2dfd25df.jpg可も無く不可も無くってとこでしょうか。
終盤のねたばらしは、驚きも新鮮味もほとんどなく、いきなりちょっとつまらなくどこかで観た既視感や古臭い感じもしないではないが・・・。

中盤まで、ジョディ演じる母親が必死の形相で、他の乗客に大・大・迷惑な言動を取るあたり、彼女がどちらかと言えば苦手な私にはイライラ感が募るばかりで観てるのが苦痛だったりするし(笑
他人様の車のフロントガラスを割っちゃったりして、車好きの私にはあれは恐ろし過ぎました!
カークラッシュものとは全く違う別の衝動が走りましたから。

ジョディの為のジョディ作品って感じか、な・・・。
個人的にも1度きりの鑑賞で充分。

公開初日に相方に連れて行かれて・・・結果的に劇場鑑賞パスでも良かったと、素直に感想を述べて・・・地上波テレビ放映向けのような気がする・・・。とまで本音を言えば、エラく機嫌が悪くなった。
映画鑑賞の感想に嘘言っても仕方ないべ!