2017年10月16日

MacBook Pro修理顛末記

MacBook ProのEキーが使えなくなったので、修理に出した。
ピックアップ&デリバリーの修理。

FedExで箱が届いた。
住所はあっている。
宛先:スタンレーデービス様

。。。誰だよ、スタンレーデービス。。。

日曜日、箱にMac入れて、赤字で宛先修正して、アップルには連絡して、出した。
月曜日、届いた確認と同時になおったので発送しました。
火曜日、不在票が入る。

これはサインが必要なので、平日昼間じゃなきゃ受け取れない。
仕方ないので近くのドラッグストアの受け取り場所へ送ってもらう。

木曜日、ドラッグストアに届けました連絡が。受取人はAmanda。早速取りに行くと。。とどいてないと。
「いやー、FedExがやっちゃったようで。今日は小さなの1つしかとどいてないんです、うち。」
FedExに連絡、数時間後「すみません荷物見つかりました、ドラッグストアに届けます」という連絡が。

金曜日、取りに行く。
宛名はスタンレーデービス。アップルめ直してない。。。

すったもんだの後、受け取ることができ、持ち帰って開梱。

Eキーは直っている。
その代わりDキーがちゃたるようになってる。。。

症状としては、
dとおすとddとなる
doneと綴るとdodneとかなる
......orz

またもや来週修理に行く予定。。。お疲れさん>MacBookPro


ということで、今度買うときはAirまたはその系統だなあと思う今日この頃。


 
  

Posted by P at 06:22Comments(3)シアトル生活

2017年10月15日

おおー1ヶ月半書いてない

お久しぶりです>自分

ということで、1ヶ月半遡って埋めることに。。。


   
Posted by P at 12:12Comments(0)ひとりごと

2017年09月29日

シクラメンをレスキューしてみる

暖房のコントローラを買いに行った時、園芸コーナーの外に、クリアランスセールの植物を見かけた。
小さな鉢のシクラメンが、乾いて死にかけていたのが、もともと5ドル>1ドルセールになっていたので持って帰ってきて見た。

シクラメンなど育てたことないのだけど、母のところでも数年にわたって咲いていたといってたし、もしかしたらうちでも育つかも。。。?

ということで、みずをやってみると、二日後にはけっこうしゃんとしてきた。



で、2週間後にはこのように。





それぞれ花も増え、育ってきたので

もう3鉢、レスキュー。水やって1日後。




白いシクラメンはその色からも夏に合わせて作られて売られるようで、季節外れとして外に出されたんだろう。園芸コーナーにはクリスマスに合わせてだろうか赤系のシクラメンが並べられている。

しかし、茶色い手を持つ私である。
どこでどのようにダメにしてしまうかわからない。。
実際、茶色い植木鉢に植え替えたものは、よくわからないが明らかに弱ってしまった。これは置き場が悪かったのか。。(暖房の風が来るところだった)


現在原因調査とともに、生き返るかどうかを確認中。。。orz


   
Posted by P at 01:27Comments(4)

2017年09月16日

冷暖房のコントローラー

セントラルヒーティングのコントローラーがある日動かなくなった。
機械的には動いているけど、表示パネルが消えたのだ。

仕方がないので寒くなる前に付け替えることに。
自分が欲しいレベルのものが、70ドルぐらいする。
しかも考えている間に即日配達逃しちゃったので、ホームデポに買いに行くことに。

ホームデポではあまりチョイスがなく、ハネウェルのコントローラが、
自分の欲しいレベルより上だったがセールで80ドル弱。元値は130ドルぐらいのようなので型落ちなんだろう。
しかたがないのでそれにする。

まずは今までのを外してみると



へー、こんな風になってるんだ。(しかしいい加減な穴の開け方。。。
しかし、数十年前のものと配線とか同じなのかなあ。
わけわからないので、取り替え経験者のげどます氏に協力を要請。

取説見ながらああだこうだと付け替える。と。

こんな風になりましたよ。



結構、存在感が。。狭い家の小さな壁しかも入ってすぐの目立つところに。。。



昔はもちろん手動式のものしかなかったのだが、
これ、自宅のWifiに繋げておくと、どこにいても室温確認やコントロールができるということがわかった。
コンピュータではこんな感じで



画面の上下の矢印や、ボタンをクリックするだけで、調節できるですよ。

なんとまあ便利なこと。

で、これをつけた翌週に、いきなり寒くなったようで、
自動的にスイッチが入って驚く。。。9月なのに室内65度以下(<設定してあった)って。。。


先日まで外90度じゃなかったでしたっけ???


