2017年08月13日

りお日本へ

毎年恒例の日本3週間の旅。

今年は初めて、一人で乗り継ぎ便でゆく。しかも、シアトルからとったら最低でも1250ドルかかるということだったんで、LAまで行ってもらいます。LAX>KIX>HND>LAXがJALで810ドル。SEA>LAXはVXのマイルで。LAX>SEAはたまたま見つけたAAの格安で66ドル。
今回の落とし穴は、16歳より下の子は、一人では米国系格安チケットサイトでチケットが取れないということだった。いつからそんなことに!?UAなどの航空会社でもだめ。まーのチケットも問題なくとっていたので、なぜ急に今年から???
 
ダメ元で、H●Sのサイトで探し、購入してみる。
ポチった時、「搭乗者と同じ名前のカードじゃなければダメ」というようなわけのわからないメッセージが一瞬出たが、そのまま通ってしまった。

よっしゃー。

VXのサイトのマイルチケットでは、問題なく購入できた。
LAXからの便もH●Sのサイトにて購入。日本のガラパゴス的進化に乾杯だよ。
 

さて、8月8日朝6時、SEATACにてチェックイン。セキュリティが混んでいたし、時間の余裕もそんなにないのでサクッと並んでいく。



あまりの人混みにかき消され、ゲート通過まで見守ることもできなかったので、そのまま帰ることに。

9時過ぎ、電話あり。「LAついたよー。どこに行くんだっけ?」
いや、あんたさっきそれ調べてたし。
インターナショナルターミナルに到着。
「Bセクションにいるけど、JALなんてないよー」
知らんがなー。鶴丸探せ〜〜、と思ったけど、もしかしたら鶴丸知らないかも?
JALカウンターにて係のおじさんぽい人と話してるらしい。
「お母さん、羽田に行く便なんてないって言われてるー!大阪と東京しか行かないってー!」
君がここから飛ぶのは関空へですが何か?「関空って何ー?」大阪の空港じゃ〜!
「フライト番号おしえろってー。私そんなの聞いてないしー!!」
いや、送ってあるし。ほれほれ。転送するよ。

とりあえずそのあとは無事セキュリティも通過し、ゲートへも到着。
電話が静かになった。

8月9日、関空のゲートを抜けたのが午後7時過ぎ。
バスで徳島へ移動、到着が午後10時ごろだったらしい。そのままタクシーで母のアパートへ行き、無事到着。

10日はちょっとした手続きと関連した外出を。
11日は弟たけの奧さんに連れられ従弟のさけちゃんとプールに。なんと、3Mの飛び込み台からバックフリップなどをしたらしい。えええー。しかも初めてにしては悪くないじゃん。過去の血が騒ぐ私。

Rio_tobikomi



12日はうちの父の一周忌の法要。夕方は踊り見物というか、屋台見物というか。。。

13日はいもーと夫婦と海へ。ボートの運転をさせてもらったらしい。

りおモーターボート

>M水産夫妻
次回はりおも役に立つかも?

そんなこんなで彼女の徳島の夏は残す所あと2日。
15日の夜には徳島を発ち、高速バスで東京へ向かう。


母と弟妹、その奧さんや旦那さんに本当に感謝。





 
 
  

2017年07月27日

正夢だったらよかったのに

久々のはっきりした夢を見た。

私の昔の実家ー建て直す前の実家は、店舗が母屋より道路側にあり、そのため脇の門から母屋までは20mぐらい路地を歩くようなつくりになっていた。

その実家にこの夏のぶくんとのぶ母が遊びに来ていると言う夢。
のぶくんは早速自転車で一回りしてくると出ていった。
土地勘もないところで、大人も付いていないので、私としては心配していたのだが、そのうち門が開くカシャンという音が聞こえて来た。
ああ、無事戻ったのねよかった、と門のところまで迎えに行くと、のぶくんの後ろに自転車のヘルメットかぶったしんやさんが立っている。「いや〜どーもすみません」と、いつものようなちょっと困った感じで頭をさげる。「あー。お父さんと一緒だったんだったら、よかったねー!」と二人を門の中に招き入れ、しんやさんと肩を並べて(並ばないけど)話しながら自転車を押すのぶくんの後ろを歩く。
 
歩きながら、これは夢か?夢だよな?と自問自答する私。
「いやー今までどうしてたんですかー」と背中をパンパンたたくと、暖かい。あったかいってことは、生きてるってことだよね?

嬉しくなって、玄関をガラッと開きながら、台所にいるのぶ母に声をかける。「のぶははー、しんやさんも一緒だったから大丈夫だったよー。」言いながら振り返ると、しんやさんの姿はそこにはなかった。。。

で、目が覚めたんだけど。

折しもその日は日本のしんやさんのご実家の方でしんやさんの一周忌法要を前倒しして行う日だったことに気づく。
きっとそのために呼び戻されたんだろうなあ。
 

命日まであと10日。
しんやさんはのぶ母さんとのぶくんをいつも付かず離れずで見守っているに違いない。
私のところにも立ち寄ってくれてありがとう。

   
Posted by P at 01:13Comments(1)ひとりごと

2017年07月18日

日野原さんと砂川さん

二人の訃報に接した昨日。

「生涯現役」をつらぬいた医者の日野原重昭さん。
呼吸不全により、天へ召されたとのこと。
最初の出会いは絵本の「勇気」だった。
バーナード・ウェーバーの翻訳本。子どもたちに繰り返して読んだ。
軽快なテンポで、自分に言い訳して甘やかしてしまいそうなあんなことやこんなことを、「やってみよう」と後押ししてくれる。子どもたちも大好きで、よく口ずさんでいたなあ。
ほぼ日の対談を見つけて読んだ。15年も前の話なのに、そしてその内容はそこから30年も遡るのに、なぜかあたらしい。あのころの糸井さんと同年代になっている自分に、あのころよりももっと自然な形で、すっとはいってきた。
全然別件だが先日、「過去を語るひと、自慢するひと」に未来はない、というようなものを読んだ。
どんな実績があったとしても、いまその過去の偉業に支えられて生きているようではだめだというような内容だったと思う。
生涯現役、それがなにであっても良いではないかと思う。「引退」や「勇退」などということを考えず、昨日までのことをベースに今日よりよいことができるような、そんな人生であればいいなあとおもう。

