2017年04月28日

久しぶりです

3月末に日本に行って2週間過ごし、4月16日に戻ってきてからはや次の2週間が過ぎようとしている。
父の月命日もあっという間に過ぎ、5月6日に納骨らしい。

ということで、日本での日記はまた逆行しながら埋めていきます。

ーーー

日本でいろいろなものをまた持ち帰りの重量目一杯もちかえってきたのだが、
その中の一つが、これ。



アルミの小判形弁当箱

大きな四角いドカベン型

P1060470

は前々回に帰ったときに持ち帰ってきたのだが、さすがにりおにはでかすぎる。
アルミの小さいのないかなーと考えていたところに、たまたま行った銀座三越で、「グローバル弁当」展なるものが開催されていたのだ。即買い。
通常のアルミの弁当箱よりも質感がある。深さもあるので、ちいさくみえてもこれでご飯1膳分は軽くはいってる。

ということで、またもや朝のチョイスができて嬉しいのであった。明日のおかずはハンバーグの予定。

ちなみに、見た瞬間に心惹かれたが諦めざるをえなかったのが、これ。

 

輪島キリモトのひさご型弁当。(上記図はホームページより貸借)

いや、大きさは自分の作る弁当としては現実的じゃないんだけど、
とにかくかわいい。しかし、お値段はとてもかわいくないので。。。

いつかはクラウンリストに追加だわ。


グローバル弁当展、時節柄ちょうどよい遊山箱も飾ってほしかったなーなどとおもうのであった。




  

Posted by P at 18:53Comments(1)TrackBack(0)ひとりごと

2017年03月31日

旅のトラブル上級編

さて。日本に向かう機内です。初めての787。結構満室。ANAの空飯おいしい。昔覚えていた頃より美味しくなってるかも。。。
で、ここに至るまでにまたもやありえない人が口を揃えて言うであろうことになったために経緯を記録。うだうだ書いているので、面倒な方はよみとばしてください。

===

父のこともあり、りおが高校に入る前の最後の春休みでもあるため、帰国を考え始めたのが秋。私としてはありえないほど早いプランだった。いろいろ見ても、シアトル便が一番高額。LAX>SEA>NRTとかで$700ぐらいなのに、なぜシアトルからなら$1200になる?
結局大晦日最終的に選んだのが、二人で1200ドル未満のバンクーバー出発便。これだと車で2時間半でバンクーバー、一泊して車を16日間あずけてもUS$200ぐらいのため、一人分が700ドル未満でおさまるし、シアトル出発の時刻が自分の自由になる。本当に時間があれば台北経由とかでおいしい台湾飯をたべたり夜市に行ったりしたかったんだけど、いろいろおりあわず今回は我慢。
YVR>SEA>NRT、帰りはHND>YVRという旅程。前日出てきたシアトルに戻らねばならぬという皮肉さ。
徳島との往復は、たまたま残っていたマイルを使って無料となる。
東京で3日、徳島で10日、東京で4日ということになった。

月日は流れ、先日思いがけなく父が亡くなったがりおの期末の関係などですぐには発てず、計画そのまま遂行となる。国内便の変更も考えたが、変更料金が見合わないためあきらめる。

3月29日仕事から帰って、荷物を詰め、部屋を片付け、夕方8時半出発。
Mill Creekまでは天気も良かったのに土砂降りとなる。私が長距離運転が苦手なことを知っているげどます氏夫妻の励ましを受けながら進む。この雨もスカジットを過ぎてようやく収まる。順調に国境にむかっていき、パスポートを取り出して気づく。

。。。いつも財布に入っているはずの、私のグリーンカードがない。。。

とりあえずカナダに入るのにGCはいらないので、国境を越える。
カードは先日カナダのESTA登録した時に、いつも所持している名刺入れに入れていたことに気づく。で、GCのことは忘れて、「うーん、これはいらないね!」と、置いてきたことも...。

ホテルに11時半頃到着。
荷物をひっくり返すも、名刺入れはない。
しょうがない。ねこの面倒を見てくれているご近所さんに送ってもらおうかなどと考えて、ハッと気づく。

。。。飛行機が、アメリカ経由便だ。。。(蒼白)

解説しよう。
普通の日本人は、アメリカとはビザなしで行き来できることになっているため、ESTAというのに事前登録していればパスポートだけで入国できる。
グリーンカードホルダーは、日本のパスポートなしでもグリーンカードだけで入国できる。
反対に言えば、グリーンカードがなければ基本アメリカへは入国ができないのだ。ESTAに登録もできない。また、グリーンカードの携帯は法律で定められているので、提示を求められた時には持っていないと不携帯の罪となる。
そして、カナダからアメリカへの入国には、カナダ内に入国審査場があり、そこを通らねば入国できないことになっているのだ。

旅行通のげどます氏とチャットしながらどんなオプションがあるかを考える。
どの時点でGCは必要となるのか。
通常チェックイン時には必要ない。
セキュリティでも必要ない。となるとやっぱり最後の関門は入国審査場。
最悪、バンクーバーから日本に直接飛べる瓶の購入が考えられる。検索してみるが出てくるのは、出発は30日だけど到着が4月1日というスーパー経由便ばかり。唯一可能性があるのは、YVR>YCC(カルガリー)>NRTの便。これが結構空きがあるらしく、値段的にも往復1140と当日購入にしては手頃で、とりあえず候補とする。他にも幾つかのバックアップを考え、腹をくくれたので2時間ばかり仮眠。

7時30分、ホテルのシャトルで空港へ。
エアカナダのキオスクでチェックインしようとしてもエラーになる。マニュアルチェックインしてもらってとりあえず荷物を預ける。
セキュリティを抜け、いよいよカナダ出国、そして米国入国。並ぶ入国審査処理機を無視してガードの人へ。「GCホルダーだけど、家に忘れてきちゃって携行してないの。オフィサーと話させて。」

隔離部屋に連れて行かれ、放置の刑に処される。幸い混んでいないのだが、通常1時間とかかかってもおかしくないので、諦めて待つ。
20分後、呼ばれる。「GCはどこかね?」「自宅のここにあるとおもいます」「じゃあ、今回は入国を認めよう。ただし次回同じことがあったら、罰金580ドルだから。わかってる?」

おおー。お咎めなしだー!

