2016年04月29日23:42−1歳からの予防〜お腹にいるときから始めたい歯並びを良くする方法〜
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 妊婦さん | ゆきデンタルクリニック
1



GWが始まりました。お出かけ日和の今日、ゆきデンタルクリニックの健康イベントにご参加くださった皆さん、ありがとうございました。今月は私が「−1歳からの予防〜お腹にいるときから始めたい歯並びを良くする方法〜」と題してお話させていただきました。



私は当院を開院する前から難病の方の治療に携わってきました。その経験から私たちは「未病のうちに体を大切にする」、「自分の体はお医者さん任せではなく自分で管理する」という発想が抜け、健康を保つためにできることがたくさんあることを忘れてしまっていることに気づきました。以前は村単位、民族単位で健康に生きる智慧を伝承し、これから赤ちゃんを産む若い男女を教育してサポートし、子どもが生まれてからは多くの手を借りてその子が健康に生きられるように協力していたのだと思います。そういうサポートの中で生まれ育った子どもたちが次の世代を守って健全な社会が作られてきたようです。しばらくすたれてしまったそういった昔の良いところを再び学び活かしていきたいと強く願っております。



3



今日は小さなお子さんを育てているお父さんお母さん、妊婦さん、また保育士さん、歯科医や衛生士さん、助産師さんなど子育てに関わっている方たちがたくさん参加してくれました。核家族化で子育てを一人で抱え込んでいるお母さんにぜひ、サポートの手はたくさんあるよ、子どもは宝物だよ、みんなで子育てしましょうと呼びかけたい、そして子どもは未来からの預かりもの、愛を受け取った子どもたちはきっと未来の社会で羽ばたいていってくれること、子育てとは単に子どもが大きくなるのをサポートするだけではなく、未来を創っていくすばらしくかけがえのない仕事なんだよということをまずはお伝えしました。私はこのことを息子に教えてもらいました。本当に自分の元に生まれてきてくれてありがとうと伝えたい、そして私の子育てにもたくさんの方にサポートしていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです。次の世代のサポートをすることで恩返しできればと思っています。



1



−1歳からできること・・・子宮の環境を良くするためにはもうちょっと早いー2歳から始めたいこと・・・骨盤の形成を考えると中高生ぐらいから体を作っておきたいこと・・・社会全体を良くすることが子育てにつながってくることを考えるとー20歳から子育ては始まっていること・・・そんなこともお伝えしました。


子育てのポイントは「息育」「足育」「食育」の3つを意識しましょう。特にー1歳、0歳のころできることは将来に大きく影響するのでぜひ、当院で開催しているマザークラスに参加して一緒に学びましょう〜


マザークラス

妊婦さん〜1歳になるお子さんがいる母親対象(この間最多で6回ほど開催します)

事務通信費に1000円 受講料は無料 担当衛生士がつきグループで開催

平日の12時から13時に行います

詳細はゆきデンタルクリニックへお問い合わせください。0952−30−4901













2016年04月09日10:154月の健康イベント案内
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ゆきデンタルクリニック 
1



見事な桜の花の時期も過ぎ、新しい年度が始まりました。入学、入園、進級、入社とスタートを切った皆さん、おめでとうございます。これからいろんなことを体験していくと思います。地域のみんなで見守れたらいいなと思います。


今月は私が「−1歳からの予防〜お腹にいるときから始めたい歯並びを良くする方法〜」と題して 4 29 (祝) 14時〜15時 (要予約 無料)にお話しします。祝日ですので普段は仕事で参加できない方にもご参加いただければと思います。今後子どもを授かるかもしれないお子さんをお持ちの方は次世代のために早めに知識を持っていただきたい内容です。今、妊娠中の方だけではなく幅広く知っていて欲しいことです。たくさんのご参加をお待ちしております。



今月は16日土曜日が休診となっています。GWは4/29 5/5は診療しています。


2016年03月24日18:52子育て中の方に知っていて欲しいこと〜発達障害かもと思う前に〜
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック  | 小児
1



3月は遠く神奈川県より講師をお招きしました。精神医療の害に詳しい市民人権擁護の会日本代表の小倉 譲先生にお話ししていただきました。私は小倉先生のお話を聞くのは3回目です。今回はすでに発達障害や向精神薬で悩んでいる方というよりも実情を知って、自分たちでまず対処できる方法を知り、悪循環の入り口に近づかないで欲しいという私の願いを察してくださった内容となりました。当院に着いて私が今日話して欲しい内容を1分も話してないのにドンピシャな内容で組み立ててくださった小倉先生にまず、感服しています。



2



小倉先生は2冊目の本も出版されていますのでぜひ、読んでみてください。



3



当院の衛生士さんの開催の挨拶から始まりました。



5



小倉先生がこういった問題に初めて触れたのは、職場で20歳の女性の部下が出勤せず、電話をしてみると家で騒いでいるので様子を見に行くと、真っ裸で暴れていて、それが向精神薬の副作用だったことから疑問に思ったそうです。


向精神薬とは軽度の不眠から精神病と診断された方たちに処方されている医薬品ですが、薬とは名ばかりで中身は覚醒剤、麻薬と何ら変わりません。薬そのものに問題がありますし、これは現代医療すべてに言えることですが原因に対する治療ではないということが大きな問題です。



9



例えば授業中、理解できない言葉がたくさん出てくるためにイライラしている子どもに対し、おとなしくなるような薬を投与することで問題が解決できるでしょうか?その場合は薬ではなく、わからない言葉に対する説明が必要です。一つ一つしっかり向き合って解決しようとすると本当の原因に対処することができるはず・・・その子のことを全く知らない医師が3分診るのと何年も毎日見てきた両親がその子の性格、行動を見て解決の方法を探るのと果たしてどちらが有効か・・・まずは、親として自信を持って向き合っていきたいものです。子どもにとっての専門家は親です!!



10



最近は世界中で発達障害の過剰診断や過剰投与が問題となっています。そして佐賀県は全国でも薬漬けワースト1かもという悲しい現実・・・佐賀モデルというのがあって早期から薬の投与がされている最も気をつけておかなければならない地域らしいのです。



16



まずは、発達障害と診断された場合、どのような対応がなされているのか知っておく必要があります。向精神薬に手を出してしまうと覚醒剤や麻薬同等なので薬に依存してしまい、そこから抜け出すには並大抵の努力では抜け出せないことを知っておくべきです。しかも、一時的に症状が改善したように見えても薬の副作用が強いためどんどん薬による別の症状が現れ、その症状を抑えるためにまた次の薬が処方されるという泥沼にはまっていってしまいます。



18



病院で処方されるものなら安心と思っていませんか?ほぼすべての麻薬、覚醒剤は元医薬品として開発され今では禁止になっているものばかりです。使用禁止になっているので新たに名前を変えたり、ほんの少し化学式を変えて薬として再登場している薬もあります。麻薬は毎日はやらないでしょうが薬は毎日服用する分余計に問題が多いのかも・・・



19



発達障害の子どもたちによく処方されている薬です。誰でもネットで医薬品の添付文書を見ることができます。本当に自分の子どもに飲ませてもいいものかしっかり調べることを怠らないようにしましょう。



21



向精神薬の主な副作用です。こんなに副作用が出現するのに医薬品として認められていることこそ問題ですよね。副作用出現率軒並み80%を超えています。副作用が大きな問題になったインフルエンザ治療薬のタミフルでも副作用出現率は20%台です。いかに向精神薬の副作用が大きいかがわかります。自分が服用している向精神薬は弱いから大丈夫と思っている方いませんか?例えばデパスでもアメリカで持っていると逮捕されてしまう薬なんですよ・・・



22



副作用が出れば薬をやめるという方向に持っていってくれればまだいいのですが、その副作用に対する薬が処方され日本では際限なく薬の量が増えていくということが起っています。



24



そんな問題だらけの向精神薬が未就学児、低学年の子どもたちに投与されているという現実があるのです。子どもを守るのは大人の責任です!!!こんなことがあっていいのでしょうか?



