2016年04月30日

本日「空想玩具シリーズ」7周年です!
という訳で毎年恒例の部屋紹介です。
今年はマスク用の大きめの棚を増やし、とうとう部屋に置ける
ギリギリ限界ラインまで来てしまいましたw

部屋49
コスチュームを置いていたラックを退けた事により棚を増やすことが
出来ました。
またライダー系マスク用にスチロール製のマネキンヘッドも購入したので
各ライダーそれぞれをきちんと飾れるように。
部屋50
以前どこかにチラっと書いたような気がしますが、ゼネプロのライダーマスクが
格安で手に入ったのでこちらは新1号カラーでの制作を考えています。
3号は以前の記事より少しずつではありますが進んでいます。
コンセレの新1号ベルトが安く手に入れば3号用に改造したいところですが
なかなかいい値段のものばかりで未だ手に入ってませんw
部屋51
こちらは世紀王のコーナー。
バッテリーパワー変身ベルトを安い値段で見つけたので一応確保しておきましたw

部屋53
ラックから移動となったコスチュームはというと、このように突っ張り棒をし
上にボードを乗せた簡易棚に乗せました。
もう少し乗せれると思っていたのですが旧1号とBLACKだけでもそこそこスペースを
使ってしまっているのでシャドームーンのスーツはどうしようかと今から
悩んでいますw

部屋54
部屋55
部屋56
部屋57
部屋58
こちらのフィギュア棚は特に大きな代わりはありませんが大分キツくなってきた
印象です。
特にゴーストが増えた平成2期ライダー達のコーナーは大分狭くなってきました。


そして今回は以前から欲しかったモノが手に入ったので一緒にご紹介です!
ゴジラレプリカヘッド1
M1号製のゴジラレプリカヘッド(硬質ソフビ版)を発見したので遂に購入!
こちらは1990年頃に発売されたソフビキットで現在も少数が再販されているキットです。
ですが再販のタイミングが不定期だったり値段もそこそこなのでなかなか手が
出なかったのですが、丁度ボーナスの時期と重なった事、何より今年は和製ゴジラが
復活ということで思い切りましたw
ゴジラレプリカヘッドy
このキットの最大の売りは何と言っても”劇中のスーツと同じ型を使っている”
ということです。
なので造形は劇中のゴジラと全くと言っていいほど同じなので本物のゴジラが
部屋にいる、と言っても過言ではないという訳です。
大きさもスーツと同じなので抱えるほどのサイズ!
今年は和製ゴジラ復活の年、何かと忙しくてブログの更新もすっかり停滞気味と
なっていますが映画公開までにはこのゴジラを仕上げたいところです。
今年もよろしくお願いします。

yuki030718 at 21:42コメント(0)トラックバック(0)ブログ 

2016年04月10日

ストフェス20160
3月20日開催の「第12回 日本橋ストリートフェスタ2016」のレポートです。
続きを読む

yuki030718 at 14:07コメント(0)トラックバック(0)レポート 

2016年03月04日

ディケイド0
「S.H.Figuarts 仮面ライダーディケイド」のレビューです。
続きを読む

yuki030718 at 22:47コメント(2)トラックバック(0)S.H.Figuarts 

2016年02月21日

前回からパテを盛ったりパーツを作ったりとしていた3号、
行き当たりばったりで作業していた為ロクに写真を撮らずに記事にも
していなかったのですがようやくマスクの大部分のベースが出来てきました。

3号マスク31
3号マスク32
3号マスク33
現段階ではこんな感じに。
クラッシャー、Cアイ、アンテナとライダーに必要なパーツがようやく揃って
きました。

3号マスク34
クラッシャーは型紙をおこしライオンボードに転写、組み立て上からプラ板を
接着して作っています。
こちらもいざ組み立ててみると思ったものと違ったりして現物合わせしながら
だったので非常に汚い仕上がりに。
ここから表面処理をしていくのはなかなか大変そうですw
3号マスク35
マスクへの接続は毎度お馴染みネオジウム磁石で行います。
旧1号の時は両サイドのみだったので開き具合を変えれる仕様でしたが、3号は
そういう訳にはいかないので鼻下の当たりにももう一つ取り付けての
3点固定式です。
3号マスク36
3号マスク37
3号マスク38
3号はクラッシャーの形状がテーパー状になっており、ただ板に磁石を取り付けるだけでは
着脱時にクラッシャーを曲げる必要があったのですが、プラ板を貼ってパテを盛って、
という作業をするとなると割れたりパテが剥がれたりする原因になるので、磁石を固定
している板を金属製の蝶板を使い可動出来るようにしました。
これにより着脱時、固定時と角度の変更が可能なのでクラッシャー側にも負担が
かからないという訳です。
3号マスク39
前述の通り3点固定の為鼻の辺りに磁石がくるのですが固定している板とナットの
クリアランスがギリギリなので長時間の装着時にはちょっとストレスになりそうですw
また装着時には見えなくはなるのですがちょっと見た目がカッコよくないですね…。

3号マスク40
Cアイは旧1号の時に作ったシリコン型にクリアレジンを流して成形したものを
使っています。
旧1号と3号のマスクの曲面が違うのでピッタリ沿わなかったのですが、クリアレジンが
完全硬化する前の少し柔らかさが残っている間にマスクに無理やり沿わせて形状を
変えるというかなり乱暴な方法で作りました。
元々はゼネプロのキットを複製しているので正確には”フル”スクラッチでは無いのですが
便宜上タイトルはそのままにさせて頂きますw

3号マスク43
アンテナは段になっているので制作するのにかなり手間でどのように作るか
迷っていたのですが、レゴブロックのヤシの木が似た形状をしていることを思い出し
加工することに。
3号のアンテナは根本から少しずつ太くなっていくような形をしているので根本3節のみ
細く削ってみました。
形状も大きさも微妙に違うのですが、子供向けの製品がベースなので強度もそこそこ、
壊れても再び購入すればすぐに直せるというのが利点です。
3号マスク41
子供向けの製品ということもあってか、窒息防止の為?3mm経の穴が貫通しているので
内側にアルミパイプを通してヤシの木を曲げてカーブを作りました。
ヤシの木の節それぞれがボールジョイント接続になっているので無加工でカーブを
描くことが出来るという訳です。
3号マスク42
マスク側への接続はネジで行います。
根本の一節にネジをプラリペアでガッチリと固定させ、アルミパイプ入りのヤシの木と
合体させています。
固定自体は割合しっかりとしているのですが、ぶつけた時に折れてしまう可能性が
かなり高く(実際作業中に机にぶつけてしまい折れたので修理済み)接続に関しては
まだ検討の余地ありといったところです。

パーツが揃ってきてそれらしくはなってきたものの、まだ今ひとつ似ておらず違和感が
あるのでここから先がまた大変な作業になりそうです。
しかしとりあえずはライダーのマスクの形にはなったので嬉しくてついつい何度も
被ってしまいますねw
こちらは特に期限も決めていないので納得いくまでじっくりとやっていきたいと思います。

yuki030718 at 18:59コメント(0)トラックバック(0)制作記 

2016年01月30日

ハルクバスター0
「S.H.Figuarts × 超合金 ハルクバスター」のレビューです。
続きを読む

yuki030718 at 19:56コメント(0)トラックバック(0)S.H.Figuarts 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