ゆきだるま日記

静岡市在住の土木会社の事務員です。 女を忘れないように、女を楽しめる年代として、日々道楽人生を送っています。

無印良品 MUJI

【コスメ備忘録】MUJIのくり出し式アイブローペンシルとセザンヌの細芯アイブロウを使ってみた感想

2017年12月6日

今日はコスメ備忘録です。


まゆげって・・・
大切ですよね!


時代の流れによって
細眉だったり
太眉だったり
まぁ・・・
流行りのメイクも大切ですが
自分の顔に違和感がないか?
っていうところが
最重要だったりもします。


手入れしない状態の私のまゆげは
たしか・・・
麻呂眉
だったような記憶があります


素のまゆげまで
生やした事がないので
忘却の彼方です。


私は每朝まゆげを剃っています。
男性のヒゲ剃りと同じような感覚で
ごま塩のように伸びたまゆげだけ
剃り落とします。


2日に1回は鼻の下のうぶ毛も
一緒にお手入れしますが・・・
ヒゲ剃りした後は
ちょっとカミソリ負けして
ヒリヒリします。



まゆげのお手入れは
刃にガードの付いた
3本入りパックのカミソリを
使用していますが・・・
時々手元が狂って
剃ってはいけないその1本を
落としてしまう失敗もよくあります。


たかが1本。
されど1本。



1本失くなっただけですが
穴が空いたような空洞が
面積の少ないまゆげの印象を
劇的に替えてしまうので
細心の注意を払いつつ
カミソリを当てています。


まゆげ・・・
私は抜かない派です。


ベースのまゆげを整えると
アイブロウで描く時もとてもラクです。


眉頭
眉山
眉尻



この3点の位置を基点にして
まゆげを描いています。


私の個性とも言えるのですが・・・
筆圧が強いです。


コレはメイク時にも言えることで
特にアイブロウペンシルの芯が
柔らかいものを使うと
筆圧の強さと相まって
異常に濃いまゆげに仕上がってしまいます


そんな私が愛用しているのは
セザンヌ 細芯 アイブロウで
お色はチュラルブラウン。



これがかなりの細芯1.5mm
くり出し式はやっぱりラク。
そして芯が適度に硬め。
しかも・・・
プチプラ420円→税別。


プチプラで
描きやすいペンシル。
何度もリピ買いしています。

が!



ある時目に止まったのが
MUJIのアイブローペンシル
くり出し式のブラウン。
MUJIアイブロウペンシル (1)



これが・・・
まさかのお値段税込み420円。
無印良品週間ならさらに10%OFFです。
MUJIアイブロウペンシル (4)



芯の細さの記載が無いのが残念だったけど
セザンヌと同価格帯なので
試してみたくて購入しました。
MUJIアイブロウペンシル (2)



MUJIのこのアイブローペンシルは
3色展開。
ブラック・グレー・ブラウン。
当然ですが・・・
ブラウンを購入です。
MUJIアイブロウペンシル (5)



パケの全長はMUJIのほうが長いです。
MUJIアイブロウペンシル (7)


この程度の差ですが・・・
MUJIアイブロウペンシル (8)



内容量的には・・・
MUJIのほうがやや長いので
お得感ではMUJIの勝利。
MUJIアイブロウペンシル (14)



見た目的にはどちらも細芯ですが・・・
MUJIアイブロウペンシル (15)



よ~く見てみると
セザンヌのほうが細さで勝利。
MUJIアイブロウペンシル (9)



手の甲に描いた感じとしては
どちらも同じような色味で遜色ない色合い。
上=セザンヌ
下=MUJI
MUJIアイブロウペンシル (10)



実際にまゆげ描いてみました。
MUJIアイブロウペンシル (12)



描き心地としては
芯が柔らかいと感じまして
なめらかに描けます。


眉尻も好きな細さで引けるので
まずまずの使用感です。
MUJIアイブロウペンシル (11)



眉尻をペンシルで引いて
アイブロウパウダーで足りない部分を埋める。
アイブロウブラシでぼかしながら
最後にペンシルで形を修正。


セザンヌを愛用している私的には
芯の柔らかさが少し気になり
いつもより力を抜いて描きました。


新しい時は繰り出した芯の角があるので
ENDの細めラインが描けますが
セザンヌよりほんの少し太いので
何度か描いているうちに
細さ具合がやや欠ける感じ。
MUJIアイブロウペンシル (6)



