2012年04月25日21:27歯と病気の関連
Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック セミナー案内 
1



今日はゆきデンタルクリニックのイベントの日でした。雨の中、ご参加ありがとうございました。


今日は私が「歯を健康に保って病気を予防しようー歯と病気の関係ー」という演題でお話ししました。


今日のイベントのために患者さんのデータなどをまとめていたら、さまざまな病気の方がたくさん元気になられているなあと改めて嬉しくなりました。そして、多くの方に歯を大切にするとどういう病気を予防できるのか知って欲しいという想いを強くしました。


歯の疾患は大なり小なりすべての病気と関係していますが、その中でも特に関係の深い疾患や症状というのが私なりにまとまってきました。

関節リウマチ・関節炎
糖尿病・脳血管障害・心疾患
皮膚疾患
潰瘍性大腸炎
腎疾患・痛風

難聴
のどの痛み・のどの違和感・鼻炎・鼻閉
肺炎
肩こり・腰痛・生理痛・偏頭痛
めまい・ふらつき
四肢のしびれ・麻痺
変形性頚椎症 など

上記の疾患や症状をお持ちの方はぜひ、症状のある部位だけでなく口の中に問題を抱えていないかどうか調べてみてください。



また、身体に影響するほど歯が悪くなる原因は・・・

食生活の変化(食そのものの内容の変化や軟食化)
    ↓
歯科疾患の急増
    ↓
病巣感染 咬合不全 歯科材料のリスク  

・・・という図式があり、間違った食生活や子どもの頃からの顎の成長が不足していることは大問題です。今一度、正しい呼吸の仕方・正しい食生活というものを見直す必要があります。

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。