2016年09月24日

ヘアキャップがなかったので。。。

さすがに白髪が増えてきたのだが、綺麗に白髪になる体質じゃなかったようで大変見苦しく、
年に数回染めてみる。

待っている間、ヘアキャップをかぶっとこうと思っていたのだが、どうにも見つからない。
引き出しの中にあったレジ袋を戯れにかぶってみたところ、計ったようにぴったりである。
ニッポンのレジ袋サイコーねー!



いやいやいやいや。
我ながら女としてどうかとおもう秋の午後。




  

Posted by P at 06:51Comments(2)TrackBack(0)

2016年09月20日

学校の初めに

新しい学年が始まり、りおは8年生に。
うちの学区は5-3-4なので、一応中学の最終年度になる。

中学の初めは「学校との約束事」で始まる。
各学科の先生が、授業内容とクラスの方針を書いた紙を生徒に渡し、親と生徒が了承した証拠にサインをする。つまり言質を取られるということだ。

今年はいままで見たことない紙が1枚入っていた。
学校での生活態度についてらしい。生徒が空欄埋める形で理解度を示すんだそうで。書いてるだけなら読まないからだろうなきっと。。。
服装は適切なもの、とか、武器や酒やタバコに関するものは持ってくるな、とか、おきまりのものがほとんどだが、今年はこれが新しかった。

>構内での態度について

14

まあ、1から5、10と11はどうってことない。
6から8は、今年初めて校舎が2階建てになったからついたんだなあ。

で、笑えたのが、9番。
「9 二人の愛の世界に浸るような行動をとらないように。学校は文字どおりロマンチックとは縁遠い場所なので。ピリオド。」


りおの友人はこれを見て、紙に「少女漫画の世界においてはそれに限らず」と書いて提出したそうだ。


 

   
Posted by P at 01:30Comments(1)TrackBack(0)

2016年09月04日

安らかに。。。

元会社の同僚で、家族の大切な友人だったしんやさんが急逝した。
2週間前の金曜日、気づかれていなかった病気が発覚し、月曜日に確定検査のために行った病院で突然呼吸が苦しくなり、原因がわからずERにいったが検査中に悪化して、そのまま帰らぬ人となった。

金曜日の夜に彼から連絡があった。発覚した病気はよいものではなかった。緩やかに進行するあの病気は、自覚が出てみつかるときには手遅れの時が多いと、どの文献や情報を読んでも書いてある。既に本人は覚悟をしているようだった。これからのことについていろいろ話しして、当時日本に行っていた奥さんと子供さんを呼び戻そうといったが本人が「彼らが楽しく過ごせる最後の夏休みだから、連絡したくない。」と。 しかし時間はまだあるはずだった。少なくともたった3日などではなかったはずだった。

月曜日には検査の合間にチャットや書き込みをしていた。
午後はやく、「ERに運ばれちゃいました。」と。行こうかといったが全然大丈夫、と。何かあった時の連絡先に私の電話番号を入れときなよー、と気軽に話しをする。
午後 8時過ぎ、仕事前に病院に寄っていこうと家を出たところで電話が入る。医者からである。
「いますぐ来てください」とのこと。

駆けつけると息が苦しそうで、でもまだ話はできる状態で、携帯をもらって、家族に連絡をしてくれと。
そのまま彼はICUに運ばれていき、私は必要なところへの連絡を開始。

日本は午後1時をすぎたところか。奥さんに電話、すぐに日本を発てる準備をしてもらう。日本からの便は夕方発。シアトルへの直行便がなんとか取れないものか。私ではどうにもならないのでその手の権威げどます氏にもお願いする。しかし手頃なものは取れない。数席残っているものはあたりまえながら50万円超。二人で100万円を軽くすぎる。もうすこし時間があれば正規の手続きを踏んで航空会社に連絡して緊急枠を取ることもできるだろう。しかし書類とったり面倒くさいことする時間は皆無。
そのうちふと浮かんだのが、マイルで取れる席。夏休み最終週、あるわけないじゃん。
でも駄目元でUA調べてみると、なんとその日に限ってANA便が2席分空いているじゃないか。午後6時5分発直行便。そして私のマイルがちょうど二人分カバーできるだけある。もうこれは神様であれ何であれ、「とってしまえ!!」という思し召し以外のなんであろうか。
 
げどます氏に頼んで予約を入れてもらい、奥さんに連絡をして今すぐ成田に向かうようにしてもらう。日本時間3時前。預け入れ荷物はないから、1時間半前に到着したらなんとかなるはず。。。
ANAに連絡を入れる。「かくかくしかじかでこういう人が到着します。ギリギリだと思うのですが、エスコートしていただけますでしょうか。また、シアトルでもサポートお願いできますでしょうか。」急なことだしそんなサービスはないし確約はできないができるだけのことはするといわれ、感謝とともに電話を切る。

奥さんが空港にたどり着いたのが午後5時半過ぎ。通常なら、または外国の航空会社なら、絶対に乗せてもらえない時間である。しかしここでも奇跡が起こり、待ち構えていたスタッフにつきそわれ、無事飛行機に乗り込むことができた。

しかし、ほぼ同時間、しんやさんは一足先にこの世を去ってしまった。。。せっかちな彼のこと、奥さんが飛行機に遅れそうなのをみてられず、体を抜け出して手伝いに行ってしまったのだろう。。。
これで、奥さんは大丈夫だ、と、ひとりで安心する。

ご両親にも連絡を入れる。
その前の一報では、深刻だが、まだ大丈夫と伝えていた。
さすがに、お亡くなりになったとつたえるのはつらかった。でも、伝えなければいけない。しんやさんがご両親に残した言葉を。どのように伝えればいいのだろうかとかんがえていたが、言葉は自然とながれでてきた。きっと、しんやさんが私の口伝えで告げたのに違いない。
「ずっとそばにいるから」と、奥さんとしんやさんに約束したので、朝動かさねばならない時間までそばにいさせてもらう。アメリカの病院はそのあたりとてもフレキシブルなのでありがたかった。


ーーーーー

それから2週間。もう、2週間も経ってしまった。
奥さんが到着し、しんやさんの両親も到着し、たくさんの友人知人がいろんな形でかかわって、大勢の人たちが来てくれたお別れの会を経て昨日、しんやさんは久々にご自宅にもどってくることができた。

奥さんにとっては、まだまだしばらくは気を抜けない日々が続くこととなる。
みんなで最大限のサポートをしたいとかんがえている。
これもみんな、しんやさんとおくさんとおこさんの人徳によるものだなあとおもう今日この頃である。



安らかに、とはおもっても、奥さん思いのしんやさんのことだから、決してはなれることはないだろう。
いいんだよ、そのままで、しんやさんのままで。
思う存分、いまできるかたちで、奥さんと、お子さんを守ってあげてください。
いや、いっしょに守っていこう。

こんなに大切な、人生で一番大事なときに、私を巻き込んでくれてありがとう。
もう大丈夫、とあなたが思えるその日まで、がんばるよ。
 

 
 
  

2016年08月31日

バンクーバーへ

りおの誕生日で始まる夏は、まーの誕生日で終わりを迎える。

8月30日は北へむかう。日本から帰ってくるりおを迎えに。
バンクーバーからシアトル行きの飛行機をとろうかとも考えたのだが、迎えの時間があわなかったこと、その費用があれば何か美味しいものが食べられるかも。。。

ということで、寝てない私のためにげどます氏も参加してくださることになり、まーの運転で国境を目指す。3時間ぐらいはかかるかとおもっていたのが国境までは100マイル超、2時間もかからず到達。




国境の緩衝地帯。いつみてもカナダの国旗は素敵だと思うのは日本と同じ紅白だからかもしれない。





1時間近くの待ち時間はポケモンに興じる男性陣。私には見えない何かがいるらしい。カナダおんりーなんてのもいるのだろうか?



