4acfdfeb.jpg2005年韓国映画 韓国ホラー

夫の浮気現場を見てしまったソンジェは6歳の娘を連れて家を出た。ある日、地下鉄の中で偶然赤い(ピンクの)靴を見つけた彼女は、その靴を一目で気に入りその不思議な魅力に虜となるのだが・・・。

靴に魅了されていく女性が、次々と謎の死を遂げる。

原題は「ピンクの靴」で赤い靴と言っても劇中に登場するのはショッキングピンクのヒール。誰のものともわからない靴を偶然見つけては、自分の物とする女性たちの気持ちは、私は全く理解できない。奪い合ってまで人の靴をモノにしたい気持ちなど・・・。
その靴を巡って不可解で不思議な出来事が起こるようになり、その謎を解明すべくソンジェは過去に起こった靴にまつわる出来事を調べ始める。

とにかく、不気味な要素がたっぷりで、久しぶりに韓国ホラー、心底ゾゾゾ感を味わった気がする。
女の執念だとか、嫉妬だとか・・・。そんな怨恨の表現がかなりグロテスクでリアルなものだったので、特に女の恐ろしさを見た気がする。
謎解きも、話が進めば進むほど奥が深く陰湿な様子が伺えるので、心理的恐怖はかなりのものだった。

血だらけ、血眼、足首をすっぱ抜かれ、眼球はえぐり取られ、執拗に迫り来る恐怖!
個人的にコレはお気に入り作品に。韓国サイコホラー「カル」などがお好みの方にはオススメします。

「赤い靴」