2011年10月11日

無題

 
本当はね
 
 
お子さんは
 
 
そう聞かれるたびに、
そらを思い出す。
 
 
実は
子供が出来たんだけど
流産しちゃったんだ
 
 
 
そう説明するたびに、
 
自分が欠陥品の様な気がして
 
 
かといって、妊婦サンや赤ちゃんを見て、
 
流産しちゃえばいいのに…とか、なんで私だけ…とか、そんな風にも思えない。
 
 
子供を授かる事、育てる事は簡単な事じゃない。
 
 
今は幸せそうに見えても、
 
それまでには、大変な想いがあったのかもしれない。
 
 
本当はね…
 
私も、早く両親に孫の顔を見せてあげたい
 
 
おばあちゃんが元気なうちに、
ひ孫の顔を見せてあげたい。
 
 
 
人には愚痴れないから、
ここでだけ
 
 
 
それぐらいなら、
良いよね
 
 
 
どうか
 
うちにも早く
 
コウノトリさんが
 
来てくれます様に
 
 
 


yuki_akira at 15:36│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