隔離部屋を出され、米国側へ。さっそくげどます夫妻に報告。

良かった、良かったとの声の中、こあもぐさんが、「午前中だったら取りに行けますよ」と申し出てくれ、じゃあ、シアトルの空港で受け渡しを。。。という、予定にはなかった展開に。

10時30分、バンクーバー出発。11時30分頃シアトルのゲートに到着。
外へ出てカードを受けとり、仕事があるこあもぐさんは颯爽と去って行く。その後ろ姿には後光が差していた。


これが無くしたということであれば、また手続きがかなり変わってきていたはず。
今回は無罪放免かつげどますこあもぐ夫妻の連携プレーと、経由がシアトルだったなどという偶然が重なり、またもや私は見えない手に助けられてしまったのだ。ありがたいありがたい。




  
Posted by P at 12:51Comments(5)TrackBack(0)ひとりごと

2017年03月23日

実父逝去

米国時間3月21日朝5時/日本時間の午後9時ごろ、一番下の弟から緊急ラインで、実父が亡くなったらしいと連絡が入る。
続いて日本時間の夜9時21分、確認したという連絡が。

松山の弟も、高松の妹も参加して、移動開始。
私はかねてから決めていたように、葬儀のためには帰らないことにしていたのでこっちで待機。
松山の弟と奥さんが中心になって、準備をしてくれた。本当にありがとう。シンプルないい祭壇だと思います。

父は本人悪気はないが何かとお騒がせな人で、今まで交通事故や心臓病や脳卒中などで3回ぐらい死にかけても奇跡的に復活していたので 、タダではいかないだろうと思っていたのだが、人がまだまだ先だね〜と思っているのを尻目にそーっと逝ってしまったらしい。全く父らしくもない。いや、人の予想の裏をかくというところでは父らしいか。

弟が写真を送ってくれたのだが、これがまた父の母(私たちの祖母)にそっくりで。
私は祖母にそっくりだと言われているので、歳いってお迎えが来た時には「じいちゃんにそっくりやな」と言われるに違いない。はー。

日本では今頃、火葬も終わって一息ついているところかな。まだ誰もオンラインにならないということはまだまだ忙しいのかも。
お疲れ様でした。予定通り私は4月3日に徳島に戻ります。






  

2017年03月17日

今日は天ちゃんの命日で

2014年3月17日。もう3年も経っちゃったのかー。
と思っていたら、久々にチャットした友人の猫も、2015年の日本時間3月18日に亡くなったということが判明。 

そんな偶然があったのか、と、驚いたのだった。 

さてセントパトリックスデーだったので、



アイリッシュソーダブレッド作成。
普通の薄力粉と全粒粉しかなかったので、ボロボロ感に欠けるところがあるが、味は今まで作った中でかなり美味しかったかも。

今回のレシピ:
(カップは日本の200cc)

薄力粉 1.5カップ
全粒粉 1.5カップ
塩 小さじ1.25ぐらい
ベーキングソーダ/重曹 小さじ半分
牛乳230cc+レモン果汁20cc+溶かしバター10cc
(バターミルクの代わり)

1 粉類を混ぜる。ふるう必要なし
2 牛乳レモンバターミックスを注いでへらで混ぜる
3 全体的にまとめて打ち粉をした台の上で5ー6回こねる
4 丸くまとめて上に+の切れ目を入れ、425度/220度に熱したオーブンで30分やく。焦げそうな時はアルミ箔をかぶせる

別名クイックブレッドと呼ばれるんだけど、本当に早いわ。


アイルランドの風景写真を集めたサイトがあった。
https://weather.com/travel/news/amazing-destinations-ireland 
懐かしい〜〜〜。





  

2017年03月14日

雨雨降る降る。。。

Singing in the Rainでも歌って踊りたくなる今日この頃。

FB友人がシェアしていたこんな情報も。

「3月は全米で記録破りの暖かさ。。。。ワシントン州を除く。」


 
 「ワシントン州、やる気あんの?」ですって。
ないない。今日も雨。




   

2017年03月13日

ありえない。。。

シアトル近郷の2月の不動産価格ー40%が100万ドル以上


どこまで続くこの不動産バブル。。。

私の住むところは、古くからの住宅街なのだが、
あまりにも古いので、売られる>壊して建て直される が最近日常茶飯事で。建て直された後は建て直される前の倍で売られる。ありえない。いや、ありえるけど、全く持って健康的じゃない。

ここ2ー3年ほど、建て直される時、床面積がでかくてただ真四角な無機質な家がどーんと作られることが多くなり、街の景観とか、近所への配慮とか、庭とか、対敷地面積とか、全く考えられずに突貫工事(着工から完成まで4ー6ヶ月)で作られる家があまりにも多すぎで、市に「むやみにデカすぎる家の建設を認めないこと」という条例の申請がされたらしい。大賛成。

