コラム:Kenzy & 九段下 絵:Tamayo

Count.206 「レッスルマニア33アンケート結果発表 その4」

Kenzy Kenzy:いつもの筆者

九段下 九段下:ユークスの新人


九段下 いよいよレッスルマニア33のアンケート結果、総まとめです。

Kenzy 今回はこれまで取り上げられなかった試合を紹介するぞ。

九段下 早速まずはシナ&ニッキーのプロポーズについて。

「シナのプロポーズ。シナだからこそ許されたハッピーエンド。お幸せに!」

「プロポーズに最高の花を添えるミズはナイスガイだと思った」

九段下 WWEにおいてサプライズのないプロポーズ自体がサプライズです。

Kenzy 襲撃や裏切りのないプロポーズなんて、なんてっ……。

九段下 パイセンの様な陰キャにはツラい光景でしたね~。

Kenzy 陰キャちゃうわ! ともかくミズ達は確かにキューピッドと言えなくもない。

九段下 ワタシの推理ではシナがミズに「実はレッスルマニアでニッキーにプロポーズしたいんだけど、不良のフリして俺達に絡んできてくんない?」って頼んだのがこの試合の真相です。

Kenzy 昭和の恋愛マンガかよ!?

九段下 さて、お次はレスナー対ゴーバーについてです。

「毎回見たら胸焼けがするような、小細工無しの怪獣大決戦」

「ゴールドバーグのジャックハマーが決まり、『もうダメだ~』と顔面を覆ってたヘイマンが、レスナーがフォールを返した瞬間ウキウキし始めた」

「王座戴冠でキャラを忘れてはしゃぐレスナー」

Kenzy 怪獣大決戦とは言い得て妙。お互い出した技の種類が極端に少ないのが、剛対剛ってカンジで試合の迫力を際立たせてた気がする。

九段下 レッスルマニアになると拍車のかかるヘイマンのリアクション芸も素晴らしかったです。

Kenzy 投稿にもあるけど試合後、あんな風に喜ぶレスナーはレアだったな。

九段下 10年以上経って借りを返したワケですから無理もないでしょう。大河ドラマとしても見れるというプロレスの魅力の一面を感じました。

Kenzy レスナーと拳を付き合わせる事のできたリングサイドのファンは一生自慢できそう。

九段下 カートも帰ってきた事ですし、昔2人でやってた様にコミカルな一面を見せてくれるとギャップ萌えが捗ります!

Kenzy それは流石にどうだろう。って事で次、次、オートン対ワイアットだ。

「実験的過ぎるプロジェクションでの演出のWWE王座戦」

「WWE王座戦でリングに映し出される虫の大群。新しすぎる演出に驚かされた」

「WWE王座戦のリングの映像(虫は大の苦手なので…こんなんやれるのもう無いだろ。ある意味超貴重な映像)」

九段下 ぶっちゃけ賛否両論な試合でした。演出がフォーカスされちゃって試合への意識が散漫になってしまった印象が。

Kenzy 俺は可能性を感じたぞ! テイカーが去った今、ワイアットこそトンデモ現象の名手として期待できるんじゃなかろうか。

九段下 あ、舞台装置と言えば今回は花道が凄かったです。

Kenzy あんなトンデモナイものを作ろうって言ったのは一体誰なんだ。

九段下 あの長さは脚が悪いロリンズにダメージを与え、自分はバイクで入場するというトリプルHの作戦です。

Kenzy さすが知的な暗殺者!

九段下 惜しむらくはあの花道で全力疾走のクローズラインが見れなかった事!

Kenzy 息切れするわ! シナだって大変そうだったろうが。

九段下 では最後に大会の満足度についての投票結果を紹介しましょう。

九段下 今年は必ずしも高得点域に集中しているワケではありませんね。

Kenzy シェイン対AJのスリリングさ、ハーディーボーイズのサプライズが凄すぎて前半で体力を使い果たしちゃったんじゃなかろうか。

九段下 メインでテイカーが負けてしまったのも影響してる気がします。

Kenzy これで次からはテイカーのいないレッスルマニアが当たり前の風景になるワケだが一体どうなるんだろう?

九段下 案外アメリカン・バッドアスとして帰ってきたりして。

Kenzy ねぇよ! で、でも嬉しいかも……。

九段下 レッスルマニアは夢の舞台ですからどんな魔法が発動するか分かりませんしね。要するに̶̶

Kenzy 「早くも来年のレッスルマニアが楽しみです」だろ?

九段下 ええ。でも、現地には観に行きたくないですねー(棒)

Kenzy 急にどうした?

九段下 あえて行きたくないと言う事で実は行けるフラグ作戦!

Kenzy その作戦こそが既にダメなフラグ立ててる様で不憫だ……。

九段下 行きたくないなぁ、ニューオリンズ~。間違ってもバーボン・ストリートでおビール様なんか呑みたくないな~。

Kenzy (ぶわっ)