 
砂川啓介さんも同じ日に亡くなった。
この方は「どらえもんの声優、大山のぶ代さんの夫」というほうが有名かもしれない。
(おかあさんといっしょの前身番組の 体操のお兄さんだったことを初めて知った)
重度障害のあるの連れ合いをもち、献身的な看病をしていた人がさきに逝ってしまうという話はよくある。自分の父方のおばが、もう患って久しいのだが、施設へ夫婦揃ってうつり、看病していたおじがさきに逝ってしまった。1度か2度しかあったことなかったおじは温和な人で、血の繋がりもない義理の姪までいつも手書きの近況の入った年賀状を毎年送ってくれたものだった。
療養中の連れ合いを置いて行かざるを得ない状況にあって心残りはなかっただろうか。自分の役目がきちんと果たせたことを胸に、連れ合いの来る日を心待ちにして逝くことができるのだろうかと、おもったひと時だった。


関東では盆の入り。
各地で梅雨明けも宣言され、暑い夏がやってくる。
どうか日本のみなさま御身大切に。
 仕事場クーラーきついっす。
   
Posted by P at 15:03Comments(0)ひとりごと

2017年07月16日

りおの運転練習の夢

日曜朝久々に長編の夢を見た。
先日15才になったりおに、運転を教えるという夢。

まだ半年経たないので、ペーパーの試験も受けることができないが、私有地で車庫入れや方向転換を隣に乗って教えることに。
実はびびりのりお、バックに失敗し案の定止めてあった車にぼかん。
注意するとそれが気に入らなかったらしく、急発進して敷地外へ。

ひーーーー!!

まだアクセルもブレーキもギアもわかってないのにぐんぐんスピード上げて荒川の河川敷みたいなところに。
河川敷では何かフェスティバルが催されているようで、車がいっぱいとまっている。

そこでもああでもないこうでもないと練習していたけど再度何かが癪に触った娘。河川敷の道を土埃を上げながら失踪。映画「タクシー」よりもこわいっ!!!!
あえなく見張りのパトカーにつかまる。なぜか日本のお巡りさん。そこで改めて「そういえばりおは逃げも隠れもできない無免許だったことに気づく。日本だと免許取得は18歳からだから。
そのまま豊洲署あたりに連行される。(なぜ豊洲書なのかはわからないのだが。。。)

取り調べで私が謝り倒す横でりおはふてぶてしく構えている。「反省することなし」ってやつか。

結果、りおは今後2年間免許取得禁止の刑に。ホテルのドアノブにかけておく「Don't Disturb」みたいな札に罪状と刑がかいてあるのを首にかけられる。私自身はどんな罪に問われたか忘れたけど、安心した記憶がないからなにか受けたに違いない。

もう夢見ている間中夢なら覚めてくれ〜〜〜!とおもっていた夢など本当に久しぶりだったわー。



    
Posted by P at 05:42Comments(0)ひとりごと

2017年07月15日

ラズベリー狩り

土曜朝目覚めたら6時。空が真っ青。
昨日ネットで見ていたラズベリー農場情報を思い出し、今日の予定を考える。
朝ごはんを何処かで食べて、ラズベリー狩りに行って、戻ってりおの空手に行けばちょうど良いかも。。。

ということで寝こけている娘を文字通り叩き起こして準備をし、フォールシティに7時40分に到着。朝ごはんの場所がまだ開店していない。。。


待つこと20分、開店。
しかし。。。朝ごはん、高すぎだよね。。。二人でオムレツと飲み物で43ドル税さこみ。これからは1品頼んでシェアだな。どうせ倍の量あるんだから。







ということで、午前9時、ラズベリー畑へ到着。
おおー、すでに満車状態。

空は青いけど朝なのでとても涼しい。快適快適。


後の予定のため、今日は1時間1本勝負。りおも黙々ととっている。





結局40分ぐらいでお腹も一杯になり飽きてきて(りおが)、撤収する。
まだまだあるよー。今月いっぱい大丈夫そうだ。





今年は1パウンド2ドル80セント、4.5ポンドで13ドル弱。
今年もう一度いけるかな〜。でも十分満足しちゃったら、行かないんだよなあ。

これを書いている今午後2時で、死にそうに眠い。。。






  
Posted by P at 13:55Comments(0)シアトル生活

2017年07月14日

カニは続くよいつまでも

カニドリア


カニ雑炊



ゆでダンジェネスクラブ







ずっと晴天続きで気持ちがいい。
シアトルの夏やっぱり最高かも。


追加:カニリゾット。カニ率50%ぐらい?















   
Posted by P at 04:00Comments(0)シアトル生活

2017年07月13日

カニ祭り

日曜深夜にM水産より、レッドロッククラブ4杯デリバリー。




小ぶりのカニで、どうしようかと思っているうちにあっという間に水曜日。

遅くなったので、りおに掃除しておくように伝えて帰宅。

。。。ボウルに入れてあるだけじゃん〜!
 仕方がないのでガシガシ洗う。亀の子束子がすごく役立つ!!

ぬめりを取って、はかまを取って、甲羅を開けて。。味噌がいっぱい。
 
小ぶりの二つを蒸してみて、




一番小さいのはカニ炊き込みご飯に。



一番大きいのをにんにくオリーブオイル焼きにしてみることに。(考えている間もなかったもので)



 まず蒸しあがり



ご飯がグツグツと煮え



炊き上がり



焼き上がり



豪華に並べてみましたよ。



ところで私は甲殻類に対して興味がなく、カニもまた同じ。
料理するのはやぶさかないのだが、食べてもらう人がいなければ大変なのだ。
うちのカニ食いりおが呼んでも生返事しか帰って来ず静かだと思ったら。。。

寝ていた。。。(怒)

これを私一人でどーしろゆーのかねー!?
せっかく美しく盛ってみたのに。

仕方がないのでバラして、タッパーに詰め込んで、一人宴会(にもなってない)おしまいっ!!


ところで、今日は別のカニが4杯A水産よりデリバリされて。。。

求む 食べにきてくれる人〜〜〜!


   
Posted by P at 15:32Comments(1)シアトル生活

2017年07月07日

根っからの、ノラさん

暖かくなってから(暑いけど)、うちのじゅんくんは出ずっぱり。
朝4時に戻ってきて、飯食って、仮眠して、7時ごろ外へ。夕方3時ごろ戻ってきて、 飯食って、ゴロゴロしてから、夜10時ごろ外へ。

何してんだかー、ご近所さんの世話になりっぱなしなのかなー、などとかまえていた。
先日の花火の日にはさすがに、終日戻って来ず、心配したが午前2時ごろ戻ってきたのだけど。

一昨日夕方、ふとリビングの北側の窓の外を見たら。

 19807192_10213474845123219_240095422_o

なんかいる。。。

19832808_10213474861443627_1738218378_n


。。。君の毎日の外出は、そこで寝るため〜!?