   
Posted by P at 08:31Comments(5)

2017年09月15日

フェンダーミラーのついたMINI発見

久々に晴れた夕方、



空手帰りに図書館に寄ったら
 
フェンダーミラーのついたMINIがあった!


 
かーわーいーーー。これって何年製ぐらいなんだろう。

なぜか窓に横浜云々と書いたシールが貼ってあった。





   
Posted by P at 16:14Comments(0)ひとりごと

2017年09月10日

まー日本からもどる

9月6日、日本での4ヶ月半の滞在を終え、まー帰還。
相変わらずゆーじゅーふだんのまー、カナダまでの切符は持っていたけどカナダからシアトルまでの帰り方を考えていなかったまー、なんと心優しいM夫妻が空港まで。。。カナダの。。。迎えに。

21442201_1644730175557872_1887582456_n

お土産は和栗のエンゼルパイ。
私が好きなものをわかっててそれを買ってきてくれるなんて〜。その心遣いができるようになったことがとても嬉しい。嬉しさ100倍。




一晩寝た後は(りおとはちがって)ひどい時差ボケにもなることなく、
いただいた鮭をさばいて、中骨についた肉で鮭フレーク作ってくれたり



(お弁当にしたのは私だ)

9月8日には半年ぶりの歯医者に行って。。。迷って時間までにたどり着けず。。。

9月9日には研修の仕上げの料理を作って写真を撮り(私にダメ出しされまくり)






夜にはほんとにささやかながら誕生祝いもして









子どもたちが人生ゲームをするのを尻目に



レポートの仕上げに専念し



翌日午前7時の飛行機で、カリフォルニアに旅立ってゆきました。





黒い鞄の中は炊飯器と鍋とフライパン。

いやー、慌ただしい4日間だったねえ。

来年4月の卒業まで、たくさん勉強して実習してバイトもして美味しいもの食べて、有終の美が飾れますように。

ジュニア、シニアと進級するのなら、ニューヨークも行ってみればいいと思うよ。人生、やって無駄なことってないと思うから。







   
Posted by P at 16:04Comments(3)

2017年09月08日

木星のような

木星のようなお日様。






とても不思議。



   
Posted by P at 16:21Comments(0)

2017年09月05日

クリスタルマウンテンの山火事

9月初めの週末。9月なのに、90度越えで爽やかな夏への戻りを思わせる晴天。



。。。の翌週。
なにやらきな臭いにおいと真っ暗な空。。。



クリスタルマウンテンが、火事だという。

お日様が、真っ赤になって浮かんでいる。
。。。今日日蝕になったら、フィルター無しでライブの日食見られるかも。。。



スキー場の施設はとりあえず無事らしい。
イーナムクロー郊外の友人のログハウスは、灰が積もっているけど大丈夫だったらしい。


そうして私の喘息はますますひどくなってゆく。。。






   
Posted by P at 14:15Comments(0)ひとりごと

2017年08月30日

新しい炊飯器

アマゾン楽天ヨドバシ価格コムその他で検討の結果、もう一度タイガーの、今度は圧力IHとしてみることに。
しかも。。。

 オレンジ&黒。




奥行き短いんだー。




背は高いけど。
 
今回は条件が、
 圧力IH炊飯器
 予算は2万5千円
 操作しやすい(りおが使うから)
 壊れにくい
の4点。

象印、パナソニック、タイガーで、あっちこっちのHPを行き来しながら検討。
個人的には一番好きなのはパナソニックなんだけど、パナソニックの欲しいのはやっぱり3万円の後半する。象印はいいのわかってるけど。タイガーは本土鍋のが前から欲しかったんだけど、絶対に、炊飯器の寿命の前に、土鍋、割るし。



 ということで、翌日のお弁当に早速つかってみましたとさ。


味はとくに感動するでもなく。。かな。極めだきじゃないからか。

   
Posted by P at 21:07Comments(5)

2017年08月29日

りお帰還

8月29日、りおは日本でせうファミ夫妻に肉をご馳走になり。。。

しょうくんに付き添ってもらって成田に行くも。。。

出発が2時間遅れることに。

これはもう、乗る予定だった乗り継ぎ便には乗れないこと決定。
しかも、LAXにて7時間待ち。。。

午後11時半、無事SEATACで回収。
今回の、お持ち帰り品なり。素敵なお土産をありがとう〜>ふぁみせう、そのちゃん、他のみなさま〜。

 





  
Posted by P at 21:28Comments(3)ひとりごと

2017年08月28日

「案山子」

さだまさしの曲に、「案山子」というのがある。

「元気でいるか 街には慣れたか
 友達できたか
 寂しかないか お金はあるか
 今度いつ帰る」

という 出だしで始まる曲。

遠くで修行をしている息子のまーを思うと、さだまさしが彼の好きなアーティストというのもあってこの曲をよく思い出すんだけど。
息子のことを歌うとなると


元気でいるか
職場には慣れたか
友達できたか
技術は習得できたか
メニューはかけたか
研修のレポートは送ったのか
研修終わってから日本出発までの予定は
来季の授業料は振り込んだのか
友達とのアパートシェアの契約は済んだか
バンクーバーからの帰りはどうするのか
SFOへのチケットは取ったか
etc etc on and on and on...


