Yuki の Sweets Diary

 YUKI英語教室 英語教室オーナーで、好きな英語と、甘いものを楽しむ毎日です。 コラムやスイーツの企画など、スイーツコーディネーターのお仕事も承ります。englishyuki@gmail.com まで  YUKI英語教室

facebook http://www.facebook.com/YukiNoSweetsDiary?skip_nax_wizard=true#!/YukiNoSweetsDiary インスタグラム アップ中! https://www.instagram.com/yukienglish/
お菓子・デザート ブログランキングへ

 

伊勢おかげ横丁『ケーキラボ』

伊勢おかげ横丁『ケーキラボ』
伊勢で買ったおかしで紹介しわすれていたのがケーキラボのプリン。 おかげ横丁の路地奥にある見つけにくい店ですが、プリンはかなり美味しく、レベル高し。伊勢は和菓子も洋菓子もお菓子天国でした。


ケーキラボ

トーラク『ロイヤルカスタード』

37e8a8b5.JPGトーラク『ロイヤルカスタード』はスーパーで気軽に買えるのでよくリピートするプリン。186円位という微妙な値段だけど、このコクはびっくり。容器いっぱいのプリンは、一見よせ豆腐。プレーンなままでもとろーりやわらかで甘くて美味しい!別添のカラメルソースをかけると、ほんのり苦味のある大人のプリンに。でも容器一杯入ってるので少しプレーンなまま食べてくぼみを作るのがコツです。


『焼きたての味 田園ぽてと』

59d5b0c0.JPG昔から女性は芋栗かぼちゃが好きらしいけど、私は本当好き。食事系ではあまり甘いものを好んでは食べないけど、お菓子はこの3つが最優先。特にモンブランはお店の顔なので、どのケーキ屋さんでもかならず頼み、結果3日に1モンブランとなってる。夏の間はお休みが多く、残念。
以前アメリカの家庭で日本食を作り、かぼちゃの煮物にトライしたみんなが「お菓子以外でかぼちゃを食べたのは生まれて初めてだ。」ってびっくりしてた。ペンシルバニアの田舎で、ハロウィーンでみるようなおばけかぼちゃしかなかったのでそれで作ったんだけど、全く甘みがなく、大味で日本で手に入るものとは全く違う。確かにかなり砂糖を加えてお菓子にするしかないかもしれない。
今日のスイーツ−『焼きたての味 田園ぽてと』
ネットでお取り寄せした。他の焼き菓子とセットで可愛いバスケットに入って1980円。やっぱり看板商品の田園ポテトが抜群!普通のスイートポテトってぱさぱさして甘さもなく、、、なんだけど田園ポテトはバターの味が濃くなくて、私好みでした。しっとりして、でもちょっと粒粒感もあり、ボリュームがあるけどあきない。ブランデーの香りもして、秋の気分を満喫しました。 
(URL) http://www.rakuten.co.jp/poteto/

道頓堀『ROMANDO ROLL』

d78bf91f.JPG道頓堀『ROMANDO ROLL』道頓堀はすごい人。以前マネーの虎で出いてて食べたかったお店。06-6214-0845へ。テレビではクレープとは違う新感覚のお菓子とでてたけど、私には違いが分からず、でもクレープ大好きなので満足した。450円のモンブランクリームはちょっと量が多すぎるくらい。これからの寒くなる季節にはとってもよいのではないかな。
このセラヴィスクエア中座ビルは若花田のちゃんこやさんを除いてはすいているので、穴場かも。

近所に融通をきかせてくれるお店があると−尼崎『ベルデューラ「プリン」』 

67a4e74f.JPG我が家から歩いてすぐにイタリア国旗をたなびかせたばお店があり、以前から色々は人の感想をきいてて気になっていたのが大きくておいしいプリンのこと。でも私は外食するとおなかが一杯でおいしく感じないのでレストランでデザートを頼むのは好きでない。かといってデザートだけたべにいくこともできないし、、、。
というわけで、いつもお世話になったいる地元のネットサークルの頼もしい主催の女性Mさんにお願いしてデザートだけを食べられないかきいてもらったところ、私のテレビ出演のことなどみてくださっていて、アイドルタイムに特別に時間を割いて協力してくださいました。
店に入ってそのアットホームさにほっこり。メニューには日替わりで旬の地元野菜をふんだんに使ったものが並び(里芋のパスタなんていうのも)アレルギーなどにも対応してくれるとのこと。また焼酎もあった。近所に融通をきかせてくれるレストランがあるのは頼もしい。やっぱり今度は料理をたべにこよう。
「うちの英語教室にきている食通の中学生の生徒にきいたんです」と話すとご夫婦が即座に「Nくんですね!」食通といっただけで、わかるなんて、恐るべし中学生のN君。
今日のスイーツ−尼崎『ベルデューラ「プリン」』http://www.moriage.net/verdura/
シェフは、プリンはお菓子の基盤となるものなので、絶対メニューにいれるときめてたそう。315円。オーソドックスながら、かなり大きく、じっくり火を通すことで、内部は独特のとろり感がうまれてました。カラメルビターにせず、家族連れが多いお店にあう、子供も食べられる、老若男女を問わず愛される味。 

livedoor プロフィール
Categories
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
記事検索
  • ライブドアブログ