2011年03月

今日からオーストラリア

こんにちは。
地球写真家の石井友規です。

東北大震災から早くも3週間が経過します。
死者・行方不明者が増えるばかりで心苦しいですが、復興の方も進みつつある様でより応援の気持ちが高まります。
また、原発の件は解決していないものの、総理大臣より原発に頼らないエネルギー政策を日本が世界の先頭に立って進めていきたいと素晴らしい発表がありました。エネルギーの垂れ流しをストップし、家庭や自治体で電力をカバーできる社会が始まろうとしています!

さて、そんな中、本日よりオーストラリアへ出発します。
ワーキングホリデー以来6年ぶりということで胸が高鳴っています。
今回は今年始めにシドニーへ行くことを決め、チケットも全部揃えた直後の大震災。はじめは中止も考えましたが、シドニーに滞在する大切な仲間に会い、新たな力を蓄えて帰国して日本が元気になるエネルギーの一つになろうと決心しました。

それで、仲間がデザインした「ガンバッテジャパン」を僕独自でステッカーに印刷し、現地で義援金を寄せて下さった方へこのステッカーを同志の気持ちとして贈ろうと考えています。


P3300342


これとは話が変わりますが、今回シドニーへ行く折りにポートフォリオ用としてオリジナル写真集を制作し印刷しました。

写真を全部見直し、そんで厳選した写真は丁寧に再現像。指向も変えてAUSTRALIAの作品群は新たに生まれ変わりました。

A4ワイド型のサイズで60ページ。最新のDTPソフト(InDesignCS5)で本さながらのデザインを施して叩き出した本格の一品! 結構自身あります☆

一冊の印刷料が高額なので一つしかありませんが、ご希望の方がいらっしゃいましたら増刷いたします!

P3300337


P3300338


P3300340


帰国は4/10です。
シドニー郊外の田舎におりますので、ブログの更新は帰国後になりそうです。


久々のオーストラリアの成果を乞うご期待下さい!






地球写真家
石井友規

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


デザインとホームページ制作はスワロウプランニング
<<地球写真家石井友規ホームページの公式デザイン&プランナーです>>

株式会社 スワロウプランニング
〒463-0053 名古屋市守山区小幡千代田4-7
TEL:052-797-8008  FAX:052-739-6690
http://swallow-p.jp/  

『和をもって貴しとなす』

地震発生から早くも一週間が経過。復興や県外避難も進み、原発の問題も山場を超えた感じ。この間、新聞では数々の写真が感動秘話が掲載され、ずっと残しておきたいと思った記事は片っ端からスクラップにして保存しています。 

今回は本当にたくさんの方が亡くなられたけれども、人と人とのつながりなど、人間としての愛情の大切さを日本全体で改めて知ることが出来たんじゃないかと思います。 

海外メディアでは一斉に日本人の国民性を賞賛しましたね。これだけの災害を被っても、人々は助け合って避難し、暴動が起きる事なくすでに復興の道を辿りつつあると。実際は被災地では金庫泥棒とか、地方では義援金箱が奪われたりしていますが。それでも、やはり海外からの声援は被災していない僕らも元気をもらいます。 

『和をもって貴しとなす』 

Yes or No 以外に3つめの答えを持っている日本人。 
他国からみればやっかいな国民ですが、やはりそれがあるからこそ柔軟に付き合いができるのかもしれません。 

あまり肩に力を入れずに、日本人である事を誇りを持って強く生きましょう。 

がんばれニッポン!








地球写真家
石井友規

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


デザインとホームページ制作はスワロウプランニング
<<地球写真家石井友規ホームページの公式デザイン&プランナーです>>

株式会社 スワロウプランニング
〒463-0053 名古屋市守山区小幡千代田4-7
TEL:052-797-8008  FAX:052-739-6690
http://swallow-p.jp/  

180°south

昨晩やっと『180°south』(ワンエイティサウス)という映画を観に行く事ができた。 

http://www.180south.jp/ 

マイナームービーであり、全国でもちょびっとの映画館でしか上映しておらず、アクセスの悪い人にとって観るのは至難の業。 

ストーリーは、アウトドアブランド最高峰の「パタゴニア」と「THE NORTH FACE」を創った若者二人が1968年に南米パタゴニアを旅したときに記録したムービーに、あるアメリカ人青年が魅せられ、二人の旅の足あとを辿る旅をするもの。 

旅の途中で出会う人々との交流で民族の歴史と自然との共生を学んでゆく姿と、美しい大自然の映像が見どころ。 


『自然と触れ合っていれば、不思議と自然を守ろうとする責任感が生まれるものさ』 


数々の台詞に胸を打たれ上の台詞もその一つだが、映画の終盤で「THE NORTH FACE」の創始者ダグ・トンプキンズが放った会話もすごく印象に残った。 




“この豊かな生活に対して…” 