ひさびさに会った兄妹は駐車場でじゃれる。何のお菓子を買ってきたかなんていまじゃなくていいじゃないかー。



そのままリッチモンドのきりんでごはん。





17号線を下り



国境を越えアメリカへ





T家到着午後7時すぎ、カナダからわざわざ買ってきたマンゴーケーキで、
まーの誕生日を一緒に祝ってもらう。





19歳、おめでとう。
長距離の運転も任せられるようになったし、
あと2年、学校へ行って、社会に出る準備をしてください。


追伸:マンゴーケーキはやっぱりアメリカよりカナダの方が美味しいという結論に達した。





  

2016年08月22日

はや2週間

静かな暮らしもあと2日。

木曜日は満月か十六夜か、月がとても綺麗だったので脚立に登って写真を撮る。





金曜日は兼ねてより懸案だったkanabonさんとの外出。
晴れのシアトル金曜のウオーターフフロントで観光客に紛れてお上りさん。



ビールは一口目が美味しいのよね〜。



で、そのあと所用で一度戻ってきて出かける予定がそのまま麦入り飯山かけいくら丼&天ぷら大会となる。うまし。



土曜日は車の給油にコストコへ。
なんかまたガソリン代下がってるのか?
ついついその向こうにあったHomeDepotで、花を買う。買いすぎ>自分。

そのあとシアトルの日本文化会館での日本物品のバザー。
急須二つ、花瓶一つを入手。13ドルなり。



続いてベトナム豆腐屋で、オリンピックのサッカーのブラジルの勝利の瞬間を見る。ネイマールかっこよすぎ。

流れでビーコンヒルのFresh Floursでお茶。



こんなに近くに移ってたなんて嬉しい〜。モダンなカフェになってたけど、クロワッサンは相変わらず美味かった。レドモンドのMidoriより美味しいと思う。



夕方戻ってきてから、花を植える。ええ、もう夏終わりなんですけどなぜ今花を植える?と、自問自答しながら。一つの植木鉢の一部が空いちゃってて、寂しかったから一つ花を買って埋めるつもりが、ついついいっぱい買ってしまったので。。。



じゅんちゃんご帰還。ただいま〜♫



日曜日は昨日比気温が10℃減。
kanabonさんからもらってヨックモックのバームクーヘン半分をまる食いし、作新勝利の甲子園決勝を見て、昨日カメラを忘れたFresh Floursへ。いいなービーコンヒル。住みたい衝動にかられるが、学校考えなきゃならないのでパスすることになる。

二羽の鳩が寄り添って電線に止まり、ああ〜平和だなぁ〜。この平和が恒久的に続くといいんだけどなぁ〜。






明日夕方はM夫妻がヨーロッパから帰米し、
明後日朝はゆーこさんが日本に向けて半永久帰国の途につき、午後はまーが帰ってくる。
来週30日にはりおを迎えにカナダに赴き、31日から学校開始。


いろいろ起こった夏もあとわずか。








  
Posted by P at 09:32Comments(5)TrackBack(0)ひとりごと

2016年08月10日

SEA>YVR>KIX

久々に二人旅のりおとまー。
最低価格のフライト今年はバンクーバー経由で関空行き。

朝6時半に帰宅、思った通り荷物散乱中で寝こけている二人。
叩き起こして荷物を突っ込んでくるまに入れさせ、7時前、まー運転でSEAに出発。
自分で運転しなくていいってなんて楽なんでしょう!

どんよりSEATAC。



チェックインももう私が出る幕はない。
二人分一緒に予約取ったわけじゃなく、しかもりおはSEA>YVRとYVR>KIXも違う取り方をしたのでちょっとどうかなというのがあったが問題なくクリアー。




セキュリティのラインも大して長くなく、あっという間に通過して行ってしまった。




いても仕方がないので帰る。駐車時間はたったの46分。初めてかもこんな短いの。
ということで、私の役目はすでにタクシー以外の何でもないような気がする。

06


SEA>YVRは定刻に出てついた。
YVR>KIXはどうやら1時間ぐらい遅れたらしい。

ざっくり見積もって、
午後4時到着、出てくるのが5時だとしたら
6時のバスに乗って徳島到着が大体9時ぐらい、そこからタクシーで母のアパートに行くとして9時半ぐらい到着と思われます>あーちゃん

熱帯夜を楽しんでくれたまえ>子どもたち



  

2016年08月08日

命が飛び去る瞬間

8月8日月曜日深夜0時11分。チャーリーがこの世を去ってしまった。




日曜の昼間から口で息をしていたので、ああ、多分今日持たないな、とは思っていたのだ。りおひとりに看取らせるわけにいかず、ずっと寄り添っていることにする。

直接の死因は肺水腫か何かで呼吸ができなくなったことだが、病名つけるとしたら多臓器不全だろう。
とはいえ、本当に1日足らずのことだが。それほど進行は早かった。



推定年齢6歳半ぐらいだが、一緒に過ごせたのは5年と8ヶ月。数字にするととても短い時間だったけど、本当に癒されたなぁ。。。夜中とか、夕方とかにご飯をかしっかしっと音立てて食べるのを聞いて、ああ元気だーと思っていた毎日が終わってしまった。

亡くなる数時間前まで大好きなミールワームも水も食べて飲んでたから、腹ペコ状態で逝かせたわけじゃないのが救いだ。食いしん坊だったからな。私の手の中で、大きな息をひとつついたと思ったら前のめりにガクッと倒れ、もう、そこにはいなかった。あっ、と言う間の出来事だった。ああ不自由な体を抜け出して楽になれたよ、よかったなあ、としみじみ思う。

亡骸は、麻酔で寝てるときのようにぺったんこになるか、丸まってしまうのかと思ったら、大きく伸びて針が立って大きなたわしのままだ。最大限の大きさになっていると思う。
なんか、思ってたのと全く違って不思議。りおが抱えたまま寝てしまったので、そっと取り上げて箱に移す。


これで我が家の動物は、じゅん一匹になってしまった。
(タニシは除く)
明日火曜日朝にはりおとまーが日本に発つので、とても静かな夏の後半になりそうだ。





  
Posted by P at 18:34Comments(6)TrackBack(0)ひとりごと

2016年08月06日

バト・ミツワーに招待される

バト・ミツワーとは、ユダヤ教の家庭の子どもたちが、12歳または13歳になった時に行われる宗教儀式で、誕生日を兼ねて行われることもある。
今回、りおの友人が13歳になって、初めてのお呼ばれ。

今まではTシャツにジーンズだったけど、基本的にバト・ミツワーは結婚式並みのセミフォーマル。
この13年、クロックスとスニーカーしか持っていなかったりおに買いましたよ、7.5センチぶっといヒールの靴。
セミフォーマルだし、夏だから、足先見えてるのでいいかと。



