2012年09月24日13:00「1/4の奇跡〜本当のことだから」上映会
Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック  
1



友人である理学療法士の岩崎さん一家の協力により、9月22日(土)「1/4の奇跡」の上映会を行いました。


石川県在住、養護学校教諭の山元加津子さん。

加津子さんが語る、学校の子ども達のお話は、
“いのちの尊さ”
“いのちを生かす大きな存在”にまで触れ、
聞く人の魂を揺さぶり、
全国で感動を呼んでいます。


「1/4の奇跡〜本当のことだから」は、
そんな加津子さんに語っていただきながら、
“ひとりひとりが、とっても大切な存在なんだ”
“ありのままの私たちで、大丈夫なんだ”ということを、
描き出していくドキュメンタリー映画です。


かっこちゃん(加津子さん)の原動力は難病を患い亡くなっていった雪絵ちゃん(前回のブログで紹介したきいちゃん)と交わした約束です。


かっこちゃんが、障がいを持つ子どもたちから日々教えてもらっていること。それは、なぜ私はここに存在するんだろう、生きるってどういうことなんだろう、大好きって何なのだろう、そんな問いに対する答え(=本当のこと)なのだと言われています。

1/4の奇跡のタイトルの意味にも感動しました・・・自主上映会があちこちで行われています。ぜひ、機会があれば観て欲しい映画です。



今回、ゆきデンタルクリニックで上映会をするにあたって準備をしてくださった岩崎さんの奥様もかっこちゃんと同じ養護の先生です。いつも子どもたちのことを考えて心ある活動をされている素敵な先生です。



2



上映会に親子で参加してくださっていたお母さんが実は岩崎さんの教え子だったことが判明・・・雪絵ちゃんとかっこちゃんの想いはいろんなところに小さな奇跡を起こしながら、たくさんの心に届いているようです。



3



やはりティッシュ無しでは見ることができませんでした。感動をありがとうございました。ご協力いただいた岩崎さんご夫婦、あゆみちゃん、あかりちゃん、ありがとう〜!!!










トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。