紅い満月の中、君と出逢った。

管理人・kanaのブログです。 オリジナルがメインになりましたっ!!!! 「シャイニング・レゾナンス」のゼスト総受けの愛されている感じです。 R指定表現もありますので未成年は気をつけて下さい。

オリジナル「神々の血の系譜~外伝~」if編開始!

2014924-1
このブログは管理人・kanaによる自己満足ブログです
※12月11日発売のPS3「シャイニング・レゾナンス」の敵キャラ、ゼスト・グレアム受け小説※
ゼスト総受けの愛されている感じです。
R指定表現もありますので未成年は気をつけて下さい。

※神々の血の系譜~外伝~ifの設定※

番の神が世界を造り、人間を造り・・・眷属である、ウロスボスと共に平穏な何百年間の時を過ごしていた。
しかし、突然の邪気と魔物の襲来。
番の神は決断としてて空に箱船造り、優秀なDNAをもった者達のみ、箱船へと選んだ。
残された民は魔獣と番の神への憎しみで……。
しかし、あるとき番の1人の神・クロノスが地上へ降りてしまった。
其処から残された女神・エヴァは仮面と男と出会うことによって、地上へと降りることになる……。

※ここからが此所のブログ設定※
地上界に楽園を造った神・クロノスと女神・エヴァ。
2人とも美しい容姿だった……。
その為、クロノスも男達兵士や神官の色目の的に晒されていた――……。
「女神は妊娠する、ならば男である……クロノスは?」
登場人物・クロノス(受け)……本編の主人公、鬼畜であり純真でもある二つの顔を持つ。
ケルベロス(攻め)……エヴァを愛するウロボロスの末っ子ではあるが……。
エヴァ……クロノスの番。クロノスと違って性的事は詳しい。天然そうで頭はキレる。
ゲオル(攻め)……番に使える神官の1人。ひょんな事からクロノスの世話を任され……。
神官達&兵士達……クロノスに卑猥な感情を持つ男達。