今日出かける前に見たらなぜか綺麗にペディキュアまでしておった。
10年以上も前に買ったりもらったりしたマニュキュアが今頃役に立つとは。。。

りおの友人たち2人を拾ってシナゴークへ。
シナゴークは湖沿いにあり、式典は戸外で行われるらしい。
夏休み、久々の友人たちとの再会に飛んで跳ねて喜ぶガールズ。
式典の後は湖のクルーズのレセプションだということだそうです。



  

2016年08月01日

チャーリーは100歳超えてるそうだ

元横綱千代の富士が非常に若くして亡くなったことに衝撃を受けている。

チャーリーは、多分2009年生まれ。2010年の年末にうちに来てから早5年半。



腫瘍があるのだが、最近とみに疲れてきて、回し車も回さない。
病院に連れて行ったところ、見えないところも腫瘍ができているらしい。



7歳になる、と聞いて、医者が「100歳超えてるよ。もう何があってもおかしくない年だし、どうする?」という話になり、飼い主のりおと話をして、手術などはせず、このまま緩和ケアで行くことにした。

その外出以来、ますます疲れが増しているようで、ヒーターの上でほとんど寝ている。
多分、もう、数ヶ月ということはなく、よくて数週間、早ければ数日間かと思われる。
食べられなくなったら、その時に考えるということにした。


最期までちゃんと、看病するからね。

でも、子どもがいなくなってからきっと私が一人で看取るんだろうなあ。。。




  
Posted by P at 13:08Comments(2)TrackBack(0)ひとりごと

2016年07月31日

ビーチハウスの週末

友人Aさんのお宅にお邪魔した週末。

まーが運転して、シルバーディルまで行く。渋滞だったこともあり、まー、初の2時間越え運転。



暑すぎず、寒すぎず、M夫妻も加わって、のどかな土曜日。
奥様のYさん、本当に気を使わせてしまってごめんなさい〜〜。



まーはAさんにカニ漁に連れて行ってもらったが



シーズンもすでに終わりのこともあり、残念ながらレッドロッククラブ1匹のみ確保。



お世話になりっぱなしで終日まったり。



りおはブランコ占拠して終日読書。



お手製ファイヤーピットの火は、もともと薪用だったのをプロパン用にしたそうだ。すごく単純で便利。



最終のフェリーでシアトルに戻り、



楽しい土曜日はおしまい。

まーは今後数日間、前のバイト先でバイトをさせてもらい、9日にりおとともに日本に向けて発つ予定。





  

2016年07月27日

まーアラスカより帰還

16時間、4週間長の奉公を終えて戻ってきました。

鮭連れて、いくらも連れて。ついでに脂肪も蓄えて!(飯が旨かったらしい)



久々に文明の利器に触れています。卒業祝いの格安スマホ設定中。



久々に日本の父と連絡も取れ、なんとか秋以降の進路に光明が見えてきました。。。


同じくアラスカ帰りのM夫妻と、海産物を食するプチ会を。
M夫妻の鮭ルイベとヒラメとホタテ。まーのいくら。庭の紫蘇。





いただきもののダンジェネスとレッドロック。






これまたいただきものの金魚ぜりぃ(と書いてあった)で





で、素敵な和+の夕食を堪能〜。

締めのカニスパ。




おまけ。






  

2016年07月23日

待つ 純#2

夜、戻ってきた時に外にいると、
必ず、車のまん前に出てきて待っている。。。

P1050571

命を賭したチキンレース。
今の所彼が諦めるため、事故になったことはない。

   
Posted by P at 13:30Comments(2)TrackBack(0)

2016年07月22日

松潤ならぬ。。。


待つ 純。





今年は本当に純が何匹もハチドリを捕ってくるのをとても不思議に思っていた。いくら彼が素早いとはいえ、そんなに何匹もたてつづけ(ひどい時は1日2羽も)捕まえられるものなのか?

朝早くからお出かけして、ご飯を時々食べに帰ってくるだけでまた出て行く純。

どこに行くのかとある日後をつけると。。。

いました。隣の家の庭の、フクシアの茂みの下に。。。 




この花は、ハチドリの好物で、蜜を吸いにくるのですよ。。。

 
昨夜、じゅんはかわいそうな絶命したモグラさんと一緒に、私の帰りを待っていました。
どうやって出てくるのを待ってるんだろう。。。

 

   

2016年07月18日

ハチドリ保護作戦

夏の花が咲き乱れる今日この頃。
ハチドリが蜜を吸いにくる。熱帯にしかいないと思っていたので最初見たときには感動ものだったが、最近はあまりにもたくさんいるのでフツーになっている。

それを狙って我が家のプレディターが。。。この夏だけですでに4回、捕ってくる。
あんな動きの速いものをどうやって捕ってくるのかと思ったら、待ち伏せ作戦だったらしいことに気がついた。まるで岩場の魚のように花咲く木の茂みに隠れていて、近づいてきたハチドリをパクッ、としているらしい。。。

昨夕、戸口のところでM夫妻と話をしていた時、5分ぐらい前に家を出たじゅんがカーポートから芝生の方へとスタスタ歩いて行くところに遭遇。

。。。何かくわえてるっ!!

りおが慌てて追いかけて、じゅんを捕まえて帰ってくる。
「またハチドリ?」「うん、おかーさん、今度は生きてるみたいよ。」

生きてる!そんなことがあるの?

みると、興奮していて、ぐったりと足は縮こまってるけど、ちゃんと首をもたげているハチドリが。



じゅんが持ってくるものは、すでにお亡くなりになっているのしか見たことなかったので、こちらも大騒ぎ。

とりあえずげどます氏の教えに従い、「暗く暖かいところがいい」ということだったので、ティッシュの箱に入れチャーリーのカゴに同居させてもらうことに。



そのまま掃除などをしながら数10分後。
ひょっと箱の中を見てみると。。もぬけの殻。
えっ!?飛んだの?どこにっ!?????

部屋を見渡してもいない。
うちにはハチドリがあの足でしがみつけるところは限られている。
探せど見つからず。

もー、助かってラッキーと思っていたのになぜ〜!?
ここにまだいるのはわかる。なぜならじゅんが時折、私には聞こえない音に反応しているからだ。

外出中だったりおとM夫妻が戻ってきて、事の顛末をお話しし、みんなで大捜索。

。。。1時間後、2センチない隙間の、額縁の裏から「カサッ」という音が。まさかこんな隙間に入るまい、と覗いてみると、何やら黒い塊がある。そーっと持ち上げてみると、ストンと落ちてきた。
捕獲、成功。

さすがに疲労が濃い模様。



げどます氏の再度の教えにより、とりあえずみつ代わりのハチミツ水を与えると勢いよく飲んだ。これで今晩は安心か。もう外は暗くなっていたので一晩様子を見ることに。今度は靴箱に入れてみる。これなら出られまい。

みんなで食事をして、歓談中、居間に行ったりおが声を上げる。
「ハチドリの頭が出てる!」
えっ?