猫は一番気持ちのいい場所でいるというけど、そこはさすがについていけない。。。



斜め前の家が売りに出された。
1週間経つか経たずで、もう買い手が決まったらしい。
うちとは全然違って、古くともちゃんとメンテをしている家である。
いい人が来るといいなあ。

  
Posted by P at 12:28Comments(2)Kitten な日々

2017年07月04日

今年の7月4日は



暑い。

なぜか朝からとてもチリビーンズコンカルネが食べたくなって、
夕方家に帰ると同時に、作る。

途中でスーパーに寄り、 時間短縮のための缶詰のベイクトビーンズを入手。

帰って、肉を小さなサイコロ状に切り、炒めて、みじん切りにした玉ねぎ、セロリを投入。
ワイン入れてアルコール飛ばして、ブイヨン入れてさらに炒め煮、トマト缶を入れて煮込む。
さらに煮込んで、ベイクトビーンズ入れて、煮込んで出来上がり。
仕上げは刻んだネギと、3種類のチーズと、サワークリームを乗っけて。



めんどくさがるりおと一緒に庭ご飯。



デザートにはこれまた手作りチョコケーキで。オーブンが壊れているので、小さいオーブンで焦げてしまった。





ああ、濃い夕食だった。


近所の友人が、自宅で植えて育ったバラをくれた。
朝4時、すごく綺麗に咲いたが、1日で終わってしまった。残念ー。












   
Posted by P at 15:59Comments(4)

2017年07月02日

恒例の、東ワシントン詣で

先週からはじまったさくらんぼのU-pick、今年は久々に「平年並み」のはじまりで。

今週か、来週かと逡巡の結果、日曜の朝一で出かけることにした。

午前6時に出かける。。。はずだったが、洗濯物のジーンズが乾いていない。。。orz

出発午前7時半に変更。
一路東へ。深い霧とグレーの空。気温は60Fを割っている。
でも、あの山の向こうには太陽が輝いているはず!



デニークリークの出口を通り過ぎた途端、朝日が前方の山々にさして、
黄緑色の梢と、黒々と成熟したもみの葉のコントラストがため息つくほどの美しさだ。


(もちろん写真には美しさはうつらない。。ハイビジョンテレビでも映し出せまい。)

サミットを抜け、東へ東へ。りおはすでに夢の中。



快調に走っていたら、クレエルムを過ぎ、83番のウエナッチへの出口をミスる。つぎは10マイル先まで出口なし、しかもその出口はどこにも行けない。
まあいいや、遠回りだけど〜〜、と、そのまま突っ走る。ヤキマへの109番の出口を通り過ぎ、エレンズバーグを抜けて、風車の見えるレストエリアで休憩。
このレストエリアは、去年のキャンプの帰りに、窓ガラス周りのパッキンが取れてとんでもなくなったところだー。





遠くにレイニアが。(レイニアだよね?)

そうそう、今回は久々にSAABで遠出なのだ。ここまで遠くにSAABでくるのはたぶん8年ぶりぐらいか。



ということでトイレ休憩の後、さらに東へ進む。
両側のおびただしい数の風車に見下ろされながら、坂を下ると、コロンビア川につきあたる。
懐かしい、前回この道を来たのは2年前のアイダホ行きの時。午前5時の満月の未明で美しかったよねーとりおと話しながら、せっかくだからアイアンホースのビスタポイントにいってみるべと寄ってみる。このビスタポイントは、西からしか来られないのだ。



この丘へ登るトレイルは、とても遠くだと思っていたら、昼間見ると思ったより近い。どうやら10分もあれば馬のところに行けるんじゃないかい?ということで、登り始める。朝9時とはいえ、日差しは結構きつい。



(↑りおはどこでしょう)

私も追いかける。右の道が急そうだったけど、登れないことなさそうなので登り始めたら。。。足場の岩が少なくて、滑落寸前。ここで滑り落ちて「日本人女性20m滑落で大怪我」とか新聞に載りたくない。
ばあさんのようにゆっくり時間かけて登ったので持病の喘息発作も起きずに、なんとか到着。



これで、東屋でもあれば休憩できるのに。。。(日本ならあるだろうなあ自販機とともに)



りおは木陰ならぬ馬陰で休憩中。「おひさまきらぁい〜〜」

ひっぱりだして、先頭の馬ととりあえず到着写真を撮り



たまたま居合わせた人に二人入ってる写真を撮ってもらうこともでき



速攻でおりる。なんとなく達成感あり。



90号線に戻り、またもや東へ。



Quincyの街からは北へ進路を変えて、川沿いの道を30分強で、東ウエナッチへ到着。午前11時過ぎ。



脇目を振らずに「私の木」へ。今年はちょっと小粒揃いかも。
午前中の人や、土曜日の人にかなり採られたらしく、赤いの少ない。



これはでかいが。

さくらんぼ摘み娘は


30分で脱落。。。



しかたがない、一人で中国語に囲まれ老体に鞭打ちつつ
ビング、



レイニア




パイチェリー、と



全部で17パウンド採取。
づがれだぁ。




帰りはウエナッチの街中にある、ワイルドハックルベリーというパンケーキハウスへ。レビューが良かったので。



ちょうどお昼が済んだ人たちと入れ替わりになり、空いた瞬間だったらしい。よかった。



ハンバーガーと、ピーチワッフルと、サラダを頼む。
パンケーキは直径が30センチぐらいあるらしい。別の席の人が頼んでいた。



お味は。。。
サラダは残念ながら新鮮じゃないカットレタスを使っていて、アボカドは薄く、フェタチーズは少なく、これで11ドルは許せない。
ちょっとこれではあのいい評価はできんぞー。

ハンバーガーは食べてないのだが、フレンチフライはとてもおいしかった。
アメリカンスタンダードなものなら美味しいのかも。
ピーチワッフルはあますぎ、でも、まあ、あれもある意味アメリカンスタンダード(爆)。

サービスは、暇だったこともあってか評判通り良かった。
あと、トイレも清潔でよかった。(一つしかないのが残念だが)。


こんどはパンケーキにしてみよう。


帰りはUS2で西へ、西へ。
レベンワースを通り過ぎ、いつもの滝のところに寄り道。
すごい。。。こんなに大量の水、見たことないかも。

VID_20170702_161305

山道入った途端に。。。眠い。
カラスのようにぎゃあぎゃあ喚きながら運転。焦点を失う私の目を見てりおが焦る。
おきまりのカエルの歌とカッコーの歌の臨床で持ち直し、自宅にたどり着いたのが午後6時20分。
疲れてお風呂にも入らずに撃沈。















   
Posted by P at 20:50Comments(5)

2017年06月23日

ようやく夏〜

とっくに夏至も終わり、毎日毎日日の短くなるのを実感している今日この頃。
ようやく、あったかくなって来ました。

というか、あったかくというより、急激に暑く。。。

 