25



知らなかった・・・という方が多いでしょう。患者側に適切な情報が伝達されていないことも大きな問題です。また、患者側に事実上選択権がない場合が多い・・・(本当は患者さんの希望が通るべきです。しかし、現実はそうはなっていません。)



26



うちの子は発達障害かもと思ってどんな治療方針かわからない学校カウンセラー、小児科、心療内科、精神科を受診する前にまずは、何につまずいているのか、どんな問題が生じているのかしっかりとお子さんと向き合うことから始めましょう。


昔と違って今はお母さんが孤立して育児をがんばっているケースが目立ちます。そうすると問題じゃないことも問題と思ってしまい、不要な医療の入り口に近づいてしまいます。家族や地域で子どもたちを見守り、お母さんの子育てに対する悩みが薬物治療という形ではなく、本当の原因にアプローチできる社会を作っていけるようにしようではありませんか。小倉さんの最後の言葉・・・「責任を担ってこそ幸せを感じることができるんだ」という言葉にスタッフ一同感銘を受けました・・・この発達障害に対する問題だけでなく、自分で責任を負う気概、行動、とても大切なことを学ぶことができました。子どもは未来からの預かりもの・・・そう思って子どもたち、子育てしている若いパパママを守っていきたいと思います。







2016年03月16日13:463月健康イベントのお知らせ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック  | 小児
1





H28 3月健康イベントのお知らせです。


今月は「子育て中の方に知っていて欲しいこと〜発達障害かもと思う前に・・・〜」と題して、神奈川県より講師 小倉 謙先生をお迎えしてお話していただきます。


子育てが難しい社会になっているように思います。クラスの何割かが発達障害と診断され先生方はその対応に追われています。親もいろいろなところへ相談に行ったり、心配事の多い時代です。なぜ、こんなにも発達障害が増えているのか、現在どういった対応がなされているのか、他人事ではなく事前に知っておくことで慌てずに対処ができるはず・・・そんな思いでこの勉強会を企画しました。子育てに関わる方にぜひ、知っておいて欲しいお話です。


H28 3 22(火) 14時〜16時 要予約 無料 駐車場が込み合います。できるだけ乗り合わせてお越しください。

2016年02月12日19:18「創傷治療の最近の考え方〜傷の消毒はやめよう」
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 自然治癒力 | ゆきデンタルクリニック
12



今月は福岡の増田整形外科内科医院の増田義武先生に「創傷治療の最近の考え方〜傷の消毒はやめよう」と題してお話ししていただきました。とても丁寧にわかりやすく教えてくださいました。祝日でしたのでいつもは来れない方の初めての参加もあったのでしょうか?たくさんの方にお越しいただき質問もたくさんあって大盛況となりました。



1



増田先生とは以前勤務させてもらっていた矢山クリニックで開催されていたバイオレゾナンス医学会で一緒に勉強していた仲間です。福岡のこども病院などの勤務を経て、13年前にお父様の病院を継承され現在に至ります。



2



今までは傷を作ってしまったとき、消毒をしてガーゼを当てて・・・とやっていた傷の手当てですが「湿潤療法」と呼ばれる方法で手当てをすると治りも早く、痛みも少ないという知っておくと為になるお話をしてくださいました。



3



傷を作ったとき、表皮の下の真皮まで傷ついているかその下の脂肪組織まで深く傷ついているかで治り方が違います。真皮があれば治りが早いです。しかし、どちらにしろ傷口を乾かさないようにした方がいいのです。傷のジクジクしたところ(浸出液)は治癒するために様々な細胞を呼び寄せている細胞成長因子がたくさんあるのです。ですからそれを乾かしてしまっては治りが遅くなってしまいます。かさぶたができてしまうのはよい治り方ではありません。



4



そして、これまでは傷口を消毒するというのが常識でしたが、消毒薬というのは細菌の一番外側の細胞壁を壊すことで作用するのですが、人の細胞は細胞壁もなくむき出しの状態、そうすると消毒薬によって人の細胞は死にやすく細菌は生き残りやすいということが起ってしまいます。この画像はイソジン消毒をした場合としなかった場合の治りを比べたものです。消毒をしなかった方が早く治っています。



5



しかし、消毒はしませんが異物を良く洗い流すことは大切です。砂などが残ってしまうと化膿する原因になってしまいます。細菌より異物の方が問題です。水道水で構わないので、よく洗いましょう。異物がきれいに洗えたかどうか自信がないときは医療機関を受診しましょう。



6



傷を治すには以下の3つが大切です。

消毒しない
乾燥させない
良く洗って異物を残さない 



7




8



傷を乾燥させないために、創傷被覆材で覆います。プラスモイストやハイドロコロイド、BAND-AIDなどいろいろ手に入ります。これまではガーゼで覆っていたところをこういった乾かさないもので覆います。しかし、ジクジクが多すぎても少なすぎてもいけません。あまりにジクジクが多い時は一日に数回付け替えるようにしましょう。量が減ってきて4日ほど持つようになってきたら剥がすタイミングです。



9



家にこういった商品がない場合は食品用のラップを使用しましょう。さらにワセリンなどあるともっと良いです。無い場合にはラップで覆い端をはがれないようにテープなどで留めましょう。ラップの場合、ジクジクを適度に吸ってはくれないのでこまめに取り替えます。



10



自宅で様子をみていい傷と医療機関を受診した方がいい傷を知っておきましょう。



火傷の場合も基本的に同じです。水泡がない火傷なら湿潤療法で自分で対処できます。ただ、低温火傷の場合は要注意・・・真皮の下の皮下脂肪が壊死してしまっているので見た目がそんなにひどく見えなくてもいずれ表面の皮膚組織も壊死してしまいます。こういう場合は早めに医療機関を受診しましょう。



怪我したときに慌てずに対処できるように知っておきたいことです。よく怪我をする幼稚園、保育園、小学校の子どもたちを最初に手当する先生などに知っておいてもらえるとよりいいですね。こういった知識はぜひ、広めていきましょう。


増田先生、お休みのところありがとうございました。とっても有意義な学びの時間となりました。














 











2016年02月10日18:46hygeia第4回勉強会
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック スタッフニュース | ゆきデンタルクリニック
1



先週末、福岡で開催された歯科衛生士のスタディグループhygeia第4回勉強会にて衛生士の有花ちゃんが発表しました。有花ちゃんは10年以上前に以前の勤務先、有田町の山口歯科医院で一緒に働いていたことがある衛生士さんです。その後も縁あって時々遊びに来てくれていましたが、今回3か月間研修に来たいということで2月からまた一緒に仕事をしています。歯科衛生士としてこれまでやってきたこと、そしてこれからやりたいこと、堂々と皆さんの前で発表されていました。素晴らしい!!