この強靭な意志を持つはっちゃんは、頭突っ込んだらしい。裏側から取ろうとふたを開けると、すっと身を沈めて飛んだ。
!!
天井近くを飛び回るハチドリ。あみないし、と思っていたらりおがカゴを見つけてソファーの背に乗り、近づいてきたところを閉じ込めた。



はっちゃん、おとなしくカゴの側面にとまる。

天井との隙間に大きな封筒を差し込み、とりあえず一件落着。しかしこの隙間ではまた出るだろう。
大きなハンパーがあったのでそれを逆さにして閉じ込め、とりあえず一晩過ごさせることになる。

その後もパタパタ賑やかだったが、ようやくどこかに泊まって寝ることにしたらしい。
まーから電話があり、事の顛末を教える。じゅんはまーの猫だからな。飼い主は知っとかないと。


翌日早朝。
元気にとまっている彼を発見。



手に取るも抵抗せず。みつ与えてみたけど飲まず。



じゅんは鼻が効かないので、気付かない。



こうしていても仕方ない、とりあえず飛べる元気はあるだろう、と、掌を開いても飛ぶ気なし。
キョロキョロしている。むちゃくちゃ可愛い。

P1050542




庭の隅の花のそばに持って行って待つこと2分ほど。わたしの咳に驚いてか、ブーンと飛び立っていった。

P1050545

じゅんはまたもや散策に出かけ、
わたしが花の写真を撮っていると、近くの枝にハチドリが止まり、可愛い歌を披露してくれる。



同じ個体じゃないだろうけど、なんとなくお礼を言われているようで嬉しい気分。

P1050557

さて、新しい週の幕開けだ。


  

2016年07月11日

JOリージョナル2日目

砲丸投げは、最終日の最終時間。
トラック競技のリレーも終わってもうスタンドには誰もいな〜い、の状態で、見ているのは関係者のみ。
昨日の一件があったので、この日はとにかく自分のベストの型を頭の中に描いて、それを体に転写させることのみを考えさせる。

---------------------------------------
P: 砲丸投げに大事なものは?
り: パワー。
P: じゃあ、パワーはどこからくるの?
り: 。。。
P: パワーは、日頃の全身の筋トレからくるんだよ。スクワットや腕立て伏せや走り込み。十分やったと思う?
り: 。。。
P: じゃあ、パワーは上限があるよね。あとは何でカバーできるの?
り: 。。。イメトレ。
P: はい。じゃあ、今日の目標は?
り: 。。。自己新記録。
P: 数字にしなきゃダメ。
り: 。。。じゃあー、7m50cm (今年の最高記録が7m25ぐらい)

P: 却下!

り: え〜〜〜〜。
P: そんなに屁でもできるようなこと考えてて伸びるわけないやん!8m飛んだことがあるって豪語してたやん。しかも自己新記録ですらない!(自己新は去年の7m56)
り: 。。。
P: 7m50cmは、下限や。できて、80%だ。君は万全なら9m50cmはいけます。しかし、今回それは無理です。なぜかというと体ができてないから。それができたら150%です。体と、技術的には8mは飛んで当たり前、それで100%。目指すは8m50cm。これには運が必要です。
り: 。。。
P: 願わくば白い線(9m)を超えるよう、砲丸に羽が生えて飛んでいくイメージで。はい、イメトレしてください。
り: はーい。
---------------------------------------

2週間前の大会で、7m25cmでなんとかリージョナルへの切符を手に入れたので、もちろん順位は第1フライトの1番最初。









うーん、惜しい。
しかし白線には届かなかったけど、8mは超えることができ、8m05cm。
本人ポーカーフェースだけど、内心は嬉しかったに違いない。
1回戦では8人中3番の成績だったのだが、2回戦、3回戦で他の選手が伸ばしてきて、りおは結局この1度目の試技が最高だったので、すぐ上の子には3センチ差、その次の子には14センチ差で越され、結局18人中15位だった。惜しかったねー。9m飛んでたら10位だったのだが。

ちなみに第2フライトの子たちは基本1番目の白線と2番目の白線の間に入れてきたので、りおの成績はお話にならないんだけど、あの練習の少なさ、コーチのいないことを考えるとよくやったと言おう。

でも、本当にやりたければ、ちゃんとしたコーチにつかないとこれ以上は難しいだろう(本人によっぽどの強い意志がない限り)。
おちゃらけでも続けるか。それともチームを変えてでも少なくともリージョナルで一桁台を目指せるような体と心にしていくか。悩みどころである。
ただ、チーム、変えようとも、いいチーム近くにないんだよねー。オレゴンまで行かないと。。。

こやって書いてて思ったのは。。。
やっぱり数字であげる目標って、本当に大事なんだなということ。
長期、中期、短期、年間、四半期、月、週、日、午前午後、時間、分、秒。。。
大きな目標があり、それを支える小さな目標を作り、それをこなすべく頑張る。

それを楽しめるようになったら、人生楽しいものになりそうな気がするのですけどね。



   
Posted by P at 04:52Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月10日

JOリージョナル1日目+

今年はほとんどブログしてないが、りお陸上やってます。

去年と今年の前半は、100m、200mと砲丸投げをしていたのだが、3週間前から突然円盤投を入れ、200mをやめることに。

この円盤投がかなり楽しいらしく、1日ぐらいしか練習せずにJOの地域予選に出て、16m71cmか何かでとりあえず地区予選に進出。

P1050079

7月9日が第13地区(リージョナル)予選。
とはいえ、ワシントンとオレゴンの大会、16人のみ。第一フライトの2番目、つまり、全員の中で2番目に距離が短かったということだ。まあ、他人と順位は関係ない。初めて3週間、しかもコーチも本格的ではなく、実際の練習時間なんて全部で3時間もなかったはずだから。

試合前は年齢クラスが一つ下の友人に対して偉そうに助言をしていたが、私としてはそんなことしている暇あるならなぜ自分のフォームを考えないのかとイライラ。
結局自分の練習は3投ぐらいしかできず、本番。

一投目で17m64cmと、とりあえず自己ベストは出たものの、その後が続かず。次は13メートル台とダメダメで、最後は17メートルは超えたものの自己ベストを更新することはなかった。
自分の中では許せない記録だったらしい。私もあんなのは許せない。あんだけ人に対して偉そうに大口叩くのなら、それなりの記録を出してからにしてほしい。練習では20mぐらいいってたのにね。

P1050415

まあ、ここで、自己ベストが出たと安心しきってたのが一番の敗因だな。
最大の敵は身中にあるのよ。油断、および、謙虚に見せかけた卑屈さ。
いつになったら気付くのだろうか。素直になった瞬間に大きく伸びるんだけどねえ、この子は。
本人は気づいてないかもしれないけど、私が日頃の練習を見に行ってあげられていないということも大きいのだろうと思う。それが卑屈さになって出てきているような気がする。
その後、第2フライトで同年の格段に上手い子達の回があったのだが、全然見ることもなくつまらないとのたまいスケッチブックを取り出して漫画を書き出したので、それならそこにいても学ぶことないわ、と帰ることにした。

私も黒歴史あり。
ちょうど彼女の歳に、飛び込みの全中に初参加。
自分では気を落ち着かせるためと、出番待ちの間小説読んでいた。忘れもしない「蒼い狼」by 井上靖。
それをコーチが後で知っていった。「お前は、阿呆か。」これが私には何でいけないのかがわからなかったのだ。
このような個人の競技は、基礎トレ半分、イメトレ半分、ちょっとの技術のコツ、たのしむ心、で、本番で大幅に伸びる。
その試合前のイメトレが全然できてない状態で競技に臨んでも、自分の持つ力の半分しか出ることはない。また、試技の後でどこが悪かったって考えるのもどうにもならない。どうすればもっとうまくいくかを、前向きに考えることが大事なのだ。考える頭がない人になら期待しないんだけど。それともないのだろうか。
本人ムッとしていてお話にならないので、とりあえず無言で車に乗る。


