Yuki の Sweets Diary

 YUKI英語教室 英語教室オーナーで、好きな英語と、甘いものを楽しむ毎日です。 コラムやスイーツの企画など、スイーツコーディネーターのお仕事も承ります。englishyuki@gmail.com まで  YUKI英語教室

facebook http://www.facebook.com/YukiNoSweetsDiary?skip_nax_wizard=true#!/YukiNoSweetsDiary
お菓子・デザート ブログランキングへ

2004年06月

映画のときは冷たいドリンクをTAKE OUT-『TULLY’S COFFE』

5ebe3d0f.JPG梅田ブルグに映画をみにいきました。『TULLY’S COFFE』ソイスワークルにアイスクリームをプラス。豆乳をベースにエスプレッソを合わせたフローズンドリンクにタリーズのおいしいティラミスアイスを100円でオン。計430円。コーヒショップチェーンの中でタリーズは店舗数はそれほど多くないけどスイーツが充実していて好きです。豆乳というのもヘルシー。

仲良しのケーキ屋さん−大阪堂島『モンシュシュ』ミカドモンブラン

7b00389d.JPG仲良しのケーキ屋さんのマネージャーから「プリンのテレビ放送いつですか?」と連絡。時々情報交換したり、お菓子を分けたり。若くて可愛い女性ですが本当勉強熱心で、初めてお店に行ったときも一時間程おいしいケーキ屋さん、関西のスイーツ事情について話がもりあがりました。自分の憧れのお店とかも素直に話して、でも自分の目指すものをもっていて。お菓子のライターしてますと店の方と親しくなることもありますが、良い出会いもあるけど、時々嫌なケーキ屋さんもいて(スパイ扱いする人とか)、でもやはりケーキ屋さんにはよい人であってほしいな。
今日のスイーツ『モンシュシュのミカドモンブラン他』大阪市北区堂島浜2−1−31 TEL 06-6341-3215 のケーキ各種。どれもまず見た目に綺麗。味も秀逸。かなり大きくて甘めなのが私の好みにあう。オススメは和風(ミカド)と洋風の2種類があるモンブラン、生クリームがこぼれ落ちそうなロールケーキ、そして女性マネージャーの笑顔です。

女性ばかりの職場 −心斎橋『OLIVE DE CAFE』モンブラン

d078a62b.JPG生徒さんが派遣社員として有名海外ブランドで事務してて化粧品の試作品とかもらえたりして、私もおすそ分けしてもらえたり嬉しい。この方がまた可愛くておしゃれな20代女性。でも職場はキャリアウーマンが多く、ついていくのに必死って。英語も必須でよく電話とかもあるらしい。それにしても女性ばかりの職場、私はうまくやっていけるかな。今は自分のペースでできる英語教室なので気分的にHAPPY。小さいながらもオーナーとしての苦労はあるけど、ストレスはありません。
今日のスイーツ−心斎橋『OLIVE DE CAFE』モンブラン。
ケーキは必ずモンブランの私のかなりお気に入りのタルト。ミナミにいくとたいてい購入します。かなり大きいけどモンブランクリームの下に栗がごろごろ入ったシャンティークリームのバランスがよく飽きない。一つ600円と高いけど、実は裏技があって、ネットにあるクーポンで1000円以上のTAKE OUT購入で3つ目が無料になります。

ミナミ散策−なんばパークス『有機茶寮』豆腐プリン

有機
毎週末は夫と何か食べにくのですが、今月は家での仕事を抱えてて出歩いてくれません。土日はたいて夕方まで私もレッスンが入ってるのですが、この日曜はフリーだったので用事もあるし一人ミナミなんばパークスへ。『AL AVIS』というカフェがものすごく私好みでパリのごく普通のカフェぽいところが素敵。バゲットをTAKE OUTした『BLE』とともに「あーパリに行きたいな」って言う気になりました。 
今日のスイーツ『有機茶寮』豆腐プリン http://solviva.net/shop/yuuki.html パークス入口の小さなお店でそれほど期待していなかったこのプリンがかなり上出来。豆腐の臭さは全くなくおぷるぷるで小豆もおいしいし。どうやらSOLVIVAグループのお店らしく納得。おまけに全ての製品が体によいらしい。ららぽーと甲子園にも支店ができました。

