コラム:Kenzy & 九段下 絵:Tamayo

Kenzy:いつもの筆者

九段下:ユークスの新人




約9か月ぶりに復帰したディーン・アンブローズ



アンブローズの復帰はめでたいな。やっぱシールドは3人揃ってなきゃ。

待ってください、果たして復帰したのはアンブロさん本人なんでしょうか?

何だよ、都市伝説でも語ろうってのか?

だって髪型が違うじゃないですか!

髪切った程度で別人なら、俺だって先週とは別人だわ。

パイセンが別人だろうと構いませんが、アンブロさんの魅力はシールド随一のルナティックさで、その象徴があの長く垂らした前髪だったんですよ! アンブロさんってWWEの中でもダントツだったのになぁ。

何がだよ?

アメリカの片田舎に越してきた新婚夫婦を追い詰めてくシリアルキラーっぽさです! その最大のポイントがあのヘアスタイルだったのに。

ピンポイント過ぎるし全然褒めてねぇ……。そもそもオマエ、大阪公演でアンブローズに声援送ってなかったっけ?

髪切ってショックではありますが今のアンブロさんがイヤだとは一言も言ってませんよ?

そのキョトン顔が腹立つったらありゃしない。

短髪は短髪で精悍さが増してて、正にピットブルといった容貌で魅力的なんですよねぇ。ヒール時代のオースチンを髣髴とさせる色気があると言うか。

アツい掌返しにしか聞こえないのだぜ。

アレですよ、パイセンは好きな黒髪ロングキャラがショートカットにしたら嫌いになります?

なるワケないだろ! 今まで見えなかったうなじにどぎまぎするし、「へ、変かな?」と不安げな顔を覗かせるのも最&高だ! 逆にショートカットの元気っ娘だったのに、エピローグは数年後設定でロングヘアになってるパターンも好きだぞ?

誰もそこまで語れとは言ってない。で、復帰前のルナティックさは映画のキャストとして、謂わばフィクションの存在としてカッコいいのに対し、今はアメリカの片田舎のバーで瓶ビールを飲んでケンカっぱやそうな、危うい魅力をまとったリアルな存在としてカッコいいっていう違いがあるんですよね。

片田舎好きだな。

考えてもみてください。キャラクターがフィクションからリアル寄りになるというのはWWEにおいてステップアップの証なんです。

って言うと?

ロック様は品行方正な3世レスラーシナはワル学の博士。その他多くのトップスーパースターも最初はキャラ付けありきで、そこから徐々に素の部分が表に出てきました。つまりアンブロさんも今正に真のメインイベンターへの階段を昇り始めているんです!

何か深い事言ってそうなアレで丸め込まれてる様な気もする……。しかしまぁ、考えてみりゃ俺も今のアンブローズに共通する部分あるか。

は? ドコがですか? アンブロさんへの侮辱ですか?

だってほら、俺もキャラを作らず二次元好きっていう素をさらけ出してるだろ? 現実より二次元キャラの誕生日祝ってる日の方が多いくらいだしな。

現実では祝う相手がいないの間違いじゃ?

今日だってキャライラスト描いたケーキを予約済だ。あの子の驚く顔が目に浮かぶぜ、むふふ。え、頬にクリーム付いてる? うわっ、急に舐め取られたら驚くだろ? お、おいしいトカ流石に照れ……イエーッ、今夜はパーリィナーイッ、Foooh!

前言撤回、ルナティックさだけは共通してるみたいですね。