November 12, 2004

勝てる「ほりえもん」へ 高崎競馬参入への道

 プロ野球新規参入では、地元の圧倒的支持を得ながら惨敗したライブドア。高崎競馬参入を実現させるには、入念な下準備をもってかからねばならない。

 競馬組合の理事長職は知事が兼任する。小寺弘之群馬県知事と堀江社長の会談が先日行われたが、会談後の両者のコメントにはずれがあった。堀江社長が好感触を強調するのに対し、小寺知事は具体性の欠如を主な理由として慎重な構え。これには裏に事情があると考えられる。

 小寺知事は県民に対して親密性を積極的にアピール、文化や子育て関連の施策に力を入れるなどで県民の支持を得ている。中央出身ながら小寺県政は着実に根付いている。

 しかし、このところその知事と議会の関係は宜しくないのである。原因は副知事任命における人選トラブルである。
 小寺知事は同じ中央出身の切れ者、後藤新(あらた)氏を強力に推しているが、議会側はこれに猛反発。副知事の椅子が空白状態という異常事態が長く続いているのである。
 一度決定した高崎競馬の廃止を、非公式にでも知事自らが簡単に翻してしまったらどうだろう。議会に追求されるのは間違いない。

 ライブドアが参入を成功させるには、議会側への入念な根回しと高崎市側への根回しが必須である。松浦高崎市長は群馬県の市長の中ではやり手で有名である。ここをおさえることは重要であろう。

 また、具体案の早期作成も急務である。その際、他の地方競馬との連携に関しては慎重に検討し案を纏めなければならない。というのも、高崎競馬は過去に『北関東HOT競馬』というプロジェクトを行ったが、成果が出ずに終わった苦い過去があるからだ。この時の「同志」ともいえる宇都宮競馬は廃止である。生半可な連携案では、県側に「傷口に塩を塗る」ような悪印象を与えるに過ぎないであろう。

 期限は年内。道はまたしても多難である。

yukari_clover at 11:50│Comments(0)TrackBack(2)clip!ライブドア 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. エゴイスト・GYP協賛 笠松競馬特別 エントリー  [ ゴッゴル & ヤッヒョイ de ポネソニックWB:@WebryBlog ]   February 06, 2005 17:47
エゴイスト・GYP(ゴッゴル&ヤッヒョイdeポネソニック)の共同エントリーです、競馬に関しては、よく判りませんが・・・。
2. 競馬  [ トラックバックジャパン ]   April 05, 2005 11:20
競馬

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