いままで5年間、独立記念日近辺の週末には東ワシントンのWenatcheeで3ー4家族合同キャンプだったが、今年はちょっとお休み。去年のキャンプは本当に最高に天気が良くて暑すぎず気持ちのいいキャンプだったなあ。

こんな日に、りおはわたしの要請で隣町へお使いに。「ちゃりでいけばいいよ」という忠告を無視した娘、バスでP&Rまでおり、そこから乗り換えてイーストゲートと呼ばれるバスのトランジットセンターへ、さらにファクトリアへというバスを待っていて。。。そのバスは来ない。歩けば10分の道に40分ほど待ってようやくバスに乗り込み、ウォルマートに到着。店取り置きの洗剤2本と歯磨きだったのだが、ご立派な段ボール箱にいれられて来たようで、ご丁寧にそれをかかえて(中身だけ出して箱は置いてくればいいのに)帰途につく。かえりにナンデモンによってニラを買い、バスに乗ったらサウスベルビューのトランジットセンターまでつれていかれたらしい。かくして最後のバスに乗り島のP&Rまでもどってきたのは出発から3時間半後だったらしい。



お疲れ様でした。ちゃんちゃん。




   
Posted by P at 00:08Comments(2)シアトル生活

2017年06月21日

こんなものを

とある引っ越しセールで思わず入手してしまい、
狭い我が家のリビングがより手狭に。





FUFビーンバッグ
りおがすっぽり包まれる感じ。
中はビーズではなく、フォームなので、ガサガサしない。


これで私の一人がけの椅子が奪われることがなくなるだろう。。。(しかしでかい)






   

2017年06月20日

最南端の虹

夏至前日の夕方、というか、夜9時半過ぎに東から自宅に向かうと、
夕空は金色の光で満たされていた。

 

自宅にたどり着き、ふと見上げると、東南にでっかい虹がくっきりと。



夕方の、日没直前の虹で、これだけ南に見えることはこの日を置いてないので、
シアトル近辺で見える最南端の虹と言えるんではなかろうかと。

VID_20170620_210034
虹が薄れて消えた後も、北西の空が燃えるように赤く染まっていた。




さて。夏至ですよ。
これからはまた、日が1日1日と短くなって。。。(泣)まだまだ寒いのに夏休みなシアトルなのだった。
今週は夏が復活するらしい。




   

2017年06月13日

りお中学修了




ということで、アメリカでの8年目が終わった。
りおの中学は今年素敵な体育館を立て直したので、そこでやるのか?とおもったら、小学生の体育館ばりに小さく、ことしもまた高校のボロ体育館で。いや、我が家からは近いのでいいんだけど。




5年前のまーのときのドレスコードが緩かったせいかまーのような生徒もいたので、今年は「男子は長ズボンにシャツ。女子はドレスかスラックスにブラウス」などという一見厳格なドレスコードだったけど、まあ、アメリカなので。でも男の子で半ズボンいなかったかも。女の子はドレスにハイヒールが多かった。

まーの時と変わらず、8年生バンドが演奏し、8年生の修了生が入場。
ラストネーム順で、りおは最初のグループの一番前。





今気づいたのだが男の子に囲まれてる。。。

1列づつ立って修了証をもらいに行き、2ー3列ごとに修了生が中学生活を振り返っての思い出を話すというような式次第。りおとおなじ空手に通っている男の子の話は、昨年引っ越してしまった私のほぼ唯一の母友と言える友人のお子さんの話で、とても懐かしく思い出しながら聞いた。

りおの列の番が来て修了証をもらいに行く。

riopromocelemony
全員がもらいに行った後、オーケストラが映画「Up」のテーマを演奏(。。。出来栄えは個人的にはかなり、微妙。。。)。その後「Prink Plank Plunk」という曲にのって、全員退場。



もちろん友達との待ち合わせなど事前の約束してなかったりおたちは、親のことなどそっちのけで仲間見つけに奔走して(みつからず)、



居合わせた友人たちだけでも、とピクチャータイム。







あとで笑えた一コマ。。。↑



友人の機転により、私とのツーショットも撮ってもらったよ。ああ、ましな服着てくるんだった。。。
なつかしいだろう>まー コモンズだよ。



天気もまずまずで(寒かったが)、いい修了式だったと思う。




この後家に戻ってから、夜食の肉うどんを軽く食べ、寝た。





続報。

寝に行ったりおはあくる日目を覚ましたら午後2時半だったらしい。。。
もちろん学校がある日でしかも修了パーティの日に。。。
パーティ代前払いで65ドルもしたのに。。。ばかむすめ。。。月曜なのに14時間も寝るってどういうこと?







  

2017年06月11日

お仕事中だそうです

ファミ&せう&すけさんがタケノコ狩りの帰りに湯沢のピザ屋へ寄ってくれたよ。

まーは 元気に働いているそうです。




この店のシェフコートがあるとは知らなかった。。。


5月1日からはや6週間。
頑張って色々吸収しつつ、お役に立って来てください。



   
Posted by P at 14:32Comments(8)TrackBack(0)日本にて

6/11は

父の誕生日だったなあ〜、と思い出していた。

   
Posted by P at 08:12Comments(5)TrackBack(0)

2017年06月03日

ヤードセール

友人M夫妻のすんでいるご近所ぐるみのヤードセールデーにお邪魔。
我が家合わせて3家族で賑やかに。

今回の我が家からの出し物は37インチテレビと新品のゴミ箱、
テレビは42インチの(高品質のSONYの)ものをM夫妻から譲っていただいたのでいらなくなったんだけど、寝室かダイニングで使うかな〜と置いておいたが結局使わず。ゴミ箱はコストコで2個23ドルかなんかだったのだが、1個しか使わなかったので。
後は布類とか、キッチン用品とか、売れても売れなくても良いものを飾り用においておく。






結果は、テレビ>25ドル、ゴミ箱=5ドルと、他にいくつかのものが売れたため、全部で45ドルぐらいになったような感じ。

M夫妻のところもめいさんのところも、ジャンルがほとんど被らなかったので、いろんなものがあるヤードセールとなってよかったのかも。



りおが2ドルで子供に売ったドレス。。。せめて5ドルだよ〜〜〜!
娘は金銭感覚なさすぎだと思う。


楽しい1日をありがとうございました。
売れ残ったものの一部はリサイクルショップに預けに行く、ということで。







  