ちちんぷいぷい放送後 −堺『フランシーズのホームプリン』

フランシーズちちんぷいぷい放送後、たまたまみてた連絡を幾つかもらった。それからSUCREさんから「一位に選んでいただきまして」とお礼。昨日の放映でタレントの一人が「私は2位のほうが好き」とかいってたので、私としては残念だったのですが、反響あったようでよかった。2位の400円のプリンとシュクレの120円のプリンに求めるものは違うと思う。一日一プリンの私にとってプリンは日常のものなので、コンビにより安くおいしいプリンというのはすごいことです。もちろん2000円の極上プリンとかあったらぜひ食べてみたいけど。
それから関西ウオーカーがプリン特集をするので頼むかもと電話があった。テレビにでるのは恥ずかしいけど文章を書くのは大好きなのでぜひしたいけど。それにしてもプリンブームですね。
今日のスイーツ 『堺フランシーズのホームプリン』堺市深井水池町3254番地  TEL 072-281-1010 これも150円というお手ごろ価格ながら美味しいプリン。昨日の3位に選んだもので関西のケーキショップマップhttp://www.nau-now.com/ 運営されてるなうなうさんがもってきてくれた。オーソドックスなプリンだけどかなり大きいせいか、内部がなめらかプリンみたいに柔らかくって、とっても私の好み。家の近所ならしょっちゅう買いたいな。

『ちちんぷいぷい』放映日 −一位はシュクレ『キャラメルプリン』

79bc7d72.JPG今日は『ちちんぷいぷい』放映日。(撮影は20日)5時から5時半の間に『何集まってはりますの?』は15分程放映。思っていたより私が話してばかりのVTRで(私だけがマイクをつけられていたのでしょうがないけど)恥ずかしかった。でも『プリン友の会』の楽しげな感じは出てたのでは?我が家でのプチオフ会も3回目で、久しぶりに会ってもプリンという共通項があるのでいつも楽しくお話できます。東京の山野上会長も有名な人なのに腰が低くって。
20日の日記に撮影の様子は書いたけど、実は私の夫も「超プリン好きの妻をもつ夫」として取材をうけたのですが、友の会とは趣旨が違うのでカットすると制作から連絡。私としてはちょっとほっ。これで夫婦そろってテレビに出たりしたらまるでバカップルってちょっと思ってたので。
今日のスイーツ 
VTRの後、その日のプリンPARTYでのベスト3発表。http://mbs.jp/puipui/toiawase/04_0625.html

第3位 堺『フランシーズ』ホームプリン 150円

第2位 帝塚山『白い家』カラメルプリン 400円 そして

第1位 SUCRE プリン126円(キャラメル味、プレーン味)
今の私の一押しのケーキ屋さん。シュクレは東大阪が本店(東大阪市菱屋西 電話 06-6725-8824)で、私は尼崎市のAMAGOTTAにある支店に通います。ケーキはどれも綺麗でおいしいけど、カラメルを練りこんだこのプリンはなんと126円でありながらとっても大人の味。プリンはこの値段でないと!
機会あって社長さんと少し親しくならせて頂きお話しますが、その人柄や気使いには頭が下がります。お客さんと話す機会をもつことがすきなんですという姿勢が生み出す味とこの値段なんでしょう。