MUJIとセザンヌと両方使ってみた感想としては
やっぱりセザンヌが好き
という・・・
私なりの結果が出ました。



硬めの芯が好きな方はセザンヌ
柔らかめの芯が好きな方はMUJI


という・・・
アイブロウペンシルの備忘録でした。



【コスメ備忘録】MUJIのアイカラーベースを試してみた

2017年8月30日

今日は国内コスメ備忘録です。

コスメがマイブームです
連日続いた海外コスメは少しお休みして
今日はMUJIのアイカラーベースのお話です。


購入日:2017年8月17日
購入店:MUJI ベイドリーム清水
商品名:アイカラーベース
品番:61406107
内容量:1.8g
価格:550円(税込み)
MUJIアイカラーベース (1)



アイカラーベースは現在エクセルのアイシャドウ下地
使っていましたが・・・
エクセル アイシャドウ下地 (1)



およそ半年間使い続けたところで・・・
底見えになり使いづらくなってきました
MUJIアイカラーベース (10)



使えるのですが・・・
指で取って使っているので爪に入り込み
使うのがストレスになってきました。


なにか他に良いアイベースがないかな~
と思っていたところで
MUJIのアイカラーベースを思い出す。


たまたま立ち寄ったMUJIで購入しましたので
今日はエクセルのアイシャドウ下地と比較しながら
備忘録を続けます。


お値段550円なので・・・
コスパ的には断然MUJIがお得です。
MUJIアイカラーベース (2)



お得ではあるものの・・・
肝心のベースとしての使い心地も重要です。


ってか・・・
それが一番重要だ!


さて・・・
まずはファーストインプレッション。
見た目は肌馴染みのよいベージュカラーです。
MUJIアイカラーベース (3)



指に取ってみたい・・・

が!!

私の指先は・・・
相変わらず噛んでしまうクセが治らないので
皮が剥けてしまってボロボロ。


試しに相方さんの指を借りてみる。
MUJIアイカラーベース (4)

なんか・・・
ちょっと指が太すぎてイマイチだった。

※借りといてひどい言い草だわね


気を取り直して自分の指でお試し。
MUJIアイカラーベース (6)



なんか・・・
いきなりでアレですけど・・・
想像していたテクスチャとは違いました。
MUJIアイカラーベース (7)



手の甲に塗ってみます。
MUJIアイカラーベース (8)
正直どこに塗ったか分からない程度のカバー力です


テクスチャはマットな硬めのクリーム状。
MUJIアイカラーベース (9)




下のエクセルはかなりクリーミィなテクスチャです。
MUJIアイカラーベース (11)



続いてエクセルも手に取ります。
テクスチャの柔らかさで指に付くのも容易。
MUJIアイカラーベース (12)



しかも色づくのだ。
この少しピンクがかった色味のおかげで
目元のくすみも補正される。
MUJIアイカラーベース (13)




本体の大きさはほぼ同じ。
MUJIアイカラーベース (14)


結論から言うと・・・
MUJIのアイカラーベースは補正効果は薄め。
エクセルのアイシャドウ下地は補正効果が高め。

ではあるものの・・・
アイシャドウのノリを良くするという意味では
MUJIのマットなつけ心地は捨てがたく
何度かつけ続けていくうちに
MUJIのサラッとしたつけ心地が気に入って来ました。


エクセルは見た目と同じく
艶っぽいテクスチャなので
付けすぎると二重のラインに添って
筋ムラが出来ますが
MUJIは取り過ぎる心配のないテクスチャなので
比較してみた結果はそれぞれ一長一短ありです


暑い時期はMUJI。
秋冬の乾燥する季節はエクセル。

そんな使い分けがベストだと思いました。

MUJIのアイカラーベースに
もう少し補正効果があったら
断然MUJIに乗り換えるのですが
少し物足りなさを感じるので
エクセルと併用で使用していこうと思います。