でもなあ。隣町だと、最近作られる家は1軒の敷地に2軒分。シアトルにあってはいわゆるペンシルハウスのタウンハウスがすごい勢いで建てられている。私は個人的に悪くないかもと思っていたのだが、先日友人宅に遊びに行って驚いた。内径3メートルしかないのだ、幅が。奥行きがそのぶんあるけどやはり、内径がそれしかないっていうのはかなり閉塞感を感じる。しかもコンクリ打ちっ放しで寒々しくて、天井が無駄に高くて、びっくりするほど寒かった。たまたまその時だけだったのかもしれないけど。。。私はワンフロアでいいから、横幅がある方がいいなあ、と思ってしまったのだった。




   

2017年03月06日

昇段試験合格

小5の秋に自分で見つけて来た空手教室の門をくぐり、年3回の昇級試験を受け一度も落とさず昇級し、昨年6月に1級に合格。
新学期からは週最低4回、5キロ離れた空手教室に通い続けて来た。
私のシフトの変更で送り迎えができず、冬の極寒時にひとりで自転車とバスで雨の日も雪の日も通い続け、土曜日は朝9時から2時間の朝練に行き、最後の数週間はスパーリング&組手パートナーの自宅に上がり込ませてもらって練習。

3月3日は雛祭り。
昇段試験は非公開で、かーちゃんは駐車場から見守る。(これはりおではないですが)


 
夜はそのままkanabonさんちにいって注文していたハンバーグ弁当をうけとり、ついでに転がり込んでご飯を食べさせてもらう。もしも試験に落ちていたら、夜の10時までに電話が来る。りおの緊張が半端無い。
 
何事もなく10時を過ぎ、電話はならなかった。
おめでとう〜〜!

翌日昼、昇段試験の合格者が集まり新しい帯をもらう。
今回は34人受け、22人が合格したらしい。65%の合格率。

りおのようにある程度大きくなってから始めた子、または大人は、誕生日と試験日の兼ね合いもあるが最短3年2ヶ月ぐらいで昇段試験が受けられる。そのコースで行けるのは11歳以上から始めた子で、14歳で黒帯を取る資格ができる。今回最年少は11歳、7年間続けて来ての合格。多分、これもほぼ最短コースできたはずだが、小さな子達は級のあいだに中間層の級があるので、10級、9.5級、9級。。。というようなステップを踏むため、大人の倍かかるのだ。ということは、倍のお金も。。。(以下略)
22人中、4年未満での黒帯取得者はりお入れて7人ぐらい。中にはテコンドーナショナルレベルの有段者(17歳の女の子)も。あとは3ー5歳から始めての11ー13歳の子供たちだった。
リオのパートナーの女の子は残念ながら不合格だった。りおとしては信じられなかったようだ。

さて、セレモニー。
ひとりひとり前に呼ばれて、 プロフィールを紹介され、黒帯を受け取る。りおが心から尊敬するアンドリュー先生から黒帯を渡され幸せなりお。

VID_20170304_131418

 

 

この空手教室では、黒帯となったと言っても、実は「準初段」扱いで、いまから1年間研鑽して、そこで初めて「本初段」と認められる。2段への昇段試験受けるにはそこからさらに18ヶ月待ち?らしい。「道」を極めるには時間がかかるんだなあ。

りおはまだ先へ行くつもりでいるらしいので、がんばれ〜と応援。
続けていれば高校卒業時ぐらいに3段の受験資格ができるのかも。






   

2017年03月04日

もう一つの合格

りおが12月に受けた日本語検定試験の正式な結果が返って来た。



A判定での合格。



まあ、4択なので、実際にかけと言われたら受かることができるのか非常に難しいのだと思うけど、
(特に漢字とか)
兎にも角にも、おめでとう。よく頑張りました。

いまでも、親としてはちゃんと土曜日の日本語学校に入れておけばよかったという思いは山ほどある。そのために素晴らしい日本の言語文化や語彙をデフォルトで身に付けることができてないわけなので。
リスニング、スピーキングはかなりのものを持っているのが幸いだが(幼い頃から大人の言葉遣いで育てて来たので)、やはり漢字や語彙、歴史や文化などはきちんと学習しなければ身につかないので、このまま社会に出るのは非常に厳しいものがあるだろう。できれば高校になったら興味を持って学習してみてほしいんだけどねえ。


ということで、空手黒帯と合わせ技で合格2本!の週末だった。



最近は朝晴れてもすぐ曇ってどんよりの3月。
さっきは小雪がちらついていた。
2年前に満開だった木蓮は蕾もまだ固い。
3週間前に折れて落ちた山茶花の蕾が色づいて来ました。
水に挿してあるだけなんだけど、さくかな?







  

2017年03月03日

今年も出したよお雛様

ちゃんと記録しておかないと。最近物覚えがひどいから。



なんか順番違うような気もするけど気にしないことにする。
今年は(も)ひなあられを買い忘れて、パステルカラーのラムネが祀られている。

寒くて冷たい雨のひな祭りとなった。


   

2017年02月26日

今日の掘り出し物

ラーメン屋の隣にバリュービレッジがある。これはいわゆるスリフトショップ。
幾つか普段使いのグラスが割れたので、補充しに。

と、とある急須が目につく。
青地に、梅の模様。。。どこかで見たことが。。。
割れもかけもない。ちょっと外側がテープの糊の跡などで汚れているけど。
急須フェチの私としては、 入手しかないでしょう。4ドル99セント。



持って帰って調べると。。。やっぱり!!私の持っていた皿&豆皿の模様と同じなのだ! 