あらすじ

そんな残酷な行為がつがいの神、クロノスに行われているとは知らない女神・エヴァは眠れぬ夜だった。
魔法と剣さえあれば、世界は成り立つ……。
「クロノスと私が造ったこの世界、インフェリア……魔獣が出没していると言うのに……」
エヴァは神殿のテラスに立っていた。
つがいの神は滅多には神殿から城下町には降りれない。
特にエヴァは出ることは出来ない。
クロノスと同じ白銀の髪と紅い瞳、しかし、彼女は目が見えない。
目が見えない代わりに性器がちゃんと発達している。
逆にクロノスは視界は見えるが、性器が未発達だ……。
其処がつがいの神の違い。
「エヴァ様、今宵は満月ですよ?」
従女がカーディガンを掛ける。
「もう、冬なのね……そういえば、ケルベロスとゲオルの気配も今日はあまり感じないけど……」
空気の流れで誰が何が居るのかエヴァは分かってしまう。
千年以上も世界を護り続けた為の所存か?
クロノスは大鎌で戦えるが、エヴァは祈りを歌に込める魔法しかない……。
「お二人とも忙しいようで……」
「ようやく、ケルベロスも『母』離れしてきたかしら……?」
ケルベロスはつがいの神が人間よりも先に造った特殊能力を持つ青年。
神殿内ではつがいの神が序列1位ならば、彼は2位。
ケルベロスは番の次に長生きだ……。
神殿の大理石に触れる。
「ケルベロスは……太陽のように私には明るいのに……」
屈託のない笑顔をエヴァに向ける様子ならば良く周りも見ていたが―……。
金髪の青年はクロノスだけは敵対視していた……。
それは、エヴァをケルベロスが愛してしまっていると言うことだった……。
「神官……」
「お呼びでしょうか?」
神に身を捧げる、神官達の一人の長老に声を掛ける。
「クロノスは無駄に人間を殺めたりしません……」
キッパリと言い放った。
もしかしたら、私よりもこの人間達を愛しているのかも知れない……。
ケルベロスもどうか、クロノスを見習って欲しい……。
私ばっかりに愛情を向けないで……?
「しかしながら、返り血を浴びで神力が弱っているのはつがいのエヴァ様も承知な筈……」
長老は何事も無い様に語る。
「だからといって、軟禁など……」
「今、城下町に魔獣の群れが襲いかかってきたら大変ですぞ?兵士達は地方遠征中でありますから……」
「確かに、そうだけども……」
神殿の一部の塔の上を見る。
其処にクロノスは軟禁されている。
軟禁されている間、会えるのは男のみ……。
「私、クロノスに会いたいなぁ……私の片割れなのだから……」
屈託無いケルベロスが今、クロノスに何をしようとしているのかも知らずにただ、風に当たっていた。
「新しく入ったゲオルはクロノスと仲良くやれている?」
ゲオルは10年前、魔獣に孤児院を襲われたとき9歳。
「ナヨナヨしておりますけどな……」
「茶色の長い髪はいつかクロノスと会うまで切らないと決めていたらしいですよ?」
「いつから?」
「この神殿に仕官を申し込みをしたときからですぞ?」
2年前。
何も取り柄のない、青年が田舎からやってきて神殿内は話題になった。
しかし、彼は徐々に頭角を現す……。
なよなよしている以外は……。
クロノスやエヴァには時間の感覚が無い。
インフェリアを造ったのは千年前……。
それ以来、つがいの外見は止まったまま……。
「ゲオルが……ケルベロスとクロノスの架け橋になってくれたらなぁ……」
そんな淡い希望もあの塔のなかでは叶わない。
クロノスが男達からどのような目で見られているのか―――?
それは、エヴァは……。
知っているのだろうか?いや、知っている筈だ……でわ、何故…止めない?
「魔獣の気配も50㎞先もしない……もう、寝ようかしら……」
エヴァは従女を引き連れ歩き出した。
神にとって、人間は恐ろしい……。
このような神殿に軟禁して……。
人間の血は神に呪いを与えるのだから――……。
クロノスの悲鳴が、聞こえる―……。
エヴァは塔の方を振り返った。見えぬ目で……。