『よく人は後戻りできないって言うけれど、目の前が崖だったらどうする? その時はまわれ右をしてすすむしかないんだよ』 

『間違ってきてしまった社会は直していかなければならない。それを無理に維持しようとするからおかしなことになるんだ』
 


今の日本人が一番関心のある社会の出来事は東北地震と並んで福島原発である。 


『ダムとか、雇用が創出されるって言うけど、それ以上に代償の方が大きい・・・』 


今こそ、社会の転換期だ。 
ガンバレ、ニッポン。






地球写真家
石井友規

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


デザインとホームページ制作はスワロウプランニング
<<地球写真家石井友規ホームページの公式デザイン&プランナーです>>

株式会社 スワロウプランニング
〒463-0053 名古屋市守山区小幡千代田4-7
TEL:052-797-8008  FAX:052-739-6690
http://swallow-p.jp/ 

地球の咳

まずは、亡くなったたくさんの同朋のために祈りましょう。 



ヘリからの映像で見た津波のエネルギーに映画でも観ているのかと一瞬我を疑った。 
ライトをつけたままで流される車はまるで小川を流れる枯れ葉の様。三匹の子豚も歓喜の雄叫びを上げそうな立派な家屋もギリギリ悲鳴を上げながら流され、元の自然の形へ返ってゆく。 
流された重油などに引火し、町は瞬く間に火の海に。取り残された人々の安否を確認できていないのに消化の術はなく、「消火活動はなく自然鎮火を待つ模様・・」と言う記者に半場キレ気味のニュースキャスター。 

大切な人が、大切な思い出が、大切な財産が、どうすることもなく、ただただ大海原に引きずり込まれてゆく姿を見ているしかない。 
どれだけ下唇を噛んでも噛んでも悔やんでも悔やんでも命が助かっただけでも儲け物だと必死に自分に言い聞かせ続けなければならない。 

人間が、どれだけ無力で思い上がった生き物か強く思い知らされる。 



台風であれば、大雪であれば、地球温暖化が原因だと。社会は原因を追求し気持ちを落ち着かせることができるが、今回はそうはいかない。 
この場合、「不可抗力」と言う言葉がピッタリだが、被災した同朋からすれば「不条理」他ならないだろう。 
なぜオレが! オレが何悪い事した! 
何を言っても、どう叫んでも、納得のいく答えは神にさえもわからない。 
日本は地震国だから仕方がない。海辺に住んでいたから仕方がない。もしかしたら他の所で大地震があったかもしれない。 
そんな心もない事、オレには言えない。 

今回の被災地は地震による20m級の大津波で壊滅的な被害を幾度とも受けている。動物のすごいところは、一度生命にかかわる危険な事態に遭えば遺伝子を通して子孫にまでそれを回避する能力を受け継ぐ。しかし、人間はそうではなかった。人間は、祖先が遺した土地を大切に受け継ぐハートを持っていて今までそこを守り続けた。だから、復興した後でも「ここは津波が来たら危ないから」とその土地を棄てることはないだろう。 

日本にとって、地震、噴火など自然災害は永遠の同居者。 
日本人の自然に対する信仰心もここから来ている。 
これからも変わらず、健気におのおのの土地を守ってゆくことが亡くなった同朋へのせめての供養になるかもしれない。 




改めて、亡くなった多くの同朋へご冥福をお祈り申し上げます。






地球写真家
石井友規

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


デザインとホームページ制作はスワロウプランニング
<<地球写真家石井友規ホームページの公式デザイン&プランナーです>>

株式会社 スワロウプランニング
〒463-0053 名古屋市守山区小幡千代田4-7
TEL:052-797-8008  FAX:052-739-6690
http://swallow-p.jp/ 

月の時間。

「3月15日をもって、『26日の月』は閉店いたします」 



5年前、ふとしたことで出会った高田馬場のギャラリーバー『26日の月』。 
写真家の溜まり場である『26日の月』ではどれだけお世話になったことやら。 
僕の写真展の開催は3回。ことあるごとにココへ立寄り、学生時代は大阪や名古屋へ夜行バスで帰る直前には必ず寄っていたいきつけのBAR。 

僕の - いつもの - は【月の誘惑】。 
クリームをベースにしたカクテルで、コレに始まるのが僕のココでの飲み方。 

今日も変わらずコレにはじまり、たまたまあった自家製梅酒で終えた。 




「4月中旬に同じ高田馬場で開店します」 


どうやら、新しいビルを建てるとのことで立ち退きだそう。 




あのカウンター席にある、テーブルの淵は僕の手を癒し月の時間を特別なものにしてくれた。 
それがなくなるの
は残念だが、新しい歴史の幕開けに希望の花を添えよう。

P3090293







地球写真家
石井友規

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


デザインとホームページ制作はスワロウプランニング
<<地球写真家石井友規ホームページの公式デザイン&プランナーです>>

株式会社 スワロウプランニング
〒463-0053 名古屋市守山区小幡千代田4-7
TEL:052-797-8008  FAX:052-739-6690
http://swallow-p.jp/ 
プロフィール

地球写真家石井友規

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