2010年06月05日

【民主党】菅直人は早速「国会の私物化」を行った

(当エントリ最後に は、みんなの党山田太郎氏に関する告知があります。)


国会会期の延長検討=参院選、7月25日にずれ込みも-菅新首相

菅直人新首相は4日の記者会見で、16日までの今国会の会期に関し「基本は会期で終わるのが普通だが、新しい体制ができた中で議論が必要だ」と述べ、新体制が発足した段階で延長も視野に重要法案の扱いを再検討する考えを明らかにした。郵政改革法案については、「今国会で成立を期すという形で(国民新党と)合意している」と明言した。

鳩山由紀夫首相の退陣表明を受け、民主党の小沢一郎前幹事長ら前執行部は、会期を延長しない前提で、代表選など一連の日程を決めた。このため、郵政改革法案や労働者派遣法改正案、国家公務員法改正案といった重要法案は軒並み継続審議か廃案になるとみられていた。これに対し、連立継続を確認した国民新党が、郵政法案の成立を強く求めたことから、菅新首相は、国会日程を再検討する必要があると判断した。

これに関連し、国民新党幹部は「郵政法案の成立には2週間程度の延長が必要だ」との見方を示した。公職選挙法の規定により、会期の延長がなければ、参院選は「24日公示、7月11日投開票」の日程に事実上決まるが、2週間延長の場合は、「7月8日公示、同25日投開票」となる。

時事ドットコムより、2010/06/04-23:11

菅直人新首相は、早速やってくれましたね。

 

自分がすんなり民主党代表になれたのは、国会会期も残り少なく、急いで総理と内閣を整備する必要性があったから、国会議員のみの投票で選挙を行なうことを、民主党所属地方議員や党員(サポーター)が我慢したことによる。大勢の我慢の基に緊急避難的に行われた・・鳩山総理辞任から二日後の選挙であったことの重大さを理解していない。この状況を、昨年の代表選に引き続き今回も代表選出選挙に加われなかった、民主党の地方議員や党員(サポーター)はどう観て、どう感じるのだろうか・・・。

 

民主主義は手続きを重んじるシステムです。多くの意見を聞き、最適化を目指す過程は迂遠で面倒なものですが、その迂遠さと面倒さを受け入れ、多くの方の理解・納得を得る努力があるからこそ、多数の意見に従い、個々の不満や異論を排除する妥当な根拠を持てる。

 

その手続きを踏まずに、菅直人氏が代表に就く根拠は、国会会期の残りが少ないからという、緊急避難的な理由があったからです。

 

ところが、代表に就いた途端、国会の会期を延長すると言う。それもあからさまな選挙目的で・・。


国会の会期延長も厭わないのであれば、地方議員や党員(サポーター)も含めた全員で民主党代表選挙をやるべきなんです。それこそが民主主義国家の政党の姿だと思います。

 

 

代表選を急ぐときは会期の残りが少ないからといい、代表になったら選挙目的で会期を伸ばす・・・。こういうのを「党員への裏切り」「国会の私物化」という。

 

国会は、与党とその連立政権のものではない。権力は自制されなければならない。しかし相も変わらず権力を私物化し、暴走させている

 

 

鳩山前総理はどこの政党に所属していた?民主党です。で・・あれば、鳩山前総理の急な辞任の結果生じた諸々の事情は、民主党が責任を負って対処しなければならない。

 

それがどうだ?

 

民主党は連立政権維持のためという、民主党と国民新党の選挙協力の為の法案を通すためだけに国会会期を延長しようとしている。それも最悪の郵政改悪法案だ。

 

その為に、民主党が決めたスケジュールに沿って選挙の準備をしてきた、多くの関係者が被害を受ける。

 

具体的には、講演会場の取り直しや、選挙期間の延長による選挙活動資金の増大などだ・・。

 

既存議員や大きな政党から出馬する人はまだ政党助成金があるからいい。選挙資金の調達に苦労している新人にとっては、選挙活動そのものに支障が出る。

 

そういった問題も生じるのです。

 

これが緊急を要する法案の審議のためなら理解できる。しかし、郵政改悪法案のどこに、民主党自らが決めた会期を勝手に延長し、多くの方に迷惑をかけるだけの緊急性があるのか聞きたい。

 

とんでもない話だと思う。

 

菅直人氏が総理になっても民主党は国会を私物化することが、就任演説する以前に明らかになった。やはり参議院選挙で民主党を負けさせなければならない。民主主義を守るためには、民主党に反省させえなければならない。国会・議会軽視姿勢を改めさせなければならない。そうしないと、少なくとも後3年は非民主主義的な政権運営が行われるのだ。

 

今後も日本が民主主義国家であろうとするならば、民主主義を維持するための手続きを大事にする姿勢を民主党に判らせなければならない。そう思います。

 

