2016年04月29日23:42−1歳からの予防〜お腹にいるときから始めたい歯並びを良くする方法〜
Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 妊婦さん | ゆきデンタルクリニック
1



GWが始まりました。お出かけ日和の今日、ゆきデンタルクリニックの健康イベントにご参加くださった皆さん、ありがとうございました。今月は私が「−1歳からの予防〜お腹にいるときから始めたい歯並びを良くする方法〜」と題してお話させていただきました。



私は当院を開院する前から難病の方の治療に携わってきました。その経験から私たちは「未病のうちに体を大切にする」、「自分の体はお医者さん任せではなく自分で管理する」という発想が抜け、健康を保つためにできることがたくさんあることを忘れてしまっていることに気づきました。以前は村単位、民族単位で健康に生きる智慧を伝承し、これから赤ちゃんを産む若い男女を教育してサポートし、子どもが生まれてからは多くの手を借りてその子が健康に生きられるように協力していたのだと思います。そういうサポートの中で生まれ育った子どもたちが次の世代を守って健全な社会が作られてきたようです。しばらくすたれてしまったそういった昔の良いところを再び学び活かしていきたいと強く願っております。



3



今日は小さなお子さんを育てているお父さんお母さん、妊婦さん、また保育士さん、歯科医や衛生士さん、助産師さんなど子育てに関わっている方たちがたくさん参加してくれました。核家族化で子育てを一人で抱え込んでいるお母さんにぜひ、サポートの手はたくさんあるよ、子どもは宝物だよ、みんなで子育てしましょうと呼びかけたい、そして子どもは未来からの預かりもの、愛を受け取った子どもたちはきっと未来の社会で羽ばたいていってくれること、子育てとは単に子どもが大きくなるのをサポートするだけではなく、未来を創っていくすばらしくかけがえのない仕事なんだよということをまずはお伝えしました。私はこのことを息子に教えてもらいました。本当に自分の元に生まれてきてくれてありがとうと伝えたい、そして私の子育てにもたくさんの方にサポートしていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです。次の世代のサポートをすることで恩返しできればと思っています。



1



−1歳からできること・・・子宮の環境を良くするためにはもうちょっと早いー2歳から始めたいこと・・・骨盤の形成を考えると中高生ぐらいから体を作っておきたいこと・・・社会全体を良くすることが子育てにつながってくることを考えるとー20歳から子育ては始まっていること・・・そんなこともお伝えしました。


子育てのポイントは「息育」「足育」「食育」の3つを意識しましょう。特にー1歳、0歳のころできることは将来に大きく影響するのでぜひ、当院で開催しているマザークラスに参加して一緒に学びましょう〜


マザークラス

妊婦さん〜1歳になるお子さんがいる母親対象(この間最多で6回ほど開催します)

事務通信費に1000円 受講料は無料 担当衛生士がつきグループで開催

平日の12時から13時に行います

詳細はゆきデンタルクリニックへお問い合わせください。0952−30−4901













トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。