週に1度のメルマガ『からごだコロッと』を編集して掲載しています。
メールマガジンお読みになりたい方は,こちらからお願いします.

+ +

世界45カ国のみなさん,おはようございます.
からごだコロのコンラッドです.BCCでお送りしています.

新たな一週間がはじまりました.そしていよいよTOKYOも暑くなってきました.
やはり夏は燃えてきますね.髪を少し短くして,シャキシャキ躍動しましょう!


・今週木曜日(17日)夜,すずきいくこのソロリサイタルがあります.
すみだトリュフォニーホールにて19:00からです.
http://alpha.cside.com/schedule/schedule_index.htm
お申込みはすずきいくこまでお願いします.
ikuko@karagoda.com

●からだごころ通信────────────────────────
第36号 【からごだコロっと】            2008年7月14日

〈トピック〉
生徒さん同士のリレーインタビュー『takaさん→高橋浩美さん(後)』

発行部数:299(まぐまぐ発行分含む)
発行:からごだコロ(編集:コンラッド)
───────────────────────────からだごころ●

【今週のコンテンツ】

 1.レッスン案内
 2.生徒さん同士のリレーインタビュー『takaさん→高橋浩美さん(後)』
 3.からごだメンバーからのメッセージ
 4.すずきいくこリサイタルのお知らせ
 5.フェルデンクライスとは?
 6.編集後記

┌─────────┐
│1・レッスンのご案内 ├──────────────────────────
└─────────┘
全てのお申し込みは↓のフォームからお願いします。
申し込みフォーム

【日時】
○昼クラス 毎週 金 13:00〜15:30
○夜クラス 毎週 火〜金 19:00〜21:00
 *火金は曙橋なつかしルーム 水木は沼袋つつじ会館

○7月の特別クラス
 14・28日(すべて月曜日)
 14:00〜16:00 曙橋懐かしくってすいませんルームにて
 料金は2,000円
 *講師は春田亜希子→ http://harufeldenkrais.blog22.fc2.com/


【場所】
○火・金−『懐かしくってすいませんルーム(河田町集会室)』
 (都営新宿線の曙橋A2より5分)

○水・木−『沼袋つつじ会館』(西武新宿線沼袋駅より2分)
 地図はコチラ

【料金】2000円(1回2時間) 詳しくは→コチラ
 *1ヶ月料金や学生・シルバー等、各種割引制度もあります。

【準備】動きやすい格好とハンドタオル1枚(顔の下に敷けるように)

【定員】10名

【申込】 スタジオ・からごだコロまで
     ↓申し込みフォームからどうぞ↓
     申し込みフォーム
レッスン当日にお申し込みされた場合、
メールの返答が間に合わないことがあります。
直接会場にいらしてください。

┌───────────────―――――――─――┐
│2・フェルデンクライス体験記『takaさん→高橋浩美さん(後)』 ├──────────
└────────────────―――――――─―┘
エチオピアンダンスに役立てようとフェルデンクライスをはじめた高橋浩美さん,
「体に対する興味が深くなってきた」と言います.
さて,では,ムズカシさは何でしょう?
takaさんが高橋さんに迫る,生徒さん同士のリレーインタビュー後半です.



Taka:やっていく中で難しいなぁと,難しさを感じるところはありますか?

■高橋:フェルデンクライスでってこと?

Taka:いや,教室のことも含めて

■高橋:メソッド自体が難しいっていうよりは,やっぱり体のことをまだ何も(自分が)
知らない.だから,自分の体と向き合った時もそうだけど,やっぱり,自分にとってな
かなかスムーズに行かないことに出くわした時に,どうしたらいいのか分からなくなっ
ちゃう.と言うより,頭で考えるよりも先に体がカチッとロックされたように動かなく
なっちゃうっていうことも経験したりとかして,そういう自分の体に対するアプローチ
の仕方が,分からなくて難しいなって感じたりしたこととかもあったかもしれない.あ
とはやっぱり,人の動きを見てて私にはやっぱりまだ分からないことが多い.苦しそう
にしてるのは漠然と分かるんだけど,どうしたら(その人が)楽になるのか,とか,どこ
がどういう風に(なっているのか)というのがやっぱり分からないのが,やっぱり難しい
なって.やっぱり1回で結果がでるわけじゃないし,何回やったからと言って結果が出
るというわけじゃない.目に見えて明らかに,1年やったからこれだけの変化が出るって
いうわけではないでしょう? それは人によっても違うし,自分の取り組み方によって
も違うから,どうとは言えない.すごくあやふやな部分があるなっていう風には思う