2017年05月30日

りお誕生日当日は

見事な週日。

お弁当はチェリーで豪華感を出してみる。




いつものように 仕事して/学校行って、帰ってきて、空手に行って。
夕食はサーモンの会の残りのカルビ肉で。

空手の間にQFCでチビケーキをゲット。いいカードも発見。



プレゼントは本人希望のブラシ。今使ってるのがボロボロになったので。
あとはシルバーのマニキュアなど。これは爪かみ防止剤。



ケーキはチョコケーキの上にガナッシュが盛ってあったが、そのままでは美味しくないのが決まっているので、ガナッシュを取り除き、生クリームでデコ。こっちの方が可愛いよね。



ろうそくをさし



二人で歌うハピバの歌はいつものように二重唱で

無事誕生日を祝うことができたのだった。



ケーキは翌日、りおが学校に持っていき、3分後には跡形も無くなったということだった。ちゃんちゃん。

この一年は、高校への進級の年。
そして、なんと、車の免許を取ることができるようになる年なのだ。

いいことがいっぱいありますように。











   

2017年05月28日

サーモンの会2017

5月第3週、コッパーリバーサーモン解禁。
去年と比べて今年は豊漁なのか、コストコ定点観測でパウンド2ドルほど安めの10.99ドル。

メモリアルデー週末、迷いに迷って開催を決意。今年は28日日曜日の夕方に。で、土曜日に駄目元で友人を招待。
こぢんまりと10人ぐらいでいいよねー、と思っていたら、当日夜がぽっかりと空いてた友人たちもいて、総勢18名となる。

コストコにてサーモンゲット。1lb 10.99ドルで53ドル、一番おおきなのを。切り身がポンド14ドルと個人的に格安だったので、これも30ドル分購入(それが一番小さなパック)。


まーがいないので、グリルはSさんに一任。
上手に焼いてくださって、本当にありがとうございます〜!!!

今年の料理メモ:たくさんに見えるけど大して手間かかってないという。
Salad & sides 
- quinoa salad キノアサラダ
- shrimp cocktail 海老のカクテル
- Tomato & Mozzarella トマトとモッツァレラのサラダ



- Brie & fig cracker ブリーとフィグクラッカー <<出し忘れ
- Gouda & seasalt cracker ゴーダチーズとシーソルトクラッカー
- roast beef ローストビーフ




- cold pork shabu-shabu salad 豚冷しゃぶ




Soup 
- corn soup コーンスープ
- veggie & bacon 野菜とベーコンのスープ
Main 
- Copper river salmon - grill, pan-fried etc コッパーリバーサーモン2ー3種




- kalbi short ribs カルビ焼き
- T-bone steaks Tボーンステーキ



- grilled veggie 野菜焼き
- etc 
Dessert
- cakes - 2-3 kinds ケーキ いちごショート、抹茶ロール
- cookies/chips クッキー&チップス
- An-nin tofu 杏仁豆腐
- Red cherry 
- etc
Others
- Chicken green curry & rice グリーンカレー
- Java Curry ジャワカレー

これに
kanabonさんのポテサラ、SさんとTさんの初物チェリー、SHのキムチとフルーツ、Tさんの自家製鶏ハム、薫さんのデザートゼリー(名前忘れたー)、ノブ母さんのチビカツバーガー、




K家のワインやミニシュー、なすのマリネ?



、めいさんのチーズ餃子フライなどなど、いっぱいあったが私の口に入ってないものもたくさんあるはず。。。




鮭はホールは焼いて。すでに切り身にしていたのはK家のN子さんが鮭南蛮にしてくれた。


とにかく天気が良く、昼間は日陰で30度を突破し、一時はナマモノやケーキのクリームなどがどうなることやらと思ったのだが、なんとか持ちこたえることができた。
今回は子どもがりおとKくんの他に男の子ばかり小学生4人。この何もない家で庭でボールや水道使ってまさに子どもらしく遊んでいたのがかなり嬉しかった。日が暮れてからはリビングの床の上で6人&大人も混じって人生ゲームしていたり。



久々だ、テレビゲームの方に行かなかったの。いいなー。

最後は恒例のりおさんプレバースデー祝いでデザートに。





今年もいい夏のスタートを切ることができたメモリアルデーの週末。
で、翌週からはまた上着が必要なほど寒くなったシアトルであった。。。なんでー!?







   

2017年05月22日

「毎日かあさん」連載終了〜。

ということで、私のバイブルが終わってしまうらしい


「子育ては16歳でおしまい」と西原がいうのはなんとなくわかるような気がする。
思春期のホルモンに翻弄されるローティーンを過ぎると、子供はいきなり脱皮する。人によって早い遅いはあると思うけど、自分の子も人の子も、あっという間に別物になる。見かけも、中身も。


そうかー、蝶の幼虫みたいなものなのかも。
ローティーンからハイティーンへ変わるのは、4令幼虫から5令幼虫に変わるぐらいの違いがあるよなきがする。

その間にこちらは別のホルモンに翻弄され大変なんですけど。

 母さん、といえば母の日があったな。
今年は手作りカードをいただきました>娘から
息子は。。。音沙汰なかったな。忙しかったんだろう。日曜日だし。
ちゃんと修行できてるのかなあ。

 







  
Posted by P at 20:10Comments(2)TrackBack(0)ひとりごと

2017年05月21日

遅々として進まず

。。。の日本滞在記。
とりあえず前半をアップ。

もう5月も後半なのに
ずっと雨ばかりだった今年の春。
今日はようやく朝から晴れ!うれしい〜〜!!

   
Posted by P at 03:21Comments(0)TrackBack(0)ひとりごと

2017年04月28日

久しぶりです

3月末に日本に行って2週間過ごし、4月16日に戻ってきてからはや次の2週間が過ぎようとしている。
父の月命日もあっという間に過ぎ、5月6日に納骨らしい。

ということで、日本での日記はまた逆行しながら埋めていきます。

ーーー

日本でいろいろなものをまた持ち帰りの重量目一杯もちかえってきたのだが、
その中の一つが、これ。



アルミの小判形弁当箱

大きな四角いドカベン型

P1060470

は前々回に帰ったときに持ち帰ってきたのだが、さすがにりおにはでかすぎる。
アルミの小さいのないかなーと考えていたところに、たまたま行った銀座三越で、「グローバル弁当」展なるものが開催されていたのだ。即買い。
通常のアルミの弁当箱よりも質感がある。深さもあるので、ちいさくみえてもこれでご飯1膳分は軽くはいってる。

ということで、またもや朝のチョイスができて嬉しいのであった。明日のおかずはハンバーグの予定。

ちなみに、見た瞬間に心惹かれたが諦めざるをえなかったのが、これ。

 

輪島キリモトのひさご型弁当。(上記図はホームページより貸借)

いや、大きさは自分の作る弁当としては現実的じゃないんだけど、
とにかくかわいい。しかし、お値段はとてもかわいくないので。。。

いつかはクラウンリストに追加だわ。


グローバル弁当展、時節柄ちょうどよい遊山箱も飾ってほしかったなーなどとおもうのであった。




  
Posted by P at 18:53Comments(6)TrackBack(0)ひとりごと

2017年04月13日

湯沢へ

関東二日目の13日は、ファミ&せうと一緒に湯沢へGO!