20150906
クロノス

名称未設定 29
ケルベロス

2012119-11
エヴァ

名称未設定 36
ゲオル


ここのリンクバナー
紅い満月の中、君と出逢った。

ショータイム・2

2・暴力。



ジルは朱く太い蝋燭を取り出し、火を付けた。
その溶け出した鑞をクロノスの身体に堕としていく。
「いたっ……あつい……」
痛みと熱さ、両方が備わって襲いかかってくる。
ジルはいつの間にか両手で蝋燭を持ち、クロノスの乳首へと鑞を垂らす。
「やめっ……いやぁあ!」
持続性はないものも、敏感な部分だと余計刺激的になる。
そのまま、朱い鑞で真っ赤に染まった乳首から下半身へと……。
ペニスにも容赦無く垂らしていく。
「やだっ!やめよっ!!」
クロノスの必死の抵抗も虚しく、鑞責めはペニスが鑞で固まるまで行われた。
白い肌に真っ赤な花を咲かせて……。
ジルは火の付いたままの蝋燭をアナルに押し当てた。
「―――――ッ!!??」
クロノスの悲鳴にならない声が響き渡る。
しかし、誰も助けに来る者は来ず……。
ジュゥッと火が消える。
そして、もう片方の蝋燭もアナルに螺旋込むようにして火を消す。
「乳首とかに鑞受けてアナル、濡れ濡れだったからちょうど良いじゃないか?」
「そんっなっ……」
思いたくなかった。
鑞責めで感じて居るなんて……。
ぱりぱりと鑞が剥がされていく……。
大量の鑞の破片が台座の下へと落ちていく。
「まずは、使えない睾丸から壊していこうか?」
その発言にゾクリとした……睾丸を掴まれて、何をされるのか想像が付かない。
ジルは台座の下からワニの口を模したペンチを取り出した。
「……ッ!?まさ、か……」
クロノスの顔が蒼白になっていくのにも構わず、ジルはペンチを睾丸に当てた。
そして、力を込める。
「ぁぁぁぁぁぁぁぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛っ!!!!」
ガクガクと全身が震える。
睾丸はワニの口でしっかり挟まれて、強く揉み下されている。
痛みのあまり、気を失いそうになるかそのたんびに痛みが緩み、気が失えない。
緩和付けた痛みが全身を覆い、汗が噴き出る。
ペニスは勃起し、ぴゅっと少しだけ潮を吹いた。
その様子を愉快そうにジルが見ている。
「やめぇっ……つっ、つぶれっっ……!!!」
睾丸は血で滲み、真っ赤に染まっている。
「まだまだ潰せそうだ……」
「ひぃっ……っ!!!」
ぎゅうと力を込められる。
「ぎぃ、あぁっ……!!!!!!!!!!!!!」
最後には悲鳴にならない呼吸をするのが必死の悲鳴がヒューヒューと漏れる。
「使い物になれない部分は壊しても良いか?」
力を緩めて問いかけられる。
クロノスは最後の力を振り絞り、首を横に振った。
ジルは汗の搔いたクロノスの額を撫でると口付けを落とし、表情の変わらぬまま言った。