車の中では爆睡。
この心の葛藤の後爆睡するのは、小さいときから変わらない。
その間私はラズベリー畑に車を走らせ、1時間半ほど寝たりおはスッキリして起き、ラズベリー狩りに注力。二人で1時間弱で5パウンド(プラス食べたの3パウンドぐらいか)採集。



その後近くのキャンプ場へ、2年ぶりぐらいに散歩に行き、






最近二人ではまっている、「お屋敷コミュニティ巡り」(山の上などに見えている大邸宅のあたりを徘徊すること)をしながら下界に戻ってきて、昼飯夕飯兼のPhoを食べ



自宅に戻った。

木曜日の庭掃除と選定のせいもあり、むちゃくちゃ疲れた1日だった。
でも体が疲れても寝られないという。。。


明日は午後から競技場で、砲丸投げである。
これも下から2番目の成績のりお。
今年はまだ昨年の自己ベストを超えていないので 、今日のことも踏まえて真剣勝負で頑張って欲しいと思うのである。


 
  

2016年07月09日

ブルーベリー狩り

ブログもFBも絶賛サボり中。

りおの夏休みもはや2週間が終わり。
キャンプはどれも興味がないと、怠惰な生活を送っているりお。とはいえ、空手と陸上とは続けているのだが。 あと読書<これが1日の起きてる時間の80%ほど。

じゃあ、ってわけで、思い切り2人の時間を過ごしている。
何もしないのもなんなので、1日1度は料理を一緒に作って、彼女が一人で生きていけるように実習中。
(今までにーちゃん頼りだったもんで何もしないりお)

今日は北のほうのブルーベリー畑へ狩りに行く。
それもタラタラしてから出たもんだから、到着したのが閉まる45分前。



何もかもが温暖化のためか早く始まり終わる今日この頃。ブルーベリーも始まってもう数週間過ぎていたが、さすがにまだまだ大丈夫。





でかいのは親指の爪よりでかい。。。






午後の晴れ間のひととき。今年はあまり暑くなくて◎。



45分で、お持ち帰りが4パウンドぐらい、食べたのが多分同じぐらいか<りおが
一度に口の中に63個入ったそうですわ。


⬆︎何個入るか挑戦中。コツは、喉の奥まで入れるそうだ。鵜のようなやつ。。。

ということで、のすべん村のM農園の皆様、今年もりおエルクは健在です。そちらに伺ったら木が丸々裸になるかも。。。

   

2016年07月08日

まーは元気なようです

アラスカに旅立って早20日。





まーは元気です。(いや、もっと若々しい写真もあるのですが他の人が写っているのでちょっと遠慮)



こんな船が運んでくるらしい



こんなのや(遠くから見て目指しかと思っていた私)



こんなのと



日々戯れているそうです。



一度電話が来たのだが、一瞬誰だかわからなかった。
落ち着いた声だったので。(しかも夜の11時PDTだし)

アラスカも夏は乾季なのかな



ということで、後20日弱、体に気をつけて、頑張って稼いできてください。


おしまい。

(以上写真はすべてコーディネーターの人が送ってくれています。ありがたいことです。)
  

2016年07月05日

お庭でお昼

なぜか木蓮が狂い咲きの晴れた午後。



キャンプの残りの材料がまだまだ余っているのでりおと一緒にお昼ご飯。



味噌汁と野菜炒めはりお作で。
味付けは私よりもずっとまともである。

最近は土鍋でご飯も炊けるようになったし、
進歩中の娘であるが、
なんせ私としか話さないため、
日本語会話は上手になっても英語が後退しているという噂あり。

食後は読書。なんつー格好だ。







   

2016年06月23日

バナナと煮リンゴのマフィン

簡単で美味しいバターを使わない混ぜるだけマフィン。




材料:
オイル(サラダ油、キャノーラ、ひまわりなどあまりクセのないの) 100cc
砂糖 80-90g
たまご 2個 50度ぐらいのお湯で室温に戻しておく
薄力粉またはオールパーパスフラワー 200g
ベーキングパウダー 小さじ1-1.5

バナナ 2本 輪切りにする
 オプション 砂糖と水 適宜 (カラメルを作る) 
 オプション ラム酒
りんご 八切りまたは角切りにする 量は好みで(たくさん作っておくとそれだけで美味しい)

事前準備:

カラメルを作りバナナを入れて絡めておく 好みでラム酒を60ccぐらい加えて絡めておく
りんごは鍋に入れ赤ワインと水を半々に全体が浸るぐらいまで加え、落としぶたをして強火で煮て、煮汁がなくなる直前で止める。
薄力粉はベーキングパウダーを加えてふるっておく

生地:

オイルと砂糖をボールに入れ、電動泡立て器でよく混ぜる。
溶いた卵を4回ぐらいに分けて入れ、その都度よく混ぜる。
バナナを加えてさっと混ぜる
粉を加えて底からひっくり返すように混ぜる。全体に混ざりツヤがでるまで20回以上は混ぜる。
りんごを加えてさっと混ぜる
マフィン型に紙をセットしてアイスクリームスクープに1杯ずつ落としていく
180℃または370Fのオーブンで20分-25分焼く



  

2016年06月18日

じゅん、カラスに襲われる

数ブロック先の知り合い宅に自転車で行こうとしたら、じゅんが追いかけてきたのでちょっとゆっくり走っていた。

と、後ろで鋭いカラスの鳴き声が。振り返ってみると、じゅんに向かってカラスが低空飛行してきている。じゅんは怯えて道の端で固まっている。しかもその上の電線には2羽ぐらい、 威嚇してギャアギャアないている。

うわーこわっ!じゅん、カラスに何をしたのだ。。。 どこかでまさか雛をいじめたとかした〜!?


   

卒業式

。。。ということで迎えた卒業の朝。
いつもは7時半まで寝ている息子が6時半からゴソゴソしだして、朝イチ7時のシニアブレックファストに出かけて行った。
そのまま彼らはバスに乗り、予行演習に出かけて行った。
午後戻ってきて、「ご飯はー?」と聞くので、「君のお弁当は昨日で終わったよ」 というと「ノォォォォ!」。ありもののすき昆布の煮物とサラダ、ご飯を食べて、散髪に行く。

午後4時、あちこちの渋滞のせいで予定よりかなり遅れて自宅に到着。 集合時間は4時半。
とりあえず風呂に入って、服を着る。
集合時間10分前、ネクタイの結び方が気に入らない。。。



とりあえず自宅前で嬢やとツーショット



バスの出発まであと5分。走る。



会場はキーアリーナ。
8年前のポリスとビリージョエルぶりだわー!