目的は、ピットーレ、義家&本家への挨拶と、温泉&新橋!
ファミが何から何まで準備をしてくれて、私とりおはまるでお上りさんでついてゆくばかり。

朝8時半の新幹線で、北へ。
東京駅の弁当屋で、見るだけ駅弁を見て。素晴らしいよね日本の駅弁。。。



新幹線の車窓から春の日本を眺める。

 様式美


満開を過ぎた桜が散り始めているのだが、北へ上がってゆくとほんの30分ぐらいでも花付きが違う。「学校があるところに、桜ってあるんだねえ」と、りお。そうなんだよね、今ならどこに学校があるかがとてもよくわかるよね。


しかしトンネルを抜けるとお約束で。。グレーで雪の湯沢。


スキー場も一面の雪野原。



しかも降ってます。



11時、開店直後に入店。
何年ぶりだろう〜〜。日記によると、例の事件が発覚前の2008年の1月以来みたいだ。
その間湯沢には何度かきてたけど、ピットーレまでは行きつけなかったのだな。

店の人にご挨拶。まーが5月からお世話になるのでそのお礼も兼ねて。
いさおさんはいなかったけど、美代子さんがわざわざ出てきてくれた。20年ぶりぐらいに話すような気がする。。。ちょっとお年を召されていたが、まー&私のことも覚えていたらしい。








来られたのがよっぽど嬉しかったらしい自分、撮ってもらった写真の笑顔が自然だもんな。ファミせう本当にありがとう〜〜!!(何年ぶりかに登場させて見る)

18120595_1311299842292804_705890461_o

トマトとモッツァレラのサラダを皮切りに



鯛のカルパッチョ



釜焼きチーズ







なんのリガトーニだっけ?



ふきのとうのピザ。もう少しふきのとうあってもいいかも。
マルゲリータ(写真なし)。
クワトロフロマージュ。



みよこーのとショコラータのハーフ&ハーフでしめ。



一旦駅方面に戻ってから、車を借りて義家訪問。
カリフォルニアのまーがスカイプにいたので、義母とスカイプ電話。とても嬉しそうだったのでよかった。
そのまま本家に行って、お米をもらってくる。
10年あってなかったら、1歳だった本家の孫が5年生になっていた。当たり前だが。その下の二人は、初めてあったんだったな。

義家本家の訪問を終え、湯沢駅へ。ファミせうと落合い、温泉へ。
今回は東映ホテルの外湯へ。時間の関係もありさっと入っただけだったけど、ちょうど入れ替え時でほぼ貸切状態。温泉ミッション達成。

車を返しに行く前に、コンビニから重い荷物を送り、魚野川べりで見納めの写真を撮って





駅方面に戻る。

新橋へ。
日本酒が片口に入って出てくる。いい感じ〜。



煮卵



舞茸




たらの芽



身欠きニシン(写真なし)

で、へぎそば。。。(写真の色わるし)



幸せいっぱい、腹一杯で湯沢駅までフラフラ戻ったら、酒屋が閉まっていた。。。orz

東京出発から12時間。
雪国から東京へ。






自分たちだけだったらこれだけ楽しいリラックスした旅にはならなかっただろう。
本当にありがとう〜>ファミ&せう




  
Posted by P at 22:39Comments(0)TrackBack(0)日本にて

2017年04月12日

ここからはほぼ写真で綴る飯日記

ぼちぼちアップして行きます。

===

東京への移動日。
12日午後、母のアパートを出て徳島阿波おどり空港へ。
徳島駅まで行き、そこからバスにしようと思っていたけど、二人ならそれでも1400円かかる。母曰く、「金毘羅さんのタクシーならここから2000円ぐらいで行けるでよー」

ということだったのでタクることにし、滞在時間をのばすことができた。

お天気の空港。


自衛隊機も健在。



ANA名物?見送り隊。



行ってきます〜。

天気は良かったけど富士山は見えず。
ふっと居眠りしたら、すでに着陸寸前だった。



そのままシャトルバスで国際線に行き、もう使わない荷物を預ける。
そこから京浜急行で、お世話になる浅草橋のファミ&せう宅へ。

今夜のご飯は、東日本橋の「まつおか」という洋食屋さん。
日本橋へ歩いていけるという都会さに感激だわー。同じ距離歩いても何もない島から出られない。



ホタテのカルパッチョにカニクリームコロッケ。
私が作ったカニコロッケにりおは嫌気がさしていて、また〜?という感じだったが、「これは別物」とのこと。おかーさんカニクリームコロッケもどき全否定される(爆)。







アジのフライが熱々で美味しい。



これはりおのポークソテーかな?



ガーリックライスに


ドリア



ビーフシチュー

オーナーシェフの松岡さんは、バンクーバーで和食屋さんを20年ほどされてから、日本に戻って自分の店を持たれたのだとか。サービスをする奥様もシアトルでの学校に行っていてお付き合いが始まり、結婚されたらしい。丁度私たちが最後のお客さんだったので、ありえないシアトル地元ネタで盛り上がり、美味しい料理と美味しい話題で満腹。ごちそうさまです。




ファミせう宅へ戻ると、これまた素敵な。。。



千疋屋のタルトですと!

ああ、日本のイチゴはなぜこんなに甘いのでしょう。。。

ますますこちらでイチゴを買う気力が失せるのだった。あ。そういえばイチゴ摘みの季節だけどチェックもしてないわー。







   
Posted by P at 07:47Comments(2)TrackBack(0)日本にて

2017年04月11日

今回のお宝

徳島の最終日も片付け&掃除。

弟まーが仕事の合間に倉庫に入れてあった荷物を持ってきておいていったらしい。

ソニーの9インチの白黒テレビ。
ブラウン管が故障してて半分くらいしか映らない。
いずれにせよ地上波ないので砂の嵐なのだけど。。。懐かしいなあ。 





戦前にうちが料亭だった時の料理長さんの本らしい。




日記帳。兄弟4人それぞれの、小学校1ー2年生の時のもの。
「先生がおっしゃいました」とか、今の小学生が絶対に使いそうにない言葉で書いてある。
これはまた、いつか。。。

で、家族7人が全て揃っている写真。
基本的にうちの実家の写真は必ず誰かが抜けている。シャッター押す人が必要だから。
誕生日には揃って誕生会をしていたはずだが、三脚立てて撮ったらしいのはこれが最初で最後らしい。