【公示日まで、山田太郎氏の「ダダ漏れ会議」の予定とイベントを、エントリ最後で に告知しますので( `・∀・´)ノヨロシク】

◇街頭演説

◇ダダ漏れ会議

6/5(金)22:00~、30分~1時間程度(だと思います)

日本の携 帯政策は?クラウド政策は?Ustニコ動

詳しくは↓のページまで

ダダ漏れ過去のリストと今後のダダ漏れ予定

過去のダダ漏れもご覧頂けると、山田太郎氏の人柄や主張が、HPに 書かれている内容よりも、より深く判るかと思います。ご覧になって生じた疑問もどんどんぶつけてください。

(っ て・・・みんなの党党員でもない、山田太郎氏のスタッフでも後援者でもない私が勝手に言っていいのか判らないけど・・いっかぁ(笑))

 

・「山田太郎を励ます会」開催

日 時:65() 19:00-21:00 (今日ですね)

場 所:山田太郎事務所

住所:港区六本木4-10-6 AX ROPPONGI 2

TEL:03-5775-7093 FAX:03-5775-7095

※六本木交差点から徒歩20秒 です(MAP

※ 参加に際して用意する飲食費は皆さんで頭割りさせていただきます。(お一人様300500円程度の予定です)

 

*こういった候補者を励ます会は、参加してみるまでは敷居が高く感じますけど、参加する とそんな堅苦しい会じゃないんですよ。特に山田太郎氏の事務所スタッフは若い方が多いようですから、気難しい会になるとは思えないです。私も覗きに行こう と思ってます。

 

山田太郎氏については、以下のHPでじっ く り確認してくださいませ。

みんなの党山田太郎 氏のHP

携帯HP



yukemuriippai at 05:00│Comments(10)TrackBack(3)民主党政権 | バカ

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. すっかり浦島太郎です  [ 日本が好きから始めよう ]   2010年06月05日 06:51
やれやれ、仕事のピークがやっと過ぎ去りました。このご時世で例年よりも多く仕事を発注してもらえるというのはありがたい限りですが、何で時期をずらして注文してくれないのかなぁ、というのは贅沢な悩みなんでしょうね、きっと。 思えばずいぶん長い休止になってしまいまし...
2. 菅新政権に問い質したい  [ 誇りはどこにある ]   2010年06月05日 13:29
1°「クリーンな民主党」は実現できるのか「クリーンな民主党」を取り戻すことは鳩山前代表の遺言でもあると思いますが、そのために絶対必要なことは、クリーンでなくなった原因と??.
3. たかが民主党されど民主党  [ 民主党 ]   2010年06月06日 01:29
何気にはまってる民主党。インターネットには沢山の民主党に関連したブログやHPがあり、つくづく見るほうもどれを見ていいか分かりません。 ブログなんかだいぶ前に書かれたもので今参考になるのかなと思いますが、それでも見てしまいます。ADON-K@戯れ言: 【調査】 &q...

この記事へのコメント

1. Posted by 愛國音響社   2010年06月05日 06:50
こんにちは。お邪魔します。

菅政権、早速やってくれますね。お面を変えたからって中身が変わることはない、という典型例になりそうです。

しかし、早々から飛ばしまくって有権者に自分たちの正体を判別させやすくしているのなら、却って参院選の行方にはいい方に作用しそうな気もしますが。

このあたり、自分なりの分析を挙げています。トラックバックさせて下さい m(_"_)m
2. Posted by 名無し   2010年06月05日 08:09
政治の基本は中央集権ですから多少傲慢でもいいと思います。肝心なことは鳩の後始末をどうするかと参議院選挙で勝つこと、これが出来れば文句無いですね。

とりあえず私はそれまでは期待せずに様子見します。野心家の菅の事だから面白いことをやってくれそうです。
3. Posted by RAM   2010年06月05日 10:01
To 名無しさん
>政治の基本は中央集権ですから多少傲慢でもいいと思います。

*もっと、勉強してください。この言葉は、日本が中国や旧ソ連のようになって欲しいと言うことと同義です。
「みんなの党」は、脱中央集権を志向しています。米国や欧州の多くは、地方分権国家ですよ。近代型民主主義の発展方向の大きなベクトルです。
また、「選挙に勝つことが出来たら」という考え自体が「小沢流」ですが、あなたは、ここのブログ主氏が書かれた「民主主義は手続きを重んじるシステムです。」と言う理念は否定されるのですか?理念無き数の権力を追求した結果が先の大戦のドイツだったのですが…
あなたが、私のように「君主制支持」のために民主主義を確信的に否定しているのでなければ、あなたのような理論こそ、この国を滅ぼすものです。
4. Posted by 湯煙   2010年06月05日 12:19
愛國音響者さん、こんにちは~

