2007年07月17日 20:18

『遭難』…その

『出発』

2005年12月28日の夕方、僕は一人スノーボードに行く為、いつもの様に自宅を出発し一般道をひたすら走っていた。

特に行く場所は決めていなかったけれど群馬エリアか新潟エリアのどちらか気が向いた所に行こうと適当な出発だった…

2005年スノーボードシーズンの目標は30ヶ所のゲレンデを回る事!
スノーボードを始めて2〜3年目の頃は1シーズン40回位滑ってた記憶があるので(一昔前は11月中旬位から天神平がオープンしていてGW過ぎ迄滑れたのでシーズンは今より長かった…)行った事あるトコ無いトコ引っくるめて取りあえず数をこなす目標を立てていた。

29日の夜にはK君、O君の三人で実家の長野トリップが控えていたが目標達成の為一日でも無駄にしない様、丸一日空いたこの日(29日)強引に一人トリップの予定を組んでの出発だった。

…で帰ってきたら一休みしてから長野に出発するという強行スケジュールとなる筈だったが……


通常一人トリップの場合、関越方面に限るが…高速道路は使わず一般道で高速代を浮かしており、前橋辺りに来ると運転の疲労やら眠気、自分のモチベーションやらを考慮し、目標ゲレンデが定まってくる事が多く、そのまま全下でゲレンデに向かうか、途中で高速に乗るか等、プランニングが出来てくる。

で、その日は何となく苗場にしようかなぁ〜という気分になっていた。
特に深い意味は無かったが、恐らく長野トリップが控えていたので無意識のうちに安パイな苗場に心が動いていたのかもしれない…

運転の疲れも無く、眠気も全然平気だったので、このまま全下で苗場を目指した。

街を抜け、山道に入り、ようやく苗場に着いた頃にはもう夜の12時位だったろうか?
一人でトリップする時はいつもゲレンデに前乗りし車中泊するのが定番になっていた。理由は、きちんと寝ないとスノーボードを満喫できないから…

苗場の駐車場でビールを飲みながら彼女(現在は妻)と電話で会話し現状報告をして明日は苗場で滑ると言って電話を切り、寝に入った……



ところが翌朝起きると天気は荒れ模様…

プリンスホテルの奥に見えるはずのゲレンデはガスっていてほとんど見えないし、雪も降っていて風もありテンション下がる一方…

時間は朝の7時位…

場所替えする余裕はある。
迷った末、湯沢方面へ逃げる事にし、直ちに苗場を後にした。
目標は神立かGALA辺り…


しかし神立付近、湯沢エリアに入っても天候は変わらず雪模様…

ズルズル石打エリアまで来てしまい上越国際まで来ても天気に変化は無く荒れ気味…
そのうちに一つのプランが思い付く!

どうせ天気が悪くて雪も降ってるなら、いっその事『八海山』でパウダーを喰えばいいんじゃない?…と


この先天候が良くなる気配は無し!ならば業に入れば業に従えとばかりにこの悪天候を逆手に取ってパウダーを楽しんでやれと…


なもんで行き先決定!
いざ『八海山』へGO!

『二人組を追って…』

八海山に到着し車の中で着替え開始。寒そうなのでダウンジャケットをチョイスし、インナーは動き易い様に軽目のシャツを着た。変身完了し、チケット売り場へ行き買ったのは『4時間券』

結構人は多かった。

一本リフトに乗りロープウェイ乗り場にアクセス。

ここでも人がごった返していた。皆さんパウダー狙いの様子で長い板やらFISHやらガッチガチに決めてる人もチラホラ…

そういう僕も163僂離灰謄灰討離僖Ε澄射僂糧弔任笋覽そ淑!

みんな考える事は一緒!物好き達が集まってるなぁ〜と一人でニンマリ(^_^)

そしてロープウェイに詰め込まれ山頂を目指す。
ロープウェイの中ではローカルっぽい二人組がファンキーな友達の武勇伝をイロイロと語りあってました。
ゴムボートでどこかの海だか川だかを横断しただとか、雪に穴を掘り一晩明かしただとか…
聞き耳を立ててた訳じゃないケドも色々と聞こえてきて僕は一人心の中で感心していました。


そうこうしてるうちに山頂に到着し、パウダーラン開始!雪は軽く降っていた。腰位の新雪を163僂糧弔撚調にクルージングしていたが雪が若干多すぎて取り回しずらい事もしばしば…

しかしそれなりに楽しめ一本滑り終えてロープウェイで山頂へ…

二本目だったか三本目だったか忘れたけど迂回コースでためらう事なくコースアウトしている二人組を発見!!

二人に続き僕も迷う事なくコースアウト!

二人組の姿はすでに見えなくなっていたけど二人の残したトラックを頼りに軽くツリーランを堪能!
しかしトラックはすぐにコースに戻っていたので僕もすぐにコースに戻ったけど何かいまひとつ盛り上がらなかった…

その後コースをこなし再度山頂まで行き滑り始める…

取りあえずさっきの迂回からコースアウトし一人ツリーランをする。




しかし気が付くとさっきと雰囲気が違う感じ…


コースに戻るのを遅らせたつもりは無かったケドなぜか開けた所に出てしまった。
コースに戻ろうと右、右と軌道修正していると、ある地点から一気に雪質が変わった!


めちゃめちゃ重雪で全然走らない!

その時初めてヤバさを感じた。
今まで滑って来た所を歩いて戻るとなるとハンパない時間がかかると…

焦りながらもコース目指し右方向を全然スピードが乗らない状態でノロノロ進む羽目になった…

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 婚活 大阪   2011年03月19日 11:00
春のトキメキをゲット!大阪でステキな婚活しませんか?婚活 大阪で素敵な結婚相手を見つけちゃおう!春は新しい恋の季節です!婚活始めるなら今がチャンス!!

コメントする

名前
 
  絵文字