後ろにはなめネコのカレンダーが。
なしと柿が盛られていることから、妹の14歳ごろの誕生日ではないかと推測。
このころの9月はもう、長袖着てられたのかなあ。もしくはクリスマスか。。。いや、父母が薄着だし、20世紀なしあるからやっぱり夏が終わってすぐかも。。。でも9月に柿って出回ってるんだっけ。

この翌年に父が交通事故にあい、うちはとても大変になっていったのだった。










   
Posted by P at 18:14Comments(2)TrackBack(0)日本にて

2017年04月10日

なぜかUSJへ

りおがふてている。
徳島行ったはいいが、することはなく、会う友人もなく、ばーちゃんと家の掃除ばかりのかーちゃんは相手をしてくれず、食べるものは食べてるけどほかになにもすることはなく。。。
USJが近いので行きたいということだったので、バスの時刻表探してあげたら「ええーひとりでいってもつまらないー」
全くもって普通の感覚だな。わたしはディズニーワールドに一人で行っても楽しかったのだが。

いもーとが1日休みを取って、どこかに連れて行ってくれるという話をしているときに、 「USJにいきたい」と。いもーとは、「いいよー。わたしもハリポタ行ってないし。」
わたしは中国地方に桜を追っかけて温泉に入ったり高校以来の友人に会いに行ったりしたかったのだが 、折れることにする。うん、いろいろ手伝ってくれたもんな。ありがとう。



10日月曜朝5時いもーと登場。
目の前のローソンでチケット買って、 出発6時。
今日は新学期が始まる日だから、春休み中よりはいいだろう。

鳴門大橋を渡り、



ちっちゃいうずがまいてる




淡路島を縦断して



明石大橋を渡る。
久々の阪神高速。軽が大半。ちっちゃー。狭いはずの道路が大きく見える。
時々トラックやバスがあるとむちゃこわい。

USJの駐車場への入り口は、全く予期できない工場群の中にあった。
え?そこ?って感じ。
早く着いたので、入り口から一番近いエリアに車をとめることができた。ハリポタのすぐ裏手。



実はりおといもーとは背格好がよく似ている上に服もショルダーバッグも似てるもんで、後ろから見てると姉妹のようだ。

開演を待つ列は、90%外国人と言っていいでしょう。
とくに中国韓国系。もしも彼らがいなければどうなってるのだ?と思わせるような。
開園と同時にふたりはハリーポッターに走る。
ばばあの私は追いつけずたらたらたら歩く。



ハリーポッターエリアに入ると、急に10度ぐらい気温が下がったような感覚に襲われる。






どこか懐かしいその街並み。



ホグワーツ城をめざし



ほぼ待ち時間なしで乗る。
ライドは評判を裏切らない楽しさ。いやあ、CGってすばらしいですね。

あとは順不同で、
ウォーターワールド
ジュラシックパーク
ハリウッドドリーム
バックドラフト
エバンゲリオン
スパイダーマン
ゴジラ

夕方、ご飯に入ったレストランで、疲れてねるりお。



ランチのミニヨンプリン。。





あと見たかったけど見られなかったのが(byりお)
スペースファンタジー
進撃の巨人
ミニヨン<10日早かった

最後にハリポタエリアにもどり



またもや待ったなしで、ライドに乗り、



お土産屋で物色して散財した挙句



USJをあとにしたのだった。





帰りに母の要望で、「淡路島の玉ねぎスープを買ってきて」と。





どれやねん!?

ええそれ以外にももちろん散財して帰りましたとも。。。にっぽんのレストエリア最高。



おまけ:


。。。怖いぞトンビ。



   
Posted by P at 23:45Comments(0)TrackBack(0)日本にて

2017年04月09日

甥っ子と散歩

昼、おとーと壮と甥っ子サケちゃんとスシローで待ち合わせ。これはサケちゃんがどうしてもりおと一緒に食べに行きたいという希望から。



私は実は初スシロー。話題のハイテクぶり、面白い。
が、たまたま調理場のすぐ外側にいたため、調理場の中がかいまみえるのだけど、チャップリンの工場の映画をおもいださせる。。。



お味の方はまあそれなりに。
五人で食べて5000円は安いわぁ〜〜。是非アメリカ上陸を。。。だが、きっと元気のようになるんだろうな。石川の近江市場近くの回転寿司がなつかしい。あれはうまかった。

午後は駅前に用事があったのだが、壮はさっちゃんと仕事がらみで用事があるということで、サケちゃんを預からせてもらう。ひさびさの小さな甥っ子だー。(Yはすでに成人してるから。。。)
街まで壮に送ってもらい、リオのメガネ屋さんでメガネを受け取る。
その後、あまりにも桜が綺麗なので、眉山まで散歩に行くことに。




母の車椅子をりおが押し、山へと向かう。



もちろん信号ではこどもは遊ぶ。。。



天神さんに行って、りおとサケちゃんはお参り。
バリヤフリーでないので母は階段の下でお花見。



台湾人っぽいグループの人たちが、写真撮りまくっていた。なんか楽しそうだったが、なぜ徳島に来るのかは大きな疑問だ。。。国際空港でもないし。。。



阿波踊り会館からロープウェーに乗って、山頂へ。





何度と見たこの景色は、やっぱり大好き。

眉山の麓の私の母校は、私の在学当時は学年120人ぐらいはいたのに、いまや20人ぐらいになっているそうだ。併設されている市立の幼稚園も在園児が数人レベルだとか。おそるべきドーナツ化現象。でも、もしもそれだけ濃いサポートを得られてるのならいいんじゃないかともおもったりして。(アメリカレベルだもんな>クラス20人。。でも先生も僻地並みに減らされるのかなあ。)




頂上から南の方を眺める。




多分これは津田山?