この皿は数年前にたしか、にゃんからもらったもの。
今もお気に入りで使っているので嬉しさひとしお。



銘もチェック。どこの窯なのかは知らないけど。。。源右衛門と似てるけど銘違うもんね。



こんな異国の地でこんな兄弟分に巡り会うなんて〜。
気に入っていたデザインなので、余計に嬉しい。

先日日本で購入したばかりの、いわきのジャンピングティーポットを、
ちょうど二人ぶんのお茶入れるのに最適でお気に入りで使っていたんだけど、徘徊していた純に落とされ割られてしまったので、早速これで紅茶を淹れる。

おやつはアップルレーズンパイ アイスクリーム添えでした。









   

ラーメン Akane

りおの昇段試験前の最後の週末の練習が終わって、「どこかに食べに行くか、家でカップラーメン(前回24個買って6個食べてその後手づかずのもの)」という選択肢を出したら食べに行くことに。
りおの希望はラーメン。で、最近ちょっと話題であった、WoodinvilleのAkane(あかね)という店に。
えらいYelpなどでも評価が高いのだ。
 
りおは豚骨とガーリック味噌を悩んだ末にガーリック味噌。




私は坦々麺を。




餃子は揚げてあるようだ。タレは甘い。この時点で個人的には日式じゃない。



坦々麺は珍しく辛さが立つものだった。汁は少なめで絡めて食べるタイプ。
ガーリック味噌も濃厚なスープが美味しいというりおの弁。
焼いたチャーシューがお気に入りだったようだ。

で、りお的な評点としては、「10点中6点」だそうで。
我が家のお財布にも優しいシアトルのふうりんとの比較では、「ふうりんの勝ち」だと。

またもや超えるところを見つけることはできなかったか。。。

二人で上記で税サ込みで35ドルでした。






 

   

2017年02月21日

今年は例年並みに

春を告げる一番乗りはスノードロップ(雪割草)で。



なんとのすべんのM家より40日も遅い開花。
そんなに日当たり悪いのかうちの前庭は?

水仙やクロッカスやチューリップも何気に伸びて来ているのを発見。
春はもう直ぐ?





今年こそは土を入れたいんだよねー。まともな土を。
あとは裏のしばふだな。。。 苔むしてる。。。うーん。やはり芝生は諦めて山水調にするべきか。


ももとプルーンはまだまだ蕾が固いです。

   

2017年02月19日

スキー教室最終日

スキー教室のボランティアが終わった2月の2週目。
定点観測。



朝は春を感じさせる薄曇りだけど、雪はしっかり固い。



暖かかったので、ロッジに駆け込んでくるグループもほとんどなく、いい感じで暇だったりする。
11時ごろからみるみる晴れて来て



子供達に取っても最高の最終日となる。

昼からは本当に暇になったので、同じくボランティアのK子さんが是非滑っておいでと勧めてくれたので、一人でスキー。うわー。20年ぶりぐらい?もっとか?



VID_20170212_134406





ということで、これにて今年のスキーはおしまいに。。。したくはなかったのだが、たぶんなることになってしまった。
車に積んでいたスキーを盗まれてしまったので(涙)。






   

2017年02月12日

雪の後始末を

お向かいのC夫妻と、のすべん村のM夫妻のご協力によりおこなうことができました。

 

Rさんの18インチプロ仕様のチェーンソーがモノを言い、二つの裂け折れた大枝を処理して、幹に残っていた南と東側の大きな枝を落として。
柳の木はかなりスリムになり、20袋分の枝のつまった袋とヤード箱1個が満杯に。

丸太が山のように。



道ゆく人々と言葉を交わしながらやってたら、9時に始めたものがいつの間にか4時になっても終わっていない。
この木の枝たちをどうしようかと思っていたら、なんと市が無料で回収してくれる場所を作ってくれたそうだ。





よかった。ゴミ処理場に持って行ったら他のものと一緒に処理されるだけだけど、これならきっとウッドチップに加工してくれるに違いない。(それで欲しい人に戻してくれたらさらに良しなのだがそれはない)
丸太のいくつかは、近所の人たちが運んで行ってくれたので、あらかた片付いた。

最後の仕上げに郵便箱をつけ。。。



これで郵便屋さんもちゃんと運んでくれることでしょう。




裏庭のモクレン(隣家からはりだしているの)も二つ大きな枝が落ち、今日はそれも片付けて。いまさらながら雪害の怖さを感じたのでした。

まだまだあちこちに被害がたくさんあるみたいです。

 
   

2017年02月11日

大雪でしたよ。。。

今日は広島や鳥取あたりがすごいことになるという話を聞いているが、
雪の当たり年の今年、予想もされないほどの大雪に見舞われた。
日曜日の夕方、 雪の世界から帰ってきて日記を書いて寝て起きたら。。。



裏庭が銀世界に。
おおー。軽く18センチは積もってる?



あーこれはりおの休講はきまりだ。
パタパタ用意をして、表に出ると。

うちの前庭の柳の木が。。。



一番ぶっとい枝が二つ、みきの付け根から折れてるっ!