かーさんは聞きたいことがいっぱいだよ
連絡くれ給え。じゃないと何かあっても助けられんぞあたしゃ。




  
Posted by P at 15:57Comments(8)

もろこし飯

炊飯器が壊れた。
突然エラーを表示して、それきり。
再生方法を試みるも、虚しく終わる。
日本に持ち帰って修理はできるかもしれないが、その手間とお金を考えると、 どうだろう。。。

まーとりおに聞く。
「炊飯器は必要ですか?」
基本、ご飯はりおに炊いてもらっているので、りおさえ良ければ土鍋炊飯でも私は良い。
ちょうど日本にいるので、持って帰って来てくれるならそれでも良い。

二人の協議の結果、りおが持って帰って来ることになった。

それはちょっと先のこと。

木曜日、コズモ食堂弁当を頼む。久々の人の作るご飯。
kanabonさんのところまで取りに行く。



このコーンご飯が美味しくて、コーンをいただいたのを幸い作ってみることにする。
土鍋で。

確かに、豆ご飯とか考えるけど、もろこし飯は考えたことなかった。

作り方:
コメ1.5合
コーン1本 実は落として洗った米と混ぜる。
コーンの芯の湯がき汁 320ccぐらい 芯も入れる
酒 15ccぐらい

火にかけて最大火力で沸騰させ、混ぜる。




泡に粘度が出て来たら火を最小にして蓋をして5分。
泡が出なくなったら火を止めてそのまま蒸らす。




あまーい。甘くて美味しい。
もう少し水入れて柔らかくしてもよかったかも。


ということで、夏の終わりはもう目前。








   
Posted by P at 01:44Comments(4)本日のお料理

2017年08月26日

りお絵画の夏期講習終了

21日から26日のすいどーばた美術学院。
最終日の写真でりお発見。

いくら好きとはいえ、一日6時間もひたすら書き続けるのはかなり辛かったらしい。
着彩もしたことなかったのだが、 さて、どんなことを学んで来たんだろう。

すいどーばたでは通信講座もあるようで、本当にやりたいと思うのであれば、7ヶ月10万円は決して高くはないと思う。

ちょっと頭の隅っこにチョイスとして残しておこう。

なおこの期間、「2ヶ月違いで生まれて」「同じ興味の方向性を持っていて」「すいどーばたの夏期講習に行く」Rくんがいるということで親同士のチャットのノリで決めてしまったホームステイ。 
受験生二人を抱えながらりおをも受け入れてくれた、sonocoさん一家に心から感謝。
何もやることなくてぼーっとしていたかもしれないりおの1週間を、本当に有意義なものにしてくれてありがとう。
15年ぶりの再会も何も、初対面だった子どもたちの15年前と15年後比較も、楽しかったねー。
来年の春お会いしましょう。

 




 
  

2017年08月20日

皿を買う

セコハンショップで見つけた絵皿。
りおを思い出させる読書への集中力。



ともに3ドルで購入。ちょっと嬉しい。

飾る場所はないのでフツーに料理乗っけちゃうのだ。

初物のとうもろこしを頂戴した。
塩茹でして、バターつけていただきました。







   
Posted by P at 21:38Comments(0)

2017年08月19日

イチジクをいただきに

T家の広すぎる庭へ。



プルーンもなっている。いいなあ、実がついて。うちのプルーンは3個しかつかなかったからなあ(しかも二つは鳥にやられる)




イチジクは、ヨーグルトと合わせるとすごく美味しいということを知った。
一回に5個は平気で食べられる。
あとはケーキに。9インチ四方のケーキ型に、ゆうに20個は詰まる。





全部で4回、収穫させてもらいに行ったイチジク、本当にごちそうさまでした。
うちにも一本欲しいわー。



   
Posted by P at 21:44Comments(0)

2017年08月18日

Half Price Booksに



本を売りに行く。



大小古今東西のもの約200冊。

先日来本棚3竿を片付けていて出て来た本。ほとんどのものはブックオフで入手したものだったりする。英語のものは料理本などがほとんど。あ、あとC#についてとかローカリゼーションについてとかの学習本。
小説以外はもうかなり役に立たない内容だし、漫画も十分楽しんだし。
この、2段しかない日本語の棚がちょっとは賑わうことになるかしら。




