べるといいですね^^。


2. 大股で速く歩く
歩き方の注意点は以下4点です。
・胸を張って、しっかりと前を見る
・手を元気よく前後に振る
・やや大股で歩く
・散歩のときよりやや速足で歩く
特殊なことはありませんが、実は歩く速さが速めの人の方が長生きするという調査結果があるそうなんです!
いくら長い時間歩いても、だらだらゆっくりではダメなんですね。わたしは心拍数に気を配って歩くことがあります。苦しすぎず楽すぎない感覚。
 窓の桟を絵筆で掃除。宝塚音楽学校の厳しいルールに衝撃
窓の桟を絵筆で掃除。宝塚音楽学校の厳しいルールに衝撃 [ cafeglobe ]
人それぞれペースは違うので、自分が気持ちよく歩けるペースでいいのではないでしょうか。
1つ! 人に抜かれたからといって走らない(笑)。わたしはよくそうやってペースを崩しています。


3. ひとりで歩く
誰かと一緒におしゃべりをしながら歩くというのは考えものです。
と意外なことが書いてありました。
一人で、四季の景色を楽しみながら、颯爽と歩くというのが気持ちいいものです。
人と一緒なら3日坊主にならないからいいのかと思いきや、オトナ女子は自然と触れあい四季を感じるほうが魅力的になれるのかも!?
わたし自身は早朝ランニングで、神社を目的地にしていたのですが、日の光的には全く逆になっていました。コースを考え直して西から東へに変えてみようと思います。
少しの違いで健康への効果も違ってくるとわかると、健康や美容のための正しい知識を知りたくなりますよね。


本書では『女性が弱いのは「糖尿病」と「骨」と「うつ病」だった!』や『病気別の男女差』などが載っていました。この本を読んだら、日頃のサプリメントの使い方からアンチエイジングへの考えかたも少し変わりました。

キレイな肌に欠かせない要素といえば「透明感」ですが、透明感のある肌作りって、コントロールカラーやコンシーラーを使ったり、細かなテクニックが必要だったりして、意外とたいへんなんですよね...。
でもあるアイテムを使えば、一瞬で透明感のある肌になれちゃうんです!!
気になるそのアイテムとは一体何なのか? 白肌バージョンと日焼け肌バージョンに分けてご紹介しましょう。


☆白肌には赤口紅!
白肌に赤口紅をつけると、色のコントラストがハッキリするので、肌の色をより白く透き通って見せてくれます。
また、赤という派手な色に目線がいくため、シミやニキビ跡などが目立ちにくくなり、トラブルのない美肌に見せる効果もあり。
コントラストが強いほど透明感が増すので、薄付きのものより、濃い赤の口紅がおすすめです。



☆日焼け肌には練りチーク!
日焼け肌の場合は、くすみが目立ったり乾いた印象になりやすいので、メイクでツヤを足して、潤った肌を演出することがカギ。
特に肌の範囲が広い頬にツヤを与えると、顔全体が潤っているように見え、透明感が引き立ちます。
日焼け肌に馴染みやすい、オレンジやゴールド系の練りチークを使って、頬をツヤツヤに仕上げましょう。


口紅とチークをちょっと変えるだけで、ビックリするほど透明感が出るこの方法。試す価値大アリですよ~。

「未来の肌に差をつけろPR事務局」が行った紫外線対策に関する調査によると、正しい知識がない女性が半数近くにおよぶという結果が出ているんです! この調査結果を元に、間違えやすい紫外線対策をまとめてみました。

★約半数の人が、屋内や日陰では日焼けしないと勘違いしている
日焼け=直射日光というイメージが強いのかもしれませんが、紫外線には、雲やガラスを通過して肌内部まで到達し、シミ・シワ・たるみといった肌老化を引き起こす原因となるA波と、肌表面に作用し、肌が赤くなったりシミソバカスの原因になるB波の2種類があります。
B波の場合は、日差しの届かない場所であれば防ぐことができますが、日常生活を送るうえで、A波を防ぐことは困難なので、室内にいる時でも天気の悪い日でも日焼け止めは必須です。

★SPFの数値を気にする人が8割に対し、PAを気にする人は5割
SPFとPAの違いをじつはよく分かっていない...という人が多いよう。SPFは紫外線B波を防ぐ力で、PAは紫外線A波を防ぐ力。
上記でも説明したとおり、紫外線A波はシミだけではなく、シワやたるみといった肌の老化を招く原因になるので、将来的な事を考えるとA波を防ぐ力のあるPAの数値というのは、SPF以上に大切なんです。

数値の高い日焼け止めを使用しても、汗や摩擦で落ちてしまえば効果はなくなってしまいますし、照り返し日焼けにも注意が必要。効率のよい日焼け止めを塗るコツをまとめたこちらの記事も参考にして、紫外線から身を守ってくださいね。

このページのトップヘ