2



この会は大宰府にあるおおた歯科医院の衛生士の西依亜矢さんが立ち上げたスタディグループです。参加されている皆さんの意識が高く素晴らしい内容の勉強会で衛生士という仕事をもっと好きになれる・・・そんな会です。当院の衛生士さんたちも参加させてもらっています。



5



今回のメイン講師は奈良のさわやか歯科の北村先生。前夜祭として北村先生を囲む会に参加させていただきました。お寿司屋さんの2回でスライドを使って発表するのですが、飲みながら勉強するという楽しい企画の前夜祭です・・・(笑)私も「発達障害児の社会的対応について」という演題でお話ししました。



4



遠く石垣島からお越しの先生も・・・福岡で歯科大に通うお嬢さんと参加。仲良し親子がとっても素敵な城所先生



5



以前からメーリングリストなどで勉強させていただいているベロタッチを教えてくださった熊本の吉良先生。初めてお会いできました。



3



311の時に被災地に駆けつけられている先生方が4人も・・・皆さん、熱い方ばかり・・・そんなこんなで夜も更けて・・・


13



よく日曜日は太田先生の発表から始まりました。歯科衛生士だからこそできることがある・・・衛生士さんたちの魂を揺さぶる熱いお話しでした。



9



奈良から来てくださった北村先生。呼吸を意識した診療で発達の遅い子どもたちを元気にされています。診療室は歯科治療を恐怖と思わず適応できるようにいろんな仕掛けがしてあります。子どもたちが一つずつできるようになるのを見守っている素敵な歯科医院です。



6



午後からは会員発表。二人の衛生士さんの発表。皆さん、きらきらしていました。



8



その2番目に有花ちゃんの発表でした。歯科衛生士の仕事は歯の健康を守るだけでなく、早い段階から病気の予防に取り組めるすばらしいお仕事。患者さんの息づかいを感じて元気に過ごせる方が増えると私たちも嬉しくなりますね。


10



遠方からも多数参加され、活発な質疑応答で大変勉強になった一日でした。皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。

2016年02月04日08:49「創傷治療の最近の考え方〜傷の消毒はやめよう」
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 自然治癒力 | ゆきデンタルクリニック
今月2月は「創傷治療の最近の考え方〜傷の消毒はやめよう」と題して 講師 増田整形外科内科医院 増田義武先生を福岡よりお招きしています。一昔前とは傷の手当の仕方の考え方が変わっています。知っておくと急な怪我ややけどのときに慌てずに済みますよ。


H28 2 11 (祝)14時〜16時 

要予約  0952-30-4901  無料

駐車場が込み合います。なるべく公共機関のご利用をお願いいたします。


尚、この祝日の11日は診療も行っています。祝日のお休みを利用しての治療をお考えの方はお電話ください。
2月は日、月以外休診日はありません。


20160202_080835 (1)



昨年の秋に植えた球根から芽が出ました。スノードロップという可愛い花です。クリニックの庭に咲いています。春はもうすぐですね〜




2016年01月29日14:14女子塾〜女性のための性と幸せのコツ〜
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 妊婦さん | 
1



今年も健康イベントが始まりました。病気になる前に日常の生活を大事にして「日々の暮らしの達人」になることを目指して、今年も皆さんと一緒に学びを続けていきたいと思っています。今年初の講師は秋月に移転された春日助産院 院長 信友智子先生にお願いしました。智子先生は助産師さんで「お産から幸せの連鎖を取り戻したい」と心豊かに命つむぐ生き方を伝え続けてこられた方です。今回も心に染み入るいい話をじっくり聞かせていただきました。



8



今回は女子塾〜女性のための性と幸せのコツ〜というテーマです。まず、参加してくださった皆さんがどんな話を聞きたいのかマイクを回してみました。皆さんとてもしっかりとした意思を持ち、学びに来てくださっていることにうれしくなりました。



助産師さんとは以前産婆さんとしてお産を支えていた方たちの流れを組む職業です。お産は不安や恐怖が大きくなると苦しく大変なものとなってしまいます。産婆さんの存在は妊婦さんが不安や恐怖から解放されるためにそばでサポートする昔からの知恵、「いい陣痛だよ〜そうよ〜がんばって〜」と妊婦さんの心を和らげてくれるサポーターなのです。パワフルな陣痛は生まれる陣痛、よい陣痛なのです。赤ちゃんも狭い産道を通るときに皮膚によい刺激を受けながら、この世に生まれる準備をします。羊水の中でほんわかしていた意識をぱつんとリアルな意識へ変えてこの世を生き抜くエネルギーに切り替えるのです。こうして生まれた赤ちゃんはラブホルモンであるオキシトシンが母親以上に満タンに満たされます。こうして幸せの連鎖は大きくなっていきます。



2



しかし、女性が何が大切か知識、知恵がなく、無知であるとどうでしょう・・・例えば、女の子に性教育をあまりしたがらない文化の国があります。女性が主導権をもっていないために男性に有利に事を進めてしまう・・・お産も男性が帝王切開を望み、医学的に必要なわけではなくて90%が帝王切開で産むという国があります。そうすると母子ともにオキシトシン満タンの一連のお産が行われないため、次は母乳育児が上手くいかない、すると次の問題が浮上してしまうといった負の連鎖が始まってしまうこともあります。




3



きちんと性を肯定し、知識を持つことはとても大事なことなのです。月経が始まる頃の女子がいる家庭で、ぜひ実行してほしいこと、それは月経が始まったらその子に対して「おめでとう〜」と満面の笑みで祝福してください。自分がきつかった、嫌だったという負の感情は置いといて、まずその性を肯定し、素晴らしいことなんだということを伝えることから始めましょう。妊娠出産においても気が遠くなるような確立の中で起こる神秘的なことです。その命の尊さを十分に感じましょう〜



7



人は心を育てるために他の動物より長い時間をかけて子育てをします。人と猿の違いって知っていますか?おっぱいをあげるとき、人は赤ちゃんの顔や目をのぞき込んでいますが猿は違います。絶えず周りを警戒し、赤ちゃんの顔を見ることはありません。十分に目と目を合わせたり、声をかけたり、抱っこされた赤ちゃんは脳の神経回路が爆発的に発達します。しかし、ミルクは与えられても声もかけられず抱っこもされない赤ちゃんは情動が未発達となり、10歳を過ぎてそれを取り戻そうとしても難しいのです。そういったことが残念ながら犯罪などにつながっていきます。「人間」という字は人と人の間と書きます。人は人との関係性の中で心を育て社会を作っていきます。安心、安全な社会で子どもを産んで子育てできることは何より大事なこと、育児は次の世代の社会を作っているのです。そう考えると私たち女性の役割は偉大なのです。



4



今日はたくさんの子どもたちも一緒に参加してくれました。子どもたちは両親の関係性を見て大きくなります。男性と女性はそもそも考え方や感じ方が違います。ずっと長く一緒にいると当たり前になってしまうことも、もっと言葉を大事にして、コミュニケーションをすること、それがさまざまな良い連鎖を生みます。幸せのコツは皆さんの中にあります。これからも女性性を楽しんで過ごしましょう。





2016年01月24日16:161月の料理教室
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
1


正食中級料理教室も早いもので最後の講座となりました。今回は


きび入り蓮ご飯
けんちん汁
豆腐の野菜あんかけ
しぐれ味噌(食養料理)
おひな菓子ひきちぎり   の5品を作りました。


料理教室の前日に高校生の息子のバレーボールの新人戦が行われていて、応援で声を出しすぎた私は声が擦れ、黙って顔の表情だけでコミュニケーションをとっての料理教室となりました(笑)しかし、不覚にも最後の会だったため一人ひとり皆さんの前で挨拶をするという時間があり、ひゅーひゅーという音だけで感謝の気持ちを伝えてきたところです。伝わったかな・・・・?