コンサートじゃなければとっても狭く見える会場。
飾りつけはむちゃくちゃシンプル。




中央の大画面にて



映し出されるそうだ。
卒業式次第は入り口でもらえる。全員の名前と、学校での集合写真が。



卒業生入場。ラストネームのアルファベット順。
黒いガウンの先生たちに迎えられながら。






進んで席に着く。
黄色い紐は確か成績優秀者の証だったと思う。




先生方や、来賓の祝辞、生徒たちのパフォーマンスを交えながら、3つに分けて証書の授与。

P1040909

最後は校長から連絡事項の後(校長が全体の司会進行もしている)、ターセルフリップし(ビデオの真ん中ぐらい)、式はおしまい!流れ解散である。

P1040915

ロビーで写真を撮った後



いつものTシャツ&短パンに着替えて


(猫シャツ兄妹)

オールナイトの卒業パーティへと旅立って行った。スクールバスで(笑)。

キーアリーナを後にしたりおと私は





ということで

アイスクリームで乾杯。



ちょっとしたハプニングによりダブルゲット。
どうだ羨ましいだろう〜>兄!
というりおであった。




<おまけ>

ディプロマの中は



空っぽ。




「単位足りなかったか?」とうろたえてしまった。どうやらみんなそうらしい。
間違えるのを防ぐため、今日はガワだけもらって、中身は郵送されてくるとかこないとか。
どうりでスムーズに授与式進んだわけだった。

 

<おまけ>
5年後の予行演習。





  

2016年06月16日

まー卒業の夏を迎える

2009年の8月最後に、6年生でシアトルに来たまー。

> ミドルスクール1週間目

12年生になり、とうとう卒業の夏を迎えて。

いやぁ、7年間、よく生き延びましたでしょう。

何千回言ったかわからない、「宿題あるの?」「宿題やったの?」「宿題出したの?」。もう念仏のように毎日毎日。それでも嘘ついてまでもやらない。やったのに出さない。唯一ちゃんとやったのは「釣りに行きたいなら宿題終わらせてからだ」と言われた時のみ。
追い込まれてもやらないこの性格、高校になっても変わらず、ハイパーナイスな英語の先生のおかげで再提出に再提出を重ね(させていただい)て英語のアサインメントでもAをもらったり。だから、ちゃんと向き合ってやることやって、提出すればAなのに。

42


これまたハイパーナイスな別の英語の先生かつレスリングの顧問は、宿題提出しないおかげで社会が落第しそうな時にどうにかならないかと社会の先生に掛け合ってくれたり。もうアメリカの学校至れり尽くせり。

いろんな人たちの助けによって文字どおり生かされて、本当に明日卒業できそうになってきた。
(いや、昨日までマジわからなかったんだよどうなるか。。。)

革靴買って、スーツ買って、ネクタイ買って、本番に備えてチェック。
ネクタイ結び方はネットで学ぶ。

00

ギリギリまで授業がある高校で、ようやく全授業が終わって出すものは出して終わった。
今日はこれから集会があり、今夜はPTSA主催の会があり、
明日は朝からシニアブレックファスト、そのあと卒業式の予行演習で、
夕方7時から9時ぐらいまで卒業式。
本人は特に誰も呼びたくないということなので、りおと一緒に参加するのみにする。
卒業式後は朝までパーティ。ミステリーツアーでどこかに行くらしい。

7年前に彼らが来た時に、一つだけ自分に課したのは、
「毎日弁当を作る」
ということだった。だって勿体無いし>3ドル50セントのおいしくない学食
子どもの都合(弁当箱洗わないとか時間までに起きないとか)で弁当がなかったのは多々あれど、私の都合でできなかったのは1日だけ。サマーキャンプやスポーツの試合などにも基本持っていく。
えらいぞ自分。よくできました。あと5年あるけど大丈夫なのか?


ということで、まーの最後の弁当はこれ。なんの変哲もないけど、卵焼きがきれいにできて密かに嬉しかったりする。



何と言っても、うちの弁当はこれが鍵。湯沢の祖母の手作り梅干し。



お義母さん、7年間、本当にありがとうございました。
おかげで子どもたちが丈夫に育ちましたよ。


夏以降のことはまだ種々検討中なので、決定したら報告する。


とりあえず、週末にいつものバイトをしたあとに、
月曜日の朝アラスカ行きの飛行機に乗り、このようなところに1か月の住み込みバイト行く予定。

12

72014 pm 143

Joe's bear, 80310 097 (Small)


もう直ぐ夏至ですね。




  

2016年06月07日

雑記

●古い風呂敷を見つけた。

世界地図が書いてある。国名の手書きっぽい字がかわいい。



どうやらニッセイの販促物だったようだ。このフォントが時代を彷彿させる。



でも古いので、ドイツは二つあるしロシアはソ連だし。エジブトはアラブ*だし。
(エジブトは1958年から71年ごろまで、アラブ共和国と呼ばれる国だったらしい。。。もっと言えば今でもエジプト・アラブ共和国というらしい。知りませんでした。。。)



この抜けまくりの国名。一夜漬けで勉強しただけの中学生が白地図に国名を書き込むテストのようだ。



北アメリカと南アメリカの間はメキシコでつながっているらしい。

しかし何と言ってもこれでいいのかと思わせるのが。



「日本」じゃなくて「東京」なんかいっ!?

ということで、エジプトという国名がないところから、この風呂敷は1960年代に作成されたものと思われる。いやー、楽しいわこれ。



●10年以上使っている鍋に

メモリがあるのを初めて知りました。
しかもメートル法。




●初物

QFCのレーニアチェリー。ポンド5ドル99セント。高かったけど、1ポンドだけ購入。だって、、、



めっちゃ一粒でかいんだもの。



(25セント玉が10セント玉に見える)


●6月3日はドーナツの日

というのをどこかで読んだ。ドーナツひとつただでくれるらしい。
まーに「行ってみる?」と声をかけると行くということだったので、夜10時過ぎにシアトルのクリスピークリームに向かう。
日頃はそんな時間には人気がないkk。駐車場がいっぱい、
どのドーナツでも一つはただ。でもほとんどの人はついでにいくつか買って行くので
うちも6個買いました。






昔は2ダースとか買ってたなーと思い出す。


●カルチャープロジェクトのプレゼン

7年生は年度末に、参観日がある。
その参観日に生徒は自分の選んだテーマのプレゼンを行う。
自分の家族やルーツに見合ったもの。
りおのテーマは「お正月」。

よく調べてやったなーと思う。
あと2週間で夏休み。





 
  
Posted by P at 22:47Comments(2)TrackBack(0)ひとりごと

2016年06月05日

SAAB入院

自宅から50mぐらいのところ、時速二十マイルぐらいで走っていたら、突然左前の車輪あたりから針金噛んだような異音が。
なんじゃ〜〜!?と思いながら帰宅。
翌日あげてみて確認してみる。特に何も見えない。


(もうこういうの大好きな私と、全然やる気のないまー。。。)

タイヤを外した状態でアクセルを踏んでみると音はしない。
が、何だか車輪のまわり方に違和感がある。
しかも回転数を上げると、車の底から響くような振動が。

右側のタイヤも外してみてみる。
アクセルを踏むと、右側の方がまわっていない。それでも踏み込むと回るけど、アクセル離すとすぐ止まる。へぇ〜。

P1040529

 そのうちチェックエンジンマークとブレーキ&トラクション系に問題がある旨のランプがついた。


 
なるほど。
とりあえず問題はレコードされているらしい。

サービスセンターにメールを送る。ビデオをつけて。
連絡が来て、これは多分にブレーキ系の問題だろうということに。
トランスミッションの可能性は?と聞くと、多分そうではないだろうと。


ということで、SAABくんまたもやドナドナされることとなる。
ちなみにYelpで見つけた牽引会社、前回も使ったのだけどとてもオススメです。値段的にも大手の半分ぐらい。ここからウエストシアトルのサービスセンターまで150ドル。
個人でやってるお兄ちゃんで、万一何かあったらどうぞ。

http://www.yelp.com/biz/24-7-rapid-discount-towing-seattle-seattle


どうか最安値で治りますように。。。




   
Posted by P at 03:30Comments(3)TrackBack(0)ひとりごと

2016年05月30日

で、誕生日本番

31日はぴーかんの晴れ。

すっかり忘れていたりおの陸上が9時からあるってことを。
陸上友人の母Sさんがりおを迎えに立ち寄ってくれ、連れて行ってくれる。
まーはM家に釣りに連れて行ってもらう予定。