『みかさつかさ』スタジオ収録−『GOKAN』とろとろフロマージュ

344e3bb9.JPG
五感今日は14日に撮影した『みかさつかさ』のスタジオ収録見学。USJ横のMBSで母、おばと参加。結構厳重に入口チェックがあって、本当一般の人は入れない。すぐ構成作家さんがかけよってきてくれて、その後もずっとついてくださって恐縮しました。打ち合わせ室に司会の秋野さん、セイン・カミュさんの姿。二人ともスラーっとしてカッコいい!で、ゲストの小沢真珠さん(牡丹と薔薇以降本当ブレイクしてるなー)の驚愕の細さにえっ?脚が普通の女性の腕くらい。で、八木アナウンサーが、本当感じよく、収録中もちょくちょく話かけてくれた。テレビで感じるよりずっと背が高くて、色白でやっぱりアナウンサーさんって一般人と違う。
どきどきのVTRは、いきなり『5000プリンを食べた』達人のテロップ。上品に編集してくれていてほっとしました。打ち合わせのとき、マスコミの方はよくあるんだけどどうも大食いしてほしそうだったり、思いっきりマニアぽさを期待している感だったのでかなりこちらもわがままかなと思うくらい主張して(英語教室オーナーの仕事が生業でプリンはあくまでも日々の楽しみ、栄養剤なので仕事してることも放映してくださいとか、デパ地下で試食めぐりとかは絶対したくないとか)話し合った甲斐がありました。
10分程のVTRは私としてはアップの連続に「年齢がばれるなー」でしたが母もおばも「上品な英語の先生の趣味って感じでとてもよかったよ」と言ってくれてほっ。
VTR後セインさん達が『納豆』『大根』といったキワモノプリン試食。秋野サンは甘いもの嫌いなのでめちゃくちゃ辛そうで沢山食べて気持ち悪くなったみたいで、私の「どか食いをしない、ながら食いをしない、つまみ食いをしない」ポリシーをほめてくれました。
せっかく関西の番組なのでキワモノのように関西では手に入らない、おまけにあまり美味しくないプリンより、もっと関西のおいしいプリンを紹介したらいいのに。
収録後、ADさんに頼んでセイン・カミュさんと写真とってもらいました。英語教室のことを話したからかずっと英語でお話してくれて、なんかテレビの日本人的イメージと違って不思議でした。でも本当セインさん感じいい!写真も
自ら失敗していたときのためにもう1枚とりましょうっていってくださって。
放映日は7月10日だけど、VTRをチェックでき、楽しかったのでぜひみんなに見て欲しいなって思いました。
今日のスイーツ―うめだ阪急『GOKAN』とろとろフロマージュ。VTRで私が2位に選んだショップの限定販売品(11時、3時、6時)フロマージュ3、ショコラ2で1050円。上2センチほどがスフレチーズケーキ、その下はトロトロのカスタードクリーム。ちょっとしたプリンの革命児。運良くゲットできた日は嬉しくてたまらない。

野菜のお菓子―京都『レフレールムトウ「栗」』

add74985.JPG英語教室の生徒さんからおいしいトマトをたくさんいただいた。ヘルシー気分続行で今日は野菜のお菓子。京都のレフレールムトウ『栗』他においも、かぼちゃもあり。189円 はスイートポテトと和菓子のきんとんの間のような感じがなんとも京都なお菓子です。それにしても私は食事はそうでもないのですが、お菓子は芋栗南京が大好きです。ケーキは必ずモンブランだし。
http://www.compage.co.jp/shop/muto/muto.htm 岩倉と油小路に支店。

県外のおいしいプリンいろいろ

77153f38.JPG昨日プリン友の会会長が、プリン博覧会から持ってきたのはキワモノが多かったけど、抜群においしかったのが『ロッソえびすや』こくまろプリン。愛知県のイタリアンのチェーンデザートなんだけど、まさにコクがあってまろやか。大きいし。関西にもチェーンができたら嬉しいのに。http://www.yebisuya.co.jp/topics/main01.html
『さかえ屋 大地の子プリン』 福岡の現地にいかないと手に入らないのが残念。同じくみんなに大好評でした。
沼津『シェワタナベ』低カロリープリン http://she_watanabe.at.infoseek.co.jp/ ダイエットにもいいけど味がいい。全卵でつくっているのかあっさり、子供の頃食べた母の手作りプリンの感じ。
そのほかこの2日間でトライしたのは沖縄の『古酒プリン』(かなりお酒のにおいがプーンとするけど、スフレのような感じでちょっとやみつきになりそう。)大根プリン(離乳食からうまれたらしくかなりムリ)福岡『納豆プリン』(納豆さえ入ってなければおいしい)は言葉なく、ふかひれ、鍋焼きプリンは思い出すのも恐ろしいのが本音。
ゲテモノ食いは嫌いだけど、自分では買わない種類のプリンにちょっとだけトライできて楽しかったです。

