創業から6年が経過しました

株式会社丸菱は昨日の7月24日で創業6年、第七期目に入りました。本当にたくさんの方に支えられ、この日を迎えられることに感謝しかありません。ありがとうございます。
世界中は大変な状況ですが、変わらず命あるものへ感謝し、生かされていることを有難く手を合わせます。


116096847_10223056391658873_8560507362187058579_n
 

写真を500年先の未来へ残すためには

随分と久々の更新となりました。ブログを楽しみにされておられました皆さんへお詫び申し上げます。

新型コロナウイルスにて社会は大変な半年間でしたが、このブログをご覧になられている皆さんはご無事でありましたでしょうか。私もこの半年は環境の変化が激しくやっと落ち着いたところでございます。しかし映画『時の絲ぐるま』は1月の上映会を最後にストップしています。秋くらいには各地で上映会を催したいと思っているところですが・・・

さて、表題の通り写真を500年先の未来へ残すためについて少し話をしようと思います。スマホが普及し今この瞬間にも世界中で物凄い数の写真が撮影され、そしてSNS等で公開、共有されている訳ですが、それら写真の中で500年先まで残る写真は一体どれだけあるでしょうか。きっと1〜2枚でもあれば奇跡でしょうか。このデジタルの時代においていくらでもコピーできる中でそんなバカなと、きっと思われるでしょうが、”デジタル”というものは想像以上に弱いものです。まずはフォーマット。「Jpeg」という言葉はカメラをされている方であれば御馴染みですが、これも一体いつまで使えるか分からないものです。それはすでに新しいフォーマット「HEIF(ヒーフ)」が登場し広がり始めているからです。持続化給付金の申請画像に「HEIF」は使えません、と注意書きがされているくらい、知らず知らずの内に私たちは使っています。そうやって、時代が進むと共に効率の良いフォーマットが開発され続け、Jpegはもしかしたら100年後には開けなくなっているかもしれないのです。そして記録媒体もそうです。フロッピーディスクを展開できる機械はもう数少なく、HDDも接続端子が進化し続けています。その都度、新しいフォーマット、媒体に更新すれば良いのですが、100年後にそれを自身で行うことはまず不可能でしょう。磁気で記録している媒体では電磁的なトラブルで一瞬で全て失うことも身近にあり、デジタルというものは本当に弱いものだと私自身が身を以て体験したこと多々ありました。

そんなとても脆弱な上で写真を撮り続け、欲を持って500年先でも自分が生きた証として写真作品を遺したい、なんてもし思った場合、どうしたら良いのか、よく考えなくてはなりません。
それの一つに『プラチナプリント』という古典技法があります。いわゆる暗室で制作するモノクロプリントはハロゲン化銀を感光材料として使用していますが、プラチナプリントはその名の通り白金(プラチナ)を使用しています。金はご存知の通り地球上で一番安定した金属なため、それを感光剤として使用した写真は500年は保存できると言われています。
(※私自身はその前に支持体である紙が保つのか・・と心配もしますが)
それでも今この瞬間の令和2年の出来事を500年先へ、デジタルも印刷された雑誌も新聞社のマイクロフィルムも何もかも追い抜いて唯一遺る可能性があります。たとえ無名でも、500年先にはその写真により、その作品と名前が遺るのです。それがこのプラチナプリントの凄みです。

と、ここまでは野望というか、なんだか承認欲求が強いみたいで低俗な感じもしますが、このプラチナプリントは一言で『大変美しい』です。実は私も学生時代にそのプラチナプリントの質感の美しさに魅了され虜になり、一時は夢中になって制作していました。当時はプラチナの価格も今みたいに高くなく、苦学生ながらも食費を頑張って削れば薬剤代を捻出できるものでした。そして設備も大掛かりなものも必要なく、当時住んでいたボロアパートの浴室で制作できました。しかし失敗も多々あり、技術が安定するまでよく散財しました。それでもやっと得られたその美しさは他と比べようがなく、芸大で写真を勉強する中で本当の”写真”というものの醍醐味を味わった瞬間でもありました。

プラチナプリントから離れて10年以上経過していますが、今も美術館やギャラリーで他の作家さんのプラチナプリントを目にする度に、また取り組みたいと強く思ったりします。

ぜひカメラに熱中されている皆さんにも、本当に本当に美しい写真に触れてみていただきたいと思います。更に可能であればプラチナプリント制作にも取り組んでみて下さい。そして、500年先の未来へこの時代を生きた証を遺して下さい。

★当時私が制作したプラチナプリントを紹介します。2006年にNYを旅し、復興途上だった街の姿をプラチナプリントでおさめたものです。この作品は販売し手放したため、きっとどこかで保管されていると思います。


1071380_84730484_1large

 

感謝の心とは

映画『時の絲ぐるま』徳島上映会が盛会裏に終わりました。
 

映画の内容は然り、上映後の講演も好評を頂いております。
 

テーマが「あらたえ」に「にぎたえ」である事から身構える方が多いですが、この作品はそれよりも先、「大嘗祭」よりももっと先を見据えたストーリーになっています。
 

「命」とは何か。「感謝」とは何か。
 

文明が進化し文化が衰退するこの現代社会において、消えつつあるこの燈をどうしても護らなくてはなりません。人が人であるために、この「心」をとにかく呼び戻さなくてはなりません。
 

それを伝えるためにこの映画を作ったのです。



84208713_172064114127623_560027631903309824_n



83397770_3474057362667406_4839759399004143616_n



 

写真提供:日本学講座 座長 落合輝紀さま

プロフィール

地球写真家石井友規

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