Taka:じゃその,ある程度その,いつまでやればどうなるっていうのがない中でも,今
後もやっていこうっていう思いがおありになるんですか? その場合は今後どういうこ
とを期待するんですかね

■高橋:7ヶ月間やってきて,一番おもしろかったなって思ったのは,やっぱり,既存の
整体とか色んなその動きとか,そういうところでは正しい姿勢とか正しい動きっていう
のがあるわけじゃない? だけどフェルデンクライスではどんな動きの中にも正しさと
いうものを見つけることができる.逆に言えばどんな動きも否定されないというのが,
すごく私は可能性がいっぱいあるなぁって

Taka:どんな姿勢でも否定されない? もうちょっと具体的に

■高橋:私も分かってないけど何だろう,例えばね,これは(プライバシーの問題で)使
われないかもしれないけど*,私がコンラッドさんにお願いした知り合いがいるんだけど
,彼女の個人レッスンをお願いすることになった時に,やっぱり,すごく最初は不安が
あったんだけど,でも彼女は,お母さんの介護とかをしてきた歴史があって,その歴史
が体の中に,クセとか動きの中に染み込んじゃって(痛みがでたりして)る.だけどそこ
を否定しなかったっていうところが,私はすごく目からウロコだった

Taka:否定しなかった?

■高橋:「すごく働き者の体ですね」って,そこはちょっと個人情報だから話せないけれ
ども,(彼女がコンラッドさんに)言われて,それを聞いて本当に嬉しかったの.今の時
点では必要のない悪い姿勢って言われちゃう姿勢でも,一時(いっとき)その状況とか環
境によってその姿勢をとらなければならない場合もある.その時にはその姿勢をするこ
とが必要だった.でもその姿勢をずっととり続けてきたが故に,将来的にもその癖が出
ちゃう.でもその時には必要だった.何かうまく言えないですね…

Taka:いや,よく分かりますよ,はい

■高橋:だけど,普通の整体とかに行ったら,それは「悪い姿勢」って一言でパサって終
わっちゃうわけじゃないですか.だから「その姿勢をとらなければ,正しい姿勢を取れる
ようになれば,その痛みは治りますよ」って,対処療法的なね,やり方でやっていくと思
うんだけど,だけど,その人が大事にしてきた歴史を否定されなかったっていうのが私
はすごく嬉しかった

Taka:なるほどね,それは,フェルデンクライス…

■高橋:分からない.それはフェルデンクライスなのか….何が言いたいのか分からな
くなっちゃった.でも正しい動きがあるわけじゃないっていうのが,けっこう私には衝
撃だった.(頭をわずかに右に傾けながら)ちょっとこうやって動かすのでも色んな動か
し方があって,どれが正しいかっていうのは人によって違うわけじゃない? 体によっ
て違うから,それが面白かった.自分にとって楽な動きが人にとって必ずしも楽な動き
とは限らないわけじゃない? その違いもおもしろいなって思ったし

Taka:そういうところが「(高橋さんの口調を真似て)おもしろいなっ」と思って続けてる
わけですね.今は期待するところを聞いているんですけども,そういうところを知って
いきたいっていうことですかね?

■高橋:そういうことっていうか,正しい型っていうか,マニュアルとか,きっちりし
た目標とかがあるわけではないんだけど,目標が,形が1つじゃないから,色んな可能
性が広がっているのかなっていう感じがする

Taka:分かりました.じゃあ,もうそろそろ締めますけど高橋さん大丈夫ですか? ま
だ言い足りないこととか…,ああそうだ,フェルデンクライスというものについては大
体聞いてきたと思うんですが,教室曙橋のクラスについて率直な…

■高橋:うん.色んな個性の人がいておもしろい

Taka:その一言に尽きる?

■高橋:(笑) 他の先生のクラスも受けていて,それぞれの先生によって個性があって
おもしろいんだけど

Taka:色んなクラスがある中で,曙橋のクラスに来ている理由っていうのが,色んな人
に会える…

■高橋:うーん,それもそう.色んな人がいるっていうのもあるし…

Taka:じゃあこのコンラッド先生はどうでしょう?

■高橋:おもしろいと思います

Taka:おもしろい? どういうところが?

■高橋:個性的だと思う.人に対する興味とか,このメソッドに対する興味とかすごく
おもしろいなって思う.人の動きのこととかすごくよく見てるし…

Taka:なかなかやるな,と?

