大小迫 つむぎの家

よみがえれ! 大小迫の里山、人と人、人と自然をつなぎ、つむぐ「つむぎの家」

2010年、定年と共に岩手県大船渡市三陸町の故郷にUターンし、里山暮らしを始めました。
長い間放置し、荒廃した里山の再生を目指してすぐに「大小迫 つむぎの家」を立ち上げました。
築140年の母屋を中心とした、田んぼや畑、山林に囲まれた里地・里山です。
この地で無農薬栽培による米作りや山林の整備をしながら、生き物で賑わう自然と共にある暮らしを目指しています。
里山は地域に開放し、子どもたちの稲作体験や遊びの場にもなっています。
家族は、夫婦と犬一匹、ヤギ一頭です。

昨日は二十四節気の小満、このところ一気に暖かくなり、生き物たちの活動も活発になってきました。
小満とは、五穀の一つ、麦が豊穣になる時期という意味もあるそうで、麦畑では、小さな花が風に吹かれ「おいで!おいで!」と、手招きしているかのようにさまざまな虫たちが集っていました。
ヒラタアブ
麦畑の中を交尾しながら飛ぶマメヒラタアブ
アブの交尾
こちらは、パートナーを見つけ、交尾しているマメヒラタアブ
ツマキヘリカメムシ
ツマキヘリカメムシ
ノギの先端で、麦畑を一望し、結実した麦を探しているのでしょうか。
オツネントンボ
オツネントンボ
成虫越冬したイトトンボ、麦の茂みでじっと、獲物を待ち構えているようです。
ガガンボ
ガガンボ
ガガンボの幼虫は、イネ科の植物の根を食べる麦の害虫。
ツヤゴミムシ?
ツヤゴミムシ?
賑わいに誘われ、のぞき見?
ナナホシテントウ
ナナホシテントウの幼虫
麦の害虫であるアブラムシを食べているのでしょうか。
ヒメセアカケバエ
ヒメセアカケバエ
一斉に羽化したのか、数匹いました。
ハムシ?
ハムシの仲間でしょうか?
フジハムシ
フジハムシ
食草のフジを探しに行く途中で、麦畑に立ち寄ったのでしょうか。
ハナカミキリ?
ハナカミキリ?
麦の花粉に誘われて飛んできたのでしょうか?
クモ
ノギの先端でジッと獲物を待ち構えるクモ。

麦畑では、花の開花と共に麦の害虫や益虫も含め、小さな生き物たちが集う命あふれる季節を迎えたようです。





前回のブログの出穂http://blog.livedoor.jp/yuki1420/archives/2017-05-06.htmlからおよそ10日が経ち、小麦の穂がすべて出そろい、花が咲きました。
麦の穂
麦の穂が出そろい、行儀よく立ち並んで五月晴れのさわやかな風に揺られています。
麦の花 (2)
小麦の穂の一粒一粒に、黄色の小さな花をつけました。
麦の花 (3)
小麦の花。
花が咲くと自家受粉をし、穂がふくらみ実になります。
麦畑
一昨日(5月17日)の小麦畑。

露
雨上がりの小麦畑。
小麦のノギに付いたたくさんの雨粒が真珠のように光っていました。

小麦畑は、子どもの頃は身近に目にしていた風景ですが、自ら小麦栽培に取り組んだのは初めてです。
栽培過程の一つ一つが真新しく、発見や感動があり、雨粒や陽の光、大地の恵みの中で生長していく小麦栽培の魅力に取りつかれました。
6月には、一面が黄金色に実った麦畑を思い描き、ワクワクしています。

昨日畑を起こしていると、10㎝ほど持ち上げた土の中に、冬眠中の生き物の姿が見えました。アカハライモリにしては体色が明るいし、まさか畑にサンショウウオはいないだろう、と思いながら恐る恐る持ち上げてみると冬眠中のトウホクサンショウウオでした。
トウホクサンショウウオ (6)
掘り起こした土の中で冬眠中のトウホクサンショウウオ。
トウホクサンショウウオ (2)
土の中から取り出して見ると、30秒ほどは全く動きませんでしたが、その後もぞもぞと動き出しました。
トウホクサンショウウオ (3)
沢水で泥を落としてあげると、暗褐色の背中に斑点模様が浮き出てきました。
前足の指は4本で後足は5本です。
トウホクサンショウウオ (4)
水に入れると、すっかり目覚めたようで、指の間から逃げ出そうとしていました。
トウホクサンショウウオ (5)
しばし観察した後は、元いた土中に埋め戻しました。泥を落とした体はつややかでした。

昨年、山の中の止水地に産卵したサンショウウオの卵が、孵化する前に水が干上がってしまう恐れのあるところものを、5~6個ため池に移動したことを思い出しました。卵から孵った幼生を確認したものの、里地での生息は厳しい環境なのかと半ばあきらめていただけに嬉しい発見でした。
それにしても山中では、4月にサンショウウオの卵塊を確認しているのに、もう5月も半ばというのにまだ冬眠中とは疑問が残りました。
トウホクサンショウウオについて調べてみると、繁殖期は3月~6月と期間が長いことや、繁殖期を迎える時期は、誕生から4~5年かかることを知り、ため池で孵ったサンショウウオが産卵するまでには長い年数を要することがわかりました。繁殖期まで生き続けてくれることを願っています。


↑このページのトップヘ