2013年03月21日15:45身体の歪みは足指から
Comments(2)TrackBack(0)mixiチェック 養生 
1


3月の健康イベント「身体の歪みは足指から」〜あなたの膝痛は膝が悪いわけではない〜 


講師 みらいクリニック付属リウマチ&フットケアセンター長 湯浅慶朗先生


大盛況でした。今回、ご希望いただいたのに入れなかった方ごめんなさい。資料がゆきデンタルクリニックにあります。ご希望の方はお声かけください。




17



ゆきデンタルクリニックの2階がこんな状態になってしまいました。前のほうに座っているのは私の息子がお世話になっている中学校の男子バレー部のみんなです。今回のお話はぜひ、息子たちにも聴かせたいと来週に九州大会を控えて練習に忙しい時ですが、体をケアすることも大事と先生にお願いして時間を作ってもらいました。



7



右手を挙げているのが息子です。おかげさまでこんなに大きくなりました。今回、こういうところのスペースにまで聴講の人でびっしり。湯浅先生の立ち位置も狭くて申し訳なかったです。



8



午前中練習試合をして、みんなでお弁当を食べて講演会に臨みました。中学生男の子たちみんな素直でかわいいです。



1



さて、湯浅先生の楽しい授業が始まりました。ビデオではみらいクリニックの院長今井一彰先生にもご登場いただきました。湯浅先生はリハビリのお仕事をされていましたがリハビリをやってもやっても治らない患者さんを見て患者さんに申し訳なくて一度職を離れたそうです。そんな湯浅先生が出会った成長痛、膝痛、腰痛がみるみる治っていく方法とは・・・




2



本当の足指のあり方をわかりやすく教えてくれました。お手伝いしてくれたのは息子の同級生 山下くん。

先生 「逆立ちをしてみて」

山下くん   逆立ちをする

先生 「手の指を閉じてみて」

山下くん  「きついです・・・腕が・・・」



なるほど・・・逆立ちをしたとき全体重を受け止めているのは手首から先の手。指を開き、そして指をまっすぐにしますね。どれかの指を浮かせてしまったり、曲げて逆立ちする人はいませんね。それでは普通に立ったときの足もそうあるべきです。それなのに指を曲げてしまっていたり、指が浮いてしまっていたりすれば他のどこかに負担がかかってしまうはず。納得しました。


こういった足指になってしまう理由は、靴ベラを使わない、かかとを踏む、深爪、靴紐を閉めない、サンダルが多いなどの生活習慣に既往しています。こういうことを続けると足にある3つのアーチが無くなってしまいます。ですから足指の使い方を変えてそうして筋力をつけていくことが大切です。


足指を鍛える方法として

1 足でグーを作る
2 足でチョキをする
3 足でパーをする
4 ボールペンなどを拾うときは足を使う
5 足と手で深く握手したままなるべくゆっくり90°曲げる (FC方式)

親指の動きが悪い人は腰痛を起こしやすく、小指の動きが悪い人は膝痛を起こしやすい傾向にあるそうです。また、その他の指が曲がっているハンマー指になっている人は足がむくみやすいそうです。




3



膝痛がきつい先輩の足を診てもらいました。足の指にさまざまな問題が見られました。病院にもかかっているけど一向に痛みが減らず、日常生活でも痛んでいます。中学生でも足指がまっすぐな人は1割もいないそうです。小さいころから上記の1〜5をやって予防したいですね。



4



足指をまっすぐにするためにみらいソックスを履かせてもらいました。これはただの5本指ソックスではありません。足の指を矯正し、アーチを作ってくれる強い生地でできているソックスです。曲がっていた足指が即座に伸びました。どよめき・・・これで1〜5 特に5のFC方式を毎日20回ずつやり、正しい足指の使い方で足に筋力をつけていくと、この膝痛は解消されるようです。こういう症状がひどい方はFC方式をやるのも痛いみたい。先輩も痛そうでした。しかし、これこそ本来の指の機能を発揮しないで膝に負担をかけている証拠です。今後、これを知らずにどんどん負担をかけ続けるとと思うとぞっとします。湯浅先生の見立てでは2週間続けると膝の痛みがなくなるよと言われていました。がんばれ、先輩!!





5



みんなでFC方式をやってみて、そして忙しい人のために同時にあいうべ体操をやっているところです。私もこれから毎日FC方式を続けたいと思います。



講演が終わって質問に答えていただき、杖をついて来られた方の相談に乗っていただきました。なんとその方、その場で杖なしで歩くことができ感激されていました。凄い!!見ていたスタッフが驚いて報告してくれました。


すばらしいお話を聴くことができました。これを知ってセルフケアをしていくのしないのとでは大きく人生が変わりそうです。息子たちも聴けて良かった。湯浅先生、本当に貴重なお話をありがとうございました。





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by starfield   2013年03月21日 19:34
5 逆立ちを最近していませんでした。
膝を鍛えるためにも逆立ちをしてみたいと思います。
2. Posted by ゆき   2013年03月21日 20:51
コメントありがとうございますm(__)m

逆立ちは体重を受けとめるとき、どういう指の使い方をするかということを理解するために、わざと手に置き換えてみたのです。ですから、足指にたいする1-5の項目を実行してみてくださいね(^_^)/

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。