「少し、許してあげようかな?」
その言葉にコクコクとクロノスが頷く。
立場なんてとっくに逆転していた。

ショータイム

1・晒し。



クロノスは全裸のまま、台座に横になっていた。
ふと、気がつき辺りを見回す。
白い部屋……。
「此所は、何処だ……?俺は……」
痛む頭を押さえる。
記憶がないのだ。
1点の扉が開く。クロノスは咄嗟に身を隠そうとするが台座の後ろに隠れるしかない。
屈辱的だ……。
入って来たのは髪の長い男……クロノスの従者のゲオル?と思ったがゲオルではない。
漆黒の黒い髪に、翡翠の瞳。巷で言えば、美青年に入る。
「隠れてないで出て来い。神様……」
「でられるかっ!?服でもなんでも良いから寄越せっ!!」
つい、声を荒げてしまった。
足音が近づいてくる。
蹲るクロノスの元に男がしゃがみ込んだ。
「裸体ぐらい、神様なら恥ずかしくないだろう?美しい身体をしているんだろう?」
うっすらと口元を笑わせて、男は言い放つ。
 「お前……名を名乗れ!無礼にも程があるぞっ!!」
男は頑なに蹲るクロノスに痺れも切らす様子もなく、答えた。
「ジル……神様、クロノス神様とでも言っておこうか?これから、俺の拷問を受けて貰おう」
「はぁあああ?!何を言うかっ!?」
いきなりすぎて、クロノスは立ち上がる。
ジルと名乗った男の視線がクロノスのペニスへと向けられる。
「下腹部の毛も生えてないし、小さいな……流石、Ωだ。ただ、俺の目的はお前を妊娠させるわけではない」
「無礼者っ!神に向かって、色々突っ込むところはあるが!!」
クロノスは慌てて股間を隠そうとするが、ジルの手がクロノスの腕を捻り上げた。
「っ……!」
苦痛に顔を歪ませるクロノスにジルは安心したかのように言った。
「痛みは感じるんだ?」
そのまま、ひょぃっと台座に乗っけられてしまう。
「やめろっ!?」
暴れようとしたとき、鳩尾を思いっきり殴られて、気が遠のく。
その間にも、ジルは大の字にクロノスを台座に固定する。
痛みと吐き気を催すクロノスのペニスをジルが弾くと、ピクリと身体が反応した。
それまた屈辱的で……。
「っ、おまえっ……」
ようやく辛うじて声を上げる。
ジルは次に縮こまっているペニスから乳首を抓む。
「ひゃぁっ……」
苦しげに声を快楽の声を上げる。
「性感帯には異常なし……」
そのジルの声さえも遠のいていく……。
これから何をされるのか?想像も付かない……。
「俺はお前を獣の神だと思って居る……人としての神とは思わない」
クロノスは暴れようと藻掻くが手足を拘束するベルトは緩む気配がない。
「でわ、何が目的だ!?」
ジルは少し考えて……。
「……絶望、を」
と、一言だけ答えた。
此から始まる拷問をクロノスは知る事はなく。
吠えられているのも今の内と……。
ジルが何者かも知らず、何故絶望を与えるのかも知らず……。