道半分、柳の枝が占領。。。



郵便ポストを直撃したようで、どこに行ったのかわからず。。。
しかも外に置いてあったオデッセイ、後数十センチ後ろに置いてたら太枝直撃だったことが判明。


(左側が車の後部です)

翌日午後、暖かくなり、ようやく溶けたら、こんなことになっておりました。



上の方の太い枝があるのだが、これは切ろうと思っていたのだよ。
でもまさか、下の枝がこんな形で裂け折れるとは思いもしなかった。
きっと植えられて50年、こんな日が来るとは思わなかったに違いない。柳は柔らかいので、風が吹くたびに枝とかがバキバキに折れて落ちるのだけど、この一番太い部分がこうなるとは。湿った雪侮りがたし。
切ることも視野に入れ、明日土曜日にどうにかします>ご近所さんの手を借りつつ。。。


追伸:りおが発見したぶち壊されているポスト。
夜中(というか、多分明け方)だったこともあり、人通りも車通りもなく、電線にもかかってなく、ほんとうによかった。






   

2017年02月05日

スキー教室5回目は。。。

雪によるI-90の封鎖が朝まで続いたことにより、緊急中止に。

家を出てしまっていたので、チェーンの使い勝手を試すためにも、そのまま山に行くことにする。
チェーンは一昨年の冬購入したもの。購入はしたものの、雪がガンガン降ることはなく、いままでスノータイヤだけで十分だったのだ。

今年の1回目の講習に行った時、普通の雪道は大丈夫だったけどシャーベット状になっていた駐車場の辺りが非常に心もとなく、昨日からの雪の状態を聞いていたので今日はぜったいにチェーンする、とおもっていた。
りおにチェーンの巻き方のビデオを見せて、使い方を確認しておいてもらう。

37マイルポストのところでつぎつぎと車が路肩に止まり、チェーンを巻き出す。ちなみに、ワシントン州では状態によりスノータイヤを履いていても、2輪駆動だとチェーン規制があり(4輪駆動だとタイヤやチェーンの規制なしという大馬鹿ものの規制、ちなみにスノータイヤ(トラクションタイヤ)は推奨のみ)規制中にチェーンしてないと罰金食らうらしい。気温が高いので路面はまだ雪ついてないが、とりあえずやってみる。お嬢が。



反対側は自分でさくっとやって、締め直し、いざ出発。思ったよりも快適で、40マイルぐらいだしても問題なく、4輪駆動の車と大差なく走れる。
しかし、



アメリカ人、ハザードつけるってことまるでしないのね。。。。商用車やトラックはつけてるけど、個人の車でハザードつけてるの見たことなし。この状態なのに。

で、せっかくスキー場に来たので滑ろうということになるが、睡眠不足のりおがこのうえなく不機嫌。
まあだいたい、降ってるというだけでいやがる人なのに、足元の雪はふかふかだし速度のコントロールはできないしで、最悪の機嫌。
10時半頃から1時間半ぐらい、10本ぐらい滑って上がることになった。もー、どうしようもないので。あったかいのに、残念無念<自分

スキー場を出たのが12時半、ご飯をどうするという話をしていて、帰りののすべん村のM家がどうしているかと思ってれんらくしてみると、こあもぐさんがいた。お昼を食べがてら寄ることになり、りおの機嫌が急上昇。
帰りは42マイルポストをちょっと過ぎたところでチェーンを脱ぎ、快適に走る。反対方向は大渋滞。34マイルポスト付近まで雪があり、そこからみぞれ混じりの雨。



北国だねえ。



結局お昼ご飯をご馳走になり、そのまま宿題までさせていただき、しかも宿題を教えていただき、お土産までもらって家路に着いた。
本当にどうも有難うございました>こあもぐ&げどますさん

しかし曇り&雪のシアトル郊外、写真に色がないよねー。白黒写真じゃないのにね。


ということで、バレンタイン特集クリスピクリーム。
今年はハート型ドーナツってことで。







  

2017年02月04日

中3の社会科の課題

先生から親の皆様への連絡がきた。来週から始まる新しい授業内容について。

ーーーー
.....以下の中からトピックを選択し、「どういう状況において、公共の利益よりも個人の権利の方がより重要とされるか、またはその反対となるか」ということを、憲法やその他の資料を用いて調査し、自分なりの結論(小論)をだしなさい、という授業を行います。...

アメリカで現在話題となっているもの6種が挙げられている。

Gun Control 銃の規制について
Vaccination ワクチンの接種について
Gene Editing 遺伝子組み換えについて
The Keystone Pipeline キーストーンパイプラインについて(これも大統領令が出ている)
President Trump’s Executive Order on Border Security & Immigration Reform トランプ大統領の国境保全と移民規制の大統領令について
President Trump’s Executive Order on Refugees トランプ大統領の難民規制の大統領令について

「子どもたちが「自分」で調べてこれらの問題がどのように憲法や公共の利益と結びついているかを「自分」の意見で結論づけることが必須です」(行間:だから、勝手に手伝ったり親の考えを押し付けてんじゃねえよ)
と書いてあるあたりが笑える。

社会の先生は大変だと思う。特に政治的なことを取り扱わなければならない時には、自分の意見がどうであれ(絶対に強い主張を持っているはずだが)中立の立場にいて子供らを導き結論を評価しなければならないのよね。必ず一つの結論には達しないわけだし、子供はひとクラスに20人以上いるし、課題は6つもあるし。
必ずしもわたしのようになにも考えてない親だけじゃないわけでモンペ的な人もいるだろうし、こうやって親のことも考えつつ、授業を進めていくのは並大抵じゃないだろうなあと思う。

りおはどのトピック選ぶのだろう。ちょっと楽しみである。

ちなみにキーストーンパイプラインのことは、自分の興味の範囲じゃないのでほとんど知りませんでした。子どもよありがとう。




  

2017年02月03日

あんこうの吊るし切り

まー、学校であんこうの吊るし切りのデモをしたらしい。

video-1486352621

こちらで手に入るあんこうは、残念ながら内臓はぜーんぶ抜かれているらしいので(<日米の高級日本料理屋へ直行だそうだ)、大洗の吊るし切り実演のように一つ一つ説明することはできないそうなのだが。

学校の1年の後期もあと半分。たった2ヶ月でおしまいってー。
4月半ばで終わった後は、少なくとも5月から8月までのうち3ヶ月ほどは実習研修にでなければならないらしい。お金をもらって働かせてもらうのが基本だそうで。研修先の評価と、小論がいるんだっけな。
ちなみに全員寮は出されるらしいから、荷物とかどうするのだろう。。。

海外に行ってもいいけど、基本はその土地の言葉がわかることらしい。
となると、まーがいくとなるとアメリカか、イギリス/アイルランドか、オージー/ニュージーか、インド(笑)か、スペインか。。。それとも日本か。それとも英語を喋る料理屋を見つけてイタリアに行くとか。

来年の学費もあるから、心して&計算して研修先選ばなきゃだわね。
もしシアトルにもどってくるならきっとりおが喜ぶだろうなー。きょうもにーのステーキが食べたいとのたまっていたから。


あ。りおとともに帰りをお待ち申し上げている猫も一匹。


(この写真ではボロボロに見えますがたんに眠いのと光が悪いだけです)




  

塩鮭パスタ弁当

りおがご飯を炊いていなかったので
 ↑ 
現在飯炊き担当
今朝は弁当なしにしようかと思ったんだけど、
パスタと数日前に焼いた塩鮭があったからブロッコリと塩鮭とキャベツのパスタをメインに。

残っていたものを先ほど食したのだが、塩鮭が塩辛すぎてとんでもないありえないしょっぱさに。。。

いまごろ文句言いながら食べているか、はたまたこんなの食べれないーと帰ってくるか。

今日はさすがに炊くだろうな、うん。

唐揚げの鳥は、ニンニク味噌漬け。
今日もトマトさんが色彩的に活躍してくれています。








  

2017年02月02日

じゅんを徳之島には

2017年01月30日

スキー教室4回目

今回は午前中は曇って寒かったけど、午後からは氷点下じゃなくなるぐらい暖かだった。




相変わらず必須のスキー教室後のイントラ向けクリニックから逃げるりお。
仕方ないので連れて滑る。



今日はゆるいコブ斜面を中心に滑った。だいぶ慣れたみたい。
雪が最後はちょっと重かったし、乱反射で見にくかったけどよしとしよう。

ここから峠を越えた東側の下の湖が見えるとは知らなかったー。凍ってるようだねえ。



さあ、あと2回。どれぐらい、上達するかな。


それにしても携帯だと、本当に写真もビデオも撮りにくい。なんでみんなそれだけでいいのだ。
早く修理に出しているカメラが戻ってきますように〜。(ええ、2015年夏に買ったカメラをまたどこかに落としてぶつけて壊しましたよわたし。レンズの縁が歪んでしまって、レンズが閉まらないの。中のフレーム(?)もずれてしまって。どうやったらこんなになるのか。保険@2年で29ドル、絶対に損しません〜(爆))




  

2017年01月29日

カップラーメンが

MSG(モノソディウムグルタミン酸、いわゆるアミノ酸)抜きになったんですと。

で、コストコで24個7ドル弱で買ってみました。



まあ、普通かなあと。
りお曰く、「なんつーか、味がぼやけて、中毒性がなくなったような気がする」と。
正しい表現かと。

で、1カップ小さめなので、二ついっぺんに食べてみたら
胃の上あたりにしこりができたみたいな感じ(詰め込んじゃったため)で、気持ち悪くなってもどしてしまった。

エビも謎肉も入ってないのでつまらないですし。。。ということで、またしばらくこのまま置かれるのだなきっと。


  
Posted by P at 17:51Comments(1)TrackBack(0)ひとりごと

2017年01月23日

スキー教室3回目

今日は、曇り&雪



あったかかったのが唯一の助けか。

りおの担当している初心者グループ、立つのも困っていた子どもたちも、リフトにのり、降りてくることができるようになったらしい。(右手から入ってくるのがりおとグループ)

VID_20170122_100323

午後はりおとともに数本滑る。
雪が激しかった時に大転倒。首いたーい。

3時頃には雪も止み、風もなく、幻想的な景色が広がる。
気温はますます上がってくる。



ちょっぴりぱうぱうのところで、彼女の行ったことがほとんどない急斜面に連れて行ったが、視界が不良なこともあって怖がることなく降りてくる。
緩斜面になったところで
りおの滑りを6年ぶりに撮ってみる。携帯だと撮りにくい〜〜!(このあと雪に埋没)

VID_20170122_144517

どうやら楽しかったようで、初めて「もう一本行きたい」というりおをみた。

あと3回。りおの技術もちょっとは向上するかな?
私は。。。明日の筋肉痛に耐えねば。





  

2017年01月20日

大統領就任式を

今回はテレビジャパンで見ていた。

8年前の就任式とあまりに違って異様で不思議な光景だった。

就任演説も心に響くものがなくどのように捉えたらよいのだろう。
確かに大きな組織のトップは下のものにビジョンを与えるのが仕事なのだ。なので、「アメリカを再び#1にする」というスローガン自身は別に悪くないと思う。でも、なにが#1の根拠なのか、その目標をサポートする政策とはとなったときに、「ほんとにそれでいいの?」と。ジャイアン的な#1?


オバマ、就任時47歳。
トランプ、就任時70歳。
政策の基本が、四半世紀逆戻りという感がある。


私的にはいままで記憶がある中では、ブッシュジュニアの時代が最悪だった。文明に逆らうように諸国で戦争を続け911事件に発展し、その後あり得ないだろうと言われながらまさかの2期目当選。アメリカ人何考えてるんだ?とおもったが、その後不支持率70%以上となり衰退しながらも治めおえたあと、オバマの時代でようやく近代化され”世界の中のアメリカ”というポジションを築いて来てたと感じていたんだけど。

今の気分は、3歩歩いて5歩下がる?

これからのアメリカはまた大陸のうちへこもり壁を作り人種や性別に対する偏見をひとびとに持たせ軍事費を投じ2次産業を奨励し環境問題への取り組みをおいといて。。。またもや自分さえ良ければ全てよしの国となるんだろうか。

彼が「アメリカを1番にしよう!」と呼びかけを行っているのは、アメリカの市民権を持つ人たちだけであり、選挙権のない住民は関係がない。そこからすでにもう、区別化は始まっている。


この国は、どの方向にうごいてゆくのだろう。


ちなみに、私の周りには驚くほどトランプ派の人がいないので、その人たちの意見を聞くことができない(共和党派、じゃなくて、トランプ派ね)。なんか、ああなるほど、そういう考えもあるのね、と納得できる話を聞いて見たいもんだ。


関係ないが、クリントン夫人として就任式に出席していたヒラリーは、表情がやわらかくなっていた。それをみて、ああよかったとおもう反面、彼女もまた、女性大統領としての器じゃなかったんだなあと再認識。選挙戦時にメディアで見た彼女は醜かった。
残念だったなあ。



オバマの就任演説: http://www.ibcpub.co.jp/obama/index.html
トランプの就任演説:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170121/k10010847631000.html


  

2017年01月16日

スキー教室2回目は

快晴〜!

で、ボランティア後、嬢を連れて6年ぶりぐらいにスキーなどをしてみるのだ。





無茶苦茶寒かった週の翌週のため、雪はサラサラ。
樹氷のつきかたが、志賀高原横手山山頂あたりを彷彿させる。

VID_20170115_135013




立ちゴケはあったが大転倒はなく、心配していた翌日の筋肉痛も皆無で、「なんだぁまだまだいけるじゃん?」とかおもった週末だったが。。。まあ、立ちゴケている時点で、滑れるけどたってるだけの筋力がないということなので、あかんで〜〜。

実はスキーが嫌いだという(というか、さむいのがとりあえず嫌なのが一番か?)りおも、楽しく滑ったようで、よかったよかった。まーがいればもっと楽しかったろうにねえ。





  

2017年01月13日

ちびちびと

冬休み中の出来事なぞを、更新しております。。。




1月7日は初スキー教室の手伝いで
スノコルミーパスのスキー場へ。

なんといっても。。。
寒かった。。。

おかげでココアやさんは2時間ぶっ続けで満員御礼でした。

帰り道、岩肌から滲み出る地下水が凍ってできた滝。
止まることができればなんて素敵なことでしょう〜。(でも高速から見るだけ





まーがいたらスキー最高に楽しいのにねえ。残念だねえ>まー


  
Posted by P at 14:14Comments(4)TrackBack(0)ひとりごと

2017年01月07日

今年の誕生日は。。。

金曜日の朝、起きたらりお登校15分前。
慌てて出て行くりおを送り出し、自分もちょっとした仕事の準備で午前中が終わる。

夕方携帯にりおから電話が入る。

「おかーさん、はくりきこってどこにある?」

たまたまいま切らしているので、全粒粉の場所を教えて「なにつくってんの?」と聞くとガチャ切りされた。

さー、なにつくったかなーと帰ってみると、特に何もない。
でも状況証拠があちこちに。。。出しっぱなし。
これはシフォンケーキに違いないが。。。ケーキはない。どうやら出してくる気もないらしい。

まあいいや。
kanabonさんにいただいたメンチカツ弁当をお誕生日ディナーにし、



M夫妻からいただいたティーコージーをつかってお茶を入れ、



なぜかそこにあった Go Fishのカードで6連荘ゲームをしてその夜はお開き。



さて翌日。
庭の簡易冷蔵庫@ダンボールの中にケーキを発見。
すでに生クリームでデコレーションしてあった。
とても素敵に。

近所の南天の葉と実を飾ってみる。正月だから。
何を転じて福となす。ことしもがんばろー。



おじゃまむしが。。。





とてもじょうずにできました!




6日で、正式にクリスマスもおしまい。
ツリーも明日は片付けなきゃ。




これでホリデーシーズンもおしまい。
明日はスキーの手伝い初日である。






  
Posted by P at 22:10Comments(6)TrackBack(0)ひとりごと

2017年01月03日

冬休みの終わり

1月2日、それまでむちゃくちゃぐーたらだったお嬢さんだが、さすがに学校の前日は11時ごろには寝たらしい。
まーとふたりでおせちを平らげながら、ゆるゆると話をする。
勉強はたのしく、寮生活もそれなりに、同室の人ともいろいろといっしょにするようで、よかったよかった。

まーのフライトは3日の10時頃。午前3時になって音楽を携帯に入れるのなんのという話をしだすがなかなかうまくいかず。諦めて寝に行ったまーに変わりみてみると、どうやらケーブルが合わなかったらしく音楽入ってるMacとうまく繋がってないようだ。ケーブル繋いで、フォルダーコピーで音楽ファイルを移す。お母さんの最後のプレゼントだ〜!

