広島市佐伯区湯来町にある、「湯来つり堀」です。
定休日は木曜日です。

「湯来つり堀」は小さなお子さんでも手軽に釣れるつり堀です。
マスやヤマメが釣れます。
夏には、アユのかけ釣りも。
釣った魚はその場で調理して食べられますよ。

つり堀の食堂では、おむすび、カレー、うどんにそうめん。
お食事メニューもいろいろあります。

釣りの後は、ボートに乗ったり、輪投げをしたり。
かわいいパットゴルフやバトミントンやお絵かき黒板…。
他にも、まだまだ無料のお楽しみがたくさん!

つりだけじゃない!
湯来のつりぼり、湯来つり堀です。


さお代 ます・やまめ 500円(エサつき)
     あゆ      200円(夏季限定)

さかな代 ます 220円/100g  やまめ 320円/100g  あゆ 320円/一匹

調理代(さかな代込)  ます 360円/100g  やまめ 460円/100g  あゆ 460円/一匹

※塩焼き、唐揚げ、刺身ができます。

※釣れたさかなは、すべてお買い上げとなります。

広島県 広島市佐伯区湯来町菅沢849-1
TEL&FAX 0829-83-0556
Open 9:00~17:00
Close 木曜日(ゴールデンウィーク、7月後半・8月は毎日営業)         

1531605_1397934633813176_1004249981_n[1]店主です。



P1100748


木曜日は湯来つり堀の定休日。
つり堀を落ち着いて眺めてみると…。

ああ、もう草ぼうぼう。刈らなきゃなあ。
ああ、いつの間にか、葛のツルがあんなに伸びっちゃって。
刈らなきゃなあ。

やらなきゃいけないことが次から次へとわいてきて、
しょうしょう気が滅入っていたら…、
ああ、あんなところにゴミ! 拾わなきゃなあ。


P1100741


と近づいて見ると、ゴミじゃなくて、キノコでした。

なんだろ? このキノコ??
ひょっとすると、珍しいキノコかも。

で、近所にお住まいのキノコ博士に来ていただいて
キノコ鑑定していただきました。

キノコ博士    ああ、これはあれ! マツオウジ!!

店主               へ〜、なんだかかっこいい名前ですね。
                     ハンカチ王子ならぬ、 松の王子か。

 キノコ博士  赤松の木の倒木や切り株に生えるキノコだよ。

 店主          たしかに、キノコのとなりには赤松の切り株…。
                    で、これは食べられるんでしょうか?

キノコ博士  人によっては中毒症状や嘔吐の可能性もあるから、食べない方が…。


店主         へ〜、そうなんですね(ちょっとクセがあって、人によっては食べると
                残念な意味で当たるかもしれない王子って言うのも、キャラクターとしては、
                悪くない設定ですねえ)。


P1100746


このマツオウジ、結局、店主の口に入れるのはやめにしておきました。
話に聞くと、某大学の某所で××効果があるのでは?とこのマツオウジが研究されているようで(某とか××ばかりで???な文章ですいません)、めでたく、そちらに嫁いで行くことになりました!(王子だから、婿入りですかね)

このブロクを書くのに念のためマツオウジについてちょっと調べてみたんですが、
じつは、漢字で書くと、『松旺子』でした…。
てっきり、『松王子』だとばかり思ってしまい、いらぬ妄想を走らせてしまいました。


P1060485


そうそう、秋の味覚の王様といえば、松茸!
秋にとれる松茸ですが、この梅雨の時期にもとれる松茸があるそうで、
サマツと呼ばれているそうです。

そうと聞いては、行かねばなりませんね!
サマツをとりに。

ちなみにサマツ、漢字で書くと、早松だそうです。
もちろん、瑣末ではありませんよね。
そりゃそうだ。

週末から降ると言われている雨(つり堀店主としては、とっても残念ですが…)が上がる火曜日ごろに山に行ってみようかと思います。
うまくとれましたら、みなさまにもちょっとおすそ分けできればと考えています。
まあ、取らぬ狸のなんとやら…ですがね。

では、また。



 

1531605_1397934633813176_1004249981_n[1]店主です。


P1100666




昨日、6月21日は『夏至』でしたね。


『1000000人のキャンドルナイト 〜でんきを消して、スローな夜を。〜』。
2010年とちょっと古いポスターですが、ただいまつり堀食堂に貼り出しています。


R0049846


せっかくなので、ささやかですが、昨夜はつり堀で『ひとりキャンドルナイト』をやろうか、
と思っていたんですが、ちょうど湯来はホタルが飛び始めたころ。
ならば、『ひとりホタルナイト』で!と、近所のホタルの飛翔ポイントへ行ってきました。


P1100243


まだ飛び始めで、乱舞!とはいかないんですが、それでもたくさんホタルを見ることができました。


『ひとりホタルナイト』から家に帰り、ぶらりとつり堀に行ってみたら、
いるじゃないですか!ホタル。
まだまだ数匹ですが、前回見たときよりも数も増えてました。

せっかくなので、『ひとりホタルナイト』を延長して、つり堀でまたまたホタルタイム。
おかげで今年の夏至の夜は、ホタルのスローなヒカリに癒されて、いい夜でした!
ありがとう!ホタル。



P1100660


そうそう、湯来のビッグイベント『かじか鳴く 湯来温泉ホタルまつり』が、いよいよ今週土曜日から始まります。



18920660_1486837088039838_7621051767440846607_n[2]


このホタルまつりは例年一日限りのイベントなのですが、今年は9日間開催!

開催場所は湯来つり堀から車で5分の場所にある湯来ロッジとなりの広島市湯来交流体験センター



19029288_1486837521373128_5060094432651274779_n[2]


多彩なイベントで、ホタルに負けずみなさんを魅了する内容となっていますよ!
今年のホタル鑑賞は、ぜひ湯来へ!


では、また。














 

1531605_1397934633813176_1004249981_n[1]店主です。



P1100682


いやあ、昨日はホント暑かったですね。
30度はあったんじゃないでしょうか。

そんな日は、やっぱり
川へGO!ですね。


P1100673



つりを楽しまれた後に、つり堀のとなりを流れる水内川(みのちがわ) で水遊びをされるお客様もいらっしゃいました。


P1100667


梅雨入りしたのに、快晴続きで川の水量も少ないんですが
浅瀬からちょっとした淵までお好みに合わせていろいろ。


P1100678


何やら、発見!!
これなんじゃろ?
と男の子。 


P1100679


どうやら、男の子、トンボの幼虫、ヤゴの抜け殻を見つけたようです。
いろんな水中生物を見つけて楽しそうでした。


P1100674


この川辺には大きなクルミの木もあって、そこで川の音を聞きながら涼むのもオススメ!ですよ。


P1100677


そうそう、まだ青くてちいさいんですが、ちゃんと実もつけていましたよ。

湯来に遊びに来られる時は、水着とタオルと着替えをお忘れなく!


では、また。
 

↑このページのトップヘ