『ちちんぷいぷい』撮影日−神戸北野レストラン「パトゥ」『クレームカラメルパトゥ風』

パトウ今日は『ちちんぷいぷい』の『何あつまってはりますの?』6月25日金曜放映の撮影。
始まりは阪急三宮駅での待ち合わせ。まるむし商店の磯部さんが「何集まってはりますの?」YUKI「プリン友の会です」今回、先日の撮影もあるし目立ちたくないのでなるべく話さなくてすむようタブーといわれた上下黒のパンツスーツを着ていったのに、私だけがマイクをつけられ会長的役割をせざるを得なかったのです。でも14日の撮影と違ってグループの仲間がいるし、かなりリラックス。何をいってもいそべっちさんが楽しく展開してくれるし。
で急遽提案して、YUKI「まずプリンを飲みにいきましょう」と生田筋の『QUICKLY』へ。ミルクTEAか黒糖水にカスタードや紅芋などのプリンが入っているのですが、あまりに違和感がありほめようがなく「おもしろい」というコメントのみ。
で北野へ。今回もYUKIと制作サイドで毎日打ち合わせがあったのですが、食べてみたいプリンに、フランス料理のレストランの賄いから生まれたパンプリンを提案しました。本来コース料理の一品(ランチ3000円、夜は5000円程度)でしか食べられないプリンをぜひTAKE OUTしてプリンPARTYでみんなでたべたいとお伺いしました。レストランでいそべっちとみんなでお願いするけど、シェフはなかなかプリンだけ、しかもTAKE OUTをうんといわない。いそべっち「これはコース食べなあきませんで」YUKI「私たちプリン食べますから、磯部さんコースどうぞ。」でやっとプリンを戴くことができました。
で、この『クレームキャラメルパトウ風』が珠玉の名品。もともと残ったパンとコーヒーミルクで作ったらできたそうで、周囲にカプチーノのようにアワだったカラメルミルクソースがかかっていて。
今月は撮影がありとにかく色んなプリン食べましたが、後にも先にもこういうプリンは経験したことがなく、本当おいしかった。
で、電車で私の英語教室でもある実家へ。我が家の表札とかも映っていたので、後で私の母に結構電話かかってきたらしい。撮影隊は車なので先に着いていた。
今日のプリン友の会のメンバーはプリン作りの達人の西村さんと妹さん、私の友人でケーキ屋さんのHP作りを生業にしているなうなうさん http://www.nau-now.com/ いいなプリンワールドの読者で今回初参加の冨田さん。そこに東京から山野上さんが現在開催されているプリン博覧会から沢山の種類のプリンをもってかけつけてくる。納豆とか、大根、鍋焼きプリンとか変り種が多くてことごとくそういうのはまずかった。でもロッソえびすやのこくまろプリンとか幾つか美味しいものもありました。
でパトウからもって帰ってきたプリンを山野上さんに少したべて戴き感激シーン撮影。後日のテレビではこの日のベスト3も発表。最後にいそべっちが「プリン禁止法ができたらどうします?」YUKI「それは許せません」で終わり。
フランス料理やさんでは2時間以上時間があって、磯部さんとかなりお話できましたが、本当に真面目で誠実な方で、ちょっとテレビの印象と違いました。私はもともとレポートが面白いから好きだったけどみんなもファンになったみたい。プリン友の会も数年に一度こういった撮影などでお会いできるのですが、すぐに打ち解けるのはプリンという共通の好きなものがあるからでしょう。。
今日のスイーツ『レストランパトウ「クレームキャラメルパトウ風」』念願かなって食すことのできたプリンは期待以上にGOOD。底1センチほどがパンプリン、その上1センチほと真っ白にミルクが分離していて、上プリン部分はみかけのオーソドックスな感じと違ってかなりなめらかでどうやって形をとどめているのか、、、。ちょっと今までの人生経験したことのないプリンでした。後日制作の方から連絡あって、スタジオのタレントさんたちも絶賛していたそうです。フレンチレストラン「パトゥ」 住所 神戸市中央区下山手通2-13-13 電話 078-392-8216 備考 ランチコース 各3,087円(税込)※ 注文したデザートのプリン「クレームカラメルパトゥ風」

プリン友の会の隠れた一押し―西村さんの手つくりプリン

07379eeb.JPG月曜の撮影でプリン作りの名人として同じプリン友の会の西村さんのおうちでプリン作りを見学しました。西村さんのプリンはママの手作りというより、プロの技。とろとろで本当においしいです。毎日お菓子作りをしているそうで、お子さん二人がうらやましい!作り方はここに。http://www.fururu.net/user/yarujan/ 本当のプリン友の会の人気第一位は実はこのプリンなのです。手つくりにしては、なめらかで濃厚だけどあっさりしていてプロっぽくもあり、、、。