やっぱり好きだなーこの本屋は。オレゴンのパウエル書店を思い出させて。



 
さて、CDとかも整理しないと。。。
文庫本も手付かずだし。。。

   
Posted by P at 22:20Comments(0)

2017年08月17日

最近ハマったおかず


鯖の梅煮。




鯖 半身 2枚 皮に切れ目を入れる
梅干し 4個ぐらい、ショウガ適宜
酒:砂糖:みりん:醤油:水=1:1:2:2:4
調味料を煮立たせて、魚と梅を入れて、再沸騰したら火を弱めて10分ほどにて、火からおろして味を含ませる。
この残った汁だけでご飯が2杯食べられます。


ついでの鯖塩。しっかりした皮の鯖だった。



ごちそうさま>M水産様〜〜。




   
Posted by P at 23:09Comments(0)本日のお料理

2017年08月13日

りお日本へ

毎年恒例の日本3週間の旅。

今年は初めて、一人で乗り継ぎ便でゆく。しかも、シアトルからとったら最低でも1250ドルかかるということだったんで、LAまで行ってもらいます。LAX>KIX>HND>LAXがJALで810ドル。SEA>LAXはVXのマイルで。LAX>SEAはたまたま見つけたAAの格安で66ドル。
今回の落とし穴は、16歳より下の子は、一人では米国系格安チケットサイトでチケットが取れないということだった。いつからそんなことに!?UAなどの航空会社でもだめ。まーのチケットも問題なくとっていたので、なぜ急に今年から???
 
ダメ元で、H●Sのサイトで探し、購入してみる。
ポチった時、「搭乗者と同じ名前のカードじゃなければダメ」というようなわけのわからないメッセージが一瞬出たが、そのまま通ってしまった。

よっしゃー。

VXのサイトのマイルチケットでは、問題なく購入できた。
LAXからの便もH●Sのサイトにて購入。日本のガラパゴス的進化に乾杯だよ。
 

さて、8月8日朝6時、SEATACにてチェックイン。セキュリティが混んでいたし、時間の余裕もそんなにないのでサクッと並んでいく。



あまりの人混みにかき消され、ゲート通過まで見守ることもできなかったので、そのまま帰ることに。

9時過ぎ、電話あり。「LAついたよー。どこに行くんだっけ?」
いや、あんたさっきそれ調べてたし。
インターナショナルターミナルに到着。
「Bセクションにいるけど、JALなんてないよー」
知らんがなー。鶴丸探せ〜〜、と思ったけど、もしかしたら鶴丸知らないかも?
JALカウンターにて係のおじさんぽい人と話してるらしい。
「お母さん、羽田に行く便なんてないって言われてるー!大阪と東京しか行かないってー!」
君がここから飛ぶのは関空へですが何か?「関空って何ー?」大阪の空港じゃ〜!
「フライト番号おしえろってー。私そんなの聞いてないしー!!」
いや、送ってあるし。ほれほれ。転送するよ。

とりあえずそのあとは無事セキュリティも通過し、ゲートへも到着。
電話が静かになった。

8月9日、関空のゲートを抜けたのが午後7時過ぎ。
バスで徳島へ移動、到着が午後10時ごろだったらしい。そのままタクシーで母のアパートへ行き、無事到着。

10日はちょっとした手続きと関連した外出を。
11日は弟たけの奧さんに連れられ従弟のさけちゃんとプールに。なんと、3Mの飛び込み台からバックフリップなどをしたらしい。えええー。しかも初めてにしては悪くないじゃん。過去の血が騒ぐ私。

Rio_tobikomi



12日はうちの父の一周忌の法要。夕方は踊り見物というか、屋台見物というか。。。

13日はいもーと夫婦と海へ。ボートの運転をさせてもらったらしい。

りおモーターボート

>M水産夫妻
次回はりおも役に立つかも?

そんなこんなで彼女の徳島の夏は残す所あと2日。
15日の夜には徳島を発ち、高速バスで東京へ向かう。


母と弟妹、その奧さんや旦那さんに本当に感謝。





 
 
  

2017年08月07日

絵本を姪っ子たちに

りおたちとは年の離れた甥っ子姪っ子たちに、絵本をもらってもらう。
もっとあるけどあまりにも読み過ぎてぼろぼろだったりするからとりあえずこんなところ。

どろんこハリーはすごく好きだったなあ。ジョージも、やっぱりおさるのジョージじゃなくて。

気に入ってもらえるといいのだけど。
 








   
Posted by P at 23:17Comments(0)ひとりごと

2017年07月28日

「あゆみ食堂のお弁当」が


http://www.asahi.com/and_w/articles/SDI2017072704661.html 

製本化されたそうだ。

50話のうち、23話が選ばれて入れられた中に、私のも入っていたらしい。(というか、全部載せたんだと思ってたわ今まで)

