コラム:Kenzy & 九段下 絵:Tamayo

Kenzy:いつもの筆者

九段下:ユークスの新人


もうすぐ大阪公演かぁ、激アツな夏の締め括りに最適だな!

さもいっぱい夏の思い出があったかの様に見栄を張らないでください。

まだかさぶたにもなってない傷痕を躊躇なくえぐってくるな……。

どうせ来年も傷つくんですし耐性が付くってもんです。そんな事より今回の気になるスーパースターは?

そりゃ何と言ってもロンダ・ラウジー! まさか日本でロンダの試合が見れるとはなっ。

分かります。でもロンダ以上に注目すべき初来日のスーパースターをお忘れですね。

へ? 誰かいたっけ?

初来日のスーパースター、ドルフ・ジグラーです!

ド常連じゃねぇか! ほぼ年イチで見てる記憶あるぞ!

分かってませんね。パイセンの見ていたジグラーと今年やってくる彼とは別人なのです。

別人?

思い返せばスピリット応援団、ヴィッキーとの蜜月、ビッグ・E達を率いていた時も、ジグラーにとって仲間とは利用する為の存在でした。

それだけ聞くとロクデナシだな。

ベビーフェイス時代も特定のパートナーはいませんでした。そんな彼にとってマッキンタイアは初めて得た友達であり、あのセスからIC王座を奪えたのも友情パワーに目覚めたからに他ならないのです。

友情パワー=試合介入

黙れ小僧! 友達を得た今のジグラーはこれまでとは別人。つまり初来日と言っても差し支えありません!

あと半年もしたら仲間割れしてるであろう絵が、画面焼けするレベルで頭から離れない。

エクストリーム・ルールズ前のRAWを覚えていますか? セスの挑発に乗ろうとしたマッキンを押さえる為にIC王座を地面に捨てたんです。ベルトより友情を優先するジグラーが仲間割れなんてするワケないでしょう!

ダメージ受けたら、エクストリーム・ルールズで手助けしてもらえなくなるって考えただけだろ?

友情を知らない人間はそこまで堕ちるんですね。利用するだけの関係なら、一緒に映ってるSNSの画像にマッキンのタグ付けなんてしませんよ。一緒に隣りを歩く友達を得てジグラーは精神的に別人へと生まれ変わったんですね。そう、彼の人生という名の道は、ようやくジグザグではなくなったのです、フンスっ。

この夏イチのドヤ顔どーも。にしてもやっぱ別人ってのは言い過ぎじゃね?

これだけ言ってもまだ認めませんか。では初来日であるもう1つの理由を説明してあげましょう。

説明していらんが言っても聞かないだろうからどうぞ。

諸説ありますがヒトの細胞のいくらかは1年以内、早いもので数日で入れ替わると言われています。という事は前回の来日から約1年経ったジグラーは肉体的にも別人! やはり初来日と言っても過言ではないのです!

その理屈ならスーパースター全員が初来日になるだろーが!

「ドキッ! 初来日スーパースターだらけの大阪大会!!」ですね。

何そのアライアス歌ってんのがワイプで抜かれそうな大会。しかし、ジグラーが友情ねぇ。どうにも信じられんな。

それはパイセンに友達が……あ、すみません。

おい、何で今謝った!? いるからなっ!? 俺にだって友達位いるから! ただ、どうにも他の人には見えないみたいなんだよね。おかしな話だよなぁ、シュバイン。今日だって最初っから一緒にいたってのにさぁ。

それって脳内友達……。残念ながらパイセンの人生は、ジグザグどころか獣道の様ですね。