新年あけましておめでとう御座います。~クリスマスの後編~

クリスマスの後編です。

「さて、アナル開発しますかっ!」
千歳は潮まみれの手でクロノスのアナルに触れた。
アナルは既にひくつき、愛液が漏れていた。
「もう、こんなに感じて居たんですかっ?やらしー!」
「やンッ……!!」
ゲオルが万繰りの体勢にクロノスをさせるとアナルの愛液を啜る。
「いやああああっ!汚いからっ!?」
「クロノス様のアナル、ピンク色でとても綺麗ですよ……」
うっとりとゲオルが息を吹きかけるとアナルがひくつく。
「クロノス様は本当にいやらしいですねぇ……流石、発情期犬っ!」
「言うなぁああっ!?」
千歳のからかいにムキになって反論するクロノス。
くちゅっ!
ビクリッとクロノスの身体が震えた。
アナルに指が食いこんだのだ。
びくびくッと震えてクロノスは足の指を丸める。
くちゅっくちゅっちゅっ!!
「愛液ですぐに三本も指が入りましたよっ!?」
興奮するゲオルは乱暴にアナルを掻き混ぜる。
「ゲオルさん、焦りすぎですよ?」
三本の指の隙間に千歳の指が侵入する。
「自分が気持ちよくなるのにはまずは相手から、っと……」
こりっ……くりくり……。
ビクリとクロノスの背筋が震える。
今までに無い快感が脊髄を伝って脳裏に伝わる。
「あっ…あぁっ…そこぉっ、だめぉえええ!!」
「おやおや、身を捩って逃げないで下さい。此所が泣き処ですねっ!?」
「千歳さん、前立腺攻めてるっ……流石、不審者……」
「おや?私は神を育成しているだけですよぅ」
そう言いながらも前立腺を強く押したり、嬲ったり……。
「ひぃっ…んんぅあああっ……」
ポロポロと生理的な涙を流しながらクロノスは2人を睨むが、ただ、煽るだけにしか為らない。
「気持ちいいですよね?」
クイックイッと指を内部で動かすと、ゲオルも負けじと指を動かす。
内部から掻き回せる。
六本の指が内部を蹂躙する。
「あ゛っ……あ゛っ……ふああああっ……!!」
クロノスが腰を揺する。
腰をくねらせて、良いところへと感じさせようと腰を必死に振るう。
クロノスのしおれたペニスも勃起し、熱を帯びてきている。
「凄い……柔らかくなってきた……」
「もういいだろうね……」
指を一気に引き抜くと、ピュッと軽く潮を吹く。
こうなると相手の思うがまま。
「もッ……赦しっ、て……!」
「私達の熱、感じておきますか?」
千歳がクロノスの手をゲオルの股間に当てた。
熱を帯びて脈打っている……。
クロノスは顔を青ざめる。
「私達も、気持ちよくさせてください……クロノス様っ!!」
ゲオルがクロノスの口に己の勃起したペニスをすりつけてきた。
「じゃあ、ゲオルはフェラでね?」
ふぇ、ら……と意味も分からないままクロノスの小さい口にゲオルの熱いペニスが突き刺さる。
「んぐぅうううっ!!??」
千歳はぽっかりと空いたアナルに己自身を突き刺す。
「ふぐぅっ……!!!!」
目を見開き、クロノスはゲオルのペニスに歯を当ててしまう。
「いたっ!クロノス様ぁ!もっと、舌を使って……優しく……」
「んくぅっ!?はうううっ!!」
膨らむゲオルのペニスと腰を揺すり、犯す千歳……。
発情期の犬が三匹……。
「ほらほら、腰も揺すって揺すってっ!?」
千歳が挑発するかのように内部の最奥を何度も突き上げる。
クロノスは夢中に舌と腰を使う。
早く早くこの行為を終わらせる為にも……。
とっぴゅぅっ!!とゲオルのペニスがクロノスの口の中で吐露した。
「はふっ……けほっ!ごぼっ!!」
クロノスは飲み込めなかった精を咽せて吐き出す。
「クロノス様、可愛い……」
まだ、下半身が犯されている最中のクロノスにゲオルは愛撫する。
ごふっ……と精が体内に射精される。
「ひゃああああっ!!??」
クロノスが悲鳴を上げる。
「孕んじゃ……孕んじゃあああああっ……!!」
クロノスは発狂寸前に藻掻く。
「はぁっ~~~……」
ジワジワと千歳は排出させるとペニスを引き抜く。
「さて、やっと寝れますねっ?」
熱を出し、スッキリした千歳がクロノスに微笑んだ。
涎を垂らし、悶えるクロノスに千歳が優しく頭を撫でた。
「ちゃんと私の子……孕んでねっ?」
「なかなかクロノス様は孕まないですけどネー……」
ゲオルが釘を刺すかのように言う。
「孕むまで孕ませてみせようホトトギス、なんてねっ?」
「千歳様、恐るべし……」
翌朝。
ケルベロスがクロノスを起こしに行くと……。
力尽きたかのように寝ているクロノスを囲むように2人の従者が寝ていた。
「まったく、血気盛んな奴等だね……」
ケルベロスはそのまま、戸を閉めるのだった。
この事がエヴァ様にバレれば、まだ厄介事がケルベロスに降りかかるのだから……。
「クロノス様も、受難だね……」

年末・ゲオルと千歳。・前編。

タイトル通り……。
異世界の攻めの2人が揃ったら???クリスマス。

何かと世界は賑わっていて……みんな浮かれていた。
ゲオルも浮かれていた。
これは交わらない世界で交わってしまった関係。
クロノスは寝ていた。
時空の歪みに気づくこともなく……。
「クロノス様―!!」
陽気な声がして、いきなり毛布の上から体当たりされた。
「痛ッ!誰だっ!!無礼者!!!」
「酷いなぁ……私ですよ、千歳です」
むぅ……と蒼い髪の長く美しい青年は頬を膨らませた。
クロノスは怪訝な顔をする。
 「何故、お前が……?この世界にはゲオルが……」
「さてさて、今夜も雪を溶かすような熱ーい抱擁を!」
いきなりクロノスの首筋に噛み付く。
「いっ……ちぃっ……お主っ!」
そのままヒンヤリした手がクロノスの身体を這う。
ツンと乳首が勃つ。
「つめたぃ……いい加減に……せんかっ!?」
「何って、本気ですもん。貴男は私の犬なのですからねっ!?認めてくれないとっ?」
「クロノス様、お声が聞こえましたけど……」
扉が開き、ゲオルが入って来た。
毛布の中でモゾモゾと動く者……。
「不信者ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」
ゲオルが悲鳴を上げた。
「聖なるクリスマスに何事ですかっ!?」
ゲオルは毛布をはぎ取り、鼻を押さえた。
「……あっ、ばれちゃいましたか?あっちの世界のゲオルさん?」
「誰ですか!?このイケメンっ!?」
「イケメンなんて照れるなぁ?ねぇねぇクロノス様、私……なかなかの男前っ!」
クロノスの上に馬乗りになっている千歳。
クロノスの寝間着は乱れて、乳首がピンク色に美味しそうに勃って……。
「ぶっ!!!!!!!!!!!」
鼻血がゲオルから噴射される。
「何事!?ゲオルっ!?」
白い寝間着に紅い花が舞う。というか、鼻血が舞う。
「続き、しましょ?」
ゲオルを煽るようにクロノスの乳首に吸い付く。
ちゅぅっと甘く吸い付く。
「んぁっ……ひっ……」
もう片方は手で捏ね回されて……ぷっくりと膨らんでいる。
「~~~~!!!」
見せつけられて、ゲオルは顔を真っ赤にした。
「ひゃぅっ……んんぅっ~~~!!」
乳首からクロノスの下半身、ペニスに千歳の手が絡む。
「熱いの……興奮しちゃった?」
くっちゅくちゅっと愛液が漏れる。
クロノスは声を抑えるために口を手で押さえる。
千歳は態とらしくゲオルを見た。
「クロノス様っ!!」
ゲオルはクロノスの押さえていた手をはぎ取った。
「声、出して……綺麗な鳴き声聞かせて……」
何っ!?
ゲオルまで狂ってしまったのかっ!?
クロノスはただ、2人に喘がされる。
千歳は小さなクロノスのペニスを突いてニッコリと見上げる。
「おちんちん、どうして欲しい?」
がくがくと震えているクロノスに千歳が笑顔で問いかける。
「おちんちん、震えてますよ~?怖いんですか?」
ゲオルがクロノスの耳を舐めながら問いかける。
捕らわれないように気をつけようと意識すればするほど感じてしまう。
「はふっ!」
千歳がクロノスのペニスを咥えた。
「はぁあああんんんっ!!??」
手前からは千歳が攻めて、背後からゲオルがクロノスの首筋を舐め上げる。
千歳は窓を開けた。
しんしんと雪が降り積もっている。
「ほぅら?出しちゃぇ!!」
口を離し、ゲオルが背後からクロノスを抱き抱えるとペニスを窓の開けた庭に向けさせた。
「ほらほら、潮吹いて雪溶かしちゃえ!!!」
睾丸からペニスまで揉み込むと、プルプルとペニスが震えて窓の庭向かって潮を吹いてしまう。
「ひゃぁあああああんんんんんっ!!」
羞恥心も恥じらいも、総てさらけ出すような……。
とぴゅぅうううう……と潮が吹いて雪を溶かす。
「クロノス様、お恥ずかしい……いやらしい……綺麗です……」
「ゲオルさん、支離滅裂ですよ?後、鼻血……」
「ずっ……ずいません……」
ゲオルは鼻血を吹いた。
「ほら、まだ終わっていませんよ?クロ犬?」
千歳はピンッと潮の出し切りしおれたペニスを弾いた。
「も……でなっ……」
クロノスは苦しげに首を横に振る。
「精液、出ない身体ですもんね……」
ゲオルがしみじみと呟いた。
「その代わり、締まりが良くて妊娠できますしね……」
ジュルリ、とゲオルは舌なめずりした。
「ゲオルのド変態ぃいいいっ!」
「私だけですかあああああっ!!??」
その様子をぷくくっと千歳が笑っていた。

後半へ―……。

裏・kana

ピクシブ。
記事検索
カウンター
ギャラリー
  • オリジナル「神々の血の系譜~外伝~」if編開始!
  • オリジナル「神々の血の系譜~外伝~」if編開始!
  • オリジナル「神々の血の系譜~外伝~」if編開始!
  • オリジナル「神々の血の系譜~外伝~」if編開始!
  • オリジナル「神々の血の系譜~外伝~」if編開始!
  • オリジナル「神々の血の系譜~外伝~」if編開始!
  • 暑中見舞い申し上げます。
  • 暑中見舞い申し上げます。
  • 苗木。
ブログパーツ
人気ブログランキング
小説(BL) ブログランキング
アンケートその2
アンケート♪
  • ライブドアブログ