久々に 地元に住んでいる妹と 電話で話をした。

実家の話を聞くと、いつも「あー、なんかしなきゃな。」という気持ちになってしまう。


前々から”地元のために何かしたい”と言うか”何かしなきゃな”ということは考えてた。

地元の小さな島を”幸せ”にしたい。


そのためにどうしたらよいかと考えた結果、地元に仕事を増やしたいと思ってる。


なぜかと言うと、仕事が人生に与える影響ってかなり大きいと考えていて、

自分がやったこと(仕事)で、誰かが「ありがとう」って言ってくれたり

「助かりました」って言われたら、すごく充実感があるよね。


きっと”またがんばろう!”と思える。


その気持ちは、お金やポジションよりも、強く持続力の長い効果を持っていると思う。


そう、人の中には”誰かの役に立ちたい”という願望がある。

それが”幸せ”につながってくると思うんだよね。

もし自分が誰からも必要とされていない、何の役にも立ってないと思ってしまったら

すごく悲しいことだよね。

だから地元の人に生き生きとしてもらうために、仕事を増やしたい。


さらに言うと、仕事って人間を成長させてくれると思う。

毎日仕事に向かうために自分を律することができるようになったり、

上司や後輩にむかつくことを言われても冷静に対処するようになったり、

後輩に一度注意したことができなくとも、しぶとく付き合う忍耐力を身に付けたり、

そして、人は変われるんだという希望を持てたり・・・

仕事のおかげで多くのことを学べた。

それをみんなにも感じて欲しい。

生きていくためのお金だけでなくて、”生きる”ということに希望を持てる。


そんな理由から、地元に仕事を増やしたいと思ってるんだけど、

じゃあ、私ができることって何かって言ったら、やっぱりIT絡みになるんだよね。

私がこれまでに多くの時間と体力を費やしてきたことと言ったらそれだから。