2013年10月31日14:12カウンセリング薬膳おむすびランチ
Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック ゆきデンタルクリニック | イベント
3



10月の健康イベント「カウンセリング薬膳おむすびランチ」を唐津の漢方専門相談薬局薬剤師の入江美穂先生をお迎えして行いました。秋ですのでもみじを飾ってお出迎えです。



3



入江先生には2時間も前に来ていただき、玄米やお味噌汁などを作っていただきました。




1



入江先生はこんなに若くてかわいらしい先生です。普段は薬局で患者さんの相談に乗り、お休みの日を使って、薬膳を多くの方に教えていらっしゃいます。8〜9年前からそのような活動をするようになったそうですが、薬局に相談に来られる方というのは、病院では治りきらなかった方が多く、そのような方たちの多くは食生活を見直さないと難しいということを痛感したそうです。そして、できれば未病の状態で病気を防ぎたい、今、元気な方にもそのことの大切さを知って欲しいという想いから、お休みの日に活動をされているそうです。若い方たちがこんなすばらしい活動をされていることに、日本の将来も明るいなと希望が湧いてきました!



2



ゆきデンタルクリニックがいつもと違って、薬膳カフェへ早変わり・・・



4



まずは、入江先生のお話を聴きました。「薬」という文字は「くさかんむり」と「楽」という字からなります。「くさかんむり」=自然界のもの(という意味を表す)で、楽にさせていたという意味の言葉です。今の薬はちょっとその意味から離れてきていますね。自然ではないものが大量に投与されていて、症状を抑える薬によって、病気は悪化していることもあるという矛盾を抱えています。本来の意味を勉強しておくと、薬って何であるべきか、そして食べ物もまさに薬になるということがわかります。もっとも簡単なのは旬のものを食べるということ、それだけでその季節にあった養生法となります。



6



東洋医学には五味五色という考え方があります。季節に合わせて臓器の働きも異なりますので、養生法も変わってきます。


例えば、秋は白い色が深い意味を持っています。そしてこの白色を見ると肺の働きを強めます。肺の気が体の一番外側である皮毛にそろそろ寒いので毛穴を引き締めて体を守るようにと伝わり、寒くなってくる季節に備えます。ですから、この時期に無理をすると肺や皮膚の病気、ぜんそくやアトピーが悪化しやすいのです。このように人はもっと季節にのっとった生活をすると体がうまく調節をしてくれるようになるのです。この時期に関係の深い味は辛みです。辛い味のものが体を温め、寒くなってくる季節に備えます。



12



冬は腎臓(副腎、子宮、卵巣を含む)〜黒〜味は塩味と関係します。
〜骨や歯にも影響し、老化と関係の深い臓器です。

春は肝臓〜青〜酸味と関係します。

夏は心臓〜赤〜苦味と関係します。

最後にとても重要なのが春夏秋冬の間にある季節の変わり目、これを土用といいます。土用のうなぎが有名ですが、各季節の間にあります。(四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間のこと)この季節は脾(消化に関係する臓器)を大事にして養生すると次の季節が元気に過ごせるのです。色は黄色、味は甘味と関係が深いのですが、ここで間違っていけないのは舌にのせたときにすぐに感じる甘味(砂糖)ではなく、噛めば噛むほどに出てくる甘味のことを言います(←ここ大事!)基本はお米です。そこで今回は薬膳の基本、玄米のお米でおむすびを作ります。



18



また、味によるそれぞれの働きを考え、今自分に必要な具材でおむすびを作りました。その具材に使ったのがこれ。

酸味〜梅干〜のぼった血を肝臓に返す働き
苦味〜高菜〜ほてりを冷ます
甘味〜粕漬け〜胃腸を働かせ、うるおいを増やす
辛味〜キムチ〜熱を作り身体を温める
鹹味(塩味)〜昆布、海苔〜腎に元気を与え冷えを追い出す



13
14
15



みんなでおむすび作り・・・



15



お味噌汁もお配りして・・・




16



17



玄米はもちもちと美味しく、それぞれの具材もすべて添加物なしの本物。おむすびとお味噌汁、三年番茶でこんなにおいしくいただけるのかととても幸せ感を感じました。あんまり美味しくて、先生が余裕を持って多めにご飯を炊いておきますねと言われたのに、何も残っていませんでした・・・(笑)そしてこのような身近な食べ物が薬となり、私たちの体を守ってくれていることに感謝の気持ちでいっぱいになりました。



入江先生のお話の中に何度も出てきていた「楽しむ」というキーワード。季節を楽しみ、土用には無理をせず養生する。日々の暮らしを楽しみながら、学び、実践していくことこそ健康に過ごせる秘訣だと再確認できた楽しい一日でした。


さっそく、第二弾を・・・というリクエストがありました。また、来年続きを教えてください!よろしくお願いいたします。



12



入江先生のご主人は浜玉町で唐津焼をされているのだとか・・・すてきなカップをいただきました。ゆきデンタルクリニックのコーヒーカップに仲間入りしました。このカップで美味しいコーヒーを飲みましょう〜待合室のコーヒー、紅茶はご自由にどうぞ〜

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。