2016年09月22日19:01呼吸をサポートする矯正治療について
Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 矯正治療 
DSCN3166



9月の健康イベントは呼吸をサポートする矯正治療と題して私がお話ししました。


本日、お伝えしたことは以下の通りです。

  歯並びが悪いということはどういうことなのか?
  口腔内が小さいと身体にどういう影響があるのか?
  歯並びが悪くなる原因は何か?
  そのリスクを減らすために家庭でできることとは?
  そのリスクを減らすためにクリニックでできることとは?
  顎顔面口腔育成治療を選択するかどうかの基準とは?
  当院の治療システム
  全国の顎顔面口腔育成治療をやってくれる歯科医院



DSCN3176



今日は祝日でしたので普段は学校に行っているお子さんの参加も多く、自分の体を自分で理解して何をすべきなのか本人が考えることができたのはとてもよかったと思います。また、普段はなかなか来れないお父さんにも話を聞いてもらえたことも嬉しいことです。



DSCN3168



歯並びが悪い人は顎の成長不足のことがほとんどです。顎の成長不足の原因を考え、そこにアプローチしていくことが大切です。

ご家庭でぜひ、やって欲しいこと

 食生活を見直す
 正しい呼吸法を身につける
 姿勢を正す
 筋力をつける

このようなことが顎の成長と関わっており、まだ、成長があるうちは顎の成長を促し、もう成長が望めない場合も正しい体の使い方を覚えることはそれによるリスクを減らすことにつながります。


クリニックでできることとして・・・


 マザークラスを受講する
 お手当て法を学ぶ
 筋機能療法を受ける
 矯正治療を受ける


ご家庭でも日常生活を見直したうえで、さらにこういったことをやっていくことによって顎の小ささというリスクを減らすことができます。



DSCN3165



顎の発育不足に対して、顎を正しい方向に成長を誘導することができる顎顔面口腔育成治療についてはこちらのHPも見てみてください。


ここをクリック



また、今回の健康イベントを聞き逃してしまった…という方はクリニックまで遠慮なくご相談ください。












     


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。