6



さて、そんな料理教室でしたが初級、中級と回を重ねて身に付けてきたものは「野菜の蒸し煮」です。この方法で調理するととっても野菜本来のおいしさを引き出すことができます。今回のメニューもほとんど普通の家庭にある食材を使ってアレンジしていく基本の基本のお料理。毎日の日常の食事を美味しくしていけたらいいなと思います。



3



蒸し煮は水を使わずほんのちょっとのごま油で炒めた後はひとつまみ(しっかり)塩を振り、弱火でこのように鍋の蓋に汗をかくまで蒸します。



5



ごぼうの蒸し煮だけは塩ではなく梅酢を使います。



2



食養料理であるしぐれ味噌は蒸し煮をさらに応用した重ね煮という方法で1時間ぐらい火を入れていきます。このしぐれ煮は麦味噌を使うのが美味しいというアドバイスでした。



9



豆腐の野菜あんかけです。くず粉を入れてとろみをつけるため温まります。この季節にぴったり。



7



お豆腐は下味のお醤油を振っておいて焼くと味がしっかりつきます。



8



こんがりと焼きます。



4



最後の料理教室のこの回も幸子先生のトークが心に響きます。仕事に対する想い、食に対する想い、社会に対する想い・・・この人は本物です!



12



デザートの和菓子の白あん作り。濾し方の手ほどき中・・・。料理教室の間中、笑い声が絶えませんでした。楽しかった〜



11



白あんのお豆



17



裏ごしして練り上げます。



15



14


16



よもぎ粉を入れて玄米粉と上新粉をこね、形を作りました。



今回もたくさん笑ってたくさん美味しいものを作って食べ、たくさんの気づきを得た一日でした。正食=マクロビオティックとは・・・玄米菜食のことだと間違われやすいのですがそうではありません。「マクロ」とは大きなとか全体的なことを意味し、「ビオ」とはいのちのことです。「ティック」は術や学を表します。つまり「生命を大きな視点で捉え、自然のリズムの中で自分を生かす生活法」なのです。自然科学や化学、医学、哲学などいろんな分野を網羅した学問で真理とも言えます。健康だけを意識した食事法ではなく豊かな人生を実践し、自分だけでなく社会をよくしていこうとする考え方なのです。


こうした考え方が当院の診療ともマッチしているのでスタッフたちと受講させてもらいました。院長、歯科衛生士、受付・・・みんなで学べたことに大きな意味を感じています。そしてとてもうれしかったです。もうすぐ、ゆきデンタルクリニックも丸5年を迎えます。たくさんの方に支えていただき、同じ考えを持つ患者さんたちとの輪も広がってきました。こうしたことをこつこつ続け、みんなが「暮らしの達人」になっていくようにサポートできる医療機関を目指します。幸子先生、おひさまのスタッフのみなさん、本当にお世話になりました。ありがとうございました。


玄米食おひさまは5月にどんどんどんの森の前に移転オープンするそうです。素晴らしい食材を私たちに届けてくれるお店をみんなで盛り上げていければと思います。


























2016年01月08日08:44H28 健康イベントのお知らせ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ゆきデンタルクリニック 
1




今年もどうぞよろしくお願いいたします。地域の皆さんと一緒に今年も楽しく学びを続けていきたいと思っています。今年前半の健康イベントのお知らせです。まず、第一弾は福岡の春日助産院 智子先生による「女子塾」からスタートです。どしどしご参加ください(^.^)/~~~



H28 1月健康イベント

「女子塾〜女性のための性と幸せのコツ〜」

講師 春日助産院 信友智子先生

H28 1 28 (木)14時〜16時 要予約 無料



H28 2月健康イベント

「創傷治療の最近の考え方〜傷の消毒はやめよう」

講師 増田整形外科内科医院 増田義武先生

H28 2 11 (祝)14時〜16時 要予約 無料



H28 3月健康イベント

「子育て中の方に知っていて欲しいこと〜発達障害かもと思う前に・・・〜」

講師 小倉 謙先生

H28 3 22(火) 14時〜16時 要予約 無料



H28 4月健康イベント

「−1歳からの予防」

講師 ゆきデンタルクリニック院長 矢島由紀

H28 4 29 (祝) 14時〜15時 要予約 無料




H28 5月健康イベント

「夏の過ごし方」

講師 漢方相談薬局馬場薬局 入江美穂先生

日程未定 

2015年12月26日13:02年末年始の休診のお知らせ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
今年も早いもので残り数日となりました。

皆さんにとってこの1年はどんな年でしたか?私は安保法案などが通って、世の中が不安を抱えるようになり、何となく暗い影が覆ってしまったように感じました。無関心、何とかなるという意識では平和な世の中を守れない時代に差しかかっているように思います。核家族化が進み人と人の結びつきが希薄になっていることが様々なところに影響しているようです。まずは地域のコミュニティを活性化させ温かい触れ合いを大切にして子どもたちやご高齢の方を守っていける社会づくりを進めたいと思います。

来年はゆきデンタルクリニックがその拠点の一つとなれるように歯科治療だけでなく、健康情報の発信、気軽に相談に訪れる場、子育て中のお母さんたちの癒しの場・・・etcなどとして機能できるようにスタッフ共々精進していきたいと思っています。12月はクリスマスコンサートを開催しました。忙しい毎日の中でも気持ちを切り替えて、思いっきり楽しむ、笑う・・・こんな時間も大切にしていきたいと思います。また、ほほえみ館の調理室をお借りして味噌作りも行いました。麹の良い香りに包まれて皆でわいわいと仕込みました。日々の暮らしを少し丁寧にすることで何かが変わってくると思います。


当院の近くの無農薬でお野菜を作られている方からの申し出で、昨日からクリニックの待合室で野菜を販売しています。当院に来られて安心安全で美味しいお野菜を購入希望の方は貯金箱が置いてあるのでチヤリンと入れてくださいね。お野菜だけ買いに来られてもOKですので、皆さまお気軽にお立ちよりください。美味しいコーヒー、紅茶、時々ハーブティーなども準備してお待ちしております。皆さんのほっと一息つける場所になりたいです。


12月は28日月曜日までです。

1月は4日月曜日からの診療となります。

1月16日土曜日は休診です。


良いお年をお過ごしください。また、来年もどうぞよろしくお願いいたします。



1


2015年12月17日19:01クリスマスコンサート
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック  | ゆきデンタルクリニック
4



からっと晴れた一日でしたがずいぶん冷え込んでいるようでした。今月の健康イベントはそんな寒さも吹き飛ばす楽しい企画をしました。東京や福岡を拠点に活動しているギターとボーカルのデュオ(二人組のユニット)With the windによるクリスマスコンサートです。



2



院内もクリスマスに飾り付け



1



準備が終わり皆さんを待ちます



6



本日は受付もトナカイさん



7



8月からがんばってくれている衛生士の亜美さんの挨拶からスタートです



8



クリスマスソングもたくさん歌ってくれました。よく聞くクリスマスソングがとってもおしゃれな曲にアレンジされていてとっても素敵〜



10



ボーカルの桜井ゆみさんは高校からの同級生で大学時代もいつも一緒に遊んでいた親友です。今はプロとして活動中、先月はロシアのウラジオストックインターナショナルジャズフェステェバルに行ってきたばかりとか・・・