どこもかしこも花盛りで幸せです。







坂道でりおとサケちゃんが競争。
まだりおには勝てない模様。



ばーちゃんの車椅子で遊ぶ。
ちなみに車椅子、フランスベッド製で、簡易的なものよりもとてもしっかりしている。
色もおしゃれだし。いもーとが借りてくれたのだが1ヶ月3000円らしい。
それでも乗ってる母は大変だろうなあ。



来られてよかった。




風も冷たくなってきたので、山を降り、

今度はサケちゃんが車椅子を押して駅へ向かう。



買い出しのあと、用事の終わった壮が迎えにきてくれ、お散歩おしまい。
今日も母は私たちにひっぱりまわされて付き合わされてお疲れ様でした。
どっちが孝行してるのやらわからんな(笑)。






   
Posted by P at 05:41Comments(0)TrackBack(0)日本にて

2017年04月08日

またまた食べる土曜日

土曜日の朝、いもーとがまた香川からやってくる。
途中で鳴門に立ち寄り、わかめをピックアップ。
10時過ぎに到着、4人で川向こうの喫茶店に行ってみよう!ということに。
母といもーとと私は順当にご飯ものを頼んだのだが、






りおは。。。



またもやいちご!?
しかもデザートといってこんなものまで。





ただし、このパフェには仕掛けがあり、真ん中のクリームがなんとソフトクリームではなく、生クリーム(多分植物性脂肪)であったという。
頼んだのだから食べなさい〜!ということで、りお完食。

帰りに隣のケーズデンキによる。
母の炊飯器がかなり型遅れのマイコン式で、ご飯の仕上がりがイマイチなのである。お定まりの内釜が剥げてきているのとかもあり、せっかく日本にいるのに、ちょっとでも美味しいほうがいいじゃないか。
勿体無がる母を横目に、予算2万円、IH必須、三合炊き、で見てみると、型落ちの象印圧力 IHを発見。22000円を20000円にしてくれてお買い上げ。
早速1合炊いてみると、おいし〜い。仏さんに祀るのも忘れて食べて、母に怒られる。すまん、父よ。

夜は弟たけ一家とご飯。
本当に大丈夫なのかというような道を通り住宅街を通り抜け山の中に入ったところにある、隠れ家的な花屋と小物やの中に、レストランがある。
昼間ならさくらやモクレンがきれいだろうなあ。

写真はりおのステーキセット。弟の奥さんのさっちゃんがおごってくれてしまった。ごちそうさまでした。すみません。










いもーとは一旦香川に帰ることに。
分別の済んだ不要な父の遺品を持ち帰ってくれた。いもーとの夫くんのヒデさんが、ボイラー室で焼いてくれるとのこと。
5年前、エイやで父母の断捨離をしてくれた弟たけに感謝。
日本にもGoodwillのようなところがあれば、捨てなくて済むものもたくさんあるんだけど。まだ使えると思いつつ、処分しなければならないのがとても悲しい。

人だって、本当に必要なものって少ないんだよなあーと、自分の周りのものだらけの部屋を思っていつかはスッキリするんだろうかと思う今日この頃。。。








   
Posted by P at 16:58Comments(0)TrackBack(0)日本にて

2017年04月07日

念願の散髪へ

5日目。またもや雨を回避。
晴れ女、強し。天気予報は裏切られっぱなし。
これでちょっとでも青空覗くと、完勝なんだけどなあ。そうは問屋が卸してくれない。

午後、りおを連れて散髪に出る。ようやく手にした自分の時間という感じだ。いや、誰からも頼まれたわけじゃないけど、やっぱり実家にいると今できることやらなきゃと思うので、一人で忙しくしているのだ。きっと母も引っ張り回されて辛いに違いないので、二人だけで外出。

裁判所前でバスを降り、斜向かいの城跡へ。
桜が満開だ〜。
折しも金曜日午後、ブルーシートを広げて花見の席取りらしい。

徳島的千鳥ヶ淵。東京の仇を徳島で討つ。(いや別もんだし)



桜とお嬢





城山に群生するしらさぎ





帰り道、不思議なおじさんと黒豆しばを発見。



これは。。。



さて、ゆるゆると勝どきの方へ歩き、



ようやくコオジに到着。由緒ただしき散髪屋さん。



しまちゃん久しぶり〜!

このあとしまちゃんは私が髪と顔を当たってもらっている間、ずっと私の膝で寝ていたのだった。なんとまあ。



夜はアパート近所のお好み焼き屋さんへ。
りお、ほぼお初のお好み焼き作り。ひっくり返すとき投げるな〜!



大きなのを2枚食べたあと、向かいのたこ焼き屋さんで



いちごクレープ(まるごと苺が8つも入って、クレープというよりげんこつ。。。)と苺ソフトを所望する娘。
「お母さん、二つで550円なんだよ〜〜〜。安い〜〜〜!」

すごい。。いや、値段ではなく、その量が。。。
見事に完食。

周りは若い夫婦連れやチャリで立ち寄る中学生、ガテン系のにいちゃん達の溜まり場となっていて、昔中学や高校時代にUCCコーヒーや大判焼きやや肉まんややうどん屋やお好み焼き屋やたこ焼きやにたむろってた自分の姿と重なって、なんとも言えず懐かしい感じ。


娘はさすがに食べすぎたと思ったらしい。そりゃそうだろう!


   
Posted by P at 18:37Comments(0)TrackBack(0)日本にて

2017年04月06日

弟まー一家とご飯

木曜日、これまた期待を裏切ってくれて、泣きそうでなかない曇り空。
午前中はまた掃除やらなんやかんやら。父のいろんなものを分別したり。
とにかく家でいるときは忙しい。ネットする暇なんてない。なのにりおは自室で勝手に何やらやってる。散らかし放題に散らかしてー。

午後、母がNHKの集金の件でやることがある、というので、 街に出ることにする。
市役所によって、住民票をとり、NHKへ。



ジャングルジムがある公園。ここの桜もとっても綺麗。青空だと尚更なんだけど。。。今日は曇天。

NHKからまた必要があって市役所へ。ここで雨が降り出す。

用事を終え午後5時まで後5分、夕食の約束がある弟まーに電話を入れ、市役所にいること告げると「あーーじゃあ謄本となんたらとなんたらもとって〜」と。 窓口はパタパタ閉まりかけている。用紙をとって母の代わりに記入。なれないので書いてある用語がわからない(汗)。横に市役所の人が(スキーの追い落とし役みたいに)ぴったりとついて指示してくれたのでなんとか書き終え提出。

弟まーが迎えにきてくれ、そのまま夕食のうどん屋へ。
実はまーの奥さん(義理の妹)に会うのが初めてだったりする。
2歳のみーちゃんと、生まれたばかりのようちゃんと。
うっかりしていて、ようちゃん抱かせてもらうのを忘れていた。。。



スカート履いてることを除くと、昔のりおに似ているみーちゃん。



たらいうどんと鯖寿司。鯖寿司めちゃうま。しかしどんだけ炭水化物な。。。

りおは肉うどん。これ、チャーシューメンだよな?




弟まーはみーちゃんと一緒に私たちを母の家まで送ってくれ、慌ただしく戻っていった。
家族仲いいことはいいことだ。いい奥さんと出会えてよかったなあ。


しかし、このまま寝ていいのかというぐらい食べた夜だった。。。鯖寿司うますぎ(そればっか)。












   
Posted by P at 18:10Comments(0)TrackBack(0)日本にて