■高橋:(笑) うん.なんかびっくりする視点を持ってる.普通そんなところに目を向
けないというところに….でも他のフェルデンクライスの先生もそうなのか分からない
けど,一歩踏み出す時の,右足か左足かどっちかというところとか目を向けたりだとか,
すごく私にとっては新鮮だったし,レッスンの途中でペアを組んでやるっていうレッス
ンが,やっぱり(まだ)分からないけど,おもしろいなって思う.他の先生の教室ではそ
ういうことをしないで,自分の中で与えられた指示通りに動いていくっていうレッスン
で,それはそれでおもしろいんだけど,人の体を見たり,触れてみたりすることで,気
づくこととか見えることとかあって,そういうレッスンの進め方っていうのも…ペアで
やるっていうのもそうだし,何人かの生徒さんの動きを見たりする中で,自分の動きは
自分では見れないところもあるけれども,人の動きを見てすごく参考になったり,「あれ
あれ?」っていう意外なところもあったり

Taka:なるほど.じゃ,ここはもっとこうしてっていう要望はありますか?

■高橋:要望? うーん….でもこの半年間が自分でも精一杯だったっていうのもある
から,まだ分かっていないところもあるけれども,もっともっとじゃんじゃんすすんで
いく中で,色んな動きを通しながらやっていくっていう,そういうレッスンもやっぱり
やってみたいなって,最近ちょっと思うようになった.それが私にとってあんまり心地
よくなかったっていうのもあったけど,そういうのも,自分で発見というわけにはいか
なくても,からだが変化を体験してるっていうのを実感したことがあって,そういうの
もいいのかなって,最近ちょっと思うようになった

Taka:それではそろそろインタビューもね,終盤・・・終わり・・・締め・・・の時間になって
きてるんですけども,私についてはどう思いますか?

■高橋:takaさん? テキトーだと思う

Taka:テキトー?

■高橋:はい.でもtakaさんは鋭いと思います.普段はその鋭さは見せないけど,何か
もっと本当はテキトーな人かと思ってたけど,びっくりしたと思ったのは…,けっこう
人の一言一言を聞いてるなと思ったし・・・・,聞いてるよね?

Taka:どうなんでしょうか...

■高橋:聞いてないときもあるけど(笑),要所要所で鋭いところを見てるなって思うこ
とがある.たまーにね.いつもは鋭くないけど,時々ね,本気を出す時があるって思う
ことがある

Taka:テキトーでたまに鋭い?

■高橋:そう.95%くらいはテキトーになってる気がするけど,1%くらい鋭い

Kon:高橋さん,4%余ってますけど・・・(笑)

■高橋:あとの4%は寝てる(笑)

Kon:これはリレーインタビューなんですけどね,次は誰にしますか? ズバリ指定し
てください.

■高橋:えー,誰がいたっけ…,マミー? マミーいいね! マミー*にお願いします

Taka:じゃ,最後になったんで,締めの挨拶,高橋さんお願いします

■高橋:締めの挨拶? 何?

Taka:だからね,これからフェルデンクライスをやってみようかな〜,どうしようか
な〜,って思ってる皆様がいますから,それらの人々に,何か一言言っておいていた
だけますか?

■高橋:(笑) えー…,何だろう….やっぱり1回じゃ成果出ないかもしれないけど,
気長なスタンスで自分の体と向き合うっていうのも,また楽しいと思うので,プロセ
スを一緒に楽しめたらいいなって思います

Taka:(高橋さんの口調を真似て)な!と思います! ということで,今日は高橋浩美
さんのインタビューをミスタードーナツからお送りしました! それではみなさんご
機嫌よー!

■高橋:パチパチパチパチパチ〜

Konrad:お2人ともありがとうございましたー!

*高橋さんの知り合いとして登場するこの方には,本内容が掲載されることについて
許可をいただきました.あらためてありがとうございます.

*マミーとは,曙橋クラス最高年齢の女性.かなりおもしろく魅力に溢れている方で
す.どんな話が飛び出すでしょうか・・・.怖い怖い.



┌────────────────┐
│3・からごだメンバーからのメッセージ ├───────────────────
└────────────────┘
・北洞誠一
 7/16(水)左右に転がる3:手足を折り畳んだり伸ばしたりして転がる
   (今週と来週の2回に分けて完成させて行きます)
 7/17(木)チャレンジクラス:手と足の4点で楽に支える
   (四足の姿勢がとっても楽になります!)