朝、りおが学校に行く前にとりあえず。



さすがにもうハグはしないらしい。えー。

9時すこし前に空港に到着。
出発口の前の道は混んでるので、まーだけとりあえず下ろして駐車場へ。



ターミナルに行くと、どうやら飛行機が1時間ほど遅れたようで、セキュリティは混んでいたけど急ぐことがなくなってよかった。で、見えなくなるまで追っかける。







いっちゃったー。

あまりにもいい天気なので、駐車場の屋上に行ってみる。
なんと、正月に降った雪がそのまま残っている。そうか、北は降らなかったけど南は降ったのね。
これは。。。正月まえに車残して行った夏タイヤの人は悲惨なことに。。。



レニアが黒いシルエットで見える。
いいなあこんないい天気の日に飛べるだなんて〜!!





渋滞の時間を外れていたので、サクッと戻ってくることができました。


さて。冬休みたっぷりサボったお嬢さん、冬休み前の宿題サボりもみつかって大変なことになっている。
あーなんて馬鹿なことするかなー。このままだと、空手の黒帯の昇段試験は受けられないことに。
1月中に回復できない場合には、春休みの旅行もなしということになっている。
まあ、ツケはきっちりはらってもらいましょう。




追伸:制服姿のまー。これで年末のkanabonさんちのパーティに行くという話もあったのだが、
ボツになりました。











  

2017年01月02日

2017年おせちの会

元旦恒例おせちの会。



今年もみなさまのご協力を得て和やかに開催。
和やかすぎないか?とおもったら、そう、今年は集いの要のゆーこさんとめいさんが日本なのでいないのだ。今日はお二人のご実家がとても賑やかなんだろうなあ。

お雑煮食べながら乾杯してお煮しめ担当のまりさんたちを待って、ゆるゆると飲みながらつまみながら各自のお重へ詰め始める。



今年の我が家は、
錦玉子(りお)
ローストビーフ(まー)
栗きんとん(まー)
筍の染め煮(まー)
数の子(P&まー
昆布巻き(P)
黒豆(P)
チャーシュー(出し忘れ)(P)
お雑煮(まー)

そう、創作性がなくてもよいのばかりよー。

伊達巻や、紅白かまぼこ、梅人参と花レンコン、なます、手綱こんにゃくや八幡巻きなどアートなものは他の方におまかせして。これがあるだけでお重の中がとても華やか。





お酒は鶴齢と鍋島。鶴齢が古酒っぽくなってる。



他の人もとても素敵につめている。よくみると結構個性炸裂(笑)




雑煮は湯沢風


福岡風
(ほんとはいくらはのらない)


東京風



の3種。ああ、贅沢だわー。

午後8時半ごろ、38時間ぶっ続けで起きてた私はかよさんてりさんをおいてそのままリビングで沈没。
午前2時頃目をさますと、りおとまーが二人でモノポリーをしていた。なんか平和だった。
朝にはモノポリーは綺麗に片付いていて、ちょっとうれしかったのだった。

2日昼、小さなお重にふたりぶんのおせちを詰め、お向かいさんへ。



自宅のお重は2日深夜、翌日シアトルを発つまーとともにほぼ平らげる。

3日朝、りおの弁当はもちろんおせち。



なんでもありのお雑煮。



3日目のおせち。



これはりおと一緒に平らげる。

4日目のりお弁当は、昆布と黒豆を残しながらもほぼおせち脱却ということで。



今年もありがたいことに、お腹いっぱいではじめることができました。
去年もいい加減激動の年だったけど、今年はそれ以上のものがやってくる。
この心と世界の平和がどうかつづきますように。








  

2017年01月01日

年末年始

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

。。。と、七日も明けてから書き込む私。

おせちの会、今年は共同イベント発起人のゆーこさんが日本に帰国しちゃったのでどうしたもんだかとおもったのだが、興味がありそうな人に声をかけてみると初めての人も合わせて5、6家族になったので、決行。

30日、せうが送ってくれた丹波の黒豆を煮る。
250gの豆に対し、1.5リットルの水と酒、醤油それぞれ30cc、塩少々、砂糖を180g準備。水に調味料をいれて火にかけ煮きる。
沸騰したらさっと洗った豆を入れ、そのまま出社。
kanabonさんちの年忘れ会から帰った後、火にかけてゆるゆる煮詰める。
そのままシャトルシェフにいれて、柔らかくなるのを待つ。



さすが丹波の黒豆、デカさが。。。



31日夜、紅白を聴きながら料理と掃除を始める。
りおはまだテレビの前にかじりつき。
蕎麦を茹で天ぷらを揚げてたら年越しちゃった。



未明から雪が降りだす。
私の担当はほぼ終わっていたので、片付けと掃除に。まわる。
りおがようやく錦玉子に着手。やり始めると手早いりお。



ねむそうなまーが、筍を煮ている。



錦玉子は美しく蒸しあがり



眠さ極限のまーがテレビのラジオ体操を一緒にやっている。



昨日2時まで寝ていたりおが元気になり、午前3時半、宣言。

「おかーさん、わたし、練り切り作りたい!」

なんですと〜!?

幸い市販の白餡があったのでそれを使ってどこまでできるかと思ってやり始めたが、
市販の白餡、白くならない。。。
で、人様にお出しするものは速攻諦めることに。まーはベッドに退散。りおは年度替りに遊んでいる。どうしても今年の干支のトリはできない。。。



外は雪が積もり、ハイパーひきつづいてりおは戸外に飛び出して、雪だるま作りの午前5時半。



そのうち流石に電池も切れ、りおも自室に退散。

夜が白々と明けてきて、





外は一面の雪。でも気温が高いからきっと溶けるだろうなあと思いつつ、そのまま散歩。
静かで、どこかで雪が落ちる音と、自分の足音が白い世界に吸い込まれてゆく。


掃除も終わり、料理も終わり、キッチンも片付き、



静かな2017年の幕開けとなった。