12



第一部が終わりちょっと休憩中。



15



今日は神埼にあるラナカフェさんにお願いして、塩麹のスコーンを届けていただき皆さんにプレゼントしました。ハーブティーと一緒にいただきました。砂糖は入っていませんがほんのり甘くて癒されるお菓子でした。



14



何度聞いても大好きな歌声です。ウラジオストックでブラボーと大絶賛された曲も演奏してくれましたがぐぐっときました。ちょっと涙をこらえました(笑)



9



今年の締めくくりの月に皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。忙しい毎日の中でもこうして音楽を楽しんだり、笑ったりする時間を持てるということは本当にありがたいことで豊かな気持ちになります。ぜひ、来年も皆さんと一緒に様々なことを学び、そして楽しんでいければなあと思います。

2015年12月16日15:1412月の料理教室
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 食養生 
10



9回目となりました正食中級料理教室、今回は


切り干し大根ご飯
手打ちうどん
のっぺい汁
大根と車麩の煮物
大根サラダ


を作りました。今回は大根1本を使い切りましょうというテーマもありました。大根は油の消化を助けてくれたりと体に優しいお野菜ですが、切り干しにすることで体が冷えやすい陰性体質の人にもより合うようになります。切り干しにすると生より鉄分も4倍に、食物繊維は21倍になります。アトピー性皮膚炎の方にはしっかり食べて欲しい食材です。便秘にも効果的です。大根は先の方は漬物や汁物に、真ん中あたりは煮物に、葉に近いところは大根おろしやサラダに使いましょう。



3



今回は手打ちうどんというなかなか家では躊躇しそうなメニューがありました。



4




けれどこれが意外と簡単にできます。塩を入れた小麦粉(地粉)を水で練って、ひとまとめにしたものにラップをかけて30分休ませます。それをこんな風に薄く伸ばして切ります。このまま切らなければピザ生地が出来上がり。



6



うどんのポイントは長く切ったものがお互いくっついてしまう前に、地粉にまぶして1本1本にほぐしておくことです。



9



食べる直前に茹でて、今回はのっぺい汁に入れていただきました。



2



大根サラダにかけたドレッシングはみかんを使いました。みかん汁を絞り、梅酢、塩、醤油で味を調えたものです。みかんの身も入れました。他にゆずやだいだいなど様々な柑橘系の果物で応用できそうです。



8



きれいに盛り付けて・・・



7



デザートには雑穀のあわを炊き、昆布と塩で炊いた小豆のあんを添えました。今日はちょっとだけ甘味をつけていますがお好みで・・・あわは甘めの雑穀なのでこのような食べ方もとっても合います。ミネラル豊富なおやつの出来上がりです。甘味は中に混ぜ込んでしまうより、たらっと外側にかける方が少ない量で甘味を感じます。砂糖の摂り過ぎにならないようにそんな工夫もしましょう。



さて、あと1回で中級コースが終わります。少しは身についてきたかな?と自問自答しながら(笑)毎日の食事作りを楽しみたいと思います。








2015年12月15日18:50お味噌作り
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 食養生 | ゆきデンタルクリニック
10



今年のお味噌作りは前回までより規模を大きくして開催しました。



1



当院から5分のところにあるほほえみ館の調理室をお借りして、準備しました。



4



今回、嬉しかったことの一つに当院の衛生士さんたちが主催してお味噌作りを企画したいと言ってくれたこと、場所の確保から麹や大豆などの注文もやってくれました。中心になってがんばってくれた丈野さんのお味噌の作り方のお話から始まりました。



1



皆で記念撮影をしてお味噌作り開始です!今回は経験者の方の胸元にシールを貼って、初めての方に教えてもらいながら進めました。



7



3歳にしてすでに7回ほどの味噌作りの経験を持つきゅう君の胸元にも経験者シールが輝いています。「僕にもなんでも聞いてね。気が向いたら説明するね・・・(笑)」



11



「今度は私もシールを付けて初めての人に教えてあげる」と楽しそうに言ってくれた女の子、皆すぐに上手になって半年後には教える側に回ってくれるでしょう〜



3



私もがんばりました!



2



大学時代の先輩一家も長崎から参加してくれました。



11



子どもも大人も一緒にがんばれるのも味噌作りのいいところですね。



9



2歳児だってこの通り。全然飽きずに最初から最後までやってくれました。「まだ、やる〜」という声も聞こえましたよ。小さい子でも全然大丈夫です。



12161845678912131415




麹の良い香りに癒されながら、私たちがいつもいただくお味噌を楽しくみんなで仕込んでいく・・・とにかく笑顔がいっぱいでした。



20



一仕事終えて腹ごしらえ・・・



今回のお味噌は佐賀ビネガーさんにこだわりの無農薬で作ってもらったお米を持ち込んで麹を作っていただき、同じこだわりの農家さんの大豆を仕入れて作りました。佐賀ビネガーさんからお酢のプレゼントまでいただきお土産付きのお味噌作りの会となりました。半年後に食べるのがとっても楽しみです。皆さんの笑顔が印象的なイベントでした。ありがとうございました。

2015年12月08日13:49素敵な音色に癒されましょう♪
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック  | ゆきデンタルクリニック
1



今年も残りわずかとなってきました。何かと忙しい師走ですが心に余裕を持って過ごしたいですね。あわただしい時には深呼吸を・・・


12月の健康イベントはいつもと趣向を変え、クリスマスコンサートを開催します。ジャズから親しみやすいクリスマスソングまで老若男女楽しめる企画です。一年間様々なことを皆さんと一緒に学んできましたが、今年の最後は思いっきり音楽を楽しむこと、笑うこと、癒されることをテーマに締めくくりたいと思います。実はこれが究極の健康を保つ方法かもしれませんね。まだ、余裕がありますので予約のお電話お待ちしております。


「With The Wind X'mas concert」
  
ギターとボーカルのデュオユニット 桜井ゆみ&田口悌治

素敵なメロディに癒されましょう〜♪ プチプレゼントを準備してお待ちしております。子連れOKです。

H27 12 17(木)14時〜15時 要予約 1000円 18歳以下無料

(駐車場が不足します。できるだけ公共機関をご利用ください。)



12月23日(祝)診療しています。28日(月)診療しています。
12月29日(火)〜1月3日(日)まで年末年始のお休みをいただきます。
1月4日(月)より診療しています。








2015年11月26日13:36医科歯科分子整合医学合同セミナーin沖縄
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 沖縄編 
1



11月の連休に沖縄で行われた「医科歯科分子整合医学合同セミナー」に行って参りました。初日は移動のみ。いつも一緒に勉強している顎顔面口腔育成研究会の先生方を誘って北海道から沖縄の先生まで仲間も参加、楽しい研修旅行となりました。



4



あぐー豚しゃぶ店で乾杯。前夜祭です。



3




だんだんと南国ムードに開放感






65



翌朝、北海道からご参加の先生に沖縄の海が見える温泉情報を教えていただき行ってきました。素晴らしい景色でした〜まさか、今回温泉に入れるなんてとってもラッキーでした。