ということで、陸上友人のP家とS毛をよんでうちでお昼にすることに。

とりあえずご飯を炊いて寿司太郎。




キノアサラダの復習。
ナスのニンニクしょうが焼き。
野菜スープをもう一度。
コッパーリバーサーモン。



子供たち用にはポークバックリブにチキン。
もやしのナムル。

あと、ケーキ。

ケーキは二つ焼いておいたら、誕生日ガールズたちがデコレートしてくれた。 







まーには宴会残り弁当を詰めて。



14歳のりおはソファーの上で私からのプレゼントを開けたあと




疲れて眠り込んでしまったそうな。




おめでとう、お嬢さん。
来年はもう車を運転できる歳になるのね。。。(爆)


追伸:
まーは小さめのを一匹釣り上げて



美味しい煮付けになりました。




シャクヤクももう終わり。きれいに咲いた。








  

2016年05月28日

今年も鮭の会

メモリアルデーの週末。

今年はりおたちの学校が金曜に休みだったので、その日にえいやと宴を入れることに。
ほとんどの親しい友人はFBにいるので、イベントを作成。イベントから、FB外の人へメッセージで招待できるようになっていたことに気づく。これは便利と、FBしてない友人たちもそこから招待。

常連5家族を含む、全部で30人近く招待したのだが、連休の初めだし、半分も来ないだろうと思っていた。しかし蓋を開けてみれば25人から行くとの返信が。その家族なども含めると瞬間最大風速で30人強はいたはず。。。

金曜朝7時過ぎ、朝一で全員メールでリマインダーを出す。「これからお料理がんばりま〜すっ!」
その15分後、スープ用の野菜を刻んでいたら、りおが起きてきて言う。「おかーさん、今日朝8時から私歯医者なんだけど。。。」
ヒィ〜〜〜ッ!そんなもん完全に忘れてます!
頭の中に車のナビの、「リルートします。リルートします。」という機械的な声が鳴り響く。よし、とりあえず買い物先だっ。

りおを乗せて歯医者へGO。送り届けたその足でうわじへ。ガンガンかごに入れてたら、なんと160ドルほどになる。アタタタタ。。。
りおをピックアップしてイサクアに向かう。トレジョで細かいものをいくつか。20ドルほど。
そこからコストコへ。もちろん鮭を獲るために。開店の3分後に到着して驚く。駐車場が満杯だ。。。金曜日なのに。。。
奥の肉魚コーナーに行く。ビニールに入った鮭。一番でかいのを。。。と思って探すが見つからない。養殖のアトランティックサーモンや、キングサーモンの切り身はあるけど、コッパーがない!!!表示すらない。
魚がかりのお兄さんに聞く。「コッパーリバーサーモンはどこかしら?」
「ああ〜、昨日完売してしまったよー。次はいるのは、早くて今夜、そうでなければ土曜の夜かも。」

ガーーーーーーーーーーーーーーン。
このままだったら。。。鮭のない鮭の会!?思わずkanabonさんに電話。「コストコに鮭がない〜〜〜!」

今まで毎年、でかい=冷蔵庫に入らないということもあり、鮭は当日確保していた。できていたのに。
影も形も見当たらないとはこのことだ。とりあえず肉などを買って出る。80ドルほど。

どうする自分?頭の中がフル回転でB案C案を考えている。
B案:他のコストコに電話してみて、あったら行ってみる。
C案:高いの承知で(確かポンド25ドルで出ていた。。。)飾り用にだけでもQFCで入手する。

コストコに電話をかけつつ、QFCへ車を走らせる。電話、繋がらず。
QFCイサクアの奥の鮮魚コーナーでコッパーリバーサーモン発見。ポンド16ドル。おおー。値下げされている!コストコでは確か13ドルぐらいのはずだから、許容範囲だ。
でも氷の上に乗っているのは2ポンドほどのちびっ子ばかりだ。
鮮魚コーナーのおばちゃんに、「一番おっきいのください!」
おばちゃん、嬉しそうに奥に行く。取り出してきたのは3.8ポンドの鮭。「これでどうかしら〜」
うーむ、これで30人の胃袋を満たすことができるだろうか。「もう一匹、もらえますか?」
おばちゃん奥の冷蔵庫からさらに大きなのを見つけ出してくる。4.1ポンド。

世間話をしながら紙に包んでくれるおばちゃん。こういう時ってなんだか、スーパーの中なのに、魚屋さんの店先みたいで好きなんだよなー。今年はポンド29ドルから初めて、先日まで25ドルで、金曜から15ドルのセールになったらしい。「コストコ全然なかったのよ。ビックリした!16ドルならコストコと大して変わらないよねー」というと、「あら。うちはまだたくさんあるわ〜。今日はお客さんが来てくれるかしら。」と嬉しそうだった。
店先に並ぶ切り身を見ながら、「これって機械で切るの?」と聞くと、全部手でさばくんだという。「秘訣は何?」「いかに包丁が切れるかどうかね」納得。

やったーやったー!!!と心の中で叫びながら、鮭二匹腕に抱えてQFCを飛び出す。ええ、文字どおり飛び出した。
。。。。。レジ、通らずに(爆)。
めちゃめちゃ堂々とした万引きである。鮭合計120ドル。
車に戻ってりおと話ししていて、はっとお金を払ってないことに気づいて焦る。誰も気にしていなかったぞーー。慌てて店に戻って、お支払いを済ませ、自宅へ向かう。この時点で朝11時。予定より1時間ほど遅れているが、まだ取り返しはつくだろう。

自宅に戻ると作りかけていたスープが完成されていた。ありがとうまー。




彼は担当のケーキ作りに励んでいる。今回はりおの希望により辻調ロールケーキで。



誕生日ケーキは自分で作るという我が家の方針に則り、りおもやる(=遊んでいる)。



巻くのは私が担当らしい。
私はその間に煮物を作り、



キノアサラダに挑戦する。初キノアサラダ。大失敗 orz......
どうやら水加減を間違えたらしい。1:2らしいのだが、多分1:3ぐらい入れたかと。。。キノアのプチプチ感が消え、気分はクスクス。kanabonさんにメッセ。「キノアの食感が消えた〜〜〜」

やり直し。今回も柔らかめだったけどとりあえず許せる範囲で。味付けには塩レモンを使用。



ついでに作る豚キムチ。メニューにはなかったが材料があったので。



このあとカメラが行方不明になり出てこなかったので、自分で撮った写真が0。。。

そうこうしているうちに夕方になる。
天気予報はあいにくの雨。と出ているが、もしかして持つか?
昼間は晴れ間も出ていたけど、やはり曇ってきた。と、ぽつん、と。。。

仕方がないのでキャノピーを広げ、少なくとも焼く人が濡れないようにと。
プリンと美味しいイチゴを手土産に早く来てくれたQさんに手伝ってもらい、掃除も手伝ってもらい、洗い物も手伝ってもらい。。。本当にすみません!
kaoruさんが鳥チャーシュー?とかしわ飯を持って到着。
そのあとかなこさんがキムパ、ティラミス、ポテトサラダを、M家がレーザークラムを、Mihoさんがチーズとワインとクラッカーを、T家が美味しいステーキ肉とアイスワインとパンを、めいさんがアップルサイダーとバファローウィング(出し忘れ〜)、K家がポテサラとシュウマイを、他にもフルーツサラダや梅巻きや。。。というようにどんどんどんどん品数が増え、テーブルの上がいっぱいに。ありがたいありがたい。

