コラム:Kenzy & 九段下 絵:Tamayo

Count.208 「ミスター・日本公演 ジェリコの壁は崩れない」

Kenzy Kenzy:いつもの筆者

九段下 九段下:ユークスの新人


九段下 パイセ~ン、来週は日本公演ですよ。この時期、仕事に手がつかないのは恒例行事とかそんなのを飛び越して最早義務!

Kenzy そんな義務ねぇよっ!

九段下 知ってますか? 2002年伝説の横アリから数えて今回で日本公演は通算40公演を超えるんですよ?

Kenzy え、そんなに? それこそ恒例になって嬉しいな。

九段下 そして日本公演の立役者と言えば何と言ってもジェリコです。こちらをご覧ください。

Kenzy おお、正にリスト・オブ・ジェリコ。対戦相手を見るだけで、どれだけキャリアを重ねているかが窺える。

九段下 過去39公演中、実に21公演に参加しています。これはミスター・日本公演と呼ぶに相応しいんじゃないでしょうか。

Kenzy ミスターを名乗る割には敗戦も多いな。10勝11敗の負け越しかぁ。

九段下 安定の浅はかさ、戴きましたー。勝敗でしか語れないとは情けない!

Kenzy しょ、勝敗以外でどう判断するんだよ。

九段下 2つあります。まず1つ目は日本にゆかりのあるスーパースターとの対戦が多い事です!

Kenzy え~っとTAJIRI、ベノワ、スティムボード、ヨシ・タツ、ベイラー、ネヴィルにナカムラ……た、確かに。

九段下 これはジェリコなら彼らの普段のポテンシャルにプラスして、日本で闘っていた頃の良い部分を引き出してくれるという信頼があってこそです! それでいてちゃんと勝敗に興味を持たせてるトコも凄いです!

Kenzy 一昨年のベイラー戦なんか正にそうか……。

九段下 あの一戦がなければ翌日のNXT王座戴冠も、あそこまでの感動はなかったんじゃないかと思います。名シェフの下ごしらえあってこそ!

Kenzy そうなると、今年ヒデオ選手との試合が組まれた意図も見えてくるな。

九段下 2つ目の理由ですが、それは英語が超絶不得意なパイセン程度の人間にも分からせる事のできるプロモ技術です。

Kenzy どゆことーっ!?

九段下 失礼、言い直すと分かり易い英語でプロモができる技術ですね。

Kenzy それを良くあそこまで悪意を込めて変換できたな。まぁ、伝説の横アリのロック様とのやり取りを始めとして何となく分かるっけか。

九段下 「お前らどうせ英語が分からないだろうけど」という挑発を、ゆっくり丁寧に喋ってくれる外国人をワタシはジェリコ以外に知りません!

Kenzy まぁ、分かり易すぎてか「日本はホームだ」と言ってたのに、別の年じゃ「日本を第2の故郷だなんて思ってない」なんて言ってツンデレな言動になっちゃう事もあるけどな。

九段下 それ以外でも日本人レスラーの名前を出してワタシ達のハートをくすぐるのも、ジェリコのキャリアあってこそ成し得るものでしょう。

Kenzy 折角WWEが来てるからプロモも堪能したいけどヒアリングは自信ない。そんな不安を取り除いてくれたら、そりゃベビーフェース、ヒール関係なく惹かれちゃうか。

九段下 ってコトでジェリコがミスター・日本公演である事に異論はないですよね?

Kenzy ぐ、俺はオマエに負けたんじゃない。ジェリコという偉大なスーパースターに負けたんだー!

九段下 はいはい。

Kenzy 俺はジェリコの魅力に負けたってコトでいいんだが、やっぱりジェリコ本人には試合で勝って欲しいなぁ。約2年、生の勝利シーンをお預けなワケだし。

九段下 ジェリコの勝った試合の決まり手を調べてみたんですが見てください。

Kenzy 圧倒的ウォールズ・オブ・ジェリコ率ー!? 正に難攻不落のジェリコの壁だな。

九段下 そう、2013年カーティス戦のDQ以外、勝利した時は全てウォールズ・オブ・ジェリコによるものなのです! つまり勝利する為にウォールズ・オブ・ジェリコを出すのは必須条件です!

Kenzy なら、そういう展開になる様に精一杯応援するか!? よ~しっ、忙しい時期だがジェリコの勝利をしっかり見届ける為にも、いっちょ俺達も頑張るぞ!

九段下 ええ、サインボード作ったり、チャントの練習したり忙しくなりますね!

Kenzy いや、そうじゃなくて社会人としてだね……。

九段下 やっぱりリスト・オブ・ジェリコを模したサインボードは外せないですよね? そうだ、リストにはワタシの名前をたくさん書いときましょう。こうすればジェリコはずっとワタシの事を見てくれるハズ! 憎んでくれてもいい、ジェリコがワタシを見てくれるならぁぁぁっーー!

Kenzy 何だろう、九段下との間にすっげぇ頑丈なを作って欲しい……。