4



セミナーの講師の先生方です。北海道旭川アステック歯科医院の有馬征志先生と奥様の栄養カウンセラーのよう子先生。お話を聞かせていただくのは2回目となります。栄養療法を取り入れて治療にあたられています。全身を考えた歯科治療をされているところは非常に当院と通じるものがあり、興味津々です。お二人とも英語が堪能で海外情報をたくさん伝えてくださることもこれからの日本の歯科治療に大きく貢献されているところです。


「免疫革命」で有名な新潟大学名誉教授の安保徹先生。安保先生のお話も2回目です。とっても優しいお人柄とユーモア溢れるお話についつい引き込まれます。大ファンです。当院の待合室にも安保先生の本がたくさんあります。お勧めですよ。


最後に杏林予防医学研究所の山田豊文先生のお話。細胞環境デザイン学を提唱され、細胞の治癒能力を引き出すことに重きを置かれています。多くのスポーツ選手も山田先生のお世話になっているそうです。今回の魂の講演内容も今まで当院で取り組んできたことと非常に似ており自信がつきました。食事は人それぞれ千差万別、どういう方法がその人を健康に導くのか一つの確立した理論はありません。しかし、この細胞環境デザイン学を学ぶことで指標ができるような気がします。来年、早速研究所に勉強に行って参ります。


23



そして、このセミナーを企画してくださった瀬戸山さん、大変お世話になりました。重金属の解毒にも非常に効果が高いケイ素についてご教授いただきました。早速、検証したいと思っております。有益な情報をありがとうございます。



9



懇親会に安保先生の乾杯の音頭で突入



9



沖縄の夜を楽しみ・・・


10



安保先生と大阪の亮人先生と記念撮影



19




山田豊文先生ともパチリ



11



みんなで記念撮影



2




懲りない面々で二次会へ・・・おしゃれなお店がたくさんありました〜



2








飲んでいても上顎骨の成長について熱く語り合う〜(笑)



13



最終日、行ったことなかった首里城へ行ってみました。



15



丘の上にある首里城。那覇は首里城より高い建物を建てるのは禁止だそうです。



16



気持ちのいい天気。まだまだ日差しの強い沖縄です。



17



正殿です。



18



正殿のミニチュア模型、可愛いです。中国文化を強く受けているのだなあと改めて実感。



18



シーサーにもご挨拶・・・



19



最後に国際通りでお買い物をして空港に向かいました。



22



連れて帰ってきたミニパインを栽培しています。楽しい研修旅行となりました。



1




北海道に帰った先生からの写真・・・雪に車が埋もれていたそうです・・・氷点下の気温・・・








2015年11月19日08:28幸子先生のスイーツのお話
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 食養生 | ゆきデンタルクリニック
2


10月の健康イベントは「美人はつくるもの💛嬉しい 楽しい 美味しい 幸せ〜っに過ごすスイーツとは?」と題して、講師 玄米食 おひさま 正食クッキングスクール講師 西村幸子先生に美味し〜いシフォンケーキを作ってきていただき、それを食べながらのセミナー開催となりました。



5



シンプルなプレーンのシフォンケーキ まずはこの作り方をマスターすると抹茶、チョコ、ココア、小豆、さつまいも、かぼちゃ、塩、りんごなど自由にアレンジが利くそうです。しっとりふわふわめちゃくちゃ美味しい。飲み物にはノンカフェインのタンポポコーヒーとチコリーコーヒーを準備してくださいました。利尿作用があり排毒効果も高いそうです。妊婦さんも飲めますね。



7



レシピ



6



今回使用した材料です。市販の物は添加物、合成甘味料などが使われている可能性が高いのでなるべく材料を厳選して手作りしましょう。



1



幸子先生の子どものころからの食・スイーツとの関わり、転機、現在のお仕事に至るまでのお話、笑いを交えて話してくださいましたがそこから学ぶことがいっぱい。いろんな経験から考え模索してそれをどう活かしていくかということが大切なんですよね。考えさせられます・・・



10



自然の恵みに、食材に、これをいただくまでに関わってくださったすべての方へ感謝の気持ちを込めていただきます・・・


9



一緒にテーブルを囲むと自然と笑顔が・・・



4



小さい子を連れた若いママの参加もたくさん・・・早い時期からこういう話題に触れておくことは大事ですね。



1



幸子先生、美味しいシフォンケーキをたくさん作ってきてくださってありがとうございます。ご参加くださった皆さん、また楽しい学びの時間を共有しましょう。




2015年11月18日08:19綾子さん、hygeiaで発表
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック その他 | スタッフニュース
1




福岡にあるおおた歯科クリニックの西依亜矢さんが主宰する歯科衛生士のスタディグループhygeia第3回勉強会(福岡Ukデンタル)にて当院の丈野綾子さんが「ゆきデンタルクリニックの取り組み」と題して発表する場をいただきました。



10



メイン講師は糖尿病専門医の西田 亙先生、前夜祭は西田先生を囲んでプレゼン合戦でした。



5



その発表の場はなんとお寿司屋さん。お寿司屋さんの2階の小部屋で飲み食いしながらまじめな話をプレゼンするというシチュエーションにちょっとわくわくしながら診療を終えて衛生士さん2名と一緒に福岡へ向かいました。



6



誘ってくださったのはこの方。おおた歯科クリニックの太田院長。長崎大学時代の1つ先輩です。



7



まずはhygeia主宰の西依さんの発表。歯科衛生士さんですが副院長として活躍し、院外に出て様々な活動をされています。



8



熊本の西村幸郎先生、歯周病のため早産となってしまった妊婦さんのスライドショーに泣きました・・・・産婦人科で母親教室をされるなど当院ととっても似た取り組みをされていて今後、いろいろと情報交換をしていくことになりました。西村先生、どうぞよろしくお願いいたします。



4




次に私の番・・・口腔の発達が極端に悪くなってきていること、それによって様々な症状が出ていること、またその対処法についてお話ししました。西田先生は医師は上顎の劣成長の問題を知らない・・・これはすべての医師が知るべきだとおっしゃっていました。



8



ラストは馬場薬局の馬場先生。禁煙について。たばこやお酒、砂糖、薬など依存してしまうものから抜け出すのは至難の業ですが、それでもそこから脱出できる方法、考え方、指導の仕方を教えていただきました。とても勉強になりました。



2



さて、翌日日曜日の本番はこの方、当院の歯科衛生士丈野綾子さんの発表です。全国各地からたくさんの衛生士さんそして多くの歯科医師が参加する中、堂々と発表している姿が素晴らしいと参加されている方から連絡をいただき嬉しく思っています。初めてのことで緊張したと言っていましたがいつも一生懸命な彼女、そろそろどこかで発表するチャンスがあればなあと私は密かに願っていましたので、とても良い機会をいただいたと思っています。



3




人前での発表は緊張しますが発表するために準備をし、どうしたら伝えられるか考え、また皆さんからいろいろなご意見や励ましをいただき、何よりたくさんの方とつながることができるので飛躍的に向上できるチャンスだと思います。一つ自信をつけてこれからの日々の診療にあたってくれると思います。皆さま、温かいご支援ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします(^_-)-☆

2015年11月17日13:0211月正食中級料理教室
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
12



今月は玄米海苔巻き
    ごま汁
    蓮根とグルテンの味噌煮
    卯の花の五目和え
    ひえドーナツ 

      5品を作りました〜



1



今月も幸子先生の軽快なトークで始まった料理教室



2



作り方や材料、コツを楽しく学びます。



5



焦げないように香ばしく〜ごまの炒り方にもいろんなコツが・・・



6



たっぷりとごまが入った汁物はコクが出て美味しかったですよ〜寒い季節にいいですね。



7



卯の花は健康的なイメージがありますが、スーパーに並んでいる卯の花お惣菜には要注意。たっぷりの砂糖が使われていますよ。これは甘味はつけません。野菜の甘味を引き出し、塩味を効かせ、ごはんが進む味になりました。


9



酢飯を海苔で巻いていきます。


10



しっかり歯ごたえがあるので、ちょっと小さめに切った方が食べやすいです。


3


4



デザートに雑穀のひえを炊いて、地粉と刻んだレーズンを入れて混ぜ合わせ・・・



11



ドーナツ型に成型し外側をカリッと揚げました。甘味はレーズンでしっかりありますので砂糖などは使わなくてもとっても大満足のお味でした。作るのが簡単なのもお勧めです。


今日のメニューは蓮根が効いていたのか噛み応えがたっぷり・・・みんなもぐもぐもぐもぐ・・・無口になるほどよく噛んで食べられるメニューでした。今回もよく笑い、よく学び、よく食べた楽しい1日でした。幸子先生、お世話になりました。













     

2015年11月12日10:45九大比良松先生の自炊塾へ1日研修
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 食育 
1



先月、アバンセで聴講した比良松先生の講義第2弾として本日はスタッフみんなと九大伊都キャンパスへ出かけてきました。天気も良く絶好の研修日和でした。



2



さて、出発



3



2台目も糸島へ到着



4



1時間ほどの自由時間に最近、素敵なお店がたくさんできている糸島を散策・・・1件目は雑貨屋さん



5



ここでゲットしたCAFEの木の文字を待合室に置きます。見つけてくださいね。



7



2件目はオーガニックコットンのお店



6



ハーブがいい感じです。



8



良い香りに誘われてパン屋さん



9



早速、焼き立てをつまんでいます。



10



九大へ到着 一品持ち寄り弁当の日へ参加 本日のお題は「常備菜」



11



私は蓮根チップスにしました。うちではよく登場します。そのままぽりぽり・・・サラダに混ぜて・・・お肉のトッピングなどに活躍します。



衛生士さんたちの常備菜
12


13


14


15


16


17


18



どれも美味しかったですよ〜帰ってからレシピを学びあおうと思います。



19



比良松先生はもやしのナムル



BlogPaint




今日は久留米の中学生の先生、保護者さんの九大視察団体様がいらっしゃっててギャラリーがいっぱい・・・


一番食が乱れがちな一人暮らしを始めたばかりの学生さんたちもがんばってた。すばらしい!!




1



みんなで感謝を込めて「いただきます」


20



午後、団体様に混ぜてもらって新しい九大を視察。突如、比良松先生がバスガイドに・・・(笑)



21



森の中へ・・・・



23



九大にある森・・・こんなロマンがあるとは・・・比良松先生の楽しい課外授業でした。



25



枝の上に・・・



26



さて、今日のメイン授業開始  本日は調味料について 今後のゆきデンタルクリニックの明日からの診療に活かしますよ〜


2

3



ワークショップ形式の参加型授業です。


27



楽しい研修となりました。日も暮れて九大を後にしました。比良松先生、ご協力くださった皆さん、感謝いたします。




2015年10月28日19:18元気な赤ちゃんを授かるための体作り
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 妊婦さん | 自然治癒力
2



10月の健康イベントは宮崎薬局の宮崎法幸先生にお越しいただいて「元気な赤ちゃんを授かるための体作り」と題してお話ししていただきました。国民医療費はこの40年で41兆円に膨れ上がっているにも関わらず、例えば糖尿病一つ見てみても950万人、予備軍の1100万人を合わせるとなんと5人に1人が糖尿病を心配しないといけない状況です。医療費を使いまくっているのに病人は増えているという実態・・・果たして今の医療はうまくいっているのでしょうか?子どもたちは元気でしょうか?アトピー性皮膚炎や発達障害など多くの問題を抱えています。年配の方はどうでしょうか?認知症や寝たきり、介護などこちらも問題は山積み・・・認知症の人は過去に予測された人数の約3倍もの人がかかっているそうです。



糖尿病は血糖値が高くなる病気ですが、なぜ血糖値が高くなるのか?そこにアプローチをしないとただ血糖値だけ下げてみても果たしてどうなのでしょうか?医療者も患者さんも考え方そのものを改める時期にきているようです。



3



健康は薬で得るものではないことはわかってきています。薬は応急処置として使用されていることが多いので、根本的に治すというのとは違うということを知っておきましょう。体の治す力、元に戻す力を高めることこそ大切なのです。



4



病気とは診断されないけど、何となく調子が悪い・・・生理痛がある、月経血に塊が混じる、便秘、冷え、目の充血、肩こり・・・これらは病院に行っても様子を見ましょうと言われるか、対症療法薬を処方されるかの対応が多いです。根本的な解決策を教えてくれるところがなかなかありません。しかし、この部分がものすごく大事なので、それぞれが勉強する必要があるのです。


赤ちゃんを授かりたいけどなかなか授からない方は卵子や精子、子宮などの検査をされると思います。しかし、自分の体全体が疲れているのに、子宮だけ元気、卵子だけ元気ということはあり得ません。自分の全身状態を超えることはないのです。高度医療は受精の確立を上げるだけで体作りはやってはくれません。妊娠して赤ちゃんをお腹の中で育てていける体作りは自分でやっていくしかないのです。



5



からだと心が喜ぶピラミッド 参考にされてください。卵管閉塞や子宮筋腫などがあっても体は新陳代謝があるので変わっていく可能性もあります。一番影響するのは食べ物です。食事を始め、生活習慣を見直してみましょう。


6



身土不二という言葉があります。生活している土地で採れるものが一番体に合っていますよという意味の言葉です。日本の緯度はヨーロッパでいうとかなり南に位置し、高温多湿で植物が育ちやすい場所です。ですから人口も多い。長いことその土地で暮らしているヨーロッパ人と同じような食生活は日本人には合っていません。



7



この図はサルの生育地を表しています。日本はサルが住める一番北の地です。本来日本は住みやすい土地です。ヨーロッパはサルも住むことができない土地で長い時間をかけて食べ物も工夫して適応しながら生活してきた民族ですから、そもそも欧米人の食事の真似をしていたのでは体作りの基礎となる食生活に問題が起きないでしょうか?



8



また、現在の食生活はカロリーは取っているけど、栄養が足りてない、新型栄養失調だと言われています。特にこの写真にある3つに気を付けましょう。この中でも加工食品の摂り過ぎは最も問題です。例えば、コンビニに売ってあるお弁当。手作りしたものと比較してカロリーは同じでも、食中毒が起こらないように何度も何度も塩素消毒をしたり、下茹でしたりしてあるため、栄養素はどんどん抜けていって手作り弁当の約1//10しかないそうです。もちろん添加物は盛りだくさん・・・ビタミンやミネラルの抜けてしまった食べ物を食べてもガソリンはたくさん入っていけるけどバッテリーは弱い状態・・・できる範囲で食の見直しをしましょう。できるだけ手作りしましょう。



9



ビタミンやミネラルの入っていない飲み物を飲むこともとても問題。熱中症の原因の一つがスポーツ飲料を飲むことだと言われています。本末転倒ですね・・・



母乳育児を望む母親は96%いるそうですが、実際は5割しか実現していないそうです。帝王切開が増えていますが3世代続けて医療介入したお産を続ければ、自然なお産は望めなくなると警鐘している医師もいます。若い時から妊娠、出産、母乳育児ができる体づくりを心がけておくこと、次の世代の体づくりをしっかりやることは私たち大人の重要な役割です。





2015年10月23日08:4710月正食料理教室
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 食養生 
1



10月の正食中級料理教室では

 黒米入りご飯
 豆腐と蓮団子の清まし汁
 がんもどきと青菜
 ひじきこんにゃく(食養料理)
 黒ごま豆乳プリン        の5品を作りました。



お正月によく食べる黒豆ですが、ご飯と一緒に炊くと美味しかったですよ。そのまま一緒に炊いても美味しいのですが、さらに美味しくするひと手間として、炒り大豆にしてからご飯と一緒に炊くともっと甘味が強くなることを幸子先生に教えてもらいました。さて、新米の季節になりました。新米はおがみ洗いですよ〜



2



豆腐と蓮団子には葛粉を使いますが、葛にはぎゅーっと閉まる作用があり、腸のゆるみを整えてくれます。下痢のときに食すとよい食べ物ですので覚えておきましょう。



ひじきこんにゃくは特に大事な食べ物です。かなり長い時間煮たものは重病の人にも食べさせたいお料理。スポーツ選手は体が柔らかくなりますし、妊婦さんは産道が開きやすく、また戻りやすくと助けてくれる食べ物なので積極的に摂りましょう。


3



がんもどきにはきくらげ ゆり根 ぎんなん 人参などを入れました。ゆり根ってあんまり普段は使いませんがほくほくして美味しかったです。



4



黒ごまプリンにも葛粉を使いました。葛粉を溶かした水と豆乳、甜菜糖 練りごまを火にかけて混ぜるのですが、これはかなり力が要ります。焦げ付かないようにひたすら練って作りました。



5



秋晴れが続き、イベントごとも多いこの季節。季節の変わり目でもあり、体調を崩している人も多いです。食生活にちょっと気をつけ、睡眠もちゃんととってさわやかなこの季節を楽しみましょう。





2015年10月21日19:23比良松道一先生の食育ワークショップ
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 食養生 
1



佐賀市にあるアバンセで佐賀県が主催して 「食で育む生きる力」と題した食育講演会&ワークショップが開催されました。講師は九州大学持続可能な社会のための決断科学センター 比良松道一先生です。当日はばぶばぶフェスタが行われており、良い天気にも恵まれたくさんの方の来場があり、とっても込み合っていました。そんな中、車いっぱいに荷物を詰め込んで福岡からやってきてくれた先生に感謝です。車を停めるのに40分もかかったとか・・・



3



今日はワークショップ形式ですので会場はこんな感じ。中学生や専門学校の学生さんのような若い方の参加もあり、休日を使って学ぼうとする姿勢に脱帽でした。私は当院の衛生士さんと一緒に参加させていただきました。



2



机の上にはこんなものが並んでいて何やら気になります・・・比良松先生のお話を聞いているとなんだか九大生になった気分を味わえました。また、特に若い理系男子には比良松先生のようなお話の仕方が一番有効なのでは?と勉強になりました。



4



甘味を実体験・・・3つ並んだコップに入っているものを飲み比べて甘い順に並べ替えてみました・・・ここで使ってあるものは普通に売ってある清涼飲料水(黄色のジュース)と他2つ。今のジュースは砂糖でもなくもっと安価な合成甘味料が大量に使われています。砂糖より問題が多い、こんなにたくさんの甘味料が入った飲み物をなぜ美味しく感じてしまうのか?そのからくりがこの実験で体感することができました。答えは酸味を加えるから・・・・でした。



3



比良松先生のお話はとっても興味深いものがありました。糖尿病の研究をしている人は実験用に糖尿病のラットが必要です。しかしそれは簡単に入るそうです。どうすればいいかというとエサの横に清涼飲料水を置いておく。2週間もすると糖尿病になっているそうです。怖いですね・・・動物は本能のまま食べるので抑制が効かないとのことでした。人はそこに理性が働きます。どのくらい食べたり、飲んだりしていいのか、食べていいのか、食べない方がいいのか?考えて行動することができます。ここ、とても大事なことですね。



5




食を学ぶには持って来いの「弁当の日」の紹介もありました。最近は佐賀県もがんばっています。実践校も少しずつですが増えてきています。ぜひ、この冊子を読んでない方は読んでみてください。今回、参加された方にはこの本をプレゼントされました。欲しい方はゆきデンタルクリニックでも購入できます。800円です。






6



和気あいあいと時間も過ぎ、先生がたくさん持ってきてくださったお出汁を味見したり、鰹節を削ってみたりと楽しい時間を過ごしました。



9



その後、古民家のカフェへ場所を移し、比良松先生にたくさんのアドバイスをいただきました。今度、九大の比良松先生の授業を受けにスタッフ共々お邪魔させてもらうことにしました。なんてラッキー!また、学んできたことを皆さんにお伝えしますね。



10



たまたま、お邪魔した古民家のカフェのギャラリーに立ち寄って、素敵なご飯茶碗にも巡り合いました。それから、最後に比良松先生に小ぶりな感じがとっても素敵な鰹節削りをいただいてしまいました・・・良いお話を聞いて、体で食の大切さを感じ、それをたくさんの方と共有して、充実した1日でした。比良松先生、佐賀でご講演いただき本当にありがとうございました。



14










2015年10月20日08:45赤ちゃん歯科ネットワーク
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック
1



今月は珍しく2回も東京に行って参りました。今回は始発便で行って最終便で帰るという強行突破・・・「赤ちゃん歯科ネットワーク」の例会に参加させていただきました。



2



上野駅近くの会場での開催です。上野駅に到着しちょっと時間があったのでカフェでカフェオレを頼みました。すると出てきたのがこれ。🐼のカフェオレでした。さすが、上野駅。上野動物園に行くと思われる子どもたちの集団にも出会い、うれしそうな表情に癒されました。



3



そんな上野駅から徒歩1分と書いた地図を見ながら、なぜか25分もかかって会場に到着・・・



4



歯並び、あごの成長のサポートはお腹にいるときから意識したいものです。早いことにこしたことはありません。子育ては生まれる20年前から始まっているという人もいます。しかし、生まれたばかりの赤ちゃんにはまだ歯が生えていません。そのため歯科医院を訪れるのが遅くなって情報をキャッチできないということが起こっています。そんな弊害をなくし、さまざまな職種の方と連携して赤ちゃんを守っていこうというのがこの会の趣旨です。



5



皆さんの熱意ある発表に感動し、多くの学びがありました。また、今回の昼食時間は懇親会となっており、全国の赤ちゃん大好きな先生方と時間をともにしました。FBなどで知っていて実際に初めてお会いした方もいてとても充実した1日でした。


ここで学んだことは早速帰ってスタッフと共有して皆さんにお伝えできるようにします。

2015年10月13日08:19食で育む生きる力
PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 食養生 
1



10月18日日曜日にお勧めの講演会が佐賀であります。場所はアバンセ 九大の比良松先生のお話が聞けます。ぜひ、足を運んでみてください。

13時15分〜15時30分 無料 定員80名


お問い合わせ 0952-25-7096 佐賀県くらしの安全安心課