ブログネタ
お正月の「お雑煮」はどんな味ですか? に参加中!
MEL様のブログを拝見していて、日本列島雑煮文化圏図というとても興味深いものを拝見いたしました。
実家宮城では、
鯖節などでとったしょうゆ味の澄まし汁に、大根・人参・ごぼう・凍み豆腐などの具を入れて煮たものに焼いた角餅を入れてせりをのせます。
食卓で、板かまぼこや伊達巻やなるとなど好みのかまぼこを乗せていただきます。(お宅によって焼きはぜだったり、あわびだったりと出汁はちがいます。豪勢な雑煮は、イクラやアワビも乗っていたりするんですよ。)

それと、もう1品。
あんこ餅。
これ、普通と思ってましたがどうなんでしょう???
あんこ餅というか、厳密に言えば「ぜんざい」でしょうか。
粒あん(もしくはこしあんのお宅もあるのかしら)に焼いたもちを投入します。


これを正月3日間、毎朝お節と共に食べます。


ちなみに正月3日間は昼飯はなく(もちでお腹一杯だし、親戚回りをしてお茶でお腹一杯)、夜ご飯は、白飯・煮魚(吉次、なめたカレイ、赤魚など)、刺身、酢の物、煮物、煮豆、寒天などと、牡蠣の吸い物が3日間続きます。いや、4日か。



31日の夜も同じだわ!


そして、紅白が終る頃に年越し蕎麦を食うと・・・


これでは太って当たり前よね☆



そして4日目の朝。


とろろご飯登場!!
ばばばぁん!!


正月の雑煮朝食に飽き飽きした時に出てくるとろろご飯。
超ウマい!

すり鉢で丁寧にすって、だし汁と卵を入れてとろっとろにしたものですので、本当にさらさらとお腹に入って行きますよ。

昔は3杯とか平気で食べてました。



これでは太って当たり前よね☆


世の中では3日とろろとかだそうですが、
うちは、母の実家が昔から4日とろろだったのでそのまま4日とろろです。
なんでとろろ食べるのかは不明。
七草粥みたいなものなのかしら???


あ。
正月雑煮の話からずれてしまいましたが。
そんなわけで宮城の実家の雑煮はしょうゆ味って事で。


え、今住んでる北九州はですって?



・・・何だろう?
出汁やしょうゆ味か味噌味かは不明ですが、
餅は丸餅で、具にブリが入るっぽいです。
年末年始、ブリの価格が高騰してて驚きましたよ。

出世魚だから縁起かついで入れるのかな??


そして、スーパーではオードブルとか寿司とかの盛り合わせ惣菜モノがたくさん売ってて凄かったです。
北九州の正月は豪勢だなぁ!!