> 菅政権、早速やってくれますね。お面を変えたからって中身が変わることはない、という典型例になりそうです。

 その通りですね。やってられません。

> しかし、早々から飛ばしまくって有権者に自分たちの正体を判別させやすくしているのなら、却って参院選の行方にはいい方に作用しそうな気もしますが。

 どうなるのでしょうね。これで民主党に対する政党・・・自民党が改善されたと有権者が感じてたら民主党は大敗したでしょうが、今のところは期待薄です。みんなの党もまだまだ安定した支持を得られているとは言えませんので、先の衆議院選挙で示された反自民の流れが民主党に多少戻ることが考えられます。
5. Posted by 湯煙   2010年06月05日 12:27
名無しさん、こんにちは~

> 政治の基本は中央集権ですから多少傲慢でもいいと思います。肝心なことは鳩の後始末をどうするかと参議院選挙で勝つこと、これが出来れば文句無いですね。

 まず政治の基本が中央集権と仰る根拠が知りたい。政治の基本はnear is betterですから、地域のことは地域が司るだと考えます。中央政府の機能が何なのかは議論を要するとは思いますが、少なくとも中央集権が基本だとは思いません。

 鳩山総理の後始末・・・と仰りましたが、菅直人氏は鳩山政権では副総理でした。鳩山総理の方針や言動・行動に対して、鳩山政権下で是正に動く責任があった。にもかかわらず普天間問題だけを見ても、何もしていない。要は無責任な輩です。後始末じゃなく、混乱を維持するのがせいぜいのように私は思います。

> とりあえず私はそれまでは期待せずに様子見します。野心家の菅の事だから面白いことをやってくれそうです。

 それは貴方の感想ですから、私には何も申し上げることはありません。
6. Posted by 湯煙   2010年06月05日 12:28
RAMさん、こんにちは~

お手数をおかけいたしました(ペコペコ
7. Posted by 故郷求めて   2010年06月05日 13:48
いやぁ、私は陛下の予定いじりだけで憤慨していたので、このような事情は考えもつきませんでした。確かに、今度の代表選にはまるで大義名分がない。緊急避難という意味なら理解できなくもないですね。とすると、鳩山と小沢の政権投げ出しは非常に微妙なタイミングで行なったことになる。私が民主党内の事情など知りたくもなかったためにナイーブなだけかもしれないけど、小鳩もなかなかの策士ですね。会期延長を非難している向きはあまり見なかったので、うちにもリンク貼らせていただきました。
8. Posted by 湯煙   2010年06月05日 14:03
故郷求めてさん、こんにちは~

 鳩山総理が辞任したとしても、次の総理が決まるまでは既存の体制で粛々と仕事ができる。つまり民主主義的な手続きを無視してまで、急いで新たな総理を選出しなければならない理由は、民主党にとってはともかく、国政には無い。

 鳩山総理は、衆議院選挙を経て総理となる資格を得た。ならば新たな総理は、本来は総選挙を経なければならないし、最低限でも民主党の構成員である、地方議員や党員による選挙手続きを経るのが当然です。それすらもスルーした菅直人氏の総理就任は、総理職をも非民主主義的手続きで私物化していると考えます。

 私は天皇陛下のスケジュールに関してもそうですが、民主党の姿勢には大いに腹がたって仕方ないのです。
9. Posted by 仰げば尊し   2010年06月06日 01:51
5 こんばんは
郵便局は振込みがあっても振込み日の記帳はされません。通帳名義人が記帳をした日付けで未記帳の取引が記帳される。
相続の基準日も意図的に操作可能でしょう。
脱税の温床。世話になってる人、恣意的に利用してる人、政治家も当然いるはずです。
民営化後の預入限度の厳格化、名義預金の不正の検査など過渡期として延ばし伸ばしの対応をのらりくらりしてきた。しかしこれ以上騙し通せない。昨年の10月斉藤体制になって民営化後のこれらサボタージュがみごと報われた訳です。真っ先にしたのが防犯カメラのスイッチを切ること。今回の法案の目論む金融庁の検査の免除で今までの不正を逃げ切り完遂です。限度額2000万円で助かる犯罪は数知れないでしょう。
10. Posted by 湯煙   2010年06月06日 02:49
仰げば尊しさん、こんばんは~

> 郵便局は振込みがあっても振込み日の記帳はされません。通帳名義人が記帳をした日付けで未記帳の取引が記帳される。
> 相続の基準日も意図的に操作可能でしょう。
> 脱税の温床。世話になってる人、恣意的に利用してる人、政治家も当然いるはずです。
> 民営化後の預入限度の厳格化、名義預金の不正の検査など過渡期として延ばし伸ばしの対応をのらりくらりしてきた。しかしこれ以上騙し通せない。昨年の10月斉藤体制になって民営化後のこれらサボタージュがみごと報われた訳です。真っ先にしたのが防犯カメラのスイッチを切ること。今回の法案の目論む金融庁の検査の免除で今までの不正を逃げ切り完遂です。限度額2000万円で助かる犯罪は数知れないでしょう。

 ふむふむ、なるほど。勉強になります。今後ご指摘されたことも注意して観るように致します。 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字