・すずきいくこ
 みなさま、こんにちは〜
 今週は、またゆっくりとカラダの動きを探っていきましょう。
 ゆっくりやさ〜しく動いていくカラダをじっくりと味わいましょう〜

・コンラッド・ユーキ・フッテル
 自分の体のことは,自分1人で動いているよりも,人の動きを見てみたり,人の体に
 触ったり,自分の触り方で相手がどのように反応したか,ということを通すとよく
 分かります.今週も2人1組で行うワークも取り入れながら,自分のからだのことを
 感じてより深くしっていきましょう。また火曜日は少し趣向を変え,いつもより早
 いペースでテンポよくすすんでいくスタイルのレッスンをやってみましょう.また
 違った発見があるはずですよ

┌───────────────┐
│4・鈴木生子リサイタルのお知らせ ├───────────────────
└───────────────┘
http://alpha.cside.com/schedule/schedule_index.htm

みなさま、すずきいくこです。
先週から引き続きお知らせをさせていただきます。

今回のリサイタルでは、私は2本の楽器を使います。クラリネットとバス
クラリネットです。

クラリネットはご存知の方も多いでしょうか〜
♪パパからもらった〜♪のアレです。でも、ドもレも全部の音の出る楽器
です(笑) 人間の声に近いとも言われたり、またその高音域は、明るく
鋭い質を持ち、音域も他の木管楽器よりも広く、表現力豊かといわれてい
ます。

バスクラリネットの外見は、クラリネットよりも大きく太く、入り口と出
口が曲がっています。クラリネットよりも低い音が出ます。今回は、落ち
着いた温かな音色という部分よりも、特殊な効果音のような吹き方の方が
目立って使われています。プログラム始めの2曲に登場します。

また、多くの素晴しい他の楽器の演奏家に参加していただきます。
管楽器では、フルート、そしてピアノはおなじみ、またヴァイオリン、ヴィ
オラ、チェロも登場します。それぞれの音色の美しさ、面白さと、クラリネ
ットとの音の絡みも楽しんでいただけると思います。

是非聴きにいらしてください。
ikuko@karagoda.com

2008年7月17日(木)19:00開演(18:30開場)

場所:すみだトリフォニーホール・小ホール
JR総武線・錦糸町駅北口・東京メトロ半蔵門線3番出口 から
徒歩3分

入場料:全席自由¥3000 (学生 ¥2000)

主催:アンサンブル・コンテンポラリーα

http://alpha.cside.com/schedule/schedule_index.htm

┌───────────────┐
│5・フェルデンクライスメソッドとは? ├────────────────────
└───────────────┘


【1】世界一やさしい体操だよ。

床に寝っ転がってゆっくりやさしく気持ちよく動きます。
見てくれはピラティスやヨガに似ていますが、もっと繊細で丁寧に動きます。

【2】ゆっくりしたスピードで、やさしく動いちゃうぞ。

レッスンでは意図していない筋肉が勝手に緊張していないか、反射を起こして
いないか、ということを感じられるように、ゆっくりとしたスピードと柔らか
さで動いていきます。

【3】リラックスして自分の生かし方が分かってきちゃうぞ。

レッスンを受けるにつれ、からだがほぐれてしなやかになり、深くリラックス
して、体の動きを通して、自分の持っているパターンに気づいていきましょう。

自分自身との付き合い方がうまくなりますよ。

詳しくはコチラカラ 

フェルデンクライスメソッドの受け方はコチラ

┌──────┐
│6・編集後記 ├─────────────────────────────
└──────┘
去る,12日(土),なつかしルームで,曙橋夜クラスに通ってる生徒さんによる
餃子パーティが開かれました.13名が参加してくださり,用意された餃子は
150個.2種類のサラダに,焼きそば,玉子焼き,イカの煮付け,等,美味し
い料理... ビールに焼酎にワインに,生徒さんが作ってくれた料理やデザート.
餃子をはじめ人数分の料理を作ってくれたのが,インタビューでバトンを渡さ
れたマミーです.次回『高橋浩美さん→マミー』の収録も終わっています.お
話は,フェルデンクライスのことから,趣味のことや人生相談まで,数時間,多
岐に渡りました.(もちろんご紹介できるのはほんの1部ですけど) こうご期待!
 (konrad)

*本メール転載・引用はご自由にガンガンどうぞ。
(その際「からごだコロっとによれば」とつけてくださいね。
 http://www.karagoda.com にリンクをはってもらえたら尚嬉し)

メールマガジンお読みになりたい方は,こちらからお願いします.