外ではグリルが始まりました。



本日のメインディッシュ、本年度の鮭はこちらです。



まーがさばく。



出来上がり。



肉など写真撮る前になくなったようだ。

そうしているうちに中のキッチンもフル回転。レーザークラムは刺身と唐揚げにして出され、豚肉が冷しゃぶとなって供され、




もう皆さん好きなようにされております。



午後9時、そろそろ帰る人もいるので一旦デザートタイムとなる。
りおとSちゃんのちょっと早めの誕生日を祝ってもらい



外はようやく闇が落ち、幸いなことに雨は降らずに外組は10時を回るまでグリルのそばで



子どもたちはWiiやXBOXに興じ



いつものように最後のゲストが出たのが午前3時半だった。

あー美味しかった。




今回うちで用意した料理は以下の通り。もしかしたらもう少しあったかも。覚えていない。

前菜:
チーズアンドクラッカー Cheese & crackers
キノアサラダ Quinoa salad

スープ:
コーン Corn soup
野菜 Veggie and chicken soup

メイン:
トニーローマ、リブ Ribs
コッパーリバーサーモン Salmon
ステーキ肉steaks
カルビ肉

副菜:
ヒレカツ PorkCutlets <宴の終わりに冷蔵庫から発見される。。。
煮物 Japanese nimono
土鍋蒸し (don't know how to translate :))
冷しゃぶ cold pork salad
キムチ豚
白米のご飯

デザート:
ロールケーキ cakes
バクラバ
大福
資生堂パーラークッキー cookies
フルーツ各種


。。。。。。そうして1日でまるっと1ヶ月分の食費を使ってしまったので、これから7月までスーパー行かない月間となる。
差し入れ?喜んでいただきます〜〜!(違)

  

りおにこんまり先生のビデオを見せたら

自室の美しさが破壊的になっていたりおの部屋。

アマゾンプライムで、こんまり先生のなんたらという、アメリカ人向けのプレゼンのようなビデオを見つけたので、りおと一緒に見てみた。



。。。1週間後の週末。
突然、部屋を片付けだすりお。
ほぼ半日がかりで、見違えるようにきれいになった部屋。
「私、自分の部屋にどれだけ荷物があるかって初めて知ったわ。」
ええ〜〜。今まで知らなかったの〜?


それから5日が経ち、
いくら拭いても現れるカビのように、
脱いだままの服が彼女の床の上を侵食しつつある。。。洗濯カゴのすぐ横に、なぜ〜!?




さて、次はどの手を打つかな。

ちなみにまーの部屋は、洗って畳んだ洗濯物が種類別に分別されてそのまま床に。引き出し空いてるのに。一瞬で片付くんだけどなぁ。





  
Posted by P at 02:04Comments(2)TrackBack(0)ひとりごと

2016年05月22日

笑点の歌丸さんが卒業

昇太さんが既に56歳というのに驚愕&歌丸さんはまだ79歳なの〜?ということでびっくり。



   
Posted by P at 23:08Comments(2)TrackBack(0)ひとりごと

2016年05月21日

雑記

■忘れ物

木曜日の話。
りおは学校のオーケストラの授業の一環で、島内の小学校3カ所を回る演奏旅行があるらしい。
そのため他の授業はなし。
朝6時半頃起きて、シャワーを浴び、バスが来る5分前には準備が終わり、弁当を急かし、バス到着の1分前に出かけて行った。

「行ってきま〜す!」 

。。。1分後、バンッ!とドアが開く。

「楽器(バイオリン)忘れた〜!!!」

ドタドタドタッ。。。。。。バタバタバタバタッ!

これでバスに乗り遅れていたら笑うしかなかったりお。。。


参考:本日のりお弁当。



メンチカツバーグ

なんか、かわいくできたので。。。ご紹介。






耳鼻科の予約を取る

重い腰を上げ、懸案の耳鼻科の予約を取る。
「xx先生(ジェネラルドクターから紹介があった先生)でお願いします。」
「そうですねー、次の初診の予約が可能な日は。。。8月1日ですね!」

。。。。。そうですか。。。。。
日本に帰って行こーかな。
ちなみに4年前に同じ耳鼻科に行ったことを今更ながら思い出したのであった。


■処方薬の追加について

処方薬の追加購入の仕方を今まで知らなかった私。リフィールなし、と書かれていたので、病院に電話かけて、追加してもらえるかどうかを聞く。
「薬局に電話して、薬局から連絡させてください。」
え。。。それでいいの?
薬局への電話では自動音声で終了。「明日の午後お越しください〜」なんとまた簡単な。。。でそれを12年近く知らなかったって。。。。


■なぜそうなるのだ?

まーの9年生と10年生時の、学童サマーキャンプでのボランティアを何時間やったかを数えていた。
あの頃は6週間キャンプ、3週間超日本、という夏休みだった。まーが覚えてなくても私はお金を払ってるんだから覚えているのだ。
キャンプは1日6時間、週5日。ざっと計算すると一夏180時間。6月に2週間、7月に4週間。
しかしなぜかまーが頑なに120時間しかボランティア行ってないと主張する。
「だって、7月は3週間でしょ?!6月は1週間しか行かないし。」

         (゚∇゚ ;)エッ!?

。。。。。1週間は何日あるの?
「7日。」
1ヶ月は?
「31日。」
7月は何週間あるのよ?
「......あ。」

キンダーガーデンからやり直しなのか君は?


ちなみに、在学中に120時間以上ボランティアをした人は、卒業時に表彰してもらえるというような仕組みになっている。もっと言うとそういう行動は奨学金などを得る時に有利になることがある。まあ、内申の一環ですな。本人全くそんなことも知らずにやってたらしい。


■為替考

まー、あれから4年の月日が経ち、大人になったのだが、未だに、1ドル100円換算で100万円あげるからドルに変えて、というと、1億ドルくれるという。なんとも気前の良いところは変わらない。私が億万長者になれる日が近いのか、彼が詐欺師にあってすってんてんになった上に億単位の借金を抱え込むことになるのかは、とりあえず後5年ぐらい様子見ということで。

私は昔モロッコに旅行した時に、ベルベル人の経営する店で素敵な絨毯に巡り合ったことがある。
その国の単位はディルハム。拙いスペイン語とフランス語のやり取りの末、その絨毯が送料込みで約15000円ぐらいであるということになったと理解したのでそれはありがたいと買うことにした。が、カードを取り出してもう一度心の中で考えてみると、ど〜〜〜〜〜も話がうますぎる。ちょっと待った〜!
。。。結局、15000円ではなく、15万円であるということに気づき、危ういところで難を逃れたのだった。思い込みは恐ろしいもんだ。(ちなみにベルベル人は恨みを忘れないと言われるので、恨みを買うといつ裏通りの街角に引き込まれて殺害されるかもしれないと言われていたため、それもこわかったりした。一人旅だったし。)

このような馬鹿げた窮地に陥りながらも、若いうちの諸国漫遊は楽しかったなあと思う今日この頃。きっと今しても楽しいに違いない。体が動くうちに、も一度南米と、あとはアジアだな。



さあ、金曜だー。




 
  
Posted by P at 03:45Comments(2)TrackBack(0)ひとりごと