というところで・・・
今日はMUJIのアイカラーベースの備忘録でした。


【コスメ備忘録】メイク前のフェイスミスト MUJIのバランス肌用フェイスミスト VS プリュカーボニックリバイバルミスト

2017年8月24日

今日はフェイスミストの備忘録です。


ただいま絶賛コスメ熱が急上昇中です


熱しやすく冷めやすいのが私の性格なのですが
コスメへの欲望がみなぎる毎日です。

何かに熱中しているときは
物事の大小に関わらず楽しいものです


年齢的には肌の衰えをヒシヒシ感じる日々。
パ~ン
とハリのある肌が懐かしい。

ハリのある肌だった頃は
顔がアブラでテラテラしていたのが
コンプレックスだったけど
今となってはそのツヤが恋しい→遠い目


基本セミマットな仕上がりが好きなのですが
時代はツヤ肌へとシフトしているから
ツヤ玉が出来るようなお肌になりたいものの
乾燥と毛穴落ちするファンデーションで
なんとなく顔が老けて見えるのが
切ない鏡越しの私です。


でもメイクが大好きです。
なんつーか・・・
自分に手をかけるのが好き


毎日メイクした直後は
その仕上がりに満足出来るんだけど
シェーディングしてないのに
頬のあたりに暗い影が現れる現実を目にしてから
オマエ
やつれたな・・・

と鏡の中の私に話しかけるのが日課になりました。


スキンケアでガッツリ潤いを補充しても
なにか足りないお肌のハリ。


メイクテクニックも大切ですが
肌の土台作りって本当は
一番キモなのかもですね。

夏の旅行にドモホルンリンクルの
サンプルパウチを持って行ったのですが
砂漠のようなホテルの空調の中でも
良い具合に潤いをキープ。
ドモホルンリンクルって高いんですけど
唯一効果を感じられる優秀スキンケアです。


今はもちろん買う財力はありませんが
どこかのタイミングでドモホルンリンクルへ
移行しようと妄想しています。


妄想は自由だ!


さて・・・
スキンケア後にメイクするんですけど
余計な油分をOFFしつつ
水分を補給するために
メイク前のフェイスミストを実験しています。


文字通り・・・
実験的にです!

まず1点目は
プリュのカーボニックリバイバルミスト。
プリュカーボニックリバイバルミスト (1)



ずっと気になっていたものの
ややお高めのお値段で躊躇してましたが
楽天SSのタイムセールで半額の時購入しました。



炭酸パックといえば・・・
アイムピンチでもらったコレ
炭酸系と聞くとあの痛みがよみがえります


炭酸100%ミストで痛くないなら
またぜひ試してみたいと思って購入です。


こちらはスプレー缶。
プリュカーボニックリバイバルミスト (5)


内容量は150g。
プリュカーボニックリバイバルミスト (4)



お試しで手に吹きかけてみましたが・・・
プリュカーボニックリバイバルミスト (6)


シュワっとも
パチッともしない
普通の霧状の液体でした。


最後に液垂れがするので
白濁色のボテが垂れますけど・・・
かなり細かいミストで
拡散範囲は大きめ。


ほんのりと香る柑橘系の
嫌味のない爽やかな香りで
非常にリフレッシュできるミストです。


高濃度炭酸ガスの効果はよく分かりませんが
吹けの良い細かいミストは大満足でした。
プリュカーボニックリバイバルミスト (3)



続いては・・・
かねてから気になっていたMUJIのフェイスミスト。
MUJIフェイスミスト (1)



こちらはプッシュタイプのボトル。
MUJIフェイスミスト (4)



こちらは100mlで790円。
とてもリーズナブルなフェイスミストです。
MUJIフェイスミスト (3)


こちらも柑橘系の香りです。
爽やかな香りです。


プッシュして吹き付ける範囲が狭いので
7プッシュは確実にしてます。

炭酸ミストスプレーのほうが
ミストが広く噴射する分
吹き付けるのはラクチンです。


正直なところ使用感に大きな差はなく
香りも同じ柑橘系なので
フェイスミストを吹きかけるという
ジャンルでは甲乙つけがたいのですが
プリュの炭酸ミストのほうが
ミストの顔当たりが良いので
リピするなら断然プリュの炭酸ミスト


そして肝心のメイク前のミストで保湿という
意味ではほとんど実感がなく


ミストって必要?