一つ献本されたので、母に送った。

自分の書いた文章が、印刷されて売られている本の一部になっているって、なんか変な感じである。

どこかの本屋で見かけたらチラ見してみてください。


   
Posted by P at 23:37Comments(0)ひとりごと

2017年07月27日

正夢だったらよかったのに

久々のはっきりした夢を見た。

私の昔の実家ー建て直す前の実家は、店舗が母屋より道路側にあり、そのため脇の門から母屋までは20mぐらい路地を歩くようなつくりになっていた。

その実家にこの夏のぶくんとのぶ母が遊びに来ていると言う夢。
のぶくんは早速自転車で一回りしてくると出ていった。
土地勘もないところで、大人も付いていないので、私としては心配していたのだが、そのうち門が開くカシャンという音が聞こえて来た。
ああ、無事戻ったのねよかった、と門のところまで迎えに行くと、のぶくんの後ろに自転車のヘルメットかぶったしんやさんが立っている。「いや〜どーもすみません」と、いつものようなちょっと困った感じで頭をさげる。「あー。お父さんと一緒だったんだったら、よかったねー!」と二人を門の中に招き入れ、しんやさんと肩を並べて(並ばないけど)話しながら自転車を押すのぶくんの後ろを歩く。
 
歩きながら、これは夢か?夢だよな?と自問自答する私。
「いやー今までどうしてたんですかー」と背中をパンパンたたくと、暖かい。あったかいってことは、生きてるってことだよね?

嬉しくなって、玄関をガラッと開きながら、台所にいるのぶ母に声をかける。「のぶははー、しんやさんも一緒だったから大丈夫だったよー。」言いながら振り返ると、しんやさんの姿はそこにはなかった。。。

で、目が覚めたんだけど。

折しもその日は日本のしんやさんのご実家の方でしんやさんの一周忌法要を前倒しして行う日だったことに気づく。
きっとそのために呼び戻されたんだろうなあ。
 

命日まであと10日。
しんやさんはのぶ母さんとのぶくんをいつも付かず離れずで見守っているに違いない。
私のところにも立ち寄ってくれてありがとう。

   
Posted by P at 01:13Comments(2)ひとりごと

2017年07月18日

日野原さんと砂川さん

二人の訃報に接した昨日。

「生涯現役」をつらぬいた医者の日野原重昭さん。
呼吸不全により、天へ召されたとのこと。
最初の出会いは絵本の「勇気」だった。
バーナード・ウェーバーの翻訳本。子どもたちに繰り返して読んだ。
軽快なテンポで、自分に言い訳して甘やかしてしまいそうなあんなことやこんなことを、「やってみよう」と後押ししてくれる。子どもたちも大好きで、よく口ずさんでいたなあ。
ほぼ日の対談を見つけて読んだ。15年も前の話なのに、そしてその内容はそこから30年も遡るのに、なぜかあたらしい。あのころの糸井さんと同年代になっている自分に、あのころよりももっと自然な形で、すっとはいってきた。
全然別件だが先日、「過去を語るひと、自慢するひと」に未来はない、というようなものを読んだ。
どんな実績があったとしても、いまその過去の偉業に支えられて生きているようではだめだというような内容だったと思う。
生涯現役、それがなにであっても良いではないかと思う。「引退」や「勇退」などということを考えず、昨日までのことをベースに今日よりよいことができるような、そんな人生であればいいなあとおもう。

 
砂川啓介さんも同じ日に亡くなった。
この方は「どらえもんの声優、大山のぶ代さんの夫」というほうが有名かもしれない。
(おかあさんといっしょの前身番組の 体操のお兄さんだったことを初めて知った)
重度障害のあるの連れ合いをもち、献身的な看病をしていた人がさきに逝ってしまうという話はよくある。自分の父方のおばが、もう患って久しいのだが、施設へ夫婦揃ってうつり、看病していたおじがさきに逝ってしまった。1度か2度しかあったことなかったおじは温和な人で、血の繋がりもない義理の姪までいつも手書きの近況の入った年賀状を毎年送ってくれたものだった。
療養中の連れ合いを置いて行かざるを得ない状況にあって心残りはなかっただろうか。自分の役目がきちんと果たせたことを胸に、連れ合いの来る日を心待ちにして逝くことができるのだろうかと、おもったひと時だった。


関東では盆の入り。
各地で梅雨明けも宣言され、暑い夏がやってくる。
どうか日本のみなさま御身大切に。
 仕事場クーラーきついっす。
   
Posted by P at 15:03Comments(0)ひとりごと

2017年07月16日

りおの運転練習の夢

日曜朝久々に長編の夢を見た。
先日15才になったりおに、運転を教えるという夢。

まだ半年経たないので、ペーパーの試験も受けることができないが、私有地で車庫入れや方向転換を隣に乗って教えることに。
実はびびりのりお、バックに失敗し案の定止めてあった車にぼかん。
注意するとそれが気に入らなかったらしく、急発進して敷地外へ。

ひーーーー!!

まだアクセルもブレーキもギアもわかってないのにぐんぐんスピード上げて荒川の河川敷みたいなところに。
河川敷では何かフェスティバルが催されているようで、車がいっぱいとまっている。

そこでもああでもないこうでもないと練習していたけど再度何かが癪に触った娘。河川敷の道を土埃を上げながら失踪。映画「タクシー」よりもこわいっ!!!!
あえなく見張りのパトカーにつかまる。なぜか日本のお巡りさん。そこで改めて「そういえばりおは逃げも隠れもできない無免許だったことに気づく。日本だと免許取得は18歳からだから。
そのまま豊洲署あたりに連行される。(なぜ豊洲書なのかはわからないのだが。。。)

取り調べで私が謝り倒す横でりおはふてぶてしく構えている。「反省することなし」ってやつか。

結果、りおは今後2年間免許取得禁止の刑に。ホテルのドアノブにかけておく「Don't Disturb」みたいな札に罪状と刑がかいてあるのを首にかけられる。私自身はどんな罪に問われたか忘れたけど、安心した記憶がないからなにか受けたに違いない。

もう夢見ている間中夢なら覚めてくれ〜〜〜!とおもっていた夢など本当に久しぶりだったわー。



    
Posted by P at 05:42Comments(0)ひとりごと

2017年07月15日

ラズベリー狩り

土曜朝目覚めたら6時。空が真っ青。
昨日ネットで見ていたラズベリー農場情報を思い出し、今日の予定を考える。
朝ごはんを何処かで食べて、ラズベリー狩りに行って、戻ってりおの空手に行けばちょうど良いかも。。。

ということで寝こけている娘を文字通り叩き起こして準備をし、フォールシティに7時40分に到着。朝ごはんの場所がまだ開店していない。。。


待つこと20分、開店。
しかし。。。朝ごはん、高すぎだよね。。。二人でオムレツと飲み物で43ドル税さこみ。これからは1品頼んでシェアだな。どうせ倍の量あるんだから。







ということで、午前9時、ラズベリー畑へ到着。
おおー、すでに満車状態。

空は青いけど朝なのでとても涼しい。快適快適。


後の予定のため、今日は1時間1本勝負。りおも黙々ととっている。





結局40分ぐらいでお腹も一杯になり飽きてきて(りおが)、撤収する。
まだまだあるよー。今月いっぱい大丈夫そうだ。





今年は1パウンド2ドル80セント、4.5ポンドで13ドル弱。
今年もう一度いけるかな〜。でも十分満足しちゃったら、行かないんだよなあ。

これを書いている今午後2時で、死にそうに眠い。。。






  
Posted by P at 13:55Comments(0)シアトル生活

2017年07月14日

カニは続くよいつまでも

カニドリア


カニ雑炊



ゆでダンジェネスクラブ







ずっと晴天続きで気持ちがいい。
シアトルの夏やっぱり最高かも。


追加:カニリゾット。カニ率50%ぐらい?















   
Posted by P at 04:00Comments(0)シアトル生活

2017年07月13日

カニ祭り

日曜深夜にM水産より、レッドロッククラブ4杯デリバリー。




小ぶりのカニで、どうしようかと思っているうちにあっという間に水曜日。

遅くなったので、りおに掃除しておくように伝えて帰宅。

。。。ボウルに入れてあるだけじゃん〜!
 仕方がないのでガシガシ洗う。亀の子束子がすごく役立つ!!

ぬめりを取って、はかまを取って、甲羅を開けて。。味噌がいっぱい。
 
小ぶりの二つを蒸してみて、




一番小さいのはカニ炊き込みご飯に。



一番大きいのをにんにくオリーブオイル焼きにしてみることに。(考えている間もなかったもので)



 まず蒸しあがり



ご飯がグツグツと煮え



炊き上がり



焼き上がり



豪華に並べてみましたよ。



ところで私は甲殻類に対して興味がなく、カニもまた同じ。
料理するのはやぶさかないのだが、食べてもらう人がいなければ大変なのだ。
うちのカニ食いりおが呼んでも生返事しか帰って来ず静かだと思ったら。。。

寝ていた。。。(怒)

これを私一人でどーしろゆーのかねー!?
せっかく美しく盛ってみたのに。

仕方がないのでバラして、タッパーに詰め込んで、一人宴会(にもなってない)おしまいっ!!


ところで、今日は別のカニが4杯A水産よりデリバリされて。。。

求む 食べにきてくれる人〜〜〜!


   
Posted by P at 15:32Comments(1)シアトル生活

2017年07月07日

根っからの、ノラさん

暖かくなってから(暑いけど)、うちのじゅんくんは出ずっぱり。
朝4時に戻ってきて、飯食って、仮眠して、7時ごろ外へ。夕方3時ごろ戻ってきて、 飯食って、ゴロゴロしてから、夜10時ごろ外へ。

何してんだかー、ご近所さんの世話になりっぱなしなのかなー、などとかまえていた。
先日の花火の日にはさすがに、終日戻って来ず、心配したが午前2時ごろ戻ってきたのだけど。

一昨日夕方、ふとリビングの北側の窓の外を見たら。

 19807192_10213474845123219_240095422_o

なんかいる。。。

19832808_10213474861443627_1738218378_n


。。。君の毎日の外出は、そこで寝るため〜!?


猫は一番気持ちのいい場所でいるというけど、そこはさすがについていけない。。。



斜め前の家が売りに出された。
1週間経つか経たずで、もう買い手が決まったらしい。
うちとは全然違って、古くともちゃんとメンテをしている家である。
いい人が来るといいなあ。

  
Posted by P at 12:28Comments(2)Kitten な日々

2017年07月04日

今年の7月4日は



暑い。

なぜか朝からとてもチリビーンズコンカルネが食べたくなって、
夕方家に帰ると同時に、作る。

途中でスーパーに寄り、 時間短縮のための缶詰のベイクトビーンズを入手。

帰って、肉を小さなサイコロ状に切り、炒めて、みじん切りにした玉ねぎ、セロリを投入。
ワイン入れてアルコール飛ばして、ブイヨン入れてさらに炒め煮、トマト缶を入れて煮込む。
さらに煮込んで、ベイクトビーンズ入れて、煮込んで出来上がり。
仕上げは刻んだネギと、3種類のチーズと、サワークリームを乗っけて。



めんどくさがるりおと一緒に庭ご飯。



デザートにはこれまた手作りチョコケーキで。オーブンが壊れているので、小さいオーブンで焦げてしまった。





ああ、濃い夕食だった。


近所の友人が、自宅で植えて育ったバラをくれた。
朝4時、すごく綺麗に咲いたが、1日で終わってしまった。残念ー。












   
Posted by P at 15:59Comments(4)

2017年07月02日

恒例の、東ワシントン詣で

先週からはじまったさくらんぼのU-pick、今年は久々に「平年並み」のはじまりで。

今週か、来週かと逡巡の結果、日曜の朝一で出かけることにした。

午前6時に出かける。。。はずだったが、洗濯物のジーンズが乾いていない。。。orz

出発午前7時半に変更。
一路東へ。深い霧とグレーの空。気温は60Fを割っている。
でも、あの山の向こうには太陽が輝いているはず!



デニークリークの出口を通り過ぎた途端、朝日が前方の山々にさして、
黄緑色の梢と、黒々と成熟したもみの葉のコントラストがため息つくほどの美しさだ。


(もちろん写真には美しさはうつらない。。ハイビジョンテレビでも映し出せまい。)

サミットを抜け、東へ東へ。りおはすでに夢の中。



快調に走っていたら、クレエルムを過ぎ、83番のウエナッチへの出口をミスる。つぎは10マイル先まで出口なし、しかもその出口はどこにも行けない。
まあいいや、遠回りだけど〜〜、と、そのまま突っ走る。ヤキマへの109番の出口を通り過ぎ、エレンズバーグを抜けて、風車の見えるレストエリアで休憩。
このレストエリアは、去年のキャンプの帰りに、窓ガラス周りのパッキンが取れてとんでもなくなったところだー。





遠くにレイニアが。(レイニアだよね?)

そうそう、今回は久々にSAABで遠出なのだ。ここまで遠くにSAABでくるのはたぶん8年ぶりぐらいか。



ということでトイレ休憩の後、さらに東へ進む。
両側のおびただしい数の風車に見下ろされながら、坂を下ると、コロンビア川につきあたる。
懐かしい、前回この道を来たのは2年前のアイダホ行きの時。午前5時の満月の未明で美しかったよねーとりおと話しながら、せっかくだからアイアンホースのビスタポイントにいってみるべと寄ってみる。このビスタポイントは、西からしか来られないのだ。



この丘へ登るトレイルは、とても遠くだと思っていたら、昼間見ると思ったより近い。どうやら10分もあれば馬のところに行けるんじゃないかい?ということで、登り始める。朝9時とはいえ、日差しは結構きつい。



(↑りおはどこでしょう)

私も追いかける。右の道が急そうだったけど、登れないことなさそうなので登り始めたら。。。足場の岩が少なくて、滑落寸前。ここで滑り落ちて「日本人女性20m滑落で大怪我」とか新聞に載りたくない。
ばあさんのようにゆっくり時間かけて登ったので持病の喘息発作も起きずに、なんとか到着。



これで、東屋でもあれば休憩できるのに。。。(日本ならあるだろうなあ自販機とともに)



りおは木陰ならぬ馬陰で休憩中。「おひさまきらぁい〜〜」

ひっぱりだして、先頭の馬ととりあえず到着写真を撮り



たまたま居合わせた人に二人入ってる写真を撮ってもらうこともでき



速攻でおりる。なんとなく達成感あり。



90号線に戻り、またもや東へ。



Quincyの街からは北へ進路を変えて、川沿いの道を30分強で、東ウエナッチへ到着。午前11時過ぎ。



脇目を振らずに「私の木」へ。今年はちょっと小粒揃いかも。
午前中の人や、土曜日の人にかなり採られたらしく、赤いの少ない。



これはでかいが。

さくらんぼ摘み娘は


30分で脱落。。。



しかたがない、一人で中国語に囲まれ老体に鞭打ちつつ
ビング、



レイニア




パイチェリー、と



全部で17パウンド採取。
づがれだぁ。




帰りはウエナッチの街中にある、ワイルドハックルベリーというパンケーキハウスへ。レビューが良かったので。



ちょうどお昼が済んだ人たちと入れ替わりになり、空いた瞬間だったらしい。よかった。



ハンバーガーと、ピーチワッフルと、サラダを頼む。
パンケーキは直径が30センチぐらいあるらしい。別の席の人が頼んでいた。



お味は。。。
サラダは残念ながら新鮮じゃないカットレタスを使っていて、アボカドは薄く、フェタチーズは少なく、これで11ドルは許せない。
ちょっとこれではあのいい評価はできんぞー。

ハンバーガーは食べてないのだが、フレンチフライはとてもおいしかった。
アメリカンスタンダードなものなら美味しいのかも。
ピーチワッフルはあますぎ、でも、まあ、あれもある意味アメリカンスタンダード(爆)。

サービスは、暇だったこともあってか評判通り良かった。
あと、トイレも清潔でよかった。(一つしかないのが残念だが)。


こんどはパンケーキにしてみよう。


帰りはUS2で西へ、西へ。
レベンワースを通り過ぎ、いつもの滝のところに寄り道。
すごい。。。こんなに大量の水、見たことないかも。

VID_20170702_161305

山道入った途端に。。。眠い。
カラスのようにぎゃあぎゃあ喚きながら運転。焦点を失う私の目を見てりおが焦る。
おきまりのカエルの歌とカッコーの歌の臨床で持ち直し、自宅にたどり着いたのが午後6時20分。
疲れてお風呂にも入らずに撃沈。















   
Posted by P at 20:50Comments(5)

2017年06月23日

ようやく夏〜

とっくに夏至も終わり、毎日毎日日の短くなるのを実感している今日この頃。
ようやく、あったかくなって来ました。

というか、あったかくというより、急激に暑く。。。

 


いままで5年間、独立記念日近辺の週末には東ワシントンのWenatcheeで3ー4家族合同キャンプだったが、今年はちょっとお休み。去年のキャンプは本当に最高に天気が良くて暑すぎず気持ちのいいキャンプだったなあ。

こんな日に、りおはわたしの要請で隣町へお使いに。「ちゃりでいけばいいよ」という忠告を無視した娘、バスでP&Rまでおり、そこから乗り換えてイーストゲートと呼ばれるバスのトランジットセンターへ、さらにファクトリアへというバスを待っていて。。。そのバスは来ない。歩けば10分の道に40分ほど待ってようやくバスに乗り込み、ウォルマートに到着。店取り置きの洗剤2本と歯磨きだったのだが、ご立派な段ボール箱にいれられて来たようで、ご丁寧にそれをかかえて(中身だけ出して箱は置いてくればいいのに)帰途につく。かえりにナンデモンによってニラを買い、バスに乗ったらサウスベルビューのトランジットセンターまでつれていかれたらしい。かくして最後のバスに乗り島のP&Rまでもどってきたのは出発から3時間半後だったらしい。



お疲れ様でした。ちゃんちゃん。




   
Posted by P at 00:08Comments(2)シアトル生活