LunarEclipse2001_01a



~~ 赤い月 ~~ 

 2011年12月10日の皆既月食。人類が宇宙へ進出した現代では、この美しい天文ショーを正しく理解し楽しく観察できる様になった。 

この日ハワイで観察した僕は、せっかくハワイに滞在しているのだから、その太古ハワイの人々の心を想像し重ね合わせて【赤い月】を眺めみようとやってみた。 

この皆既月食が『謎の怪奇現象』であった大昔、人々はいったい何を想い、見つめていたのだろうか・・・。 
悲観や恐怖などを心に帯び、身を隠したのだろうか・・・。 
あるいはその姿を神様と感じて希望や願い事を唱えたのだろうか・・・。 
そしてもしかしたらこの神秘現象は伝説となり、『フラ』の一つとなってある時代までは踊り伝えられていたのだろうか・・・。 

そんな思いを馳せながら、僕はハワイ・ワイキキのビーチから心だけタイムスリップして月を眺め楽しんでみたのであった。 


<< P R I S M >> 
2012年11月16日より12月12日までの27日間、毎日一回掲載の合計27回、写真家石井友規が各地で受けた光と魂を石井友規の「プリズム」を通してみなさんへ写真とショートメッセージをお届けします。気に入った写真があれば自由にドロップアウトしてiPhoneのデスクトップなどに使ってください。また、よければシェアもお願いします。