と自分自身に問いかける毎日です


何かの効果の実感よりも
香りで癒されリフレッシュするという
アロマ効果のほうが絶大で・・・
每朝のメイクも気分良くスタート出来ます。

ローマは一日にして成らず。
継続は力なり。

今日は絶賛実験中の
フェイスミスト備忘録でした。






MUJIのバスソープ シトラスウッドの備忘録 

2017年6月14日


購入日:2017年5月7日
購入店:MUJI ベイドリーム清水店
商品名:バスソープ・シトラスウッド
品番:61523668
サイズ:100g
価格:250円


前回の無印良品週間で購入してあった
バスソープのシトラスウッド。
ようやく使い始めましたので
今日はシトラスウッドの備忘録です。


マンダリンの備忘録はコチラ→


それにしてもこのバスソープは
減りが早いよ。


前回使用したマンダリンは
結局1週間で完売御礼でした


朝晩の洗顔。
ボディソープとして使用した結果
1週間で見事に終了。
不幸中の幸いだったのが
小さくなった石鹸でも泡立ちが変わらない事。


固形石鹸愛用者としては
香りの良さも重要ですが
コスパも重要なので・・・
このバスソープの減り加減はちょっと犯罪級


そして今回はシトラスウッド。
減り加減は期待していませんが
香りのレビューとして備忘録したいと思います。


いつものソープディッシュをスタンバイ。
MUJI バスソープシトラスウッド (2)



今回のシトラスウッドの香りに期待が高まります。
MUJI バスソープシトラスウッド (5)



マンダリンはかなりフレッシュなオレンジの香りでしたが
このシトラスウッドも嗅覚的にはかなりツボ。
MUJI バスソープシトラスウッド (4)




早速フィルムを剥がして行きます。
MUJI バスソープシトラスウッド (3)



トレーにセット。
お楽しみの嗅覚タイムです
MUJI バスソープシトラスウッド (6)



ざっくりいい香りです

少しメンズ系のスパイシーさを感じます。
ムスクの香りが好きな方なら
シトラスウッドも好きだと思います。


香りのイメージとしてマンダリンが太陽ならば
シトラスウッドは海→ワタシ的には地中海。
ウッドですが森林という感じではありません。


泡立ちは相変わらずのお墨付き。
枠練石けんなので柔らかめの石鹸です。


単純に香りだけが違う石鹸。
マンダリンもシトラスウッドも
どちらも甲乙つけがたい。


どちらをリピートしたいかと聞かれれば
どちらもリピートしたい香り。


万人受けするのはたぶんマンダリン。
かなりフレッシュなオレンジなので
気分もリフレッシュします。

そういう意味でシトラスウッドは
少し大人向けの香りなのかもしれない。

これは好みが分かれそうです。


順調に使用していくと
一週間後には終わってしまうバスソープ

次の石鹸も待機しています。


セブンプレミアムの肌にやさしい石けん→左
牛乳石鹸の赤箱→中央
お試し買いのMUJIバスソープ→右
MUJI バスソープシトラスウッド (1)



石けんも毎日同じもの使っていると
飽きてくるので・・・
1個使い終わるごとに
石けんの種類を買えて使用しています。


毎日使うものなので
使用感が良くて
香りが良くて
経済的な負担にならない価格。


固形石けんもいろいろあるので
3種類程度をローテーションして
バスタイムを楽しんでいます。


今日はMUJIのバスソープ。
シトラスウッドの備忘録でした。



MUJIのオーガニックコットン洗いざらしボックスシーツ

2017年6月2日

今日は寝具の備忘録です。


購入日:2017年5月27日
購入店:MUJI 静岡パルコ
商品名:オーガニックコットン
    洗いざらしボックスシーツ
品番:37112575
サイズ:シングル
    100×200×18~28cm用
カラー:ブラウン
素材:綿100%
価格:2,900円→10%OFF→パルコ優待10%
MUJIボックスシーツ (2)



パルコからセールのはがきが届いていて
PARCOカードクラスSの会員は10%OFFという
魅力的な期間に入ったタイミングで
気になっていたMUJIのボックスシーツを購入しました。


期間限定価格で10%OFFだったのも
購入意欲に火を付けた


無印良品週間に奮発して購入した
ベッドパッドのお陰でボックスシーツの
フィット感が断然増しました。


しまむらのボックスシーツを1枚持っていますが
MUJIのボックスシーツに興味しんしんで
肌触りの良いカバーリングを期待して
お安いタイミングを狙っての購入でした。
MUJIボックスシーツ (1)



カラーは4色展開。
生成・ベージュ・ブラウン・ネイビー。
静岡パルコのMUJIには
生成とブラウンしか在庫がありませんでした。


生成も良かったのですが
見た目はホワイトに近く・・・
清潔感は抜群でしたが
汚れも目立ちそうなのがたまにキズ。
睡眠中のヨダレとか
生理中のモレとか
危険な要素が高すぎる生成は却下。


ナチュラルなブラウンは
落ち着いた印象で見た目もいい感じ。
部屋の中でも比較的大きな面積を締める
ベッドのカバーリングとしても
MUJIらしいブラウンは非常に良いお色でした。


手触りは綿の柔らかさと
肌当たりの良さが伝わる仕上がり。
MUJIのコンセプトに共感する部分が多いので
徐々にですがMUJIアイテムに移行しています。


カバーリングってどのくらいの頻度で
お洗濯しているのでしょうか?
私は2週間くらい経つとなんとなく
洗いたい気分になります。
枕カバーは1週間でお洗濯へ。


気持ちよく眠りに付きたいとき
なんとなく漂う汗臭は
やっぱり無いほうがいいですし


前回MUJIのベッドパッドを敷いた時から
2週間経過したので
ボックスシーツをお洗濯するタイミングで
MUJIで購入したものに替えました。


まずは・・・
ベッドパッドの状態からスタートです。
MUJIボックスシーツ (3)



MUJIのベッドパッドは
四隅のゴムがしっかりしているので
大きくズレたりすることはありませんが・・・
おしりのたるみジワ辺りが
少し動きやすいのは事実。

その程度のズレなので大きなストレスはありません。


さて・・・
何度やっても苦手ですけど
今回も頑張ってベッドメイキングに入ります。
MUJIボックスシーツ (4)


ゴムの伸縮は程よい加減です。
生地に伸縮はありませんが
洗いざらし感満載のボックスシーツ。
手触りは限りなくナチュラルです。



まずは片方のマットにゴムを引っ掛ける。
MUJIボックスシーツ (5)
※この時点ですでにやりづらい



そのままの勢いで下側に引っ掛けるのですが
うまい位置に収まらないので
やっぱり縦置きにしてゴムの位置を修正する。
MUJIボックスシーツ (6)



ベッドフレームに戻して
気になるたるみジワをさらに直します。
MUJIボックスシーツ (7)



畳じわも残っていますが少し大きめなサイズ感。
四隅はきっちりと合わせたのですが・・・
MUJIボックスシーツ (8)



真ん中辺りのアソビが気になる
小さな性格をしています。
MUJIボックスシーツ (9)



1度洗濯すると少し縮むかもしれないので
あまり気にしないようにしました


生地は薄手なのですが
綿のサラッとした肌当たりは心地よく
見た目のナチュラル感も手伝って
かなり好感度なボックスシーツです。


あまりにも気に入ったので
枕カバーもMUJIに変えたい衝動に駆られます。


次の無印良品週間で
購入検討してみようと妄想中です。


ニトリも好きですが・・・
MUJIの統一された雰囲気のほうが好き。


価格は中の上というところで
決して安い買い物ではありませんが
気に入ったカバーリングに包まれて
眠る瞬間の幸せは何物にも替え難く
買って良かったな~と寝落ちする
MUJIのボックスシーツ備忘録でした。




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
ギャラリー
  • 相方さんありがとう! 2個目のジェラートピケ ヘアバンドとUVレベルチェッカー備忘録
  • 相方さんありがとう! 2個目のジェラートピケ ヘアバンドとUVレベルチェッカー備忘録
  • 相方さんありがとう! 2個目のジェラートピケ ヘアバンドとUVレベルチェッカー備忘録
  • 相方さんありがとう! 2個目のジェラートピケ ヘアバンドとUVレベルチェッカー備忘録
  • 相方さんありがとう! 2個目のジェラートピケ ヘアバンドとUVレベルチェッカー備忘録
  • 相方さんありがとう! 2個目のジェラートピケ ヘアバンドとUVレベルチェッカー備忘録
メッセージ
Twitter プロフィール
土木会社の事務員です。 ファッション・コスメ・モバイル・パソコンをこよなく愛す一般人です。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
楽天市場
お気に入り
PLST 公式通販サイト





Brandear(ブランディア)


楽天市場


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス