いつもありがとうございます。元官僚で開運アドバイザーな作家の林雄介です。(=^▽^=)

財務大臣がどんどん人相が悪くなっている気がします。外務省で事務官がわいせつ罪で逮捕されましたが、多分、キャリアじゃないはずです。26、7歳って微妙な年なんですがキャリアなら普通は係長。事務官ということはキャリアじゃないはずです。わかりませんが…。入省年次から考えると係長級になっていなければキャリアじゃないはずです。ただし、欠勤していたら、その分、同期より昇進が遅れます。3ヵ月欠勤なら係長級ポストにつけて同期が昇進しても昇進させずに三ヶ月後に係長の辞令がでるから。

役職と仕事が一致しないことはキャリアならありますよ。特に私はBSEで人手がなかったから、年次的に足りないから総括補佐(課長補佐の補佐として、課長補佐の代理をしたから。)、そういうイレギュラーな要素がなきゃいろんな仕事をできませんよ。

政治の話は、もう勤労奉仕でずっとやっていて、ヘロヘロです。誰かさんの本のステマを出版社から頼まれましたが、何を書けばいいんでしょうか?

「注意、ステマ(ステルスマーケティングです)〇本のタイトル〇形式上、共著ですが、私は初版印税も、原稿料も頂いておりません。現在、購入されると林雄介に対する利敵行為となりますので、ご購入はお控え下さい。ステルスマーケティング終わり。」→嫌がらせですよ。嘘はかけませんからね。本の紹介をしたら、共著?なのがバレますよ。私は嘘は絶対に書きません。万が一、お金を貰ったら、貰って宣伝を頼まれましたと書きますよ。潔癖で融通がきかない人ですよ。清濁あわせ飲めない人ですよ。だから、国会議員になれないんですよ。国会議員は清濁あわせ飲んだり、嘘をついたりしなきゃいけないから。共著?は愛情ですよ。割合を公開しない約束ですから。割合を公開しないといっても40万文字書いていますよ…。40万文字も書いて共著で印税5%だったら割にあわないから貰わないんです。

無料で文章を頼まれれば本1、2冊分は書きますが、10%印税を貰っている他の本と同等の宣伝はできません。悪しき前例になるからお金を貰わないんです。お金を貰わなきゃ、あとで真相を書けますし…。

本を執筆するのも数ヶ月潰しているので売るのまで無理。しかも、また、膨大な勤労奉仕を頼まれているし…。だから、ブログまで時間がまわらないんです。

私の怖い口癖に「無料でいいですよ。」というのがありますが、無料はビジネスにならないもの。条件が悪くなったら、撤退しますよ。何回も書いたけれど、ビジネスになるものは、有料にします。その代わり、撤退しない。撤退してくれと頼まれても撤退しない。商売だから、メリハリはつけますよ。

無料で仕事するのは、信頼関係があるからじゃないですよ。信頼関係が高ければ高いほど有料にします。私の最大限の信頼関係のパロメーターは「有料」であること。「無料」は、気に食わなかったら仕返ししますよ。という意味です。出版社も出した冊数、過去のトータル印税額ごとにランクわけがあります。お金を受け取るのは妥協したり、仕返ししない証です。

なぜ、無料で喜ぶ人や低い印税、報酬で喜ぶ人がいるのか理解に苦しみます。条件が悪い分、あとで仕返しをしますよ。すべてビジネスです。

「無料ですよ」は「お試しに無料にしますから、気に入ったら、有料製品(ポストや仕事)にしてくださいね」という意味です。

有料製品と「お試し無料」は、格差をつけます。これをやらないと、有料製品のダンピングをされるから。研修もよくタダで話しますよ。ただし、無料は分かってようが分かっていまいが無視して話します。九州で、何人か目があった方がいらっしゃるでしょう?。分かっていなさそうだったり、場違いだったら、中身を変えます。無料で理解できないのは聞いている側の責任。有料で理解できないのは、話す側の責任。
無料の時に態度が悪い人ね、念力で跳ね返しています。「わからない」とか「何様じゃ」という念が来るんですよ。×3ぐらいにして返しています。

有料の時、「この方が幸せになりますように」という愛情に近いものを送っています。有料で態度が悪かったら、私の責任ですよ。無料の時は、怒りますけどね。

ハッキリ、報酬も提示しています。参議院議員とか、副市長とか大学客員教授とか、できなかったら、無料の場合は疎遠にしますよ。提示もその時の時価なんです。提示した時に参議院議員だったら、今は副大臣位に利子がつくんですよ。

ですから、相手と労働量によっては閣僚クラスをハッキリ求めます。利子がつけば本人を倒してポストを奪うという報酬の頂き方もあります。

根拠もあります。一般人も、無料で助けても運が良くなるわけではないから、かえって後で帳尻あわせがくるから気の毒なんですよ。だいたい、音信不通になるときは、これ以上、直接、助けたら本人か家族の寿命がなくなるとき、だから、相場表を載せるんです。気持ち的には皆さんの個別の相談も無料ですべて受けたいですよ。しかし、天地の法則があるから、相場表の分、一気に運が減るんです。

嫌みでマニフェスト600万円とか本最低1千万円以上とか書いているんじゃないんですよ。だいたいその程度の社会運が消えるから(子供、親、本人の順番)目安として書いているんです。1千万円といっても、半分は寄付しますから、実際は神社の賽銭泥棒としてカウントされるんですよ。ですから、1千万円だったら5千万円とか1億単位で運が減りますから、一般人ならそれで死にますよ。(生涯賃金に近いから)。

「無料」でやるのは、ここまでならやっても、運が減らないギリギリまでです。
これ以上は「危ない」と思ったら音信不通にします。運が減るのを知っていて無料でやるのも罪になりますからね。運をこれ以上、減らしたら致命的な病気や家族の職業運、学業運がなくなると判断したら音信不通にします。冷たいと思われるでしょうが、実際に、このバランスが分かる前に運を消しちゃったことが何回かあって、音信不通にするという決断をしたのです。

林雄介with,you。

〇林雄介公式HP(毎日更新中)
http://id40.fm-p.jp/65/yusukeha/

日本図書館協会選定図書、全国学校図書館協議会選定図書、多数の林雄介の学問と知恵をスキルアップさせる健全図書。↓。

「図解雑学・よくわかる政治のしくみ」「図解雑学・よくわかる省庁のしくみ」〔ナツメ社〕、「絶対わかる法令・条例実務入門」「絶対スキルアップする公務員の勉強法」「公務員の教科書〔算数・数学編〕」、「ニッポンの農業」〔ぎょうせい〕、「霞ヶ関の掟・官僚の舞台裏」(日本文芸社)、「この通りにすれば受験にうかる」(たちばな出版)他超多数。

〇Googlebooksで読める「林雄介」の無料本。