今度は『ちちんぷいぷい』−モンテール『焼きプリンモンブラン』

e0364cf3.JPG夕方から今度はMBS『ちちんぷいぷい』の制作の方がきました。金曜の『何集まってはりますの?』コーナーにプリン友の会で出演してほしいということで、またプリンのリストからピックアップ。夕方から我が家でプリンPARTYするために神戸に買出しにいくというスト−リーに。なるべく『みかさつかさ』と内容が重ならないよう、憧れのプリンも前回の庶民的なお店のプリンでなくフランス料理店のデセールという正反対のものを選んだ。前回と違いグループだし、レポーターがまるむし商店の磯部さんなので、間違いなく楽しいものになりそう。
それにしてもマスコミの人は毎回「冷蔵庫をプリンでいっぱいにして撮影させてください」とリクエストするけど、その画像の何がいいのかな?そんなに大家族ではないのでプリンいっぱいなんてありえないんだけど。それと大食いチームではないので、せっかくのプリン友の会ならおいしいものを厳選してたべたい。
今回、前回の撮影用につくった京阪神のプリン店リストが大活躍。エクセルで結構時間かけてつくってイラストまでかいた甲斐がありました。
『今日のスイーツ』私のベスト3のモンテール『焼きプリンモンブラン』収録のときモンテールさんがご協力くださってたくさん送付してくれた。あまり同じスイーツをリピートしない私が定期的に無性に食べたくなるプリンなのです。210円でスーパーなどで手軽に購入できます。

収録ご協力感謝です−大阪富田林『yamao「たなかファーム」』

a855a4b0.JPG昨日収録に協力いただいた方にお礼のTELやメール。地元も武庫之荘のネットサークル武楽茶店のゆかりさんは他のメンバーの方への連絡などもお願いし、おまけに撮影がずれこんでみなさんお待たせしました。尼崎のケーキショップ『SUCRE』社長は東大阪の本店からプリンと、皆さんにおみやげにチーズケーキBAR、たくさんの焼き菓子バスケット他寄付してくださいました。夕方からの英語教室ではPARTYに参加したみかちゃんとみおちゃんは未だ興奮冷めやらずで、ずーっとプリンの話をしていました。
MBS企画の方たちとも本当よく話ししたので、最後にはすっかりなれて楽しく過ごしたのですが、どんなように編集してくださっているか、楽しみなような、怖いような、、、。
『今日のスイーツ』前日のPARTYにもってきたもらったyamao のタナカファーム。かなり濃厚なブリュレでプリンの域をこえている感じかな。関西のケーキショップのHP作成をお仕事にしているなうなうさん一押し。yamao 大阪府富田林市藤沢台6丁目3−1 0721−28−7376



テレビ収録日「幻のプリンを探して」

高橋ある日プリン友の会山野上会長からきいたと、MBS(毎日放送)から電話があり、毎週土曜午後5時〜『みかさつかさ』に、プリンの「やるじゃん」として出演決定。で、この日が収録日。
私は甘いものが大好きでYUKIの SWEETS & LOVERS http://osusume.net/iinkai/shoku/framepage1.htm 連載してますが、毎日必ず食べるお菓子はプリン。15年で約5000個の蓄積を活かせたら楽しいなと思い参加しました。事前に何度も打ち合わせし、丸一日かけて撮影したストーリーはちょっとした感動物語となりました。
始まりは私の英語教室兼自宅でのプリンPARTYシーン。親戚や私の英語教室の生徒等10人の友人を招いてのプリンPARTYから。プリンに対するこだわりをきかれました。ポリシーは
1 どか食いをしない。2 ながら食いをしない。3 つまみ食いをしない。
プリン好きというと「一度に最高で幾つ食べられますか?」「冷蔵庫の中はプリンで一杯ですか?」と同じ質問。でも私は小食で、ケーキ屋さんのプリンメインで、フレッシュでおいしいもの、その日食べたいものを手に入れるので殆ど買い置きはありません。私の一日一プリンは、大好きなプリンを大事に食べる時間を楽しむことで、心のゆとりを作りだす宝物なのです。
その後収録用に急遽作成した、イラストつきの今年食べたプリンリストの中からおすすめプリンBEST3を発表。
第3位は阪急百貨店『GOKAN』「とろとろフロマージュ」細長いカップの上2cm程がチーズケーキ、スプーンをいれると下はとろとろカスタードのブリュレ、と新感覚のプリンの革命児。5個1000円(チーズカスタード3、チョコ2)毎日11時、3時、6時限定発売の入手困難品。
第2位はモンテール『焼きプリンモンブラン』210円。大手お菓子メーカーのものでスーパー等で気軽に購入できます。プリンはオーソドックスな美味しいプリン、上に生クリームとマロンペーストたっぷり。ケーキで一番好きなモンブランとの融合で2倍おいしい!
第1位は「見に行きましょう!」とご近所、武庫之荘のRL本店へ。(各デパートに出店)『めがみ山プリン』262円は上はねっとり固く、中層部はクリームみたいにとろっ、一番下に控えめなキャラメルが三層になり、小さいながら深いプリン。とMY BEST1なのになんと今回のオンエア後7月に発売終了してしまうのです!大ショック!
今度は食べてみたいプリンリストをみて、店名もわからないが、黒門市場の鶏肉店で絶品のプリンが売っているらしい。黒門市場で、しかも鶏肉やさん?ぜひ探しにいきましょう!と黒門市場へ。聞いて回った黒門の人達も誰も知らず「なんで鶏肉やでプリンやねん!」と。やっとあるおかみさんが「高橋さんやわ」と教えてくれて市場でも北東端の鶏肉店『高橋』へ。ここでプリンの張り紙発見!(250円+税)ちょっとコワモテの大将が冷蔵庫から出してくれました。やっと手に入ったプリン。大将の行きつけのお好み焼きや『豚玉』でフレンチの経験を活かし、『高橋』で販売する美味しい卵を使ったデザートだそう。殆どの卵には殆ど予約済みの張り紙が。
で店頭で早速ご賞味させて戴きました。店頭で立ってプラスチックスプーンで食べるのは嫌と言ったら、スタッフから、スプーンとお皿、いつも家で飲んでいる我が家の庭の自家製カモミールティーを持参するよう言われました。で店頭にワゴンをおき、優雅なプリンタイム。念願のプリンは小さめ。お皿にひっくり返すとプリン部分は山吹色に近い濃い黄色で、みただけで卵を感じます。一口目、オーソドックスな外観と異なった、洗練されたフランス料理のデザートのようなコクとまろやかさにびっくり。しっかり立ってるけど、なめらかタイプのプリンのような味で、カラメルはかなりビターで辛いほど。バニラビーンズも自己主張して、、、。とにかくやっと出会えました。食通の大将はよい人で、取材お断りだけど引き受けてくれました。有難うございました。
本当は撮影の順番は反対で、黒門でのクライマックスから撮影が始まり、まだがちがちだった私は気のきいたコメントができす、「何でそんなに淡々としているんですか?」「プリンへの愛情が伝わらない!」とだめだしばかり。最後のホームPARTY撮影の頃にやっと緊張がほぐれて、笑ったり、コメントできるようになりました。
今回の経験、今迄食べたプリンを記憶にしか残していなかった私には、形で残るよい記念になりました。また自分が本当にプリン好きと再認識しました。

『今日のスイーツ』もちろん高橋のプリン。といっても連絡先はお店が小さいので秘密なのです。幻の「鶏肉屋のプリン」! 黒門市場にある「かしわ・やきとり加工専門店/高橋」さんで、¥262で販売中。小さいお店なので探してみてくださいね。日曜はお休みです。
livedoor プロフィール
おすすめ水素水!
ミネラルを残した水に溶かし込み、おいしい水素水を実現! 「水素」で一歩先のエイジングケア!「イズミオ」は、水素溶存方式の改良を重ね、 水素溶存率を実現。業界トップレベルの水素溶存率。さらに、1億8,000万本3を突破する 安心の販売実績の水素水です。アフィリエイター募集中!english@isogai.net まて
Categories
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
Recent Comments
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
スイーツと一緒に飲むならこの珈琲
記事検索
  • ライブドアブログ