2015年08月28日08:35マザークラス 山内昌樹先生のお話
Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 小児 | 妊娠、出産
1



8月の健康イベントはやまのうち小児科・内科の山内昌樹先生をお迎えして、妊活中、プレママ、プレパパ、育児中の方、お孫さんのお世話をする祖父母の方を対象にマザークラスを開催しました。山内先生とは約14年ほどのお付き合いになりますがずっと一緒に勉強してきましたし、以前同じ病院に一緒に勤務していたので、細かいことを伝えなくても患者さんのことをお願いできる先生であり、すぐ近くにお互いのクリニックもあり、医科・歯科協力して診療にあたっています。また、患者さんの話をしっかり聞いてくれる先生なので私はとても信頼しています。



「元気な赤ちゃんに生まれてきてもらうためにできること・・・お母さんがおばあちゃんのおなかにいるときに、すでに卵子のもととなる細胞はできている・・・スタートすのに早すぎることはない」から始まったお話、身近にできることが満載の盛りだくさんの2時間でした。



2



お子さん連れの方も含めてたくさんの方にご参加いただきました。ときどき泣き声も聞こえましたが、数か月前の健康イベントからマイクを導入しましたので、ちゃんと後ろの方まで声は届きますので大丈夫です(^^ゞ



7



お子さんはときどき冒険に出かけていますが、会場にいるみんなでみんなのお子さんを見守り、また癒されています。



3



さて、病気の原因を簡単に要約すると、体内環境汚染+心のストレス+背骨の歪みの3つに絞られます。体内環境汚染はそのまま胎内環境汚染となりますので気を付けなければいけません。日本は基準が甘く、世界でもトップクラスの体内汚染環境にさらされていることを知りましょう。その中でも見落としがちなものを何点かご紹介・・・消臭剤であるファブリーズや洗濯に使う香料の強い柔軟剤など、CMでバンバン流れており、きっとみんな使っているので大丈夫なんだろうという甘い考えは捨てましょう・・・大人にも影響があります。ましてやそれを子どもや赤ちゃんに使用すべきではありません。体に直接使用するものではないからと企業はその内容を明かしていないのですが、吸い込んだり皮膚から体に吸収されていきます。また、そういうものを使ったものを身に着けていると、同じ空間にいる人も避けようがありません。自分たち家族だけでなく、接する方々の健康にも影響があることを知りましょう。



香りブームに潜む危険



次に携帯電話やパソコンなどから出る有害電磁波の影響は皆さん、ご存じだと思いますが、エコだと思って使っている太陽光発電・・・自然エネルギーという考え方はいいのですが、直流電療を交流電流に変換するときに相当な電磁波が発生しています。その近くで寝ていたりすると体調を崩すことにもなりかねません。どういう配線になっているのか、どこにそういった機械を設置してるのか知った上でうまく付き合いましょう。


また、ハイブリットカーもエコカーなのですが、ガソリン車の3倍の電磁波を浴びてしまうそうです。この電磁波に対しても日本は世界基準に到底達していませんので、自分で自分の身を守るしかない状況です。



歯科金属やワクチンに含まれる水銀汚染、大型魚に多い水銀汚染、胃薬やアルミ鍋から溶け出すアルミなど重金属汚染にも気をつけましょう。


潜在感染を引き起こす可能性のある牛乳、乳製品、慢性疾患がある人はまず、これから控えるようにしましょう。その他、生卵、生肉、生魚要注意です。養殖魚の多い回転寿司などは非常に危険です。狭く病気になりやすい環境で養殖され、抗生剤なども多量に使われているものも多いのです。奇形の魚も多いそうです。


血糖値を急激にあげる食べ物にも注意が必要です。小麦を使った製品、砂糖を使った製品それから果物・・・果物は農薬の問題も多いので、毎日食べるということはやめましょう。




4



ここまではとりあえず大前提のお話です。体内環境汚染を減らす努力をした上で大切なこととして心のストレスを減らす方法を教わりました。子どものストレスを減らすには「良い子でも悪い子で大好きだよ」・・・つまり、「無条件の愛」を言葉で伝えることが大切です。お子さんをしかることもあると思います。必要なら怒っても大丈夫です。しかし、怒った後に「怒っても大好きは変わらないよ」ということを言葉で伝えてください。そうすることで子どもの自己肯定感を高めてあげるとよいのです。



5



しかし、もっと影響があるのが、お母さん(お父さん)のストレスです。お母さんがものすごくストレスを感じているとそれはお子さんに伝わってしまいます。お母さんも自己肯定感を高める生き方をしたいものです。自分の頭の中は訓練によってコントロールをすることができます。常に考え過ぎて苦しくなって不安感が増すような思考の仕方ではなく、「今を感じる」訓練をする。思考と感じるは頭の中で共存できないそうです。風が気持ちいいな。何か音がするぞ。緑がきれいだな。体を動かして心地いいな。・・・思考でいっぱいの毎日から幸せを感じることができる毎日を目指そうではありませんか。日々ときめきでいっぱいのお母さんを見ている子どもは一緒に幸せを感じてくれるのではないでしょうか?




6



背骨の歪みをとることも大事なポイントです。出発点はかみ合わせのずれのことも多いとのこと・・・できるだけ赤ちゃんの頃から歪みのない発育を目指しましょう。この辺はゆきデンタルクリニックで開催していますマザークラスで詳しくお伝えしています。お気軽にお問合せください。



毎年、大好評の山内先生のお話・・・たくさんのことを学びながら、先生の声に学んでいるお母さんたちや私たちスタッフが癒されているように感じます。いいよいいよ、そのままでいいよ・・・私たちの自己肯定感が高まったセミナーだったと